新幹線は特急券のみで乗れる?買い方は?券売機でも購入できる?

新幹線に乗るとき、切符を二枚改札に通すことが多いと思いますが、

その切符の内訳や理由を、きちんと理解してますか?

新幹線に乗り慣れている人にとっては当たり前のことでも、

新幹線に初めて乗る方、久々に乗る方は、ちょっと戸惑いますよね。

 

そこで今回は、新幹線の乗車券と特急券について解説していきます。

「新幹線は特急券のみで乗れる?」「特急券のみの買い方は?」といった、

いまさら人に聞くのがちょっと恥ずかしいかもしれない疑問についても、

分かりやすく解説していきます。

これから新幹線の切符を購入する予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。




スポンサーリンク






新幹線は特急券のみで乗れる?

特急券とは?新幹線と在来線(普通列車)の違いについて

新幹線には特急券のみで乗れるのかという疑問の前に、

そもそもなぜ「特急券」というものが存在しているのかというところから解説していきます。

そのためには、まず新幹線と在来線の違いについて知る必要があります。

 

新幹線と在来線では、出発駅と到着駅が同じでも移動にかかる時間が大きく異なります。

その理由の一つは、列車の最高速度です。

新幹線の最高速度は300km/h超と、

在来線の最高速度120~130km/hの2倍以上もあります。

 

また、在来線の線路には踏切や急カーブ、急勾配がありますが、

新幹線の線路には踏切もなく、カーブもはるかに緩やかに作られており、

途中で止まる駅も少ないです。

 

新幹線の線路は自動車で言うところの高速道路、

在来線の線路は一般道と思ってもらえれば良いでしょう。

 

特急券とは、つまるところ「高速道路の料金」ということなのです。

特急券を買うことで、在来線よりも短い時間で

目的駅に移動できる権利をゲットするわけです。

 

乗車券と特急券の意味

さて、在来線に乗るときにも、切符を買いますよね。

普段はあまり意識して切符を見ることは無いと思いますが、

その切符には「乗車券」と記されているはずです。

 

この「乗車券」は、列車に乗る人は必ず購入する必要がある券のことで、

「乗車駅から降車駅までの列車に乗れる権利」に料金を支払っています。

当然、乗車駅から降車駅の距離が短ければ安くなりますし、その逆も然りです。

 

一方「特急券」は、さきほども紹介しましたが、

あくまで「目的駅に早く移動することができる権利」でしかありません。

特急券のみでは、肝心の列車に乗れる権利を持っていないことになるのです。

 

そのため、新幹線に乗るためには特急券と乗車券をセットで持っている必要があります。

乗車券のみでは、在来線には乗れますが新幹線に乗ることはできませんし、

特急券のみでは、どの列車にも乗ることができません。

「特急券のみで新幹線に乗れるのか」という問いの答えは、「乗れない」です。

 

特急券はあくまでオプション!

まだ特急券と乗車券の関係がいまいち理解できないと感じる方は、

「特急券はただのオプション」だと思ってください。

 

在来線でも急行列車でも新幹線でも、

とにかく列車に乗るためには必ず「乗車券」が必要になります。

そして、「乗車券のみ」で乗れる列車は、在来線のみです。

 

目的駅に早く着きたいとなったとき、急行列車に乗るならば「急行券」を、

新幹線に乗るならば「特急券」を別途オプションで購入する必要があるというわけです。




スポンサーリンク






「特急券のみ」を券売機で購入できる?指定席と自由席の決め方は?

券売機でも「特急券のみ」で購入できる

乗車券と特急券は、必ずしも同時に購入する必要はありません。

例えば、当初は乗車券だけ買って在来線で行く予定だったが、

事情が変わって一刻も早く目的駅に行かなければならなくなったという場合には、

後から必要な特急券のみを購入することになります。

 

ただ、急いでいるときに限ってみどりの窓口がかなり混雑していたりして、

結局間に合わなかった、なんて事態に陥ることも少なくありません。

そんなときは、券売機でも特急券のみを購入することができます。

 

券売機での「特急券のみ」の買い方

それでは、券売機での「特急券のみ」の買い方を解説します。

JR東日本の公式サイトでは、こちらのページ

指定席券売機の体験版を利用することができます。

一緒に見比べてみると買い方のイメージが湧きやすいと思いますよ。

 

まずは、「指定席」か「自由席」かを選択します。

 

指定席はその名の通り自分の座る席を事前に指定することができるので、

車内がどれだけ混雑していようが、指定席券を購入していれば自分の席は確保できます。

席の確保のために新幹線の到着をホームで並んで待つ必要もないので、

精神的・肉体的ともにかなり楽です。

その代わり、追加料金が520円ほど(時期や距離によって多少変わる)かかります。

 

