網戸掃除の頻度は?セスキやボディタオルなど簡単な掃除方法もご紹介!

窓とセットで年末などに掃除することの多い網戸ですが、

普段は外にあるものだからそんなに掃除をしなくても大丈夫、と思っていませんか。

それに網戸を外して洗って乾かして、また取り付けるとなると、

窓の数分だけ洗うことにもなるため、手間がかかってしまいますので、

めったに洗わないという人も多いのではないでしょうか。

 

ただしいつまでも洗わないままでいると、

目詰まりして風通しが悪くなるだけでなく、

思った以上に汚れていて、かえって掃除が大変になったということも起きます。

 

そこで今回は、網戸をしっかり洗う方法と共に、

セスキやボディタオルを使った簡単に洗う方法や、

どれぐらいの頻度で網戸を洗うのがいいのかを詳しくご紹介します。




スポンサーリンク






網戸は結構汚れる?なぜ洗う必要があるの?

窓の掃除はしていても、網戸の掃除はあまりしない、という人も多いのではないでしょうか。

網戸は掃除する際に取り外す必要がありますし、

アパートやマンションではそもそも外して洗う場所がない場合もあります。

 

そういった事情から、普段は網戸を掃除していないといったことにもなりがちです。

ただし網戸を掃除しないでいることで、

いくつかのデメリットが起こることも知っておきましょう。

 

網戸についた汚れが室内に入る

常に外と接している網戸には、様々な汚れが付着しています。

土埃や黄砂、道路に面している場合は排気ガスに含まれる煤煙や有害物質、

季節によっては花粉や小さな虫などです。

また風を入れるために換気をすれば、部屋の内側からホコリや油煙、

タバコを吸っている人がいればヤニや、室内飼いのペットの毛なども付着します。

 

そういった汚れが、窓の開け閉めをするたびに網戸につき、また部屋の中にも入り込むため、

アレルギーの人は症状が悪化します。

また汚れが積み重なると、ちょっと掃除をしただけでは取れなくなります。

汚れが色々な成分であるため、水ぐらいでは落とすことができないのです。

 

網戸の傷みを早める

掃除をせず、汚れが付着したままだと網戸が傷み、

ちょっとした衝撃で破れたり穴が開いたりします。

その結果、破れからさらに汚れや虫が入り込み、大きな害虫などにも侵入されてしまいます。

 

網戸の汚れで窓が汚れる

網戸に汚れがついたままだと、雨や風でその汚れが窓ガラスについてしまいます。

窓だけをきれいにしても、網戸が汚れたままだと、

また窓が汚れるという悪循環に陥ってしまいます。

 

こういったことから、定期的に窓だけでなく網戸も洗う必要があるのです。




スポンサーリンク






網戸の掃除方法!軽めの汚れからたまった汚れまで対処別にご紹介!

網戸の掃除も、汚れがそれほどたまっていない場合は、簡単に掃除ができます。

網戸を外して水洗いをするのが簡単ですが、もちろん外さなくてもできます。

さらに水だけで取れないような頑固な汚れでも、

ストレスなくきれいにする方法もありますので、詳しく見ていきましょう。

 

まだそれほど汚れていない網戸をきれいにする方法

掃除機を使った方法

用意するのは掃除機と新聞紙、そしてガムテープです。

網戸の外側の面を新聞紙で覆ってガムテープで固定し、内側から掃除機で吸います。

強く吸引すると、網戸がたわんで破れることがあるので注意します。

 

外して洗う場合も、この方法で大まかなホコリを取っておくと楽です。

外側の汚れがひどい場合は、新聞紙を内側に貼って同じように吸い取りましょう。

 

フロアワイパーや網戸ワイパーを使った方法

床を掃除するためのフロアワイパーや、網戸掃除のためのワイパーを使う方法です。

フロアワイパーは、拭く面がでこぼこになっているものの方がおすすめです。

網戸ワイパーは面がブラシになっていて、

編み目に詰まったゴミが取りやすくなっています。

 

