厄除けのお守りはいつまで効果がある?複数持ってもOK?

厄年なんて迷信だ、と思っていても

なんとなく気にしてしまいますよね。

神社に厄除けのお祓いに行ったり、

厄除けのお守りを購入したりする人も多いと思います。

 

厄除けのお守りって、いつまで効果があるのでしょうか?

1個だけでなく、複数持っても良いのでしょうか?

また、複数持つ場合、どのように扱えば良いのでしょうか?

 

今回は、厄除けのお守りについてのこんな疑問に、

お答えしたいと思います。




スポンサーリンク






厄除けのお守り、効果はいつまで?

そもそも厄年は、

前厄・本厄・後厄が1年ずつの、

計3年続きます。

 

厄年のお守りの効果はどれくらいなのでしょうか?

諸説ありますが、

1年毎に新しくする

3年間持ち続ける

というどちらのパターンもあるようです。

 

お守りやお札の効果は基本的には

1年だと言われています。

お守りを持っていると、

悪い気でお守りが汚れてしまい、

本来持つ力を発揮できなくなってしまうと

考えられているからです。

 

神道には「常若(とこわか)」の精神、

というものがあります。

常に若々しく新しい、常に清々しいという

「常に新たに清浄であること」

を大切にすることです。

 

数十年に一度神社を修繕したり

立て直したりする「式年遷宮」も、

この「常若」の精神を大切にし、行うものです。

 

ですから、お守りもこの「常若」の精神で、

1年に1度新しくする、という考えがあるのです。

また、毎年新しいお守りにすることで、

自分の気持ちも新たにすることができます。

 

しかし、そもそも神仏への願掛けに

期限があるという考え方がおかしいということで、

お守りの効果に期限などない、

という説もあります。

この考えだと、厄年の3年間

同じお守りでも効果は発揮されます。

 

厄除けのお祓いも、3回行う神社が多いものの、

まとめて1回で済ませてしまう神社があるので、

どちらの考えも間違いではないでしょう。

あとは個人の考え方次第、ということになります。

 

あえてどちらか、と言われれば、

やはり1年ごとに新しいものにする人の方が多いので、

効果は1年だと言えるでしょう。

 

そもそも厄払いに行けば、

お札やお守りを頂ける神社も多いと思いますよ。

ですから、新しい物を頂いたら

古いお守りの役目は終わり、ということで

良いのではないでしょうか?

 

ちなみに、厄年は数え年なので、

自分の誕生日が起点ではなく、

1月1日から1年となります。

 

ですから厄年の年になったら

早めに厄払いに行ったり、

お守りを手に入れたりすることを

オススメします。

 

最近は初詣などに行くと、

今年の厄年一覧がある神社も

多いですから、

特に厄払いなどを行わない場合は

その場でお守りを購入し、

翌年の初詣でお返しする、

というのがベストかもしれませんね。




スポンサーリンク






厄除けのお守りを複数持ってもいいの?

厄除けのお守りを買った後で、

知り合いや親戚からも

お守りをもらうことがあるかもしれません。

 

それだけでなく、

既に厄除けのお守りを持っていても、

有名な神社や遠方の神社に行く機会があれば、

また欲しくなることもあるでしょう。

違う神社のお守りを複数持っても

良いのでしょうか?

 

結論から言うと、

複数のお守りを持ってもOKです。

 

違う神社のお守りを持つと

神様同士がケンカをする、

なんていう話を耳にしたことがあるかもしれません。

 

しかし、そんなことはないそうです。

そもそも神社は、

同じ敷地内に複数の神様をお祀りしている所が

多いですよね。

 

日本には「八百万(やおよろず)の神」が存在し、

あらゆるものや至るところに、

神様がいると考えられています。

 

ですから、お守りを一緒に持つくらいで

ケンカをすることはありません。

 

むしろ神様同士の力が合わさり、

より効力が上がる、という考え方も

あるみたいです。

本当にそうだったら、心強いですよね。

 

厄除けの効果は大きい方がいいけど、

複数のお守りを持つのに抵抗がある、

という人は、

パワーストーンなどの

厄除けグッズを持ってみるのも

いいかもしれませんね。

 

 

幸運を呼ぶラピスラズリと、

「神々の住む山」と言われる

ヒマラヤ山脈で採れた水晶のブレスレットを身に付け、

お守りも持ち歩けば、

厄除けの効果も高くなりそうです。

 

デザインは数種類ありますが、

どれもシンプルで付けやすいので、

男女ともに人気があります。

 

ブレスレットの他にも、

指輪やピアスなどのアクセサリー、

袋に入れたパワーストーンなどもあります。

 

神社などでしっかり祈願されたものが良い!

という方には、

こちらがオススメです。

 

 

千葉厄除け不動尊で祈願された

厄除けの念数(ブレスレット)です。

厄除け房と同じ

「赤、緑、白、黄、紫」

の5色を使用しています。

 

パワーストーンほどオシャレではありませんが・・・

祈願してある、と聞くと

効果は高そうな気がしますね。

 

千葉厄除け不動尊で祈願されたものには

他にもこんなアイテムがありました。

 

 

災難除けのお守りです。

可愛らしい桃のデザインで、

ストラップになっているので、

お守りであることをあまり感じません。

 

お守りを複数持つことに抵抗がある人でも

持ちたいと思えそうですね。

 

複数のお守りを持つことはOKですが、

持ち方などには、

どんな決まりがあるのでしょうか?




