おみくじの末吉の内容や確率は?木に結ぶ方が良い?

多くの人がお正月には初詣のために神社へ

足を運ぶと思います。

 

初詣時に限らず、なにか勝負事を控えているときや

観光地へ行った際などにも神社へ行くということは

あると思います。

 

神社へ行った際に必ずすると言っても過言ではないのが

おみくじではないでしょうか。

 

最近は神社のおみくじもユニークなものが増えていて、

単純に「大吉中吉小吉」のようなものではないものも

あるようですね。

 

一般的なおみくじでも、その表記のされ方は様々で、

大吉の上に「大大吉」なんていうものがある神社もあります。

 

今回はそんなおみくじの「末吉」についてフューチャーして

ご紹介していこうと思います。




スポンサーリンク






おみくじの末吉ってどうなの?各運勢の内容と確率をご紹介

誰しもが人生のなかで絶対にしたことが

あるであろう、神社のおみくじ。

 

なにかを決断したり受験する前であったり、

片思い中であったり、おみくじをひこうと思った

きっかけというのは人それぞれ、その時々によって

違うと思います。

 

そしてみなさん、その結果を見ては

一喜一憂されてきたことでしょう。

 

大吉が良くて、凶が悪いということは誰でもすぐに

分かることですが、その間にある各運勢の順番や

意味というのをちゃんと理解されているという方は

案外少ないように思います。

 

まずはそんなおみくじの基本的なことから

ご紹介していこうと思います。

 

 

おみくじの末吉の順番

おみくじをひいたとき、小吉や末吉あたりが出た場合

どう思いますか?

 

その結果が良いのか悪いのか、はたまたおみくじの中で

どの位置にあたるのかについてご存知だという方は

あまりいないのではないかと思います。

 

おみくじの各運勢の順番というのは以下のように

なっています。

 

大吉

中吉

小吉

末吉

大凶

 

小吉・吉・末吉あたりの順番を勘違いして理解していた

なんていう人も結構いらっしゃるのでは・・・?

 

また、人によっては吉が大吉の次に良い運勢である

という解釈をしている場合もあるようです。

 

神社によってはこんな運勢もある

上でご紹介したのはおみくじの基本的な運勢

ですが、神社によっては違ったものとなっていたり

することもあります。

 

吉凶という表し方ではあるものの、上でご紹介した

基本形とは異なるもので言えば、大吉の上に更に大大吉

というものがあったり、凶も吉のように大・中・小で

分けられているものがあったり。

 

また、吉凶で運勢を表さないおみくじも存在します。

 

おみくじといえば吉凶が一番重要なのに!?

という気もしますが・・・

 

そんなおみくじがひけるのは東京にある明治神宮です。

明治神宮の御祭神である明治天皇と昭憲皇太后が読まれた

和歌の内容が「大御心(おおみごころ)」としてあなた方の

運勢をお告げしてくれているというもののようです。

 

おみくじは紙だけではない

その神社の個性を表してくれていると言っても過言ではない

のがおみくじなわけですが、おみくじというのは

一般的には短冊状の紙をイメージされる方が多いと思います。

 

また、おみくじを受け取る前にまずは数字の記されている

ものをひいてから、その数字に基づいたおみくじを巫女さん

からもらうというのが一般的な流れかと思います。

 

しかし、神社によってはそのような一般的な形とは異なる

おみくじを扱っているというところも結構あるようです。

 

たとえば神社によっては動物が祀られているというところ

もあるのですが、その動物をモチーフにして色分けによって

運勢を表しているおみくじというものもあります。

 

また、京都にある岡崎神社ではうさぎの置物のなかに

おみくじがしこまれているようで、おみくじを抜いたあとの

うさぎは置物として楽しむこともできます。

 

同じく京都にある貴船神社のおみくじは、一見運勢など

なにも書かれていないほぼ真っ白の紙なのですが、

神社内にある小さな池にそのおみくじを浮かべると徐々に

運勢が浮き上がってくるというユニークなおみくじ

となっています。

 

 

こちらの書籍には、全国のユニークなおみくじが

たくさん紹介されています。

 

この本を元に、日本全国の神社を巡っていけば

たくさんの個性的なおみくじと出会えますね。




スポンサーリンク






【小見出し内小見出し4】おみくじの内容

 

一般的にはおみくじには大体決まった内容のことが

書かれています。

 

  • 待ち人
  • 失せ物
  • 旅立ち
  • 商売
  • 学問

 

受験を控えている人であれば学問、旅行を控えている

人であれば旅立ちのところにどんなことが書かれているのか

注目して読みますよね。

 

そして片思い中・恋人が欲しい!という人にとっては

待ち人のところに書かれている内容で一喜一憂

するのではないかと思います。

 

が、しかし!

 

実はこの待ち人というのは恋人ということでは無く、

ご自身を今後良い方向に導いてくれる人ということを

表しているのです。

 

なのでそれが学校の先生かもしれないし、両親である

かもしれません。

 

もしくは恋愛をしてあなたの人生がいい方向に進む

というのであれば片思いの相手・恋人だったりするかも

しれませんよね。

 

末吉ってどうなの?