床拭き用のウェットシートで代用できるので、

本体にシートをつけて、内側、外側の順で拭いていきましょう。

フロアワイパーは手元の部分だけを使うと、力が入れやすくなります。

最後にシートを外し、四隅のきれいな部分でサッシを拭けば完璧です。

 

エチケットブラシを使う方法

背広やスーツのホコリを取るエチケットブラシも、網戸洗いにおすすめです。

100均などで販売されているものを使うといいでしょう。

ホコリを取るのと同じように、網戸をこするだけです。

 

汚れたエチケットブラシは、洗えばまた使うことができますので、

網戸掃除用に用意しておくのもおすすめです。

 

破れた靴下やストッキングを使う方法

掃除機で吸い取るにはちょっと汚れがひどい場合には、こちらがおすすめです。

外側に新聞紙をガムテープで貼り、内側から靴下やストッキングで網戸をこすります。

どちらも水などで濡らさず、静電気でホコリを落とします。

外側も新聞紙を貼り替えて、同じようにこすります。

力を入れすぎないようにするのがコツです。

 

専用の網戸掃除用スプレーを使う方法

網戸掃除専用のスプレーを吹き付けて掃除する方法です。

大まかなホコリは、新聞紙を貼り付けて掃除機で吸います。

新聞紙をつけたまま、スプレーをして雑巾で拭き取ります。

汚れが落ちにくい時には、スポンジを使ってこすりましょう。

汚れは簡単に落ちますが、窓周辺に新聞紙を敷くなどして養生が必要です。

 

サッシの部分は古くなった歯ブラシなどでこすり、ゴミを掻き出しましょう。

汚れがそれほどひどくない場合は、今回ご紹介した方法で、

網戸を外さなくても十分にきれいになります。

 

頑固な汚れがついた網戸をきれいにする方法

網戸は内側から油汚れ、外側から排気ガスなどの汚れがつき、

ホコリや砂と絡み合って団子状態になるので、

年に1回ぐらいしか掃除をしないでいると、かなり頑固な汚れになります。

ここでは網戸を外してきれいにする方法と、

網戸が外せない場合にそのまま掃除する方法を、それぞれご紹介します。

 

網戸が外せる場合

外せる網戸の場合も、最初に掃除機で大まかにホコリを吸い取っておきます。

網戸全体を水で濡らし、中性洗剤を使い、スポンジで洗います。

洗剤を水でしっかり流してから、天日干しにしてしっかり乾かしましょう。

網戸がたわないように力加減に注意し、網戸をはめる前にサッシもきれいにしておきます。

 

網戸が外せない場合

掃除機で大まかにホコリを取っておき、網戸の内側と外側に新聞紙を敷きます。

水100ccに重曹小さじ1杯を溶かし、重曹水を作ります。

スプレーボトルに入れ、内側から外に向かってスプレーします。

外側からは、スプレーした雑巾を内側に当て、スプレーして網戸に馴染ませます。

 

10分ほどそのままにして、汚れがゆるんだら、

メラミンスポンジを使って汚れを落としていきます。

メラミンスポンジはメラミンフォームという樹脂でできていて、

汚れにからまって掻き出してくれます。

たっぷりの水を含ませてから使いましょう。

 

汚れを落としたら、内側と外側を乾いた雑巾で拭きます。

その後サッシをきれいに拭き、新聞紙を外して床に落ちたゴミを拭き取りましょう。

これでもまだ汚れが落ちない場合は、古い歯ブラシなどを使って汚れを掻き出します。

 

メラミンスポンジはカットされていない大きなものもありますが、

網戸掃除の場合はカットされた大きなものを使うと便利です。

また汚れを掻き出す際に、消しゴムのように本体がすり減りますので、

多めに購入して予備を用意しておくといいでしょう。




スポンサーリンク





関連記事:古い財布の処分方法!風水では?保管や再利用についても詳しく解説!

普段から掃除すれば大丈夫?続けやすいセスキやボディタオルなどで簡単な掃除方法!

