あかすりを自宅でやる方法!デメリットや頻度・効果も詳しく解説!

韓国やタイで人気のある「あかすり」ですが、

美肌やダイエット効果があるということで、現在日本でも興味がある方は多いです。

 

しかし、どこに行けばできるのかわからないし、

わざわざお金を払ってやってもらって効果がなかったら…、

人に裸を晒して擦られるのもなんだか…などなど、

あかすりに対する不安なこともあるかと思います。

 

そこで今回は、あかすりを自宅で実践する方法について解説していきます。

あかすりの効果や適切な頻度、デメリットについて知っておけば、

簡単に自宅でもあかすりをすることができますよ。




スポンサーリンク






あかすりの効果とデメリットを知る

まずはあかすりの効果とデメリットを知るところから始めましょう。

 

あかすりの効果

垢が取れてスベスベお肌に

あかすりの一番の効果は、その名の通り垢が取れることです。

肌の表面には古くなった角質が何層にも重なっています。

撫でたときにゴワゴワするようなお肌も、

あかすり後にはスベスベお肌になりますよ。

 

血行促進で新陳代謝が高まる

あかすりを体験すればわかりますが、

しっかりと体中を擦ることで全身の血流が促進され、

あかすり後には身体がポカポカしてきます。

血の巡りは健康のバロメーターでもありますので、

特に冷え性で悩んでいる方などは、あかすりはおすすめです。

 

また、血流が良くなると老廃物の排出も進みやすくなり、

むくみ改善効果やダイエット効果なども期待できます。

 

美白効果

あかすりによって古い角質を取り除くことで、

肌のくすみを改善する効果が期待ができます。

また、正しいあかすりを定期的に行うことで肌のターンオーバーが促進されて、

肌が若々しくなり、美白効果も期待できます。

 

体臭改善

自分の体臭は、自分ではなかなか気づくことができません。

体臭の原因は皮膚に蓄積した皮脂や老廃物から繁殖した細菌だと言われています。

特に垢は細菌の餌になるので、定期的なあかすりで垢を取り除くことで

体臭を改善する効果が期待できます。

 

リラックス効果

あかすりの施術中に思わず寝てしまうという方も多いかと思いますが、

あかすりの刺激は副交感神経を刺激するので、リラックス効果が期待できます。

施設であかすりをすると、マッサージなども同時に行ってくれたりして、

ストレス解消にもなるでしょう。

 

あかすりのデメリット

肌のバリア機能の低下

あかすりは古い角質を取り除く効果がありますが、

やりすぎると必要な角質や皮脂までも落としてしまい、

肌のバリア機能を低下させてしまうというデメリットもあります。

特に、敏感肌やアトピー肌の人は、症状を悪化させてしまう可能性もありますので、

力の入れ方や頻度には注意しなければなりません。

 

また、私たちの肌には常在菌という肌を守ってくれる菌がいます。

あかすりのやりすぎはそれらの必要な菌も減らしてしまい、

肌荒れや皮膚炎を引き起こす菌から肌を守ることが出来なくなってしまいます。

 

色素沈着になる可能性

度重なる肌へのダメージは、色素沈着の原因になってしまいます。

適切なあかすりであれば心配はいりませんが、

自己流のあかすりで変に肌を擦りすぎないように注意しましょう。

一度色素沈着を起こしてしまうと、元通りにするのはとても大変なので、

そうならないよう予防する心がけが必要です。




スポンサーリンク






あかすりを自宅でやる方法を解説!頻度はどのくらいが良い?

あかすりと聞くと、

温泉やエステなどでお金を払ってやってもらうイメージがあるかと思いますが、

きちんとやり方さえ押さえておけば自宅でも簡単に行うことができるのです。

先ほども紹介したようにやりすぎは肌にとって良くないですが、

適切な頻度を守っておけば、自宅でのあかすりでも美肌効果が期待できます。

 

自宅でのあかすりのやり方

まずは入浴し、身体を流す

汚れたままの身体であかすりをしてしまうと、

擦った小さなキズから雑菌などが入り込んでしまう可能性があります。

まずは、入浴し身体を流してください。

 

ただ、石けんやボディーソープで身体を洗うと、

逆に垢が出にくくなってしまうので注意しましょう。

湯船に10分ほど浸かり、肌がほどよくふやけてくるのを感じて下さい。

 

あかすり専用のタオルやミトンで擦る

あとは垢が気になる部分をただ擦るだけです。

擦る順番や方向などは特に決まっていないので、

自分のやりやすいところから始めてみましょう。

 

できれば、普段使っているボディブラシやタオルなど以外に、

あかすり専用のタオルやミトンがあると良いです。

 

プロの方にお願いすると、少し痛いくらいの力加減で擦られますが、

自分でやるときはそこまでの力を入れる必要はありません。

垢の取れ具合を見ながら少しずつ力を入れていきましょう。

 

また、かかとや背中といった肌が厚めのところと、

肘裏や内ももなどの肌が薄いところでは力加減を調節してください。

 

