蚊は冬眠するの?冬でも発生する?冬の生態・過ごし方を詳しく解説!

夏場に猛威を振るい,人にも動物にも

痒みをもたらす“蚊”ですが,

夏を過ぎると見なくなりますよね。

 

夏場はあれだけ苦しめる厄介な存在ですが,

夏場以外はどこにいるのだろう?

と,疑問に思ったことはありませんか?

 

冬場,蚊がどこにいて何をしているのか,

気になったので,調べてみました!

蚊の基本的な生態についてもまとめました!

 

夏場の蚊に刺されにくくする方法も

ご紹介するので,ぜひ実践してみてくださいね。




スポンサーリンク






蚊の冬季の過ごし方とは?冬でも発生する?冬眠している?

冬場,蚊に刺された経験がある方も

いるのではないでしょうか?

 

一概に“蚊”といっても,たくさんの種類がいて

それぞれ種類によって冬の過ごし方は異なります。

 

今回は,日本に多くいる3種類の蚊の

冬の過ごし方についてまとめました。

 

通称・やぶ蚊“ヒトスジシマカ”の冬の過ごし方

ヒトスジシマカは,体に白黒の縞模様のある蚊です。

皆さんも見たことがあるのではないでしょうか。

藪に発生していることが多いことから

“やぶ蚊”と呼ばれています。

 

ヒトスジシマカは冬季

どう過ごしているのでしょうか?

 

ヒトスジシマカの成虫は寒さに弱く,

成虫が冬を越すことはなく,

卵を適度に水が溜まった近くに産み付け

卵の状態のまま越冬します。

 

九州の一部の地域では,幼虫の状態で

冬を越すこともあるようで,

比較的温暖な地域では卵の状態でなくても

越冬することができるそうです。

 

冬眠する蚊!“アカイエカ”の冬の過ごし方

アカイエカは,名の通り

赤褐色で家に入り込みやすい蚊です。

ほぼ国内全域に生息しています。

 

日没~明け方まで活発に動き回って血を吸っています。

夜中の耳障りな音はアカイエカであると思われます。

 

冬はどう過ごしているでしょうか?

 

アカイエカはメスだけですが,

成虫のまま冬を越すことが出来ます。

 

オスは冬を越すことは出来ず,死んでしまいます。

オスはメスと交尾をして次の代を残すことができれば,

それで役割終了となるから,だと言われています。

 

とはいえ,アカイエカのメスも冬に活動はせず,

春までずっと洞窟や床下,押し入れなどの

寒さを防ぐかつ薄暗い場所で冬眠しています。

 

アカイエカの寿命は活発に活動していれば1ヵ月程度ですが,

冬眠をすると冬眠期間を含めて

約6ヶ月は生き抜くことが出来ます。

 

都市に住む“チカイエカ”の冬の過ごし方

チカイエカはアカイエカに似た見た目の蚊です。

地下鉄やショッピングセンターなどの施設内を好み,

主に夜に活発に活動しています。

 

冬はどう過ごしているでしょうか?

 

チカイエカは,年中活動していて

夏も冬も関係なく,年中血を吸ってきます。

 

さすがに,夏場のように外に出て活動はせず,

地下街や暖房の効いた場所など寒さが入りにくい場所で

血を求めて動き回っています。

 

他の蚊が25~30℃の気温で活発に動き回り

15℃以下で活動が止まるのに対して,

チカイエカは10℃でも活動し続けます。

 

冬場に蚊に刺された経験がある方は,

チカイエカの可能性が高いです。




スポンサーリンク






蚊の基本的な生態を詳しく解説!

蚊は,卵→幼虫→成虫と成長し

血を吸うようになります。

 

特に蚊は,成虫になるまでのスパンが短く,

卵から孵るのも早いので,

蚊を成長させないためにはこまめな注意が必要になります。

 

卵,幼虫,成虫と成長していく蚊の生態を

それぞれ詳しく説明していきましょう。

こまめに目を向けて注意してほしい

蚊の生態を解説していきます!

 

蚊の卵は水のある所にある!

蚊の卵は,下水溝や水田,ため池など

水の流れが少な目で水がある場所に

あることが多いです。

 

卵から孵った後の幼虫が育つのに

必要な栄養源が比較的豊富にありそうな場所に

成虫が卵を産み付けます。

 

家の近くに流れの少ない水がある場所があるときは,

こまめに水を動かしたり抜いたりする

必要があるので,注意しておきましょう!

 

蚊の幼虫“ボウフラ”

蚊の幼虫である“ボウフラ”は,

成虫が卵を産み付けてから

2~5日で生まれてきます。

 

ボウフラは卵から孵った,その場所で

豊富な餌を食べながら成長を続けます。

脱皮を繰り返しながら成長していき,

7~10日でサナギの状態になります。

 

蚊の成虫のあまり知られていない生態!

さなぎの状態から3日程度で成虫となり,

多くの人が苦しめられる“蚊”の状態となります。

 

ただし,人々に痒みを与える「血を吸う」

という行為は,メスの蚊だけが行います。

普段は花や草木から栄養を吸って食事をしています。

 

なぜ蚊は人や動物の血を吸う?

前項に書いた通り,血を吸う行為をするのはメスだけです。

 

では,メスはなぜ血を吸ってくるのでしょうか?

 

血は高タンパクであり,産卵に備えるために

人や動物の血を吸ってタンパク質を補給し,

次の代の卵を産み,1ヵ月~6ヶ月の命を終えます。

 

蚊に刺されるとなぜ痒い?