網戸は家の内側と外側で付着する汚れが違いますので、

重曹を使って掃除するのがおすすめですが、

重曹は水に溶けにくいため、研磨効果を使って頑固な汚れを落とす時には便利です。

ただし作用がおだやかなので、汚れの程度によっては落ちにくいことがあります。

 

そこでおすすめなのがセスキを水に溶かして使う方法です。

セスキ炭酸ソーダは、重曹と同じく油汚れに強いアルカリ性ですが、

重曹よりアルカリ性が強く、水に溶けやすいのが特徴です。

 

500mlの水に小さじ1杯程度のセスキを入れてよく溶かし、

スプレーボトルに入れます。

使い古しのボディタオルを用意し、ボディタオルにセスキ水を吹き付け、

網戸を拭くだけで簡単に汚れが落ちます。

 

ボディタオルは2ヶ月から3ヶ月に1度は交換が必要なので、

捨てる前に一働きしてもらいましょう。

小まめに網戸を掃除する習慣をつけておけば、網戸掃除がおっくうになりません。

 

セスキ炭酸ソーダは、油汚れだけでなく黄ばみ汚れなどにも効果があります。

スプレーにしておけば、台所の掃除などでも拭きかけるだけですぐに汚れがゆるみます。

網戸以外でも家中の掃除に使えますので、お得なパックで購入するといいでしょう。




スポンサーリンク





関連記事:コバエはどこから湧く?発生源と対策について詳しく解説!

網戸の掃除はどれぐらいの頻度ですればいい?おすすめの時期はある?

網戸掃除は毎日する必要はありませんが、

家の立地によっては汚れがつきやすいということもありますし、

汚れがついたまま放置するとなかなか取れないので、掃除も大変です。

そうならないためにも、小まめに掃除をするようにしましょう。

 

できれば掃除機でホコリを取り、エチケットブラシで払う簡単掃除を週1回、

セスキ水とボディタオルを使った掃除を2ヶ月に1回程度、

重曹水を吹きかけてメラミンスポンジを使った、

しっかり掃除を半年に1回の頻度でおこなうのがおすすめです。

 

おすすめの時期としては、梅雨時期前に1回。

花粉や黄砂の時期が過ぎた後、梅雨に入る前にしっかり洗っておけば、

梅雨明け暑くなってきてもすぐ網戸にできます。

 

もう1回は秋の台風シーズンが終わった頃です。

台風の後は砂汚れもかなり多いので、この時期にしっかり洗っておけば、

年末の大掃除は寒い中網戸を外して洗うこともないので安心です。

 

風の強くない、雨が降った次の日や、曇りの日だと汚れが落ちやすいので、

網戸掃除におすすめです。

また台風が過ぎた後に軽く掃除をしておくと、しっかり洗う時にも楽になります。

網戸をしっかり乾かすことに神経質にならなくても、風で十分乾きます。

 

外に面しているため、どうしても汚れがつきやすい場所なので、

網戸は面倒がらずに小まめに掃除をするようにしましょう。

また花粉の時期など、家族にアレルギーの人がいる場合は、

この時期だけでも週に2回ほど網戸掃除をすれば、

花粉が部屋に入りにくくなりますので、できるだけしっかりすることをおすすめします。




スポンサーリンク





関連記事:水筒のカビの落とし方!原因や防止法についても詳しく解説!

最後に

網戸掃除の簡単な方法や、便利な道具を使った掃除の仕方、

また網戸掃除をする頻度についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

どうしても空気の入れ換えや掃除の時などに開け閉めするため、

網戸には細かな汚れがつきやすくなります。

せっかくきれいにした部屋が、網戸についた汚れでまた汚れてしまわないよう、

日頃から小まめに掃除をするようにしましょう。

 

今回ご紹介した方法なら、わざわざ道具を用意しなくてもすぐ掃除ができますので、

おっくうがらずに掃除をするようにしたいですね。

そうすれば大掃除の時に寒い思いをして、掃除をしなくて済みますよ。





スポンサーリンク


サブコンテンツ