年越しそばの地域差は?食べる時間にも違いがある?

年末が近くなってくると、年賀状の準備や大掃除の計画、おせちの準備など

いろいろ考えることが多くなって、忙しくなってきますよね。

 

最近は、カウントダウンや年越しイベントなどで

外で大晦日を過ごすという方も増えてきていますが、

そんな中でも、年越しそばの習慣というのも大切にしたいものですね!

 

しかし年越しそばと一口に言っても、お住まいの地域によって

おそばの食べ方にとっても大きな違いがあることをご存知でしたか?

今日は、年越しそばに関する地域差や食べる時間帯、そして年越しそばの由来などを

解説してみたいと思います。

 

毎年なにげなく食べているという方は、もっと年越しそばのことを知って

いろいろな思いに耽りながら、今年の年越しそばを食べてみるのも面白いですよ!

ぜひ最後まで読んでみてください!




スポンサーリンク






年越しそばのいろいろな地域差や違いをご紹介!

年越しそばの食べ方、たとえばお出汁の味付けや、具などは

生まれた地域やご家庭のものが、自分のスタンダードになっているので

いつも食べている年越しそばが一般的なものと思ってしまっているかもしれませんね。

 

しかし、お雑煮に地域差があるのと同様、年越しそばにもいろいろな

バリエーションが存在しているんですよ!

ここではその地域差をご紹介していきます。

 

こんなにあった!ご当地年越しそば

まず東京のおそばが一番一般的と思われがちですが、

じつはこれも「おかめそば」と呼ばれるご当地そばなんです。

卵焼きや青菜、しいたけやかまぼこなどの具がおかめの顔に見えることから

この名前が付いたと言われていますよ!

 

また、おもに京都や北海道で食べられているのが「にしんそば」です。

甘い味付けのにしんの甘露煮をそばに乗せて食べるものです。

京都では、おそば屋さんのメニューとして年中あるものですね!

 

にしんと言えば、おせちに使う数の子のお母さん。

卵の数が多いことから、子宝に恵まれるという縁起物なんです。

ちなみに、甘露煮ではなくて天ぷらで食べるというお家もあるようです。

 

福井県の一部の地域では、鰹節や辛味大根を薬味としてたっぷりかけて食べます。

とてもシンプルなおそばですが、さっぱりとした美味しさで健康的なおそば。

食欲がない時にも、良さそうなおそばですが、

これも年越しそばとして食べられているんですね。

 

意外!?これも年越しそばだった!

ご当地グルメとしての印象が強い、わんこそば。

岩手県に行ったら、一度は体験してみたいですよね。

しかしこれも実は年越しそばの一種だったのです。

 

もともとお客さんにたくさん食べてもらいたい、

というおもてなしの気持ちから生まれたのが、わんこそばだったそうですが、

自分の年齢の数と同じ杯数のわんこそばを食べるという習慣があったそうです。

 

また新潟県のご当地そばとして知られる、へぎそば。

こちらは「へぎ」というせいろのような器に盛られているのですが、

おそば自体も、海藻をつなぎにして作ったもので、

つるつるでシコシコした食感が特徴です。

これは大晦日ではなく、1月14日の小正月前日に食べるという年越しそばなんですよ。

 

そして沖縄そば。

こちらも沖縄旅行に行ったら絶対食べたい、ご当地グルメですね。

沖縄そばの麺には、そば粉は使われていない中華麺ですが、

これもれっきとした年越しそばなんですよ。

沖縄で年越しをする時には、ぜひ食べましょうね!

 

番外編として、香川の年越しそば。

うどん県として全国的に知られている香川は、

やはり年越しそばは、おそばでなくうどんなんですよ。

年越しそばではなく、年越しうどんということですね!

 

そばの食べ方はいろいろですが、食べ方だけでなく

食べる器にもこだわりたいですよね!

こんなオシャレな蕎麦猪口はいかがでしょうか?

 

蕎麦猪口は夏場に使うことが多いですが、普段から湯飲みとして使ったり

ちょっとしたおかずを盛り付ける小鉢として使うほか、

デザートを入れる器としてもおすすめですよ。

これでおそばを食べる楽しみが広がりますね!




スポンサーリンク






年越しそばを食べる時間はいつがいい?

先ほど、新潟の年越しそばは大晦日に食べないものもあるとご紹介しましたが、

そもそも年越しそばは、どんなタイミングで食べるものなのでしょうか?

 

私の実家では、大晦日の夜、除夜の鐘が鳴るころに合わせて

年越しそばを食べていた記憶があるのですが、

しかしいろいろな人に聞いてみると、

年越しそばは大晦日の夜ご飯として食べる家庭もあれば、

年が明けてから食べるというお家もありました!

