お年賀ののしの名前の書き方や貼る位置は?内のし・外のしについても詳しく解説!

年が明け,新しい年を迎えたときに

やらなければいけないことといえば,

新年のご挨拶ですよね!

 

その新年のご挨拶には「お年賀」が欠かせません。

お年賀は新年のご挨拶に直接手渡す手土産ですが,

そのお年賀で礼儀やマナーを間違っていたら

相手に失礼な上に自分も恥ずかしいですよね…

 

お年賀ののしにはどんな礼儀・マナーがある?

お年賀を持ってご挨拶に伺うのはいつまで?

お年賀にはどんなものがいいの?

などなど難しいですよね。

 

そこで今回は,そんなお年賀について,詳しくまとめました!




スポンサーリンク






そもそもお年賀は何のためにある?

「お年賀」とは,仕事先の上司や取引先,親族や友人,

ご近所さんなど,日ごろお世話になっている方へ

年始のご挨拶としてお渡しする贈り物のことをいいます。

 

基本的には直接訪問する際に持参し,

相手に直接手渡しすることが礼儀とされています。

 

宅配やデパートからの直送はNGとされていますが,

相手が遠方の方だった場合や

都合上お伺いできなかった場合に,

宅配で送ることもあると思います。

 

その時は,相手側にお年賀を送った旨を電話で

伝えておくなどの配慮はしておきましょう。




スポンサーリンク






お年賀の“のし”の正しい書き方は?名前や貼る位置にルールはある?

“のし”は贈り物を覆うように,

のし紙が中心に来るように貼るのが基本です。

 

またお年賀では,普通ののしのほかに

普通ののしを簡略化した“短冊のし”という

短冊形の小さめなのしを使うことがあります。

 

短冊のしを使う場合は,商品も正面においたとき,

右上にのしがくるように貼るのが正しい貼り方です。

両面テープなどで短冊のしの上下を貼ると

きれいに貼ることができます。

 

お年賀につけられるのし紙は,

紅白の5または7本の花結び(蝶結び)に

のしがついたデザインのものを使います。

上段の中央に濃い色で

「御年賀」または「新年御挨拶」と書きましょう。

 

御年賀への名入れは基本的には,

書いても書かなくても良いとされています。

多くは名前を書くことが多いですが,

短冊のしなどスペースがない場合は書かなくて良いです。

 

名前を書き入れる場合は,

名字のみかフルネームを下段の中央に

「御年賀」の字よりも小さめの字で書きましょう。

 

お年賀の“のし”の名前の書き方《夫婦で連名する場合は?》

お年賀ののしには夫婦で連名して書きたい

という人も多いと思います。

 

お年賀に夫婦で連名して名前を書く場合は,

夫のフルネームを下段中心に書き,

その左隣に妻の名前のみを

夫の名前と高さを揃えて書きましょう。




スポンサーリンク





お年賀ののしはどちらがいい?“内のし”“外のし”の違いを解説!

“内のし”は,商品にのし紙をつけてから

のし紙ごと包装するもので,

のし紙が包装の外からは見えなくなっています。

 

相手から贈答品をいただいたお返しとして

贈り物をするときなどに使われることが多いです。

つまり,自分にめでたいことがあったときに

いただいた贈り物のお返しの品などには“内のし”にします。

 

“外のし”は,内のしの逆で,

商品の包装をしてから

その上にのし紙をつけるものです。

相手におめでたいことがあったときの

贈り物は“外のし”になります。

 

新年というのは,自分にとっても相手にとっても

おめでたいことだと考えられるので,

お年賀の“のし”は内のしでも外のしでも

どちらでも間違いではないとされています。

 

関東では“外のし”,関西では“内のし”が

多いそうですが,地域や家のしきたりによっても

内のしか外のしかは異なるようです。

 

どちらでも間違いはないので,

マナーがなってない!とされることはないです。

お年賀ののしはいつまでつけていい?喪中はどうすればいい?

お年賀を持ってご挨拶に行くのは,

1月1日~3日の三が日の間が礼儀としては

正しいとされています。

 

しかし,一般的には1月1日~7日の松の内の

間はお年賀を持ってご挨拶に伺う音が出来ます。

地域によって,松の内の期間に差があるので,

自分たちの地域がいつまでなのか調べておきましょう。

 

御挨拶に伺うときは,事前に連絡を入れ,

訪問する日と時間を相手側と約束しておきましょう。

 

自分や相手が喪中の場合は,

お年賀を持ってお伺いすることはできません。

事前に喪中でご挨拶に伺えないことを伝えておきましょう。

 

どうしてもご挨拶に伺わなければならない場合は,

1月7日以降に「寒中お見舞い」として

「寒中御見舞」ののし紙の手土産でご挨拶に伺いましょう。

 

「寒中お見舞い」は松の内の後から2月の立春まで

使うことのできるご挨拶になります。

松の内を過ぎてご挨拶に伺う場合や,喪中の場合は

寒中見舞いとしてご挨拶に伺いましょう。

お年賀に贈るものは何がいい?