蚊が血を吸うだけで終わる虫ならば,

ここまで嫌われないんだろうな...

なんて思うことがあります。

 

蚊が嫌われるのは,刺された後の

あの“痒み”が1つの大きな原因ですよね。

 

あの痒みはなぜ起こるのでしょうか?

 

あの痒みの原因は,蚊の唾液によって

アレルギー反応を起こしてしまうから,なんだそうです!

 

蚊は,血を吸うとき,対象体が針を刺す痛みを感じないよう

麻酔成分を注入し,皮膚の感覚を麻痺させます。

 

このとき注入される成分が体の中でアレルギー反応を

起こし,痒みにつながっています。




スポンサーリンク





関連記事:蚊の対策!寝るときはどうする?部屋に蚊がいるときの対処法!

蚊に刺されないようにする方法は?

一番手っ取り早いのは,成虫になる前に駆除し

蚊を血を吸われる状態にさせないことです。

 

卵や幼虫の段階で,徹底的に予防をすることで,

近くで蚊が発生するのを防ぐことが出来ます。

 

そのためには,蚊が卵を産んで育つ場所を

作らないこと,これが有効です。

 

蚊はほんの小さな水溜りにも卵を産みます。

古タイヤの中に雨水が溜まれば,そこに産みます。

鉢植えの受け皿に水が溜まったままだと,そこに産みます。

 

こまめに水が溜まっていないか確認をしましょう。

溜まっていれば,捨てましょう。流しましょう。

 

それだけでも蚊の発生数は少なくなりますよ!

 

虫よけスプレーの使い方に注意!

蚊が成虫になってしまっている場合は,

虫よけスプレーや蚊取り線香など

今までもやってきているだろう方法を見つめなおしましょう。

 

まず,虫よけスプレーは蚊が避ける

「ディート成分」を見て,商品を選択しましょう。

 

ディートは日本で50年以上

虫よけ成分として使用されている成分で,

今まで副作用の報告もない安全性の高いものです。

多くの虫よけ剤にはディートが含まれています。

 

しかし,使用方法,使用回数を無視するのは危険です。

 

多くの虫よけ剤の注意事項を読めば分かるのですが,

子どもへの虫よけ剤の使用にはいくつか制限があります。

 

ディート成分は12%以下の商品のみ赤ちゃんにも使用できる

ディート成分30%を超える商品は12歳以下では使用できない

漫然とした使用はさけ,必要な場合のみ使用する

子どもに使う場合は,大人の手に虫よけ剤を取ってから

子どもの肌にはたき込むように使用する

 

などが,子どもに虫よけ剤を使うときの注意点です。

 

大体の虫よけ剤には,こういったことを

注意書きに書かれているので,

ちゃんと読んで使用しましょうね!

 

この虫よけスプレーはディートは10%なので,

赤ちゃんにも使える商品になっています。

刺激も少なく,肌に優しい虫よけスプレーです。

関連記事:コバエはどこから湧く?発生源と対策について詳しく解説!

 

蚊取り線香を有効に使おう!

夏場,蚊取り線香を炊いている,

という方も多いと思います。

 

趣があって夏の風物詩にもなる蚊取り線香ですが,

スプレーにも注意すべき点があったのと同様に

蚊取り線香にも注意が必要な点がいくつかあります。

 

蚊取り線香の成分は,「ピレスロイド系殺虫成分」が一般的です。

この成分は,人やペットとして飼う犬,猫,鳥などには無害なので,

比較的安全な殺虫成分として多く使われています。

 

しかし一方で,昆虫やカエル,カメ,熱帯魚,金魚などには

殺虫成分の効果を発揮してしまいます。

 

ペットとして金魚やカメを飼っているご家庭は

注意してください!

 

また,蚊取り線香の効き目は約半径2m程度だとされています。

蚊取り線香の香りが届く範囲と

虫よけの効果がある範囲は異なるので,注意しましょう。

 

蚊取り線香の燃焼時間は商品によって異なるので,

購入の際に燃焼時間を比較して

自分の使用用途にあった商品を選びましょう。

 

蚊取り線香の効果を最大限に活かすためにも,

風上に置いて,自分の方へ

有効成分が流れるように置きましょう。

風が吹いてくる方向に置くことで,

有効成分を自分の方へ向けることが出来ます。

 

蚊取り線香といえば,という有名所の商品です。

燃焼時間は11.5時間の長時間タイプです。

蚊が一年中いることを知った今,

大量にまとめ買いする方がお得ですよね!




スポンサーリンク





関連記事:ハエを部屋から追い出す方法は?寄せ付けない方法も詳しく解説!

最後に

今回は,夏場に人や動物を苦しめる“蚊”

について,冬はどうしているのか?

蚊はどのような成長を遂げ血を吸うようになるのか?

蚊に刺されるとなぜ痒いのか?

蚊に刺されないためにはどうすればよいか?

などについてまとめました!

 

冬場にも活動する蚊もいるので,

冬の蚊対策も必要になることが分かりました。

 

また,冬に冬眠して越冬する蚊や

卵のまま越冬する蚊もいることが分かりました。

 

水が溜まりやすい場所はこまめに掃除する,

薄暗い場所には殺虫スプレーを吹きかける,

などの対策を一年中することが大切ですね!

 

蚊は痒みだけでなく,

感染症を運んでくる可能性もあるので,

なるべく刺されないよう,対策をしましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!





スポンサーリンク


サブコンテンツ