香典袋の住所の書き方!横書きの場合は?薄墨とペンのどっちで書く?

葬儀は前もって予定が立ちませんので、

突然の訃報に、急いで香典袋を用意するということが多いです。

しかし、そんなに何度も経験することでもないので、

意外と細かい部分のマナーについてはよく知らないまま、という人も少なくないのでは?

 

そこで今回は、香典袋のマナーについて解説していきます。

縦書き、横書きの場合の住所の書き方や、

薄墨とペン、どっちで書くのが正しいマナーなのか、などなど

大人なら知っておきたいポイントをわかりやすく解説していきますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク






香典袋の住所の書き方!横書きの場合は?

香典袋の選び方

香典とは、線香や花の代わりに無くなったかたの霊前に供えるもので、

現金を不祝儀用ののし袋に包んだものを言います。

この不祝儀用ののし袋のことを、香典袋と呼びます。

 

急なことだからと言って、

家にあった適当なのし袋に現金を入れて持っていってはいけません。

必ず、不祝儀用ののし袋を購入しましょう。

 

また、香典袋には水引が印刷されたものから、

高級和紙で豪華な水引が付いているものまでグレードがあります。

豪華な香典袋に3千円しか入っていない、

安い香典袋に10万円入っているといったような不釣り合いが起こらないよう、

包む金額に合わせて香典袋を選びましょう。

 

目安としては、5千円以下なら水引が印刷された香典袋、

1万円以上3万円以下なら水引が黒白の香典袋、

それ以上なら高級和紙で水引が双銀の香典袋という感じです。

 

香典袋 本折黒白七本 短冊3枚付き 中袋付き 5枚入り

黒白の水引、中袋付きの香典袋になります。

1万円前後の香典を包む際にちょうど良いグレードです。

御霊前、御香典、御仏前の短冊が3枚ついていますので、

葬儀の派や時期に合わせて使い分けできるようになっています。

 

香典袋の住所の書き方

香典袋は、一般的に中袋が付いていて、

住所や名前、金額はその中袋に記入するのが基本です。

葬儀の受付は、香典袋から中袋を取り出して金額の管理をすることが多いので、

中袋に何も記載がないと、管理が非常に手間になってしまいます。

 

基本形の書き方としては、中袋の表側中央に大きめの字で金額、

裏側に住所と名前を並べて縦書きで書きます。

住所よりも名前を少し大きめに書くと、バランスが取れて見栄えが良くなります。

このとき金額や住所の数字は漢数字で書くというのも基本なので覚えておきましょう。

 

また、この香典袋の住所をもとに香典返しのリストを作るので、

郵便番号も一緒に書いておくとより親切です。

郵便番号はアラビア数字で書いても問題ありません。

 

ちなみに、金額については旧漢字を用いて

「金〇〇円」と記入するのが最も正式な書き方です。

例えば1万円入れたときは「金壱萬円」、5千円なら「金伍阡円」のような感じです。

 

これは「一」を「二」にするなど、後の改ざんを防ぐ目的ですが、

実際に改ざんなどが行われることは稀だと思います。

筆ペンなど慣れない筆記用具で記入する場合もありますし、

簡単な漢数字を用いても特に問題はでしょう。

 

末尾に「也」を付けるのは10万円を超えるような大きな金額の際というのが正式ですが、

最近では「金壱万円也」のように書く方も増えており、どちらでも良いとされています。

 

横書きの場合の住所の書き方は?

市販の香典袋の中袋には、裏側に横書きの補助線がある場合があります。

その場合は、それに従って横書きで書きましょう。

横書きのときは、漢数字ではなくアラビア数字で記入するのが良いです。

「金5000円」や「2丁目3番地」といった感じです。

 

横書きで書く場合には、金額も一緒に裏側に書く方が統一感が出ます。

そのときは、住所、名前、金額という順で書くのが一般的です。




スポンサーリンク






香典袋の住所の書き方!中袋なしの場合は?

香典袋の中袋を使わないという地域もある

市販の多くの香典袋には中袋が付いています。

また、マナー本などでも当然のように中袋ありきの記載になっていることが多いですが、

地域によっては中袋を使わないということもあります。

 

これは、中袋を使うと袋が二重になり、

不幸が重なるということで縁起が良くないという理由からです。

自分の地域の風習として、中袋を使うのか使わないのかは、

いざ香典袋を出す前に、気がついたときにでも確認しておくと良いでしょう。

 

どうしても分からない場合は、中袋を使うのが無難かと思います。

どのマナー本にも中袋ありきで書かれているので、

中袋を使っていても、常識知らずということにはならないでしょう。

 

中袋なしの場合の香典袋の住所の書き方

中袋なしの場合の住所の書き方ですが、

当然ながら香典袋の裏側に縦書きで書くしかありません。

半分より下側のやや左寄せで、住所と金額を並べて書いてください。

 

漢数字や横書きにする場合でも、

基本的に書き方は中袋に書くときと同じなので、参考にしてみてください。

 

