正月飾りは使い回しできる?毎年同じものを使うのはダメ?

ここ最近のしめ縄や門松などの正月飾りは

とてもデザイン性の高いおしゃれなものが多いですよね!

 

気に入ったデザインの正月飾りを見つけると

その年だけ使うのはもったいない…

腐るわけじゃないし来年も使いたい…

と思う方も多いのではないでしょうか?

 

数日飾るだけの正月飾りを

その年だけのために購入するのは

少し抵抗がある方もいるでしょう。

 

そこで今回は,

正月飾りの使い回しはできるのか?

使い回しする場合,来年までの保存方法は?

使い回ししない場合,正月飾りはどう処分するのか?

についてまとめました!




スポンサーリンク






正月飾りは毎年同じものを使うのはOK?NG?

神様は清潔で静かな場所にやってくるとされています。

その目印やお供え物として,

正月飾りは縁起物とされています。

 

そのため,縁起の面からすると,

正月飾りは毎年新しいものを飾るべきで

使い回しでは意味がないといわれています。

 

しかし実際には,正月飾りを

毎年使い回しているご家庭も結構多いようです。

 

数日飾るだけのものを傷むわけでもないのに

処分するのはもったいない,という考えや,

お正月らしい雰囲気を出すために飾るけれど

神様や伝統をそこまで気にしていない,という考えの方は,

正月飾りは毎年同じものを使うことが多いそうです。

 

現在は,使い回しが良いか悪いかの明確な決まりはなく,

各家庭の考え方によって,どちらでもいいというのが

正月飾りの使い回しに対する一般的な考え方となっています。

 

正月飾りに縁起の面を期待するならば

毎年新しい飾りにすることをおススメしますが,

正月気分を味わう飾りとして考えているならば

使い回しても全く問題ありません。

 

こういった簡単な正月飾りセットも販売されています。

小さいサイズでかわいらしい正月飾りですが,

正月気分を味わうだけならば

このようなセットでも大丈夫そうですね。

 

正月飾りを毎年替えるべきとされる理由は?

正月飾りを縁起物としての意味合いを強く持たせたい場合に

毎年新しいものに買い替えるのが良いとされる理由は,

正月飾りが神様をお出迎えするためのもの

という意味を持つからです。

 

翌年の正月に前年と同じ飾り物で迎えることは

神様に失礼とされるので,

毎年新しいものにするべきとされています。

 

玄関を豪華に飾り付けてくれる門松です。

本物の竹・稲を使用し,本物のい草を使用した

畳表をまいた本格的なものになっています。

縁起の良いものが装備された門松ですね。

 

正月飾りを毎年使い回しても良いとされる理由は?

最近の正月飾りはデザイン性の高い商品や

プラスチック製などの商品が多くなっています。

 

そういった商品が増えた背景には,

門松・しめ縄・鏡餅などの正月飾りを

正月のインテリアの一部として,

正月気分を味わる1つの雰囲気付けとして

飾る家庭が多くなったことが考えられます。

 

神様をお出迎えする,という意味が薄れてきた

現在だからこそ,その人の気持ち次第で

正月飾りを毎年替えるか使い回すかを

判断できるようになったといえます。

 

この鏡餅は陶器で出来ているので,毎年使い回せるそうです。

陶器なので,プラスチックよりも本物感も出て,

そのうえ毎年使い回せるので良いのではないでしょうか?




スポンサーリンク






そもそも正月飾りを飾る意味は?

正月飾りは,年神様をお迎えする縁起物として

歳神様が正月飾りに宿り福を授けてくださる,といわれています。

 

年神様は普段,田んぼの稲に宿り,

正月になると正月飾りの稲わらの中に宿り

家庭に福を持ってきて下さる,と考えられています。

 

正月飾りといえば,思い浮かべるのは

門松やしめ縄・鏡餅などではないでしょうか?

 

これらがどういう意味を持って

飾られているか気になりませんか?

気になったので,調べてみました!

 

門松を正月に飾る意味は?

門松は,年神様が正月に家庭に訪れるときの

依代(よりしろ),目印のような意味を持っています。

 

門松は正月飾りの中でも重要だといわれていますが,

その理由は,年神様が家庭に福を持って来てくださる

目印になるからでしょうね!

 

しめ縄を正月に飾る意味は?

