お年賀でお金を親に渡すときの金額相場は?おすすめの品物もご紹介!

お年賀(お年玉)と言えば「親が子供に渡すもの」というものが一般的ですが、

子供が成長して自立し、反対に親が年老いて年金暮らしになると、

逆に「子供が大人にお年賀を渡す」事もあります。

 

では子供が親にお年賀を渡す場合、その金額は相場ではいくらぐらいなのでしょうか。

また、お年賀でお金の代わりに渡すおすすめの品物も紹介します。

 

今年は親にお年賀を贈りたいと思っている方や親へのお年賀に興味がある方は、

ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク






お年賀って何?お年玉とは違う?

さきほどの前置きではお年賀=お年玉のように書きましたが、

実はお年賀とお年玉には違いがあります。

 

そこでここでは子供が親にお年賀を渡す場合、その金額は相場ではいくらなのか、また

お年賀でお金の代わりに渡すおすすめの品物も紹介する前に、「お年賀とは何なのか」

「お年玉とはどう違うのか」を説明します。

 

お年賀とは?

まず「お年賀」から見ていきましょう。

そもそもお年賀とは何なのでしょうか。

 

今はそうでもありませんが、昔の日本の家にはどの家庭にも

当たり前のように「神棚」や「仏壇」がありました。

 

神棚や仏壇はいわばその家の守り神であり、とても神聖なものです。

 

そこで日本では昔から、新しい年を迎えると、

お世話になっている近所の人や親戚の家をお互いに訪問し、

その人の神様に挨拶する為にその人の家を訪れ、

神棚や仏壇にお供え物をするという風習がありました。

 

このお供え物が、お年賀の起源だと言われています。

 

そして時代が流れると、お年賀は神棚や仏壇へのお供え物というより、

訪問したその人自身への手土産という意味合いを強く持つようになりました。

 

そして今では、年始に挨拶しに行く時の手土産全般の事をお年賀と呼ぶようになりました。

 

お年賀がお金の事だけでなく色んな品物も指すのは、

元々はお供え物を意味していたからです。

 

お年玉とは?

では次に、「お年玉」を見ていきましょう。

お年玉とは、そもそも何なのでしょうか。

 

お年玉は、元々は「御歳魂」と呼ばれていたそうです。

 

この「歳」という漢字は、

その年の福を司る「歳神様」という神様の名前を由来にしています。

 

そして「魂」は、「歳神様の魂」という意味です。

 

歳神様は歳の神様なので毎年各家庭に降りてきてその魂を分けてくれ、

その魂の中には五穀豊穣や幸せなどの福が入っているとされていました。

 

そして、歳神様は福だけでなく「歳」も分けてくれます。

だから日本では、毎年1月に年を取る「数え年」という風習があったのです。

 

歳神様から歳をもらって、初めて年を取る事ができるという訳ですね。

 

そして年を取るのは子供も同じです。

 

そして日本では、子供にも「歳神様から魂をもらったんだよ」という事を

教える為・また子供に元気に育ってくれるように

親は毎年1月になると栄養価の高いもち米で餅玉を作り、

これを「御歳魂」として子供に渡していました。

 

これが、のちの「お年玉」です。

今では餅玉はお金になりましたが、子を思う親の思いはいつの時代も同じです。

 

また歳神様についてですが、歳神様は

その年が切り替わった直後(1月1日0時)に降りて来るとされていて

その為日本では12月31日は

その歳神様を迎える為にその日は夜通し起きているという風習があります。

 

これが今でも続いている、大晦日です。

 

歳神様、という名前は聞いた事がなくても、

大晦日は0時まで起きているという人は多いですよね。

 

そう考えると、

歳神様というのは生活の深い所でとても強く根付いている文化とも言えますね。

 

お年賀とお年玉のそれぞれの成り立ちを見てきましたが、比べて見ると

子→親、親→子と矢印の方向が変わっただけのようにお年賀とお年玉ですが、

その由来は大分違いますね。

 

お正月に相手にプレゼントするものと言えばつい何でも

「お年玉」と言ってしまいそうですが、

由来を見ていくとお年玉は親から成長途中の子へ渡す時に使う言葉というのが分かります。

 

逆にお年賀は、

「年始にわざわざ訪れて、自分がお世話になった人に渡す物」という意味があるので

親に渡すにはピッタリの言葉です。

 

それぞれにはそういう形になったきちんとした歴史があるので、

意味が分かったからにはしっかり区別して使うようにしましょうね。




スポンサーリンク






お年賀はいつ渡す?

