お年玉のお返しはお年賀として渡す?親や親戚の場合の金額相場は?

お正月といえば、お年玉!

親からもらえたり、集まった親戚からもらえたり。

 

お正月のお年玉は子供にとって何よりも

楽しみだったりしますよね。

 

そんなお年玉ですが

お返しってどうされていますか?

 

お年玉のお返しは必要ない?

何かお返しをした方がいい?

お返しをするとしたら

金額の相場は?お年賀として渡せばいいの?

親と親戚とでは違う?

 

今回はお年玉のお返しについて

調べてみました。

 

あなたの常識は合っているのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。




スポンサーリンク






親戚へのお年玉のお返し!お年玉のお返しは必要?

お正月といえば、お年玉!

親や親戚たちから我が子へと

お年玉を頂くことが多いですよね?

 

楽しみにしているお子様も

きっと多いことと思います。

 

私も幼い頃は、親戚から

お正月に頂くお年玉がとても楽しみでした。

 

そんなお年玉のお返しって

どうするのが正しいマナーなのでしょうか。

 

調べてみたところ、地域や親戚内の習慣、

習わしなどによる違いはあるものの

基本的には

 

お年玉は、目上の人から

目下の人へ送る贈り物になるのでお返しは不要

 

と、されているそうです。

 

出産祝いや初節句などには

お返しは必要で「内祝」として

お返しをするとされていますよね?

 

ところが、お年玉については

お誕生日などのプレゼント感覚に近い

贈り物になるので、お返しの必要はないと

されているそうです。

 

また、親戚同士の場合

 

お互い子供がいる場合は

お互いにお年玉をあげることになる

お年玉をもらっていた子供が成長して

次の世代の子供にお年玉をあげることになる

お年玉以外に、お祝いなどをあげる機会がある

 

などで、巡り巡って結局は「お互い様」に

なることも多いそう。

 

その為、特にお年玉のお返しについては

しなくてもいいのでは?という考え方が

主流になっているようです。

 

また、一般的な意見としても

 

お年玉のお返しは期待してない

お年玉のお返しをもらったら「他人行儀」な印象を受ける

お年玉のお返しをされるとお年玉をあげにくくなる

 

などの意見も多いそう。

 

お年玉のお返しを頂くことで

「迷惑だったのかな?」と

思ってしまう方もいるそうです。

 

とはいえ、一方で

 

お年玉をもらったらお返しをするのが親戚内では常識になっている

子供がいないご夫婦にお年玉をもらった場合はお返しをしている

 

など、お年玉のお返しは必要と

考える意見もあるそう。

 

確かに、子供がいないご夫婦の場合は

お年玉のやりとりができないですよね。

 

頂きっぱなしになってしまうので

「お返しをした方がいいのかな」などと

思ってしまうかもしれません。

 

また、あまりにも高額なお年玉を

頂いた場合なども、お返しを

考えてしまうかもしれませんよね。

 

そこで、次の項目ではお年玉のお返しをする場合は

どうすればいいのかを紹介していきたいと思います。




スポンサーリンク






親戚へのお年玉のお返し!金額の相場は?お年賀として渡していい?

お年玉のお返しをする場合!

どのようにお返しをするのがいいのでしょうか。

 

まず、金額の相場としてはいただいたお年玉の

半額程度~同額程度がいいとされているそうです。

 

ちょっと差がありますが

相手との関係性によって

金額を決めている方が多いそうです。

 

また、お年玉のお返しを

そのまま現金で渡すのはNGとされているそう。

 

では、具体的にどのようなものを

お年玉のお返しとして渡すのがいいのか。

 

いくつかおすすめの

お返しの仕方があるようなので

ひとつずつ紹介していきたいと思います。

 

お年玉のお返しはお年賀として渡す!