お年賀は,相手が好きなもの

相手が喜ぶだろうものを贈りましょう。

お年賀を贈る相手方の家族構成や人数などを

考慮して贈り物をすると喜ばれると思いますよ。

 

自分が好きなもの,自分があげたいもの

を押し付けるような贈り物にならないよう

気を付けてくださいね!

 

お年賀は何円くらいのものを贈ればいい?

お年賀の平均予算は3千円程度とされています。

ただし,お年賀を贈る相手によって少し金額が左右されます。

 

近所の人などには1千円程度のもので十分です。

親族・友人などには3千円程度のものが良いでしょう。

特にお世話になっている方や上司・取引先には

少し高めの5千円程度のものが選ばれています。

 

ご自宅向けのお年賀はどんなものが喜ばれる?

お世話になっている方のご自宅へ贈られることの多いお年賀は,

和菓子や洋菓子などの菓子類,その他食品類が多いです。

一般的ですし,予算内のものを探しやすい,

ということも関係していそうですね。

 

ご自宅で受け取る側がいただいてうれしいと

思うお年賀についても調べてみました。

すると,やはり好きな食べ物やお酒,老舗の菓子など,

食べ物関係はうれしく思う人が多いことが分かりました。

 

また,カタログギフトをいただくとうれしい,と

いう人も相当数いることが分かりました。

 

自分で好きなものを選べる,という点で

お年賀を受け取る側からすると人気なようです。

 

こちらのカタログギフトは取り扱う商品は

高品質のものが多く,その上

写真や名前,メッセージカードの作成もでき,

カタログギフトにオリジナル性を出せるカタログです。

お値段もこちらは2800円コースで

親族や友人へのお年賀にちょうど良いのではないでしょうか?

関連記事:お年賀でお金を親に渡すときの金額相場は?おすすめの品物もご紹介!

 

取引先へのお年賀はどんなものが喜ばれる?

取引先へのお年賀では,ご自宅向けと違い

タオルや洗剤などの日用品や消耗品が

贈られることが多いです。

 

相手側が受け取ってうれしいと思うお年賀を調べてみると,

カタログギフトをうれしく思う人が

圧倒的に多いことが分かりました。

 

その次に,食べ物関係

実用的なものが続きます。

 

取引先へのお年賀でも,やはり

受け取る側はカタログギフトが人気なようです。

 

こちらは前枠でご紹介したカタログギフトの

4800円コースになっています。

こちらのカタログギフトは,

お値段コースが沢山あるので,

お渡しする相手に合ったお値段のものを

見つけることが出来ると思いますよ!

関連記事:年末年始が暇で友達がいない人の過ごし方!暇つぶしのおすすめはコレ!

 

お年賀のお返しは必要?

本来のお年賀の意味からすると,

日ごろお世話になっている方々へ贈られるものであって,

贈られる側が何かする必要はない,と思いがちですよね。

 

ですが,お年賀はあくまでも

新年のご挨拶のときの手土産の位置づけです。

贈られる側もわざわざ訪問してくださったことへの

返礼としてお返しを用意してお渡しする方が良いと思います。

 

お礼の品を用意しなくても,

お礼の気持ちとして,お屠蘇やおせちでもてなす

など,行動で感謝を表しましょう。

 

お年賀のお礼はその場で返すのが礼儀です。




スポンサーリンク





関連記事:正月飾りは使い回しできる?毎年同じものを使うのはダメ?

最後に

今回は,新年のご挨拶のときの手土産である

お年賀について,お年賀ののしの正しい書き方や貼り方,

お年賀はいつまでなのか,お年賀はどんなものが良いのか

などについてまとめました。

 

普段お世話になっている方に

今年一年も良い関係が続くように,

お年賀を持ってきちんと正しい方法でご挨拶をしましょう!

 

普段はなかなか直接お会いできない方にも,

新年のご挨拶は顔を合わせて挨拶できる

良い機会になりますよ!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。



スポンサーリンク

サブコンテンツ