お年賀は、渡す時期が決まっています。

 

その時期を過ぎてしまうとなんとも味気がないので、

せっかくならその期間内で親に渡すようにしましょう。

 

お年賀を渡すのは、基本的には1月1日~1月7日までの間とされています。

お正月の中でも「松の内」と呼ばれる期間ですね。

 

お年賀は、年の始まりに今までの感謝とこれからの親交を込めて

お世話になった人の家へ訪れて贈り物を渡すものです。

 

ですから、年の始まりに渡すというのが重要になります。

 

親へお年賀を渡したいと思ったら、1月1日~1月7日の間に渡すようにしましょう。




スポンサーリンク





お年賀で親にお金を渡す時の金額の相場は?

お年賀の成り立ちやお年玉との違いが分かった所で、さっそく本題に入っていきましょう。

まずは、お年賀で親にお金を渡す時の金額の相場です。

 

親は基本的に子供からのプレゼントなら何でも喜んでくれます。

 

ですが、こちらは親にとっては永遠の子供と言えど、

他の人から見たら一人前の大人ですよね。

 

あまり安い金額だとなんとなく恥ずかしいし、でもかといって大きすぎる金額だと

生活がちょっと苦しくなってしまいます。

 

では実際、親にお年賀を渡す場合、金額はどれくらいが適当なのでしょうか。

またお年玉は子供の年齢に合わせて金額が大きく変動しますが、

お年賀の場合も親の年齢によって金額が変わったりするのでしょうか。

 

では、親に渡す場合のお年賀の金額の相場を見てみましょう。

 

1位…1万円

2位…2万円

3位…3万円

4位…5千円

 

となっています。

 

やはり大人2人(もしくは1人)に渡す金額としては、

どうしても万越えは当然という風になりますね。

 

その中で1位の1万円は、すごく妥当な額だと言えます。

 

シルバー世代の親がちょっと良いレストランや人気店へ行って

満足に食事するのには十分な値段です。

 

2位、3位になると金額がどんどん上がっていきますね。

この辺は「温泉旅行」でも想定しての金額だと思います。

 

お年賀としては少々高いですが2人(もしくは1人)で旅行とするとなると

やはりこれくらいの金額は必要です。

 

4位の5千円は「ほんのきもち」の金額ですね。

スーパーなどで立派な尾頭付きの贅沢な刺身セットなどが購入できる金額です。

 

「お正月だからスーパーかどこかで何かおいしそうなものを買ってきて家で食べてね」

というイメージのある金額です。

 

金額は少し幅がありますが、お正月に感謝という形で子供からもらえるなら、

親はきっとどんな金額でも嬉しいものでしょう。

 

親はいつでも子供の事を第一に思っています。

見栄を張って自分の生活や家庭を持ち崩しては意味がありませんし逆に親が悲しむので、

親へのお年賀は自分が用意できる範囲の金額を用意するようにしてくださいね。

 

なお、お年玉と違いお年賀は「親が〇才だから〇万円」という決まりは特にありません。

 

※還暦(61才)・古希(70才)など特定の年齢のお祝いの時はぜひ、

お年賀でまとめず、きちんと還暦のお祝い・古希のお祝いとして渡してあげましょう。

 

親は何歳になっても親、年は関係ないという事ですね。




スポンサーリンク





関連記事:年賀状の0の書き方は漢字?縦書きの住所の数字の書き方も詳しく解説!

お年賀はどんな袋に入れて渡す?裸でもいい?

ではお年賀のお金は用意できたとして、

親へ渡すお年賀はどんな袋に入れて渡せばいいのでしょうか?

 

まず、絶対ダメなのが「お金を裸のまま渡す事」です。

お年賀とは、「感謝」を意味するものです。

感謝を示すはずのに、まるで施しをするみたいに裸のまま渡せば

それはとても失礼に当たります。

 

お年賀は相手への尊敬から来るものだという事をまず頭に入れておきましょう。

では、お年賀はどんな袋に入れて渡すのがいいかと言えば、

一般的なのは「蝶結びの紅白袋」です。

 

ただ、リボンが針金でできたような仰々しいものは必要ありません。

リボンが印字された、祝儀袋よりやや小さめの袋で大丈夫です。

 

万札が折らずに入る!蝶結びの紅白袋

 

