スノーボードのワックス!初心者でも簡単なやり方は?

最初は、スキー場でレンタルしてデビューしたスノーボード。

 

何度か行くうちに、やっぱり自分の板が欲しくなり、

ついに憧れのマイボードを手に入れた!

 

そうなると、次にスキー場に行くのが、待ち遠しくてたまらないですよね。

 

でも、その前にひとつ、

やっと手に入れたマイボード、どうせなら長く愛用したくないですか?

そのために、スキー場に出かける前に、

マイボードのお手入れ方法を、しっかり確認しておきましょう!

 

レンタルで使っていた時は、

お店の人が常にチェックし、メンテナンスをしてくれていましたが、

これからは、あなたがマイボードのお世話する番です。

 

ここでは、初心者でもできるワックスがけについて解説するので、

マイボードのために、しっかり確認してくださいね。




スポンサーリンク






スノーボードのメンテナンス!ワックスについて学ぼう!

突然ワックスをかけようと言われても、

スノーボードのワックスには、どんな効果があるんだろう?

って首をかしげる人もいるかもしれませんね。

 

どんな効果があるのか、いつ行うのが効果的なのか、

などを知っておかないと、面倒くささに負けて、

ワックスなんてしなくてもいいや、

なんて思ってしまうかもしれません。

 

まずは、どうしてワックスをかけることが必要なのか、

その理由と効果について解説していきたいと思います。

 

スノーボードのワックスはなぜ必要?

スノーボードにワックスが必要な理由として、

思い浮かびやすいのが、「滑りをよくする」ことだと思います。

 

雪山を滑り降りるスポーツなので、

滑りやすさというのは、とっても大事ですよね。

 

スノーボードのソールは、

見てもわかりにくいですが、実は、でこぼこしているんです。

 

このでこぼこが多いと、摩擦が大きくなるので、

スーッと滑らないんですね。

 

雪の上を歩く時の靴の底を思い浮かべると、

わかりやすいかもしれません。

 

スノーボードは、滑ってなんぼですから、

これでは、いけませんよね。

 

そのため、ワックスを塗って、

でこぼこしているところを極力減らすことで、

 

滑りをよくする必要があるんです。

 

ワックスの大事な効果の一つが、これですね。

 

そして、もう一つの理由は、

スノーボードが傷んでしまうのを防ぐ、ということです。

 

スノーボードは、ボードというくらいですから、

板でできていますよね。

 

木材というのは、というか木材に限らずですが、

物というのは、使用していればその分、少しずつ傷んでいきます。

 

木材を濡れたままにしていると、

そこから腐っていく原因にもなりますし、

腐っていくことで、もろくもなります。

 

含んだ水分の影響で、板がしなってくることもあります。

 

メンテナンスをしなかったせいで、

マイボードが変形したりしてしまったら、

やるせない気持ちになりますよね。

 

それから、エッジの部分は、金属でできています。

 

金属なので、濡れたまま放置したりすれば、

さびてしまうことは想像に難くないですよね。

 

また、スノーボードは、ウィンタースポーツですので、

シーズンが終わるとしまいこんで、

次に使うまでそのまま、ということも多いですよね。

 

なにもメンテナンスをせずに、ずっとしまいこんでいると、

せっかくのマイボードが、どんどんダメージを抱え込んでしまいます。

 

そのため、気持ちよく滑るためにも、

マイボードと末長く滑るためにも、

メンテナンスをしてあげることがとっても大事なんですね。

 

メンテナンスをすることで、

普段目にしないソールなどにも注意が向くため、

マイボードがどんな状態にあるかを、よく知れることにもなります。

 

そして、知ることでマイボードへの愛情も、

一段と深くなることうけあいですよ!

 

さぁ、メンテナンスの重要さがわかったところで、

今度は、スノーボードのメンテナンスに使うワックスには、

どんな種類があるのかを見ていきましょう。

 

スノーボードのメンテナンスに使用するワックスの種類とは?

ワックスが必要なことはわかったけれど、

スノーボードのメンテナンスに使うワックスには、

どんな種類があるのでしょうか。

 

スノーボードに使用するワックスは、

 

スプレータイプのワックス

ペースト状のワックス

固形タイプのワックス

ホットワックス

 

と、大きく4種類に分けられます。

 

このうち、スプレータイプ、ペーストタイプ、固形タイプは、

生塗り系ワックスと呼ばれる仲間です。

 

ホットワックスは、他の3つと違って、

専用のアイロンを使うちょっと大掛かりなメンテナンスです。

 

今回は、初心者でも簡単にできるやり方の紹介なので、

生塗り系ワックスの3つを中心に、

実際のやり方を紹介していきたいと思います。




スポンサーリンク






初心者でも簡単にできるスノーボードのワックスがけ!