スポンサーリンク





複数のお守りの持ち方や置き方は?

神様の力を頂きたい、ご利益を得たい、

という時は、

神様が近くにいなければいけません。

でも、ずっと神社にいるとか、

神棚を持ち歩くというのは不可能です。

 

そこでお守りが、

神様のいらっしゃる場所の代わりとなります。

常にお守りを持ち歩くことで、

お守り(神様)の力が発揮されます。

 

位の高いものは首から下げる

神様同士はケンカをしない、

と言いましたが、

相性の悪い神様もいます。

相性の悪い神様のお守りは、

一緒に持たないようにしましょう。

 

また、神様には位があります。

伊勢神宮や明治神宮などの

「神宮」と名のつく神社の神様は

位が高いというのは有名ですね。

 

位の高い神様は、

中央の高いところに置くと良いです。

また、お守りが1番効果を発揮するのは、

心臓に近い場所だと言われています。

 

よって、位の高い神様のお守りは、

首から下げた袋などに入れるのが

オススメです。

首から下げるのはちょっと、という場合は

上着の内ポケットなどに

入れると良いです。

 

位の高さや神様の相性については、

神社で聞いたり調べたりして

確認してみてくださいね。

関連記事:厄除けのお札は玄関や寝室に置いてもいい?飾る場所を詳しく解説!

 

持ち歩くお守りは3つ程度

首から下げるお守りも含め、

持ち歩くのは3つ程度が良いとされています。

 

では、他の2つのお守りは

どこに入れれば良いのでしょう?

 

ポケット

まさに「肌身離さず」で、

パンツや上着のポケットに入れるのも

良いでしょう。

ただし、位の高いお守りよりも

下の位置にあるポケットに

入れて下さいね。

 

しかし、お尻のポケットに

お守りを入れることは、

神様の居場所に

お尻を向けることになります。

 

また、お尻のポケットに

お守りを入れたまま座ると、

お守りの上に乗ってしまうので

あまり縁起が良いとは言えず、

お守りの効果も発揮されません。

 

ポケットに入れる場合は、

お尻のポケットは避けましょう。

 

お守りを入れたのを忘れて

洗濯などをしないように

注意してくださいね。

 

ポケットに入れると

落としたり忘れたりしそうで不安、

そもそもポケットのある服があまりない、

という場合は

カバンなどいつも持ち歩くものに

付けておくと良いです。

 

これなら無くしたり、

持ち歩くのを忘れたりという

心配も少ないですね。

 

しかし、男性はカバンを持たない、

という人も多くいますし、

女性の場合、洋服や行先に合わせて

複数のカバンを使い分けることが

多くあります。

 

お守りは常に持ち歩いた方が良いので、

いちいち付け替えるのも面倒ですよね。

男性の場合、やはりポケットに入れるか、

スマホのケースにストラップのように付けるのも

良いかもしれません。

 

女性は化粧ポーチなど、

カバンを替えても持ち歩くものに

付けておけば安心です。

 

財布

ポケットやカバンよりも

更にオススメなのは財布です。

 

財布だったら常に持ち歩きますし、

落とす心配も1番少ないです!

 

お守りを財布に付けたり入れたりする時は

財布をお尻のポケットに

入れないように注意しましょう。

これは①で説明した通りです。

 

また、財布の中にお守りを入れる場合、

レシートやポイントカードで

ごちゃごちゃしたところに

入れないようにしましょう。

 

小銭入れの中も、

お守りが汚れやすいので避けましょう。

神様は静かでキレイな場所を好みます。

関連記事:厄払いはお参りだけ・お守りだけでいい?やり方も詳しく解説!

 

家に置く場合

お守りが3つ以上ある時や

持ち歩くのは1つで充分な場合、

残りのものは家に置いておきましょう

 

神棚がある場合は、

そこに置いて大丈夫です。

神様は複数いてもケンカをしないのは

先程説明した通りです。

しかし気になるようであれば、

相性を調べてくださいね。

 

神棚がない場合は、

お守りを置くスペースを作ります。

タンスの上など、

できるだけ目線よりも

高いところが良いです。

 

安定した高い場所を確保したら、

キレイに掃除をし、

白い和紙などを敷き

神聖な場所を作ります。

その上にお守りを置きましょう。

 

できれば、方角も気にしてみてください。

厄除けのお守りは、

南を向くよう、北側の壁に置くのが

正しいとされています。

朝日(東)に向けて西側の壁に置くのも

良いそうです。




スポンサーリンク





関連記事:厄払いの料金の払い方や相場!のし袋の書き方も詳しく解説!

最後に

厄除けのお守りについて、

効果のある期間や、

複数持つ場合の注意点を

ご紹介しました。

 

お守りは神様のいらっしゃる

代わりの場所ですから、

期間や方法を守り

大切にお守りを保管してくださいね。

 

そして、1年経って

効果がなくなったと思われるお守りは、

お焚き上げやどんど焼きで燃やす、

返納箱に入れるなど

正しい方法で返納しましょう。

 

その際、お礼と感謝の気持ちを

きちんと伝えることを

忘れないでくださいね。

 

一生に数回の厄年、

正しい方法でお守りを扱い、

神様に守って頂きながら

乗り切りましょう!





スポンサーリンク


サブコンテンツ