厄払いの料金の払い方や相場!のし袋の書き方も詳しく解説!

何か悪いことが起きるのではないかと不安のある厄年に、

気持ち良く過ごすために厄払いを行うという方も多いですよね。

 

でも日本の風習って実は知らないことだらけ・・・

初めての厄払いは何を持っていけばいいかわからなくて当然です。

 

今回は、厄払い際に持参する料金の相場から払い方、

お金を入れるのし袋の書き方まで

初心者でもスマートに厄払いを行える

マニュアルとして参考にしていただきたい内容となっています。




スポンサーリンク






厄払いとは?

厄払いとは、前厄・本厄・後厄の厄年と言われる3年間の年齢になった時、

厄を払うために行う祈願祈祷のことを指します。

 

主に本厄を迎えたら、厄とされる病気や災難が降りかかることがないよう

厄払いをすることが一般的です。

(前厄・後厄も厄払いをする方もいます。)

 

厄払いの年齢は?

では、気になる厄払いの年齢について見ていきましょう。

 

男性の厄年(本厄)は、

数え年で25歳、42歳(大厄)、61歳。

女性は19歳、33歳(大厄)、37歳、61歳。

 

女性の方が男性より1回多いんです。

 

上記の年齢の前後が前厄と後厄になり、

厄払いの対象となる年齢です。

 

厄払いをする場所と時期は?

厄払いはどこで行うかというと、

祈願祈祷を行う場所は、神社やお寺です。

(お寺では厄除けと明記している場合もあります。)

 

多くの神社やお寺では、一年中厄払いを受け付けています。

 

一般的には、お正月や節分の日(旧正月の元旦にあたる)に、

厄払いに行かれる方が多いようです。

(1月1日〜2月4日ごろ)

 

ですが人気の日取りは混み合いますので、

ご自身の都合に合わせて行くことで構いません。




スポンサーリンク






厄払いの祈祷料の料金相場は?

いざ厄払いをお願いしたいと思った時に、

準備が必要なのがご祈祷のためのお金です。

 

大きい神社やお寺の場合、敷地内やホームページに

納める料金が書いてあることがあります。

 

料金を確かめる際には、

神社の場合は「初穂料」お寺の場合は「御布施」と書いてあるので

確認してみてください。

 

祈祷料の料金相場は?

先述した通り、大きい寺社では金額が提示してある場合があります。

 

もっと詳しく料金が知りたい方は、厄払いを行う寺社に

お問い合わせをしてみて料金を聞くことをお勧めします。

 

ただし、「お気持ちで」と返答がある場合もあるので

その場合は相場を参考にしてみるといいでしょう。

 

通常神社やお寺で支払われる祈祷料の相場は、

大体5,000円~10,000円の間

と考えられています。

(地域の人を集めて行う場合なら3,000円程度ということもあります。)

 

【豆知識】有名神社の料金は?

みなさんがよく知っている神社といえば、「明治神宮」。

 

明治神宮の一般的な祈願料は、5,000円〜30,000円までとなっています。

(5,000円・10,000円・30,000円の3種類)

有名な場所で厄払いをしたいという方はぜひ参考にしてみてください。




スポンサーリンク





厄払いの料金の払い方

寺社に赴いた際に、右も左も分からないのは少しカッコ悪いですよね。

 

いざ厄払いに行ってジタバタしないためにも

事前に祈祷料の払い方の知識をつけておきましょう。

 

料金の支払い場所

厄払いの祈祷料を渡す場所は、神社ごとに違いはありますが、

主にお守りなどを販売する場所で受付をするのが一般的です。

 

大きな寺社では、受付用紙に記入する場合もありますが、

当日受付なので事前に予約などは必要ありません。

 

料金の払い方の礼儀は?

次に祈祷料の渡し方のマナーを知りましょう。

 

料金を入れる袋は、3種類あります。(神社やお寺によって違います。)

 

のし袋

白封筒

現金をそのまま渡す

 

大きな寺社などでは、参拝者が多いのでスムーズに進行するために

現金のみで渡してほしいという場合もあります。

 

その場合は、事前に袋を用意していても、

中から出して渡すと良いでしょう。

 

渡し方に関して指示がない場合は、

のし袋もしくは白封筒で渡してください。

 

祈祷料は、商品の代金を支払うということではありません。

 

祈祷して頂いたことへのお礼で納めるものですので、

一年健やかに過ごせるように感謝の気持ちを込めて納めましょう。

厄払いの料金ののし袋の書き方

さて、のし袋で収めようと思った場合に、

のし袋に記載する必要がある項目があります。

 

何回も書くわけではないので、つい忘れがちになります。

 

表、裏、中袋と詳しくお伝えしますのでしっかり覚えておきましょう。

 

のし袋の書き方

<表書き>すべて縦書き

(水引より上部)

神社の場合:“御初穂料”もしくは“御玉串料”と書きます。

お寺の場合:“お布施”と書きます。

(間に水引が入ります)

(水引より下部)

厄払いを受ける人の名前(フルネーム)を書きます。

 

【豆知識】名前を書く理由は?