お正月に直接お渡しする、お年賀。

 

お年玉のお返しとして

このお年賀を渡してもいいそうです。

 

ただ、お年賀の場合はお正月に持って行くので

お年玉で頂ける金額がわからないところが

ちょっと困ったところ。

 

毎年、お年玉を頂いているのであれば

その過去の金額から考えて

お年賀を選ぶといいそうです。

 

また、お年賀の品物としては

相手の好みに合わせた食品が喜ばれるそう。

 

また、ポイントとしてはちょっとリッチで有名!

且つ、日持ちがするものがおすすめ!

 

例えば、高級フルーツ店の焼菓子はいかがでしょうか。

 

 

銀座千疋屋といえば誰もが知るフルーツ店!

銀座千疋屋のフルーツタルトの

詰め合わせになります。

 

マスカット、マンゴー、レモン

フランボワーズのタルトが各3個ずつ入っています。

 

常温で120日程もつのでゆっくり楽しめます。

きっと喜んで頂けるお年賀になるはずですよね。

 

また、コーヒーを飲まれる方なら

こちらのドリップコーヒーのセットもおすすめです。

 

 

スターバックスコーヒーのドリップコーヒーです。

スタバも有名なコーヒーショップですよね!

そんなスタバのコーヒーが

家にいながらにして簡単に楽しめる!

 

定番のハウスブレンドと

ちょっと濃厚でキャメルのような

甘みがあるエスプレッソのコーヒーのセット。

 

もちろん日持ちもするので

ゆっくり楽しんでいただけます。

 

お正月のお料理に飽きた頃にも楽しめる

コーヒーのお年賀はきっと喜ばれるはずですよ。

 

心のこもったお年玉のお返し!

相手が喜ぶお年賀をお渡しするようにしましょう。

 

お年玉のお返しは旅行先などのお土産を渡す!

相手との関係性にもよりますが

お年玉のお返しを、あまりにも

かしこまったかたちにしてしまうと

かえって、恐縮される方もいるそうです。

 

「お年玉をあげて、かえってご迷惑だったかしら?」

などと、思ってしまうそうです。

 

そこでおすすめなのが

旅行に行った際などにお土産を買って

渡したり、送ったりするといいそう。

 

現地ならではの名産や、ちょっと珍しい

且つ、人気で美味しい食べ物などを贈ると

喜ばれるそうですよ。

 

お年玉のお返しは食事をご馳走する!

お年玉のお返しに「物」ではなく

一緒に食事に出かけるなどして

美味しいものをご馳走するのもおすすめです。

 

食事なら、みんなで一緒に頂けるので

恐縮する気持ちもわきにくいですよね!

楽しい時間もまた素敵なお返しになるかもしれません。

 

家に招待して手料理を振る舞ったり

お寿司などをとって、おもてなししても喜ばれそう!

 

お年賀やお土産など品物をお渡しするか

食事にするか。

 

相手の好みや関係性などを考えて

喜んで頂けるお返しを選ぶようにしましょう。




スポンサーリンク





親戚へのお年玉のお返し!お年玉を頂いた時のマナーや大切なこと!

親戚の方から頂いたお年玉。

 

お返しをしてもしなくても何よりも一番大切なことは

お年玉をもらった子供、そして親が

きちんと「ありがとう」と

お礼を言うことになるそうです。

 

当然といえば当然のことですが

「お年玉のお返しで頭がいっぱいで

お礼を言っていいなかった」などと

ならないように注意をしましょう。

 

先の「お年玉のお返しはいらない」

という意見の方も、このお礼を言ってくれることが大前提!

 

可愛い姪っ子や甥っ子たちに

お年玉をあげて、笑顔でお礼を言ってくれる

これさえあれば、お返しなんていらないという

意見がほとんどになるそうです。

 

お年玉を直接親戚の方に頂いたら

その場で、親はもちろん子供にもお礼を言わせる。

 

間接的に、別の親戚の方が預かって

お年玉を頂いたなどの場合は

お年玉を頂いた3日以内には電話でお礼を伝える。

 

子供が会話のできる年齢なら子供と親。

まだ話ができないようであれば

親が電話でお年玉のお礼を伝えるのが

マナーになるそうです。

 

また、きちんとお礼をしたら

プラスアルファとして

 

お年玉と一緒に撮った写真

お年玉で買った物と一緒に撮った写真

 

などを添えて、手紙を書いたり

若い親戚の方であれば

メールやラインなどで送るとさらに喜ばれるそうです。

 

ちなみに私は、今年のお正月にはじめて2歳の姪っ子に

お年玉をあげたのですが

本人は2歳なのでお年玉の意味も解らず

お礼もできないですよね?

