手締めの挨拶例文!由来や種類も詳しく解説!

会社にお勤めの経験がある方なら、一度は送別会や忘年会など

会社や部署の単位で行うオフィシャルな飲み会の場に

参加したことがあるのではないでしょうか?

 

こういったお酒の席の締めとして行われる「手締め」の挨拶。

まだ若い方はいつもなんとなくリズムを合わせて参加していると思いますが

今後は立場や年齢によっては、自分に振られることもあるかもしれません。

 

自分が音頭を取りスムーズに挨拶ができればかっこいいものですが、

いざ自分が挨拶をするとなると緊張してしまいます。

今回はそんな時に備えて、手締めの挨拶の例文をはじめとして

手締めの種類や使い分けなども詳しく解説してみたいと思います。

飲み会のシーズンに備えて頭に入れておいて損はないですよ!




スポンサーリンク






手締めの挨拶に指名されたら?例文をご紹介!

手締めの挨拶は、前もってお願いされている場合もあれば

出席者のメンバーを観てその飲み会の途中に頼まれたり、

もしくはいきなり振られたりすることもあるので、

あまり挨拶の内容を考えている時間がないこともあります。

 

そんな時でも焦らないように、ある程度の流れやパターンを覚えておくといいですよ!

ここでは飲み会のシーン別に挨拶の例文をご紹介したいと思います。

 

ちなみに挨拶の前には「僭越ならが音頭をとらせていただきます」などとはじめ

挨拶のあとには、「皆様ご起立お願いします」と発声し

その飲み会の趣旨に沿うひとことを添えたあと、「お手を拝借」といった感じで

手締めにうつるというのは共通の流れです!

 

そして挨拶は長くならないことも大切!

ちょうどよくお酒も入って和やかなムードを壊さないようにしましょう。

ちょっとしたエピソードを手短に話し、明るく挨拶するのが基本ですよ。

 

送別会の場合

会社の飲み会で一番多くあるのが、送別会ですね。

定期的にある社内異動の時期には恒例でしょう。

 

まず、異動の場合には、今までお世話になったことへのお礼はマスト。

そして新しい環境でのことに触れましょう。

「今までお世話になり、ありがとうございました。

○○さんの新しい職場でのご活躍をお祈りしています」

これは転職の場合にも使えます。

 

定年退職される方への挨拶ならば、

「ご勇退される○○さんには、長い間大変お世話になり社員一同感謝しております。」

などと労いの言葉を入れることを忘れてはいけませんね!

 

そして手締めに入る前には、

「それでは○○さんの今後ますますのご活躍と

ご列席の皆様のご健勝をお祈りして・・」

お手を拝借という流れになりますよ。

 

忘年会にはどんな挨拶をする?

忘年会というのは、やはりその年の締めくくりでもありますし

一年間頑張ってきた皆への労いの意味を多く含んでいます。

そのため挨拶の中心になるのは、「お疲れ様でした」という内容。

 

社内向けの挨拶としては、このような感じになります。

「今年も無事に乗り切ることができたのも、皆様のご尽力があったおかげです。

来年も頑張りましょう!」

 

もし上司や目上の方がいない場合には、もっとくだけた感じでも構わないので、

「今日の忘年会では、みなさんと楽しい時間を過ごすことができました!

年末年始はゆっくり休んで、来年もまた頑張りましょう!」

というような挨拶でもOKです。

 

とにかく忘年会は明るく締めくくることを心がけましょう!

 

懇親会の場合にはどうする?

社内だけでなく、業界の懇親会や取引先との懇親会というシーンもありますね。

そういった場合には、自分が招待された立場なのか主催者なのかで

多少の違いはありますが、基本の流れは同じです!

 

自分が招待された側なら、こういった場を開いてくれたことへのお礼、

主催側なら、集まっていただいたことへのお礼を述べる必要がありますね。

そして「業界のさらなる発展と、本日お集まりの皆様のご健勝とご活躍を祈念して」

と手締めに入りましょう。




スポンサーリンク






手締めの挨拶の種類を知っておきましょう!

手締めというのは、いくつか種類があります。

その場に応じて使い分ける必要があるので、

それぞれの使い方を知っておかないといけませんね!

 

三本締めが一般的!

まず一番多く使われるのが、三本締めです。

一番正式な方法とも言われているので、上司や目上の方が出席されている席や

社内での飲み会などには三本締めをするのが間違いないです。

しかし出席者全員に、三本締めを行うことを伝えていないとリズムが合わないので、

「三本締めでいきたいと思います」とはっきり伝えてから始めましょう。

 

三本締めの場合には、ヨーオという掛け声からはじめ、

 

タタタン タタタン タタタン タン

(掛け声)イヨ!