 

ちなみに年が明けてから食べるおそばは、年越しそばではなく

ついたちそばなどと、呼び方が変わるようですね。

 

年越しそばを食べる正しい時間帯というのは、

結論から言うと、決まった時間はないようです!

そのため、大晦日の朝に食べても、お昼に食べてもOKということですね。

 

しかし、大晦日の夜遅い時間に食べるという場合には

大晦日のうちに食べきらないと、その年の厄や不幸・不運を

翌年に持ち越してしまうという考え方があるようなので注意です!

 

年末年始をまたぐ日程で海外旅行に出かけていて、年越しそばが食べられない!

なんていう年もありますよね。

しかし、そんな時にもって行きたいのはカップのおそば。

 

これがあれば、旅行先の海外でも簡単に年越しそばが楽しめます。

日本食が恋しくなったときのために、スーツケースに入れていくのもおすすめ。

優しいお出汁でホッと一息つけますよ。




スポンサーリンク





関連記事:年越しそばは年越してから食べてもいい?何時までに食べるのが縁起がいいの?

そもそも年越しそばの由来は?

年越しそばの由来が分かると、いつもの習慣も少し身がひきしまる思いになるはず。

しっかりと、年越しそばの由来や意味も学んでおきましょうね。

 

年越しそばの起源・由来は?

そもそも、年越しそばは1800年代までさかのぼります。

年越しそばの発祥、一番最初に風習として根付いたのは大阪と言われていますよ。

年越しそばの起源は、江戸時代の中ごろに商人の家での

月末にそばを食べる習慣からきています。

商人の町である大阪が最初というのも納得ですよね。

 

そして、なぜ「そば」なのか?ということに関しては、諸説あるようです。

1、そばは長く細いことから、長生きや延命を願ったという説

2、そばが五臓の毒を取り除くと信じられていたという説

3、そばの切れやすい性質から、

一年の苦労や借金を翌年に持ち越さないように願いを込めたという説

 

代表的なものは、この3つです。

ちなみに1の説に関しては、同じ願いから「末永くよろしく」という

意味に転じて、引越しそばの習慣が生まれたと言われています。

 

またそのほかの説は、

そばは激しい雨風にたたかれても、その後に日光を浴びれば

元気になるという性質があるため、健康の縁起を担いだという説や

家族の縁が長く続くようにという説などもあります。

 

せっかくの年越しそばなので、いつもよりおそば自体にもこだわってみませんか?

そばの本場である信州の原料を使った、安心で安全なおそば。

信州アルプスの綺麗な軟水を使っているので、そばの風味が生きのどごしもバツグン。

 

そして風味と食感を生かすために、半生状態になっています。

年末に合わせてこんな特別なおそばを準備すれば、大掃除も頑張れそうですね!

関連記事:鏡餅の飾り方!ゆずり葉やうらじろ・順番についても詳しく解説!

 

そばの具にも意味がある!

みなさんのお宅のおそばはどんなものを具として使っていますか?

じつは具ひとつとっても、その意味があるので、

こちらを参考にして、今度の年越しそばを作ってみるのもいいですよ!

 

まず、どんなおそばでも絶対に入っているであろう「ネギ」です。

ネギは「労ぐ(ねぐ)」という言葉からきており、

これは心を和らげるという意味がありあます。

もしくは、神職である「禰宜」の語呂合わせとも言われています。

 

そして油揚げは、お稲荷さん(きつね)の好物であることから

金運アップと言われています。

甘く煮てからおそばの上に乗せるものいいですし、我が家では

4等分に切った油揚げを、そばの出汁と一緒にサッと煮ています。

 

エビは長寿のシンボルでもあります。

ボイルしたエビでもいいですし、えび天にするのも豪華になります。

また、にしんは先ほどご紹介したように子宝の象徴です。

もしにしんが手に入らない場合には、おせちの数の子をちょっと拝借してもいいですね。

 

そして卵は、まんまるで欠けたところがないため縁起がいいとされています。

月見そばのタイプで食べてもいいですし、他に具材が多い場合には

卵をそのままの形で使う必要はなく、錦糸卵にしても大丈夫ですよ。




スポンサーリンク





関連記事:お寺の参拝の作法!神社との違いは?線香や数珠についても詳しく解説!

最後に

いかがでしたか?

いつもなんとなく食べている年越しそばですが、

このような地域差や食べるタイミングを意識すると意外と奥が深いことが分かりましたね!

年末年始に旅行に出かける方は、ぜひその土地の年越しそばを味わってみましょう。

 

またご自宅で作られる方は、そばの具にもこだわり翌年をどんな年にしたいか考えて

具を変えてみるのも面白いかもしれませんね!

ぜひ、ご家族みんなで楽しんでください!



スポンサーリンク

サブコンテンツ