成人式の振袖のレンタルの時期は?お金の支払いはいつするの?

成人式のニュースなどを見て、

「そういえば来年、うちも成人式だなぁ」なんて悠長に構えていませんか?

成人式の振袖のレンタルは、とにかく早いもの勝ちで、

人によってはかなり早い段階で振袖のレンタルを考え始めているのです。

 

また、振袖のレンタルが殺到する時期は年々早まっていて、

一体いつからレンタルをすれば大丈夫なのか、不安に思っている方も多いはず。

 

そこで今回は、成人式の振袖のレンタル時期について解説していきます。

また、レンタルするときのお金の支払いの流れやおすすめの振袖も紹介しています。

振袖に関するお悩みは、ここで一気に解決です!




スポンサーリンク






成人式の振袖のレンタルの時期は?

成人式の振袖は購入するべき?レンタルするべき?

成人式は人生で一度きりの大切な行事です。

地元の友達と久しぶりに会って話したりすることはもちろんですが、

どんな振袖を着て参加するのか、というのも大事ですよね。

また、振袖のデザインだけでなく、

購入するかレンタルで済ませるかという選択もあります。

 

家庭の考えや地域性などもあるので、どちらが正解ということはありませんが、

それぞれのメリット・デメリットは知っておく方が良いでしょう。

 

振袖を購入するメリット・デメリット

振袖を購入するメリットとしては、

着たいときにいつでも着ることができる

誰も袖を通していない新品を着ることができる

仕立ててもらえるので、ピッタリの着姿を見せられる

親から子へと譲り渡すことができる

などがあります。

 

一方、デメリットとしては、

レンタルよりも数倍以上費用がかかる

保管する場所、保管方法に困ることがある

成人式以外で着る機会がない場合はもったいない

などがあります。

 

振袖をレンタルするメリット・デメリット

振袖をレンタルする場合のメリット・デメリットは、

基本的には購入する場合と逆になります。

 

レンタルを選択する方の多くは、

「安価であること」、「たくさんの種類の振袖で写真を撮れること」などが理由のようです。

また、購入しても保管しておく場所がない、保管方法が分からないというのも多いですし、

振袖を着る予定は成人式くらいしかない、ということもあります。

 

友達の結婚式などにも振袖ではなくドレスを着て参加する人がほとんどで、

振袖を着る機会というものが少なくなっているのも現実としてあります。

 

レンタルを申し込む時期はいつごろ?

振袖をレンタルする時期はいつぐらいをイメージしているでしょうか。

成人になるお子さんがいる家庭には、

振袖の会社からダイレクトメールなどが届くことがあるかと思います。

早いとことでは2年前の1月頃から届き始め、

春先には振袖展示会なども開かれており、そのお誘いのメールも届きます。

 

2年前から準備するなんて早すぎる、と感じるかも知れませんが、

本当にお気に入りの振袖を着たいなら、この時期がおすすめです。

まだ2年も先ではどんな姿になるかイメージしづらいかと思いますが、

早い方はこの時点で振袖のレンタル予約を済ませてしまっています。

 

遅くとも、1年前までには振袖のレンタル会社に行き、予約をしましょう。

半年前などでは、良いなと思った振袖は全部レンタルされてしまっている、

なんていう悲しいことになります。

 

一番予約数が多いのは、1年先輩の成人式が終わった直後から、3月頃にかけての時期です。

乗り遅れないように、事前にどの振袖会社でレンタルするかなどは考えておきましょう。

 

また、成人式当時に振袖姿の写真を撮ろうと思うと、

朝からかなりバタバタすることになりますので、前撮りするのがおすすめです。

レンタルに前撮りがセットになったプランもありますし、

時間的な余裕があるので気に入った写真が撮れるだけでなく、

数パターンの振袖姿で写真を撮ることが可能になります。

 

前撮りの時期でおすすめなのは、2月から5月にかけての春です。

この時期だと早撮りという特典があったり、

暖かく気候も良いので屋外でのガーデンフォトなども撮ることができます。

本格的な夏になると屋外での撮影は結構負担になりますし、

秋頃では七五三シーズンとも重なって写真スタジオが混み合ってきます。




スポンサーリンク






振袖レンタルのお金の支払いはいつする?相場はどのくらい?

振袖レンタルのお金の支払いはいつする?