香典袋のお金の入れ方

お金の入れ方にもマナーがありますので、簡単におさらいしておきます。

まず、用意する紙幣は新札を避け、またあまりに汚い紙幣もNGです。

もし新札だった場合には、一度四つ折りにして折り目を付けてから入れましょう。

 

そして、お金を入れるときは裏向き(人物描かれた方が表)にして、

かつ「壱万円」などという金額が書かれた方を上側(袋から最初に出る方)にします。

中袋ありの場合は中袋にお金を入れたら、

中袋の表と香典袋の表の向きを合わせて入れます。

中袋なしの場合はその向きで直接香典袋に入れればOKです。

 

細かいマナーだからこそ、しっかり守れる大人になっておきたいですね。

 

最新ビジュアル版 冠婚葬祭お金とマナー大事典(実用No.1シリーズ)

冠婚葬祭の伝統的なしきたりや慶弔のお金の目安、表書きなどなど、

人生で訪れるさまざまなシーンで活用できるマナー本です。

イラストや写真、図をたくさん使用した分かりやすい内容が特徴です。

大人として知っておきたい常識がまとまっているので、

一冊置いておくと一生役に立つでしょう。




スポンサーリンク





関連記事:香典を郵送するタイミングは?宛名や宛先・添え書きについても詳しく解説!

中袋の住所は薄墨で書くべき?それともペンで良い?

香典袋の薄墨のマナー

香典袋に文字を書くとき、薄墨にすべきかペンにすべきかで悩みますよね。

外袋の場合は、喪があける四十九日までは薄墨で書くのがマナーとされています。

つまり、不祝儀であっても薄墨で書くのは通夜や告別式などの葬儀くらいです。

三回忌などの法事のときには、しっかり黒い墨やペンで書いても良いです。

 

ちなみに、葬儀で薄墨を使う理由は、

突然の訃報で濃くなるまで墨をする時間がなく慌てて書いた、

すった墨が涙で薄くなってしまった、などというという悲しみを込めたものになります。

ただ、地域によっては薄墨の習慣がないところもあるので、

薄墨がないからと言ってあえて買いに走る必要はないでしょう。

関連記事:祖父母に包む孫の香典の金額の相場は?夫婦と独身で違いはある?

 

中袋の住所は薄墨ではなくてペンで良い?

中袋への住所の記載については、意見が分かれるところです。

「外袋と同じもので無いと辻褄が合わない」という考えもありますが、

「薄墨は読みづらいからむしろペンの方が良いのでは?」という意見もあります。

 

実際、中袋の住所や金額は書くスペースが限られているので、

薄墨の筆ペンなどで読みやすい綺麗な字を書くのはなかなか難しいです。

 

そもそも中袋に書く内容は、受付の方が香典の管理をしやすくするためのものですから、

読みやすい濃墨やペンで書いてあげる方が良いと考える方が多いです。

薄墨を使うというマナーを重視した結果、

書かれている内容が分からないようでは本末転倒ですからね。

 

細い筆や筆ペンで書くのが理想的ですが、

名前や住所の画数が多いなど、読みやすい文字を書くのが難しい場合は、

黒のボールペンや万年筆で代用しても問題はありません。

 

筆ペン二役 ツインタイプ(黒・薄墨)

黒と薄墨のインクが使い分けできる便利な筆ペンです。

これ1本あれば、香典袋の外袋にも中袋にも書くことができます。

もちろん、祝儀袋にも使えますし、インクジェットのハガキにも対応していますので、

さまざまなシーンでお使い頂けます。

直液式で最後までインクがかすれないのも良いですね。

 

また、10本までの注文なら自宅の郵便ポストに直接投函される、

「ゆうパケットA」を利用することができますので、忙しい方でも受け取りやすいですよ。

 

かんたん筆文字 慶弔サインペン(筆ペン風サインペン)

筆ペンで文字を書くのがどうにも苦手…という方は、

こういった筆ペン風サインペンがおすすめです。

サインペンに近い書き味で、筆の「とめ」や「はね」、「はらい」が再現できます。

ラバーグリップで持ちやすく、どなたでも違和感なく書けると思いますよ。

薄墨、黒の二色がセットになっているのも、便利ですね。




スポンサーリンク





関連記事:義祖父・義祖母の葬式には出席するのが常識?香典やマナーについても解説!

最後に

いかがでしたでしょうか。

まず香典袋の購入時には、中袋があるのかないのかを確認しておきましょう。

同時に、包む金額に合わせて香典袋のグレードも選んでおくのがマナーです。

住所の書き方としては、中袋があれば中袋の裏側に、

なければ香典袋の裏側に基本は縦書きで書きます。

 

また、住所などは無理に薄墨で書く必要はなく、

読みやすさを重視して、濃い筆ペンやボールペンで書いても良いとされています。

それよりも、包んだ金額を正確に書くこと、

名前や住所を確実に読める丁寧な字で書くということが大切です。

 

葬儀は訃報から数日以内に訪れますので、

慌てないように事前にマナーを頭の片隅に入れておくのが良いですね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