おみくじを結ぶ理由や場所は?持ち帰るのはOK?

神社に行くとつい気になってしまうおみくじ!

「大吉」が出ると気分がいいし、逆に「凶」が出ても気が引き締まります。

でもおみくじって引いた後にどうしたらいいのか、意外とジタバタしてしまいます。

 

そんなおみくじの意外と知らない結ぶ理由や場所、

持って帰っても良いのかなどおみくじにまつわる情報をお届けしたいと思います。




スポンサーリンク






おみくじを結ぶ理由は?

小さい頃からおみくじを引くという経験はあっても、

意外と知らないのがおみくじの扱い方。

 

おみくじは元々占いの意味合いがあり、

神様の意向を知るために神社で行われる儀式だったそうです。

 

現在でいうと、「くじ引き」で大事な決め事を決めるという

とても安易な判断材料だったわけですが、

江戸時代ころから庶民に浸透し吉凶を占う手段として定着したようです。

 

おみくじといえば神社では初詣などで多くのおみくじが結んである光景が目に浮かびます。

 

その光景から私も以前は自然とおみくじは結ぶものと思っていたのですが、

そのおみくじを結ぶことにも意味合いがあります。

 

【神様や仏様と縁を結ばれ願い事が叶う】

おみくじを結ぶことと、縁を結ぶことがかけられた意味です。

 

【悪い運気を境内に留めてもらう】

凶や大凶が出た際に、持ち帰らず結ぶことで悪い運気を止めてもらう意味があります。

 

今ではおみくじを結ぶ場所が用意されていますが、本来は木に結ぶしきたりでした。

木はとても神聖なものとして扱われていて、

パワーを得ることができるものとされていました。

そこで、木に結ぶ理由はこちらです。

 

【木の神聖なパワーで凶を吉と転ずる・願い事が強くなる・悪い運が浄化される】

 

というものです。




スポンサーリンク






おみくじの結び方

おみくじを結ぶスペースに皆さんどんな風におみくじを結んでいますでしょうか?

意外と知らずに、何も考えずに結んでいる方が多いと思います。

この機会におみくじの結び方をしっかり覚えておきましょう。

 

おみくじの結び方

おみくじをひく場所の近くに用意されているのがおみくじを結ぶ場所です。

そこには「おみくじ掛」という紐が並んでいます。

 

引いたおみくじは、そのおみくじ掛に結ぶことができます。

おみくじの結び方は「人結び」。

おみくじを伸ばし、3つ折りにし長細くして人結びをします。

 

<人結び>

前から奥におみくじ掛にかけるように回し、

奥に回した方を下から取りむすぶ結び方です。

 

また、つい何も考えずに結ぶと縦結びになってしまうこともあります。

縦結びは死装束に使われる結び方でおみくじを結ぶ際には良くないとされています。

 

他にも蝶結びなども適していません。

おみくじを結ぶ際には縁を結ぶように願いを込めながら人結びで結ぶといいでしょう。

 

凶・大凶の場合

凶・大凶が出た場合は、

利き手とは反対の手で結ぶことで凶が吉に転じると言われています。

このやり方は少し難しいのですが、

困難なことをやりとげることで運気が良くなるという意味合いです。

 

悪い運気が出たところで肩を落とさず、難しいことに挑戦することで

運気が上がるというのは何事にも通じる部分があります。

 

是非凶・大凶が出た際には挑戦してみてください。




スポンサーリンク





おみくじを結ぶ場所は?

初詣など参拝客が多い時期などにおみくじの近くに

おみくじを結ぶ場所が多く出ていたりするのを見かけますよね。

 

また、おみくじは木に結ぶといいという元来の言い伝えもあります。

おみくじを引いた後に、おみくじを結ぶ場所についてご紹介します。

 

おみくじを木に結ぶはNG?

おみくじは元来木に結ぶことで、木の生命力により願いが結ばれると言い伝えられました。

 

ですが、現在では木が木傷けられたり、景観を損なうという理由で

木に結ぶことを禁じているところもあります。

(過去にはおみくじを多く結んだことで木が枯れてしまったという事例もありました。)

 

生命力と言われる木をおみくじで枯らしてしまっては本末転倒ですよね。

なので、現在ではおみくじを結ぶ場所を神社で用意していることが多いです。

 

【豆知識】おみくじを結ぶ松と杉

言い伝えで、おみくじを結ぶ木にも意味合いがありました。

大吉などの良い運気を表すおみくじは、

良い運気を待つようにということで「松」に結び、

凶などの悪い運気を表すおみくじは、

悪い運気は過ぎ去るようにと「杉」に結んだと言われています。

 

おみくじの結び場所が設けられている場合

現在では上記の理由から、

おみくじを結ぶ場所が用意されている場合が多いです。

 

おみくじを結ぶ場所は、「おみくじ結び所」と明記されていることが多く、

境内の端などおみくじを引く場所の近くにあることが多く、

皆さんが結んでいるため目立つ場所にあります。

 

おみくじを行う際には、独自で好きなところに結ぶのではなく

神社のルールに従いおみくじを結びましょう。

おみくじは持ち帰るのはOK?