振袖レンタルの基本的な流れとしては、

来店→試着・小物合わせ→予約→前撮り→貸出(成人式近くなったら)→返却

という感じです。

 

レンタルとは言え、数万円から十数万円までかかることがありますから、

そのお金の支払いがいつ必要なのかは知っておきたいですね。

 

お金の支払いは予約時点でするという会社が多いですが、

中には、予約時に1万円程度の内金を入れ、後日残金を支払うというケースもあります。

また、クレジットカードや分割払いなどの支払い形式に対応しているかどうかなどは

会社によって様々なので、支払い形式が心配な場合は最初のうちに確認しておきましょう。

 

契約書はしっかり確認し、大切に保管する

振袖を購入する場合でもレンタルする場合でも、

利用規約や契約書の内容はよく確認してください。

 

最近、振袖レンタル会社の悪いニュースなどが聞かれましたが、

万が一の対応はどうなっているのか、補償はどの程度カバーされているのかなど、

お子さんが確認するのは難しいでしょうから、

親御さんが責任をもって確認しておきましょう。

 

振袖は安いものではありませんので、無用なトラブルは避けたいものです。

 

振袖レンタルのお金の相場はどのくらい?

振袖レンタルのお金の相場は、当然ですが申し込むところによって大きく変わります。

一番安いのはネットでのレンタルですが、

ネットなら1万円から数万円台でレンタルすることができます。

 

衣装レンタルのチェーン店や写真スタジオなどで借りる場合は、

15万円から20万円くらいが相場になります。

 

ただ、一口にレンタルと言っても、

振袖だけをレンタルするのか、小物もレンタルするのか、

写真を何枚撮るのか、着付けやヘアセットもするのかなどなど、

申し込むセット内容によって料金は変わってきます。

 

身内に着付けが出来る方がいる、馴染みの美容室で安くヘアセットをしてもらえるなど、

利用できるツテがあれば、レンタルの費用を抑えることができるでしょう。




スポンサーリンク





関連記事:成人式の場所の決め方!招待状はいつ届く?場所の変更はできる?

おすすめの振袖レンタルを紹介!

店頭で実際に振袖を試着してみてからレンタルするのが確実ですが、

余計なオプションを勧められたりして料金が嵩むことが嫌だったり、

そういった時間が取れない、とにかく安く済ませたいという方も多いです。

そういう時は、ネットでの振袖レンタルがおすすめです。

 

着付けやヘアセットは自分でやるか、やってくれるところを探す必要はありますが、

とにかくシンプルに、振袖を安くレンタルすることができます。

 

最後に、おすすめの振袖を紹介していきますね。

 

振袖レンタル フルセット

 

襦袢や帯締め、仮紐、足袋や草履など、着付けに必要なものが全て入ったフルセットです。

税込み、送料無料で9800円なので、

店頭などでレンタルするよりもかなり安価に振袖を用意することができます。

コーディネートも、かわいい、華やかなど、

自分のイメージに合った形で選ぶことができるので、安心です。

 

レンタルは3泊4日で、美容院や式場などに直送することができます。

使用後のクリーニングも不要で、

返却時も郵便局やローソンなどで発送することが可能と、非常に簡単です。

関連記事:成人式二次会の服装!居酒屋は私服でOK?場所別に詳しく解説!

 

振袖、古典柄 桜牡丹

ネットレンタルは振袖の素材が心配…という方も少なくありません。

そういう方にはこちらの振袖がおすすめです。

表地も裏地も正絹で仕立てられています。

もちろん、着付けに必要なものは全て揃っていますし、

帯や小物も振袖に合わせてコーディネートして送ってもらえます。

 

また、お届けが12月20日と、

成人式までかなり余裕がある時期になっているので、

直前までそわそわすることがないというのが嬉しいですね。

お母さんや友達と同時にレンタルすると割引きになるキャンペーンもあるので、

ぜひぜひご利用してみてください。

 

草履バッグセット

草履やバッグだけレンタルしたい、ということもできます。

足のサイズとお好きなタイプを選び、あとはご利用日を選択するだけで届きます。

12時までの注文で即日発送になりますので、お急ぎの場合でも安心です。




スポンサーリンク





関連記事:成人式のネクタイ色やブランドのおすすめは?おしゃれな結び方も詳しく紹介!

最後に

いかがでしたでしょうか。

成人式は、一生に一度の晴れ舞台です。

レンタルにするのか、購入するのかは、

家族でしっかり考えて、後悔の無いようにしましょう。

また、満足のいく振袖を着るためにも、早め早めの行動を心掛け、

遅くとも1年前くらいにはどの振袖を着るか決めておきましょう。

 

また、支払いのタイミングは、基本的には予約時となっていますが、

お店によって柔軟に対応してくれることもあります。

頭金と残金で分ける、分割払いにしたいなど、

支払いの方法について希望があれば、相談してみてください。



スポンサーリンク

サブコンテンツ