お年賀は相手に感謝し、かつ大人に渡すものです。

 

ですが親と言う一番近い身内に渡すので扱い自体はそんなに大層なものではなくてもよく、

袋もこのような簡単なもので大丈夫です。

 

「少ないけど、お年賀です。いつもありがとう」と言いながら

この袋に入れてお年賀を渡せば、

「うちの子が立派な、礼儀のある子になって…」と喜んでくれるはずですよ。

 

裸で渡すよりもよっぽど心象も良いですし、袋自体も安いのでぜひおすすめです。

また、こちらは万札が折らずに入るサイズである事もメリットの一つです。

 

せっかく用意したお年賀ですから、折らずに入れて渡してあげましょう。

 

このような紅白袋はお年賀でなくても色々なお祝い事に使えますので、

この機会にぜひ1セット家に置いておくといいですよ。

関連記事:正月飾りは使い回しできる?毎年同じものを使うのはダメ?

お金じゃなくてもOK!お年賀におすすめの品物は?

お年賀は元々は「お供えもの」だったので、

親に渡すお年賀も「絶対にお金でないといけない」という訳ではありません。

 

金額じゃなくて、何か物を贈りたいという人もいるでしょう。

そこでここでは、親に渡すお年賀向けのおすすめの品物を紹介します。

 

ちなみにお年賀を現金でなく品物で贈る場合、

金額の相場は消費税抜きで3000~5000円ほどです。

 

家で簡単温泉気分♪ちょっといい入浴剤セット

 

まずおすすめなのは、こちらの入浴剤セットです。

親の好きな物って、意外と分からないものです。

「親に喜んでもらえるものを渡したいけど、今の親が何が好きなのかよく分からない」

と悩んでいる子世代も多いんですよ。

 

そんな時に贈る品物としてだいたい間違いないのが、お風呂グッズです。

日本人は元々お風呂が大好きですし、特に年を取ると温泉が好きになります。

 

こちらは生薬エキスを配合し、各有名温泉をイメージした体に優しい温泉になっています。

 

普通の入浴剤より高めですが、ギフト用なので贅沢な成分がふんだんに使われており、

おめでたいお年賀にはぴったりです。

 

お正月から贅沢な温泉風呂に入る事ができれば、きっと親も喜んでくれますよ。

 

ちょっと良いお肉で、お正月をお祝い♪

 

次におすすめの品物が、こちらのハムセットです。

 

ハムやウインナーというのはスーパーにも売ってある身近な肉製品ですが、

ちょっと良いものとなると途端に値段が跳ね上がりますよね。

 

ですから逆に、お年賀のような特別な贈り物として

「ちょっと贅沢させてあげたい」品物としては正にピッタリです。

 

また人は年を取ると食欲が減退し、「量はいらないから、質の良いおいしいものを食べたい」

と多くの人が思うようになるそうです。

 

こちらのハムは値段はやや高めですが、その分丹精込めて作られたお肉なので、

そんな味に厳しい親も納得してくれるおいしさですよ。

 

お正月の食卓を少し賑わせてあげたい、と思ったらぜひこちらの品物を

贈ってみてくださいね。

 

朝の手間を簡単に♪より身近な物ならフリーズドライのみそ汁

 

「お年賀と言っても、ぜいたく品ではなくむしろ生活の手助けになるようなものがいい」

と思う方もいると思います。

 

特に親の体の調子が悪かったりすると、

高級なものよりはもっと生活が楽になるような品物を贈りたくなりますよね。

そんな時は、フリーズドライのみそ汁がおすすめです。

 

料理は健康に生きる為にかかせない作業ですが、

料理というのは意外に重労働かつ手間のかかる仕事です。

 

それを手助けてしてくれるのがこちらのみそ汁で、

こちらはお湯をそそぐだけで作る事ができるので簡単に一品分の手間を省く事ができます。

 

お年賀には普段は使わない(食べない)特別な物もいいですが、

こういった生活密着型の品物も中々おすすめですよ。




スポンサーリンク





関連記事:後厄とは?いつまで続く?誕生日や節分まで?

最後に

お年賀で親にお金を渡す時の金額の相場は、5千円~3万円程度です。

 

また、親に渡すお年賀は、お金でなく品物でも大丈夫です。

お金の金額や品物の質は、正直あまり関係ありません。

 

大切なのは、感謝の心です。

お年賀は感謝の気持ちと共に渡す物なので、しっかり気持ちを込めて渡しましょうね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