お風呂上がりはしっかり保湿

あかすりは、やりっ放しはあまりよくありません。

少なからず肌のバリア機能は低下しているはずですので、

お風呂から上がったら、しっかり保湿クリームで肌を保護してあげましょう。

 

プリュ 超浸透シルク保湿水

大小のランダムサイズ粒子の美容成分が、

肌の表面と奥深くに均一に潤いを届けるので、

肌全体がしっとりぷるぷるになります。

エステサロンでも使われるほどの実力派コスメで、

あかすり後のダメージ肌にはぴったりの化粧水です。

 

使い終わったあかすりタオルは綺麗に洗う

使い終わったあかすりタオルには、当然ですが垢が付着しています。

それをそのままお風呂場などにかけておいてしまうと、

あっというまにカビや雑菌が繁殖してしまいます。

そんなタオルで身体を擦っても、綺麗にはなりません。

 

タオルを使い終わったら綺麗に洗い、

お風呂場に放置ではなくしっかりと乾かすようにしてください。

 

上手く垢が取れないときはどうする?

皮膚が赤くなるほど擦ってるのに、

擦っても思ったように垢が取れないというときもあります。

もともと垢が全然無いという可能性ももちろんありますが、

その原因は「古い角質が十分にふやけていない」ためです。

 

そういうときは再び湯船に浸かり、

じんわり汗が出てくるまでしっかり身体を温めましょう。

また、その状態で一度湯船から上がり、

少し冷たい水で身体を冷やしてから再び湯船に浸かる、というのも効果的です。

毛穴が開いたり閉じたりすることで、肌の汚れが落ちやすい状態になります。

 

あかすりの頻度はどのくらいが良い?

あかすりは自宅で簡単にできる反面、垢を取るのに慣れてくると、

それが気持ち良くなってついつい頻度を増やしてやりすぎてしまうことがあります。

しかし、あかすりのやりすぎは逆に肌を傷めてしまうデメリットになりますので、

正しい頻度を守ることが重要です。

 

本場の韓国では1週間に1度くらいの頻度であかすりを行うのが当たり前のようですが、

毎日お風呂に入るのが一般的になっている日本人は、

そもそも垢が溜まりにくいとされ、

あかすりは月に1度くらいの頻度で十分だと言われています。

 

もっとあかすりがしたい!という場合でも、

2週間に1度くらいの頻度に抑えておきましょう。




スポンサーリンク





関連記事:おからのカロリーは高い?ダイエットのやり方は?

自宅でのあかすりにおすすめのアイテムを紹介!

ここからは、自宅であかすりをするときに使いたい

おすすめアイテムを紹介していきます。

 

Kirei ピーリングボディタオル

消しゴムをヒントに生まれた、全く新しい感覚の角質ケアタオルです。

特に、おしりや二の腕のぷつぷつ、

ひじやひざの硬い角質に悩んでいるかたにおすすめのタオルです。

 

今治のタオル工場で製造されているので、品質も高いです。

もちろん苛性ソーダやカルキなどを使った漂白作業は一切行わず、

肌に優しい仕上がりになっています。

 

作業工程は全て手作業で、完成まで3週間というこの手間暇が信頼の証でもあります。

長さが90cmと、おしりや背中のあかすりにも使いやすいサイズで、

折りたたむと手のひらサイズになるので小回りも利きます。

 

韓国式アカスリブラシセット

本格的なあかすりを自宅でも簡単にできるブラシセットになります。

特に背中の垢が気になるというかたにおすすめのアイテムです。

持ち手がついたあかすりブラシなので、背中もかんたんに擦ることができます。

レーヨン生地のあかすりが交換用にもう一枚ついています。

関連記事:パンプスで親指や爪が痛い!対策や靴擦れ防止法を詳しく解説!

 

肌に優しい究極のあかすりタオル

群馬県産のシルク100%仕様の、肌触りに優れたあかすりタオルです。

肌にとてもよく馴染み、軽く撫でるように擦るだけでも、

垢がしっかり落ちてくれるのが特徴です。

化学繊維もののタオルが肌にあまり合わないという方は、

シルクなどの天然繊維のタオルと使ってみると良いでしょう。

 

あかすりミトン&タオルセット

ミトンタイプは手で身体を洗うような感覚であかすりができるので、

とても使いやすく自宅でのあかすりにはおすすめです。

脚のあかすり時などには両手に付けて挟むように擦るとあっというまに終わりますよ。

こちらの商品は本場の韓国製で、

まさに自宅でエステを体験しているような気持ちになれます。




スポンサーリンク





関連記事:雨の日に髪の毛が広がらない方法!スタイリング剤のおすすめもご紹介!

最後に

いかがでしたでしょうか。

あかすりは、正しく行うことですべすべの肌を手に入れられるだけでなく、

血行促進による全身の健康増進効果、ダイエット効果まで得られます。

 

しかし、やりすぎによる肌荒れなどのデメリットもありますので、

自宅であかすりを行う場合には、専用のタオルを用いながら、

力加減にも気をつけながら行いましょう。

 

また、あかすり頻度の目安としては、多くても2週間に1回です。

気持ち良くて何度もやりたくなる気持ちも分かりますが、

適切な頻度を守る様にしてくださいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