おみくじの各運勢については先述した通りですが、

結局のところほぼ真ん中に位置している末吉というのは

良いのか悪いのかよく分かりませんよね。

 

実際、筆者がおみくじをひいて末吉が出た時、

喜ぶべきなのか悲しむべきなのかよく分からない

運勢だなという印象があります。

 

末吉以外の運勢が出た場合、それはその時・その時点が

単純に良いか悪いかということを表しています。

 

ただし、末吉には実は他の運勢とは異なる意味が

込められているのですが、みなさんご存知でしたでしょうか。

 

末吉の「末」という漢字には、末広がりという意味が

あり、つまりそれは未来・将来のことを表している

ということになります。

 

おみくじをひいて末吉が出た場合、それには

「未来・将来が段々と良くなっていきますよ」という

意味が込められているということなのだそうです。

 

なので、もしおみくじをひいたときがあなたにとって

良いときでなかったとしても、後々良くなるということが

末吉のおみくじによって表されているので、

末吉が出た時はどちらかというと喜んでいい結果なのでは

ないでしょうか?

 

先述した内容では末吉というのは七つの運勢の中で

5番目に良い運勢であるという風にご紹介していますが、

この理屈で言うと場合によっては末吉の方が小吉より

良い運勢であると解釈できるかもしれません。

 

更に言えば、将来の運勢がものすごく良いものになるので

あれば、将来的なことで考えた場合もしかしたら大吉よりも

いい結果だったと言えるかもしれないですよね。

 

おみくじの各運勢の出る確率は?

実はおみくじには起源があります。

 

天台宗延暦寺の僧侶であった良源によって

書かれた「元三大師御籤帳」というものが基となって

現在のおみくじが作られています。

 

つまり、おみくじの各運勢というのは大まかに

ではありますがそれぞれが出る確率というのがあるのです。

 

  • 大吉・・・16%
  • 吉・・・35%
  • 凶・・・29%
  • その他・・・20%

 

以上の確率というのはあくまでも目安です。

 

神社によってその確率というのは異なるので

一概に言うことはできませんが、大吉をひく人というのは

1.5人/10人くらいの割合なので引き当てるのは

なかなか難しいということが分かりますね。

 

 

最近はこちらのように、ネットでおみくじを

買えちゃうみたいですね!

 

普段からその日その日の運勢を占いたいとき、

毎回神社へ足を運ばなくてもおみくじを

ひくことができます。

 

しかも凶が入っていないということです!




スポンサーリンク





おみくじは木に結ぶと良いの?

おみくじをひいて、そこに書かれていることを

読み終わったら、みなさんはそのおみくじを

どうされますか?

 

家に持ち帰る人もいれば、神社にある木の枝に

結んで帰ってくる人もいるでしょう。

 

しかし、おみくじを木に結ぶ意味ってなんなのか

お分かりでしょうか?

 

おみくじを木に結ぶ意味とは

神社へ行くと、木にはたくさんのおみくじが

結ばれている光景を見たことがあると思います。

 

おみくじを引いたあと、どんな結果であっても

木に結んで帰ってくるという人もいるでしょうが、

実は木に結ぶべき運勢のおみくじというのがあります。

 

そもそもおみくじを木に結ぶ意味というのが、

悪い気というものを清浄な地である神社仏閣へ

留めて神様に清めてもらう、という考えが込められています。

 

つまり、木に結ぶべきおみくじというのはあまり

結果が良くなかったもの、ということになりますよね。

関連記事:初詣時期はいつまで?起源や意味・由来についても詳しく解説!

 

末吉のおみくじは木に結ぶべき?

では、良いとも悪いとも言えない末吉のおみくじは

木に結んでおくべきなのでしょうか?

 

答えは、どちらとも言えないというのが本当のところです。

 

悪い結果のものは木に結ぶことで清めてもらう、という

ことを先述しましたが、場合によっては良い結果の

おみくじも木に結ぶことで得られることがあるからです。

 

木というものには、神様との繋がりが強くあるという

考えがあり、その木に自らがひいたおみくじを結ぶことで

神様とのご縁を結ぶという意味が込められているという

考え方もあるのです。

 

一方で、おみくじというのはひいたあとは肌身離さず

持ち歩くことで自身の行動を戒める意味があるということを

考える人もいます。

 

なので良い結果だから持ち帰る、悪い結果だったら結んで

帰らなければならないという決まりは特にはないのです。

関連記事:忌中の期間にしてはいけないことは?飲み会や結婚式に出席してもいい?

 

木に結ぶときの作法

おみくじを木に結ぶとき、ちょっとした作法が

あるのでご紹介しておきましょう。

 

おみくじを木に結ぶ際は、利き手とは反対の手を

使う方が良いとされています。

 

これは普段使い慣れていない手、しかも片手で

結ぶということになりますよね。

 

つまり困難なことを成し遂げることで悪い運勢というのを

吉に転じさせるという意味が込められているということです。




スポンサーリンク





関連記事:厄払いはお参りだけ・お守りだけでいい?やり方も詳しく解説!

最後に

いかがだったでしょうか。

 

多くの人が年に一度くらいの頻度でおみくじを

ひいていると思います。

 

今回おみくじの基本的なことから、微妙な立ち位置の

末吉のおみくじについても色々とご紹介しました。

 

実は将来に希望の兆しがあることを案じているもの

であるということですので、末吉が出てもがっかり

しないでくださいね。

 

サブコンテンツ