タタタン タタタン タタタン タン

(掛け声)もう一丁!

タタタン タタタン タタタン タン

 

ありがとうございました!と全員の拍手で終わることを言います。

 

全員のリズムが合うこと、テンポよく行うことが大切ですが、

ヨーオという掛け声は、「祝おう」という言葉が転じたものと言われているので

ハズせませんし、「せーの」などと置き換えてもいけません。

関連記事:公務員の初任給や年収の平均は?ボーナスはいくら?

 

一本締めと一丁締めの違いは?

一本締めというスタイルも行うことがありますが、

三本締めと同じ、ヨーオという掛け声ではじめ

タタタン タタタン タタタン タンだけで終わるものです。

 

すなわちこれは三本締めの簡略形なので、

大きな飲み会などでは避けたほうがいいでしょう。

規模の小さな飲み会や、気心が知れた同僚だけの飲み会に使います。

一本締めを行うなら、やはり「一本締めで終わりましょう」などと

みんなに伝え、リズムが合うようにしておきましょう。

 

そして一本締めと間違えがちなのが、一丁締め。

今までと同様ヨーオという掛け声ではじめますが、

一回だけ大きくパン!と手をたたいて終わるものです。

これは、飲み会の席で回りに関係のないお客さんがいる場合や

大きな音が出せない会場のときに、まわりに配慮して簡略化したものです。

 

この一丁締めは、短気な江戸っ子が一回だけ手を叩いて

済ませるようにしたことが起源で、関東一本締めとも言われます。

おもに身内だけの集まりなどのカジュアルな飲み会で使われます。

 

地域ごとにどの挨拶を正式としているかは違うこともあるので、

転勤先などで挨拶を頼まれたときには、その土地の人に確認しておきましょう!

 

人前で話すときや、飲み会など少し普段よりも距離が縮まる場合のエチケットとして

息のケアもしておきたいものですね。

飲み会が続いたときにも前日のアルコールやニンニクの臭いを残さないのが

スマートな大人のマナーです。

 

胃の中から息を綺麗にしてくれるタイプなので、効果は絶大。

自分の胃もスッキリするので爽快感が味わえます。

私も長年愛用しているおすすめアイテムです!




スポンサーリンク





関連記事:財布に入れておくといいものや金額は?入れてはいけないものも詳しく解説!

そもそも手締めの挨拶の由来は?

手締めの由来というのは、揉め事を和解するときに使う「手打ちにする」

という言葉からも分かるように、物事が丸く収まることをあらわしています。

現在でも飲み会の趣旨と言えば、どんな場合も結局は

一致団結して頑張りましょうという意味合いが強いですよね!

 

そして、手締めのリズムである3拍+3拍+3拍+1拍は

九拍に1拍足すと、「丸」という漢字になることから

物事が丸く収まるというイメージにつながるという説もあります。

 

しかも手締めのルーツは遡ると非常に古い歴史があるんです。

なんと時代は、古事記まで遡ります。

拍手を打つことで、国を譲ることに同意したという記述があると言われています。

国を譲ることを承知するということは、物事が丸く収まったということ。

古い時代から物事が落着する時に、手を打つ習慣があったことが伺えます。

 

その後は、戦国時代の伊達政宗や江戸時代の落語会で真打や襲名披露で

手打ちされていたことも分かっています。

そして近代の話では、1876年に東京証券取引所が発足し納会で手締めされて以降、

日本中で手締めが広まったと言われています。




スポンサーリンク





関連記事:老後の健康保険料の金額は?介護保険料はいくら?

最後に

いかがでしたか?

日本では遠い昔から、物事の終わりには手を打つ習慣があったようですね!

私達に染み付いた伝統のようなものでしょう。

そのため、海外から転勤してきている外国人社員の方がいたら

丁寧に教えてあげてくださいね!

 

年末や春などはとくに飲み会の多いシーズンになります。

いつ自分に手締めの挨拶がまわってくるかもわからないので

しっかりポイントと流れを頭にいれておき、挨拶も考えておくといいでしょう。

 

終わりの挨拶が無事に終われば、その飲み会の印象もぐっと良くなります。

挨拶をする側だけでなく、頼む側であっても手打ちのマナーは覚えておきましょうね!



スポンサーリンク

サブコンテンツ