年賀はがきはいつまで使える?交換期間や手数料も詳しく解説!

日本の伝統文化ともいえる年賀状ですが、

近年では年賀状を送る人というのは段々と

減ってきているようですね。

 

それでも親族やお世話になっている人には

最低限送っているという人も少なからず

いらっしゃることでしょう。

 

年末に年賀はがきを購入する際、年賀状を

送るべき人数をある程度想定したうえで

買いに行くと思いますが、それでも何枚か

余ってしまうということはありませんか?

 

そんな余ってしまった年賀はがき、みなさんは

いつもどうされていますでしょうか。

 

今回はそんな余ってしまった年賀はがきが

いつまで使うことができるのか、などについて

ご紹介していきたいと思います。




スポンサーリンク






年賀はがきはいつまで使えるの?

年賀状として結局使うことが無く余ってしまった

年賀はがき、こういったときみなさんは

その年賀はがきをいつもどうされていますか?

 

年賀はがきというくらいだから年賀状として

としか使うことが出来ないのかと思いきや、

実はそんなことは無いのです。

 

では、年賀はがきはいつまで使うことが

できるのでしょう。

 

年賀はがきの有効期限は無し!

余った未使用の年賀はがきには、特に有効期限

というのはありません。

 

年賀はがきには切手印刷の下に「年賀」という

記載があるものの、通常の官製はがきとして

使うことができるのです。

 

なので、年始に限らずいつ送っても構いません。

 

ただし、次の年の年賀状として使用するというのは

マナー違反となります。

 

年賀はがきはちゃんとその年(次の年)のものを

購入して送ってくださいね。

 

年賀はがきとして使用しないのなら・・・

年賀状としてではなく年賀はがきを使用する場合、

一応マナーとして知って印刷の下に記載されている

「年賀」というマークは二重線を引くなどして

消しておくのがいいでしょう。

 

もし年賀はがき受付期間中に、年賀はがきを

年賀状目的以外で使用してポストに投函した場合、

「年賀」の記載が消えていなければ年賀状として

扱われて送られてしまいますので特に注意が必要です。

 

お年玉ナンバーは有効か?

年賀はがきといえば、すべてにお年玉ナンバーが

付いているのが特徴的です。

 

年賀はがき自体には有効期限というのはありませんが、

お年玉ナンバーには有効期限が存在します。

 

厳密にいうと、お年玉の景品に当選していても期限内に

交換しに行かなければ無効となってしまい、

もらえたはずの景品がもらえなくなってしまいます。

 

もし当選していた場合、お年玉の景品と交換できる

期間というのは毎年1月中旬に行われる当選番号発表から

およそ半年後の7月中旬までとなっています。

 

景品と交換をした場合には、当選した年賀はがきに

交換証明印というのが押印されますが、その年賀はがきも

官製はがきとして使用することはできますよ。




スポンサーリンク






余った年賀はがきの活用法

では、余った年賀はがきはどのように活用

することができるでしょうか。

 

先にご紹介した通り、年賀はがきは

年賀状送付受付期間外であっても官製はがきとして

使うことはできます。

 

が、友人などに近況報告の目的などで送るには

「年賀」という表記がある以上使いづらいと思います。

 

そんなとき、多くの人は懸賞等に応募する際に

この余った年賀はがきを使用するのです。

懸賞応募の際に使用するだけであれば、どんなはがきを

使っていても送る側としては気になりませんよね。




スポンサーリンク





年賀はがきは交換できる?期間と手数料は?

年賀はがきには写真や干支の画像などを印刷して

年賀状を送るという人が大半ではないでしょうか。

 

既に印刷してしまった年賀はがきが余ってしまった場合、

後々年賀状目的以外で使用するというのはなかなか

難しくなってしまいますよね。

 

そんなとき、その年賀はがきを郵便局へ持っていけば

そんな問題も解決できるのです!

 

年賀はがきは色んなものに交換してもらえる!

年賀状には写真や画像を印刷する他に、

簡単なメッセージを書き込んで送るというのが

一般的ではないかと思います。

 

その場合、筆ペンやボールペンで書き込むのだと

思うのですが、書き損じてしまうこともあるはずです。

 

年賀状というのは新年の御挨拶を目的としたものですし、

書き損じた部分を修正テープなどで書き損じた部分を

消したものを送るというのは、もらったほうはなんだか

いい気はしませんよね。

 

しかしちょっと書き損じただけなのにせっかく購入した

年賀はがきを破棄してしまうのはなんだかもったいない・・・。

 

そんな場合でも、真っ白な状態の年賀はがきでなくても

郵便局へ行けば以下のものと交換してもらえるのです!