また、指定席券は乗車する便(日時)が同時に決まってしまうので、

万が一それに乗り遅れてしまった場合は、指定席券の効力を失います。

当日中の後便でも特急券として使うことは可能ですが、

指定席券としてでなく、自由席券として使うことになります。

 

自由席券は、自分で開いている席を見つけて座る必要があります。

既に満席の場合には、残念ながら立っているしかありません。

ただ、乗車する日にちだけ決めて、あとは好きな時間の新幹線に乗ればよいので、

予定の見通しが立たない場合などには、柔軟に対応できる強みがあります。

 

続いて、目的駅を選択しますが、券売機によっては路線から選択する場合もあります。

目的駅を選択したら、指定席券の場合は乗車する日時を決めます。

その後、乗車する人数を選択して、指定席券の場合は座席位置も選択します。

 

あとは、「特急券のみを購入」を選択すれば、

目的区間の特急券のみを購入することができます。

もちろん、乗車券も必要なら続けて乗車券の区間を選択すれば良いだけです。

ガイダンスに従って選択するだけなので、買い方も難しくありませんよ。

 

みどりの窓口に置いてあるみどりの券売機でも、

同じような買い方で特急券のみを購入することができますので、

窓口が混雑している際にはぜひご利用ください。




スポンサーリンク





関連記事:jr定期の払い戻しの場所は?1ヶ月定期も可能?金額の計算は?

券売機以外の特急券のみの買い方を紹介!

もちろん、券売機以外でも特急券のみを購入することが可能です。

その他の買い方をざっと紹介していきます。

 

みどりの窓口

新幹線の切符の買い方に不安があるなら、みどりの窓口に行くのが一番安心です。

なにせ、プロと直接お話ししながら購入できるわけですから。

担当者が切符の購入に必要な情報を全て聞いてくれるので、

素直にそれに答えればOKです。

すでに乗車券を購入済みで、特急券のみを購入したいならば、

乗車券は購入している旨を伝えれば大丈夫です。

 

ただ、タイミングによっては混雑していて購入までに時間がかかることもあるので、

みどりの窓口を利用するつもりならば余裕を持って駅に行くのがおすすめです。

 

インターネット

JR東日本のえきねっと、JR東海のスマートEX、JR西日本のe5489、

JR九州インターネット列車予約を利用すれば、インターネットで購入することも可能です。

関連記事:財布に入れておくといいものや金額は?入れてはいけないものも詳しく解説!

 

金券ショップ

金券ショップでも新幹線のチケットを購入出来ますが、少し特殊なので注意が必要です。

金券ショップで購入出来るのは、これまで解説してきた「特急券」ではなく、

「新幹線回数券」になります。

これは、JR窓口で販売している6枚綴りの新幹線回数券をばら売りにしているもので、

1枚あたりの料金は、普通に窓口で購入するよりも安くなっています。

そしてこの新幹線回数券は、この1枚だけで新幹線に乗れるのです。

 

そのため、金券ショップで新幹線の切符を買う場合は、

乗車券とセットである必要はありません。

「乗車券だけあって、特急券のみを追加で購入したい」

という方には適しませんので、ご注意ください。

 

「東京-名古屋」間 片道 新幹線回数券 のぞみ指定席変更可

ネットショップでも、新幹線の回数券を購入することができます。

近くに金券ショップが無い方などは、利用してみるのも良いかと思います。

ただし、乗車区間などの確認はしっかり行いましょう。

また、新幹線回数券には使用期限があり、あまり先の予定のために購入してしまうと、

使う頃には期限切れということもありますのでご注意ください。

 

新幹線のぞみ停車駅 必食グルメ35

東京から博多までの新幹線のぞみ停車駅近くにある

ご当地グルメの名店を35軒漫画で紹介した1冊です。

これさえあれば、旅先・出張先でお店選びには迷いません。

新幹線のぞみに乗る機会があるなら、絶対おすすめです!




スポンサーリンク





関連記事:新しい財布を買ったらすること!使う前にすることを詳しく解説!

最後に

いかがでしたでしょうか。

新幹線の切符は、馴染みがない方からすれば少しわかりにくいですよね。

特急券のみでも乗れるのでは?という気持ちはよく分かります。

ただ、今回解説したように、どの列車に乗るにも必ず「乗車券」が必要です。

その上で、新幹線に乗るなら「特急券」というオプションを付けなければならないのです。

 

先に乗車券だけ買ってしまったという方も、

窓口や券売機で特急券のみを購入することは可能ですので、慌てることはありません。

どうしても買い方がわからないという場合は、

みどりの窓口や駅員さんに聞けば、きっと優しく教えてくれるはずです。

 

こんなこと聞くのは恥ずかしいと思うかも知れませんが、

そのせいで新幹線にうまく乗れなかったら最悪ですよね。

聞くは一時の恥、ですよ!

 

無事、新幹線に乗って素敵な旅が出来ることを願っています!





スポンサーリンク


サブコンテンツ