しめ縄は,結界の境目の意味合いを持ちます。

不浄なものを退ける役目を果たしていて,

しめ縄を飾ることで,ここから先は清浄な場所で

神様もお越しいただける場所になっていることを示しています。

 

鏡餅を正月に飾る意味は?

鏡餅は,家庭にお招きした年神様の居場所になり,

鏡餅には神様の力が宿ります。

 

そして,年神様の力が宿った鏡餅を

鏡開きの日に食べることで

力を分けていただく意味を持っています。




スポンサーリンク





正月飾りはいつまで飾る?いつ外せばいいの?

正月飾りは一般的には松の内という

期間が終わってから外す,とされています。

 

松の内は1月7日までといわれているので,

正月飾りは7日の夜か8日の早朝に外すと良いでしょう。

ただし,地域によっては,15日まで松の内,という

ところもあるので,注意が必要です!

使い回しをする正月飾りを保管するときはどうすればいい?

正月飾りを使い回すことを決めた方のなかには,

そうそう腐るものじゃないから

という考えの方が多いと思います。

 

しかし,保管方法を間違えると,

腐ることも十分にあります。

腐りはせずとも,カビが発生したり虫が湧いたりします。

 

保管方法を間違ってしまって

気に入ったデザインの正月飾りを使い回す以前に

使えなくしないためにも,

正しい保管方法をご紹介します!

 

渇いた布で埃や汚れを取る

※水拭きは絶対ダメ!

風通しの良い部屋で埃よけの布をかぶせておく

かぶせた布の上に乾燥剤と防虫剤をのせておく

 

この保管方法が推奨されているみたいです!

 

ほかにも,正月飾り・乾燥剤・防虫剤を

一緒にビニール袋に入れて保管する方法も良いみたいです。

 

夏場は湿気が多くて,

腐りやすい・カビやすいので,注意が必要ですね!

関連記事:正月飾りの処分!神社や自宅での方法やいつ処分するのかについても詳しく解説!

使い回しをしない正月飾りの処分はどうすればいい?

一般的には,1月15日前後に

「どんど焼き」という儀式があるので,

そこで焚き上げてもらいます。

 

神社に奉納箱が置かれることが多いので,

どんど焼きの日までに持参し納めましょう。

 

どんど焼きが行われない神社でも

境内に納めることが出来る場所があるはずなので,

神社へ問い合わせてみてください。

 

神社に持っていく暇がないので,

持っていかずに処分しておきたい

場合もあると思います。

 

そんな場合は,正月飾りを半紙に包み,

お清めの塩をひとつまみ同封してゴミの日に出しましょう。

 

正月飾りは縁起物です。

手放す最後まで,敬意を払って扱いましょう。

関連記事:正月飾りの種類と意味!玄関には何を飾る?

 

日本の伝統行事「どんど焼き」とは?

「どんど焼き」は,小正月である1月15日に

正月飾りの門松やしめ縄のほか,書初めなどを

火にくべて焼き払う儀式です。

 

正月飾りに宿った年神様がどんど焼きの煙に乗って

普段宿る田畑に帰るとされています。

その様子を見送り,無病息災や五穀豊穣を願います。

 

どんど焼きは「左義長」とも呼ばれます。

陰陽師などの間で行っていた左義長が庶民の間に

広まったものが,今のどんど焼きとなったという説もあります。

 

また,どんど焼きは神社だけでなく,

町内会や子供会が主催で行うこともあります。

焚き上げるものも,お守りや古いお札なども一緒に

焚き上げる地域もあるそうです。




スポンサーリンク





関連記事:正月飾り玄関での位置や付け方は?名前やマンションでの飾り方についても詳しく解説!

最後に

今回は,正月飾りの使い回しはしてもいいのか,

使い回しするときは来年までどう保存しておくのか,

処分するときはどうすればいいのか,などについてまとめました。

 

本来は毎年替えて,新しい正月飾りで年神様をお迎えする

とされていましたが,現在ではもったいない精神や

本来の意味を持たない飾りとしての扱いが増えたこともあり,

使い回ししてもどちらでも良いとされています。

 

毎年の正月飾りを新しく替えるにしても,

使い回すにしても,新年の縁起物として

敬意を払って扱いましょうね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!





スポンサーリンク


サブコンテンツ