 

  • 年賀はがき
  • 官製はがき
  • 通常切手
  • 郵便書簡
  • レターパック

 

書き損じた年賀はがきを、同じ年賀はがきに交換

することができるのは、年賀はがきの販売されている

期間内に限ります。

 

年賀はがきというのは例年11月1日~1月上旬まで

となっています。

 

ただし、書き損じた年賀はがきを1年間保持していて

次の年の年賀はがきと交換するというのはできませんよ。

 

郵便書簡というのはミニレターと呼ばれる、

62円切手で送ることが出来る封筒型の手紙

のことを言います。

 

はがきよりも記入できるスペースは3倍ほど多いですし、

25gまでであれば62円で送ることが出来るので

ちょっとしたものを同封することも可能です。

 

レターパックというのは、A4サイズ・4kgのものまでを

全国一律料金で送ることが出来る封筒のことで、追跡番号

も付いています。

 

メルカリなどのフリマサイトでよく物品を送るという人は、

追跡番号によって品物がちゃんと先方に届いたのかが

確認できて安心なのでレターパックはおすすめですよ。

 

ご自分が使いやすいものを選んで交換してもらえる

というのはいいですよね。

 

しかし、き損したり汚れたりしてしまっている

年賀はがきは交換の対象外となりますのでご注意ください。

 

年賀はがきはいくらで交換してもらえる?

交換してもらうものによって、交換する際にかかる手数料

というのは異なってきます。

 

  • 年賀はがき、官製はがき、通常切手・・・・手数料5円/1枚
  • 郵便書簡・・・・手数料10円/1枚
  • レターパック・・・・手数料40円/1枚

 

喪中になったときの交換は?

年賀はがきが販売され始めた11月以降、年賀状を買ったあとに

喪中になってしまい年賀状を送ることができなくなってしまった!

 

そんなこともあるかもしれません。

 

そういったときに限り、手数料はかからず交換してもらう

ということが可能になります。

 

もちろん、年賀はがきに宛名・住所や写真などの印刷が

されていても構いません。

 

ただし、その場合は年賀はがきの販売期間内でないと

交換手数料無料というのは適応されません。

 

また、服喪であるということを郵便局の窓口で申告し、

請求書に申請者の住所・名前・亡くなられた方との続柄等を

記入することが必須条件となります。

 

年賀はがきの種類を誤った際の交換は?

年賀はがきには、色々と種類があることを

ご存知でしたでしょうか?

 

自宅での印刷方法の違いなどにより、無地はがきではなく

インクジェット専用の年賀はがきでないとうまく

印刷が出来ないといった場合もあります。

 

もし、印刷する前の時点で年賀はがきの種類を誤って

購入してしまったことに気付いたのであれば手数料は

かからずに無料で交換してもらうことができます。

関連記事:年賀状の上司の宛名は手書きがいい?役職や奥様・家族は書く?

 

宛先不明で返送されたはがきの交換は?

年賀状というのは、長らく会っていないであるとか、

毎年年賀状のみでしかやり取りしていないような人に

送るという場合もあることかと思います。

 

そういった場合、相手方が知らないうちに引っ越しを

していて宛先不明で返送されてきたということが

あったりもするでしょう。

 

しかし、一度ポストに投函してしまったはがきというのは

使用済みの扱いになってしまうので、交換手数料を

払ったとしても交換することはできません。

 

一応「宛先不明」というスランプを二重線で消し、

62円切手を貼れば再度送ることは可能なのですが、

それだと相手方に失礼になると思いますのでお金は

かかりますが新しい年賀はがきを用意して再度

送りなおすのが無難かと思いますよ。

関連記事:年賀状のバラ売りはコンビニでしてる?郵便局では?

 

未使用の年賀はがきは現金化できる?

最近は多くの人がはがきを送るということを

しなくなってしまいました。

 

そのため、はがきや切手などと交換できたとしても

その使い道が無いと困ってしまう方もいるかもしれません。

 

そんな場合、お店によっては金券ショップなどで

買い取ってくれるところもあるので、未使用の

年賀はがきであればわずかな金額ではありますが

現金化することはできるでしょう。




スポンサーリンク





関連記事:年賀状の0の書き方は漢字?縦書きの住所の数字の書き方も詳しく解説!

最後に

いかがだったでしょうか。

 

余った年賀はがきの活用方法や交換方法

などについてはご存知なかったという方も

結構いらっしゃったのではないでしょうか?

 

今まではもしかしたら捨ててしまっていたなんて

いう方もいらっしゃるでしょうし、今回ご紹介

してきた方法を参考に有効活用・交換してみてくださいね!





スポンサーリンク


サブコンテンツ