おみくじを結ぶ場所や結ぶ理由を紹介してきましたが、

引いたおみくじは、必ず結ばなければいけないのかというとそうではありません。

結ぶ以外の方法をあげてみました。

 

持ち帰る

神社で引いたおみくじは、持ち帰っても大丈夫です。

持ち帰ることで、引いたおみくじを定期的に読み返すことができて励みにもなります。

特に良縁などはつい期待してしまいますよね!

 

毎年おみくじを引いた後は、自宅に持ち帰り神棚に置くという方もいらっしゃいます。

 

また、去年のおみくじを持ち歩いていて新しいおみくじをひく際には、

去年のものは神社でお焚き上げしてもらうと良いとされています。

 

お焚き上げは、正月飾りなど神様にまつわる神聖なものを

供養する意味合いがあります。

地域でやっている場合もあるのでタイミングを見て出すといいでしょう。

 

お財布に入れて持ち歩く

運気の悪いおみくじを引いたからといって必ず結ぶ必要はありません。

悪い運気をつけられてしまうから置いていきたいとネガティブに思うかもしれませんが、

凶には身を引き締めて生活していくことで運気が上がるという意味合いもあります。

 

逆に常に持ち歩くことで気が引き締まり良い方向へ導いてくれることもあります。

凶・大凶が出た際でもお守りとして財布に入れて持ち歩くのもいいでしょう。

NGなおみくじの扱い方

せっかく引いたおみくじで運気がいいものを引き当てても

NGなおみくじの扱い方をしては台無しになってしまいます。

これはやってはいけない!おみくじの扱い方を覚えておきましょう。

 

別の開運グッズと一緒に持つ

おみくじをお財布に入れる際に、他の開運グッズを入れるのは避けましょう。

運気が混ざり返って逆の効果を出しかねません。

 

普段から開運グッツを持ち歩いている人も、おみくじをいれた時には

他のものは出すようにしましょう。

関連記事:初詣東京で空いてる穴場のパワースポットランキング!

 

雑に扱う

おみくじは、神様や仏様からのお手紙のようなものです。

持ち帰った後のおみくじを雑にゴミ箱に捨てたり、

境内に捨ててしまってはもちろん運気も下がります。

 

持ち帰らない場合には結び、持ち帰る場合は神棚に置いたり

お財布などに入れて持ち歩くなど大切に扱いましょう。

関連記事:厄払いはお参りだけ・お守りだけでいい?やり方も詳しく解説!

 

おみくじの引き直しは?

子供なんかは大吉を引けなかったことでぐずって、

再度引き直したいとねだる子もたまに目にしますよね。

 

おみくじの1日に何度も引き直すのは一般的には良しとされていません。

おみくじは、本来神様からのお告げという役割となっています。

悪いことは避けて、良いものだけ選ぶという都合のいいわけにはいきません。

 

万が一引き直したい場合は、日を改めて数日後などに

もう一度引き直してみるといいでしょう。

 

おみくじは有効期限などはありません、

自身の解釈で1週間でも1年でも範囲を決め

再度おみくじを引くことは問題ありません。




スポンサーリンク





関連記事:千葉の金運アップのパワースポット!ご利益のある神社・お寺はココ!

最後に

私は、凶が出た時は結び大吉が出た時は持ち帰っていたので

凶を持ち帰ることで身が引き締まるというのを最初に聞いた時は目からウロコでした。

 

何気なく引いていたおみくじでも、理由や意味を知ることで

もっと奥深くおみくじを楽しめるのは良いことですよね。

 

普段は引いてなかった方や、粗末に扱ってしまっていた方も

今一度おみくじの扱い方を知り、

一緒に参拝を待つ間に話す小ネタに知っておくと好感度も上がります!

 

ぜひ参考にしてみてください。





スポンサーリンク


サブコンテンツ