 

だけど、その姪っ子の親である義妹が

お年玉を渡した時に、お礼の言葉と一緒に

 

「このお年玉は、貯金して

この子が、お金のことがわかるようになったら

説明するつもりなんです」

 

と、言ってポチ袋も大切に保管してくれて

とても嬉しかったのを覚えています。

特にお年玉のお返しは貰っていませんが

とても満ち足りた気持になりました。

 

こういう言葉ひとつ、気持ひとつが

何より大切で心に響くのかもしれませんよね。

関連記事:お年玉は何歳から何歳まであげる?あげる範囲は?

親戚へのお年玉のお返し!お年玉のお礼はお礼状でもいい?

親戚からお年玉を頂いた場合。

 

直接頂いた場合はその場で

親と子供がお礼をしますが

間接的に頂いた場合は

電話でお礼をするのが望ましいようでした。

 

とはいえ、中には電話でお礼をするよりも

お礼状の方がいい場合もあるそう。

 

例えば、

 

あまり面識ない遠い親戚の方

あまり話したことのない遠い親戚の方

親戚ではなく、親の仕事の関係者の方

 

などの場合は、電話だと

お互いが戸惑ってしまうことが多いそう。

 

上記の方の場合はお年玉を頂いた1週間以内に

相手の手元に届くように

お礼状を送るといいそうです。

 

子供がしっかりとした文章を

書けるのであれば子供に。

書けないのであれば親が

お礼状を書くといいそうですよ。

 

また、相手との関係性にもよりますが

お年玉のお礼をメールでするのは

あまり望ましくないそう。

 

よほど親しい間柄ではない限り

メールでお礼をすませることは

しないようにしましょう。

関連記事:お年玉の金額相場!年齢別や総額の平均を詳しく解説!

親へのお年玉のお返しは必要?

親戚ではなく、親がお年玉をくれた場合!

お返しや、お年賀は必要なのでしょうか。

 

これは各家庭によって様々で

「これが正解!」というのはないそうです。

 

子供から親にお年玉のお返しなんて

水臭い、他人行儀と捉えるご家庭もあれば

お年玉のお返しはして当然!

しかも、金額は全額分のお返しが当然と

されているご家庭もあるそう。

 

ここは少し、親子だからこそ

本音で聞いてみるのもいいかもしれませんよね。

 

どうしても何かお礼としてお返しがしたい!

とはいえ、お年賀ではさすがに堅苦しい!

 

そんな場合は、熨斗など付けずに

手土産として、何か親の喜びそうなものを

持って行いくといいそう。

 

また、お年玉のお返しとして

少し頻繁に実家に顔を出すようにするだけでも

喜ばれるかもしれませんよ。

 

自分の親が喜びそうなことを

じっくり考えてみる・・。

 

そんな行為や時間もまた、親にとっては

何より嬉しいお年玉のお返しであり、

お礼になるのかもしれませんよね。




スポンサーリンク





関連記事:お年賀でお金を親に渡すときの金額相場は?おすすめの品物もご紹介!

最後に

お年玉のお返しはお年賀で渡すのか。

親や親戚のそれぞれの場合の

金額の相場やお返しの仕方などを見てきました。

 

お年玉は相手の方からの優しいお気持ち。

その優しいお気持ちに

まずは、しっかりと感謝の気持を

伝えることが大切なようです。

 

一般的にはお年玉にお返しは

必要はないようでしたが、お返しをするのであれば

相手の方との関係性をしっかりと考慮して

失礼のないお返しをするようにしましょう。



スポンサーリンク

サブコンテンツ