お祓いを受ける人の名前を書く理由は、

神社で書く申し込み用紙と、初穂料を合わせた確認のため

であることが多いです。

書き忘れの内容に記入しましょう。

 

<中袋がある場合>すべて縦書き

中袋の表面に、祈祷料を金壱萬円(漢数字でもOK)などと書きます。

裏面左下に、住所と名前を書きます。

 

<中袋がない場合>

裏面下部に、祈祷料を『金5000円』などと算用数字(漢数字でもOK)で書きます。

 

使用する筆記具は、ボールペンではなく筆ペンで書くのがいいでしょう。

 

【豆知識】のし袋に入れるお金について

お金は、新札を入れるのがマナーです。

さらにお札の人物が写っている側(表側)をのし袋の表側と

同じ向きになるように入れましょう。

 

のし袋の水引は?

水引とは、のし袋につけられる飾りの帯のことです。

ご祈祷には蝶結びのものを使用しましょう。

 

蝶結び(ご祈祷にはこちらの結び方)

崩れても何度でも、結び直すことが可能な結び方。

一般的なお祝いや挨拶、お礼・などにも使用します。

 

定番のし袋(水引付)

 

5枚セットで間違った時も平気!

「初穂料」の文字入りで記入が楽です。

 

余った場合でも長く使えるデザインなので

保管用にもどうぞ。

 

白封筒の書き方

白封筒の場合も、のし袋と大きくは変わりませんが中袋がないため、

おもて面に“初穂料”と“名前”

裏面に“金額”と“住所”をすべて縦書きで書きます。

 

寺社側できちんと整理するためですので、お名前・住所・金額は

忘れずに記入しましょう。

厄払いの疑問

ご祈祷の料金相場や、払い方、のし袋の書き方と見てきましたが

他にも厄払いに関するマナーや

確認しておいたほうが良いことについてまとめてみました。

 

事前に確認しておきたいこと

厄払いを行う神社やお寺に事前にホームページやお問い合わせで

確認しておいたほうが良い事項がこちらです。

 

祈祷料の金額

祈祷料の包み方

予約が必要かどうか

 

ほとんどの寺社では予約は不要ですが、

元旦などの混む時期には、飛び込みで入ってもとても時間がかかる場合や

規制がある場合があります。

 

折角、気持ちを入れてきても行えない場合があるので

事前に確認しておきましょう。

 

有名な寺社のほうが良い?

厄払いをするのは、有名な寺社で行ったほうが良いのでしょうか?

基本的には、お近くの神社やお寺で構いません。

より御利益を得たいという方や、

旅行に合わせて遠くの有名な寺社で祈祷を行う方もいます。

 

ご自身の状況に合わせて、お好きな寺社で行うといいでしょう。

関連記事:厄払いで家族同伴の場合の料金や服装は?厄がうつる?

 

厄除けを受ける人数は?

日にちにもよりますが祈祷を受けるのは数十人で受けるのが一般的です。

個別に受けたい場合は、事前に寺社へお問い合わせする必要があります。

 

同級生やご友人と一緒にご祈祷を受けることもできますので

気軽に足を運んでみてください。

(付き添いの場合は、付き添いの方も昇殿できる場合が多いです。)

関連記事:厄払いはジーパンなどの私服・普段着でいい?礼服、ネクタイは必要?

 

厄払いの服装は?

厄払いの服装は、気を引き締めるためにも清潔感のある

スーツなどの、正装な服装が良いでしょう。

 

男性は、スーツにネクタイを着用し、

女性は、スーツもしくはワンピース(生足はNG)が良いでしょう。

 

寺社で祈祷する際には、靴を脱ぎますので

足元に着用する靴下も清潔感おあるものを選びましょう。

 

寺社内でご祈祷する際には、

帽子は着用しない

裸足ではいかない

飴やガムなどは口に入れてはいけない

の点はマナーですので気を付けましょう。

 

1着あると安心!フォーマルワンピース

 

通勤からパーティーにお通夜などの様々な

フォーマルなシーンに最適なワンピース。

肌触りの良い、ソフトな梨地で見た目も上品な仕上がり。

 

アクセサリーや羽織物でアレンジがしやすいシンプルなデザインで

ネイビー・ピンクベージュ・ブラック

の3カラー展開です。




スポンサーリンク





関連記事:喪中に神社やお寺で厄払い・厄除けできる?初詣は?

最後に

厄払いに行く際の知識をまとめてみましたが

お役に立ちましたでしょうか?

 

昔から続く風習で、必ず厄払いをしなければいけないわけではありませんが、

気持ちの面ではスッキリすると思います。

 

ご祈祷の料金もひとくくりに高ければいいというものではないです。

寺社へ行く時の服装や、のし袋を書き方ひとつでも

しっかり一年間の厄を落とすことをイメージし

感謝の心を持ちながら厄除けに向かうといいでしょう。



スポンサーリンク

サブコンテンツ