生塗り系ワックスの3つは、

初心者でも簡単にできるやり方だとお伝えしましたね。

 

それでは、それぞれどうやって使うのか、

やり方を一つずつ見ていきましょう。

 

スプレータイプのワックスの使い方を学ぼう!

スプレータイプのワックスは、

生塗りワックスの中でも、一番手軽で簡単な方法です。

 

スポーツ用品店なんかで、

見かけたことがあるひともいるかもしれませんね。

 

なんだ、スプレーなら、

スノーボードのソールにブシューっとすればいいんでしょ?

と思ってる人がほとんどかもしれません。

 

確かにソールにブシューっとするんですが、

実は、それだけではダメなんです。

 

では、どうやって使うのが正しいのでしょうか。

 

スノーボードは雪の上を滑っているだけなので、

特に汚れなんてない!と思うかもしれませんが、

実は、ホコリや砂、春先だと黄砂などもついたりして、

ボードも汚れがついているんです。

 

汚れの上にワックスを塗ってしまわないように、

まずは、ボードをキレイにしてあげましょう。

ボードの汚れを落とすには、

専用のクリーナーを使って、拭いていきます。

 

クリーナーには、

付属のペーパーがついていますので、

それを使って念入りに拭いていきましょう。

 

このとき、ボードにクリーナーを垂らすのではなく、

ペーパーにクリーナーをしみ込ませてから拭くようにしましょう。

 

ペーパーがない、足りないときには、

キッチンペーパーが柔らかく厚みもあり、

大判なので使いやすいですよ。

 

拭き終わったら、数分乾かしましょう。

 

クリーナーが乾いたら、いよいよブシューの出番です。

スプレーをソールにブシューっとしたら、

コルクでスプレーを伸ばしていきます。

 

コルクでゴシゴシすることで起こる摩擦熱で、

ワックスをしみ込ませていくんですね。

 

まんべんなくゴシゴシできたら、完了です。

簡単ですよね?

 

ただ、このスプレーワックス、持続力は短めです。

 

そのため、一日滑るときには、お昼休憩の時に、

もう一回塗り直してあげたほうがいいかもしれませんね。

 

 

スノーボードのワックスがけをまだしたことがない、

初心者なら、このセットがおすすめです。

クリーナー、ブラシ、コルクなど、

必要なものが全部まとめて入っていますよ!

関連記事:腹持ちのいい食べ物!朝・昼のおすすめはコレ!

 

ペースト状、固形タイプのワックスの使い方を学ぼう!

ペーストワックス、固形タイプのワックスも、

基本的には、スプレーワックスと同じように使います。

 

まずは、クリーナーを使って、キレイに拭いていきます。

そのあと、ワックスを塗っていき、

コルクでゴシゴシとしみ込ませていきます。

 

固形ワックスの場合は、

コルクでゴシゴシしたあと、軽くブラッシングしてあげましょう。

 

あまり強くブラシをかけると、

せっかくのワックスが落ちてしまいますので注意してください。

 

持続力としては、

固形>ペースト>スプレーとなります。

 

おうちでのメンテナンスには固形を使い、

滑っていて滑りが良くなくなってきたな、と思ったら、

さっとスプレーで対応する、というのが手軽かもしれませんね。

 

ちなみに先ほど紹介したセットには、

小さいですが固形のワックスも入っていますよ!




スポンサーリンク





関連記事:難関大学といえる偏差値は?どこからどこまで?国立・私立について詳しく解説!

ホットワックスってどんなもの?

最後に、ホットワックスを少しだけ紹介します。

 

初心者には敷居が高いものでもあるので、

こんなものもあるんだーと思っていただければ大丈夫です。

もちろん興味がある人は、トライしてみてくださいね。

 

生塗り系より手間がかかる分、持続力も高いホットワックスですが、

これを行うには、アイロンが必要になります。

 

生塗り系ワックスは、コルクでこすって、

摩擦熱でワックスをしみ込ませる方法でしたが、

ホットワックスは、アイロンの熱を利用します。

 

アイロンをどのように使うかは、

ぜひ、この動画を見てみてください。

 

どうでしたか?

なかなか自宅でやるには、大変そうですよね。

 

しかし効果の持続は抜群なので、

ふだんは自分でメンテナンスをしながら使って、

シーズンのはじめと終わりに、スキー場やショップ等で、

ホットワックスをやってもらう、というのもいいかもしれませんね。




スポンサーリンク





関連記事:活性酸素とは?わかりやすく簡単に説明!運動で増える?

最後に

さて、今回はスノーボードのワックスをする意味や、

ワックスの種類について紹介してきました。

 

大切なマイボードで、存分に雪山を楽しむために、

ワックスでメンテナンスをしてあげてくださいね!



スポンサーリンク

サブコンテンツ