喪中の範囲はどこまで?叔父・叔母・祖父母・従兄弟は含まれる?

身近な人が亡くなった時に気になるのが、

喪に服すのはどの続柄までなのかということではないでしょうか。

会社に勤めていたら、忌引きの期間も変わりますし、

年賀状や新年の挨拶回りなど、喪に服す間は控える必要があることも多くあります。

 

また喪に服すとはいっても、

昔のように家で静かに過ごすということは現代にはそぐないません。

仕事や学校もありますし、

亡くなった方の冥福を祈りながら、普段の生活に戻っていかなければなりません。

 

そこで今回は喪に服す期間や続柄でその期間はどう変わるのか、

また喪中はがきを出す範囲などについて、詳しくご紹介します。




スポンサーリンク






喪中とは?その範囲はどこまで?

喪中とは、近親者が亡くなった時にその死を悼み身を慎む期間のことをいいます。

その期間には2つあり、1つが忌中で、もう1つが喪中です。

喪中期間に忌中が含まれます。

 

死を穢れとする神道では外部との接触が禁じられていました。

現代では仏教の四十九日の法要まで、

神道では続柄によって長さが変わりますが最大50日が忌中とされ、

かつてこの期間は喪服を着用し、外出せず自宅で謹慎するのがマナーとされていました。

 

喪中は親族が亡くなってから1年の間、喪に服し故人の死を悼む期間です。

故人が亡くなって1年後におこなわれる一周忌の法要を終えると、

「喪が明けた」とされます。

 

この期間には、お正月のお祝い事を控え、神社の参拝もしてはいけないとされています。

寺の場合は死は穢れではありませんので、参拝しても問題はありません。

ただしこういった考え方は近年変わってきており、

神社でも喪中に参拝することを禁じず、

参拝するかどうかは「個人の意思」で決めて良いという方向に向かいつつあります。

 

喪に服している間は、結婚式などのお祝い事を控え、肉や魚、お酒を飲んではいけないなど、

してはいけないとされることも多くあります。

ただしこういったことも、最近はゆるやかになってきています。

 

自分は喪中に入る? 続柄から見ると?

喪中に入ると、年賀状を出すのを控えたり、

お中元やお歳暮を出す時期をずらしたりする必要がありますので、

親族が亡くなった時に、自分は喪中に入るのかを確認する必要があります。

 

一般的には2親等までの続柄が、喪中に入るとされています。

自分を0親等として考えた場合、1親等はそこから一世を隔てた間柄、

2親等は本人から二世を隔てた間柄のことをいいます。

続柄は夫婦を1セットして考えますので、自分の配偶者の両親も1親等になります。

 

1親等

自分と配偶者から見て、双方の両親、自分たちの子供とその配偶者があたります。

 

2親等

自分と配偶者から見て、自分の兄弟姉妹、その配偶者、

自分と配偶者それぞれの祖父母(父方母方それぞれ)、

自分の孫と配偶者があたります。

 

たとえば配偶者の祖父の場合は、祖父から配偶者の父、そして配偶者、と

二世を隔てているので、結婚式で一度しか会っていない間柄であっても喪中となるのです。




スポンサーリンク






祖父母は喪中なのに叔父・叔母・従兄弟を喪中の範囲に入れるのは間違いなの?

喪中が2親等までが範囲というのは先にご紹介しましたが、

例に挙げたように普段お付き合いの少ない双方の祖父母より、

叔父叔母、もしくは伯父伯母やそれぞれの子供である従姉妹や、姪や甥との方が

普段付き合いが多いという人も多いのではないでしょうか。

また高齢化が進む中、ひ孫と同居するという人も増えていますが、ひ孫も3親等です。

 

こういったことから考えると、

同居している家族や、付き合いの深さなどから

血筋は遠くても、悲しみはより深いということも考えられます。

 

あくまでも2親等までというのは目安であり、

喪に服すかどうかは自分で判断しても問題ないとされています。

ただし会社の規定や相続など法律的な問題で、

2親等や3親等の範囲が決められていますので、

世間体などに配慮して、2親等までと区切ってもいいでしょう。

 

また喪中の際には、年賀状を欠礼することをお知らせする喪中はがきを出します。

ここに続柄や個人の名前を書くのが一般的なマナーですが、

相手によっては遠い親戚の喪中ということに関して、

あなたと亡くなった方がどういった関係であるかは分かりません。

 

マナーという観点からみて、

2親等以外の親族の方の名前を書くことが非常識だと感じる人もいます。

そういった場合は続柄や名前は記載せず、喪中であることのみを書きましょう。

 

周りの人からみて、喪中の範囲でなくても、

叔父や伯母と同居していたり、また深いお付き合いがあるのであれば、

喪中としても問題は全くありません。




スポンサーリンク





喪中の期間は?続柄でどう変わる?

喪に服す期間に関しては、はっきりとした規定があるわけではありませんが、

以下のような基準が一般的です。

 

故人との関係が配偶者、両親の場合は12ヶ月から13ヶ月

 

故人の子供の場合は3ヶ月から12ヶ月

 

故人の兄弟姉妹の場合は3ヶ月から6ヶ月

 

故人の祖父母の場合は3ヶ月から6ヶ月

 

ただこの基準だと、配偶者や両親の場合は1年ほど喪中となりますが、

子供や兄弟姉妹の場合はかなり曖昧な基準となります。

 

この基準となったのは、江戸時代に取り決めされ、明治時代に定められた

太政官布告による服忌令です。

服忌令には忌中と喪中の期間が続柄ごとに細かく定められており、

昭和22年に撤廃されるまで基準となっていました。

 

仏事の慣例として、今もそれに従うという人も少なくありませんが、

男尊女卑の考え方が根強く、夫は父母と同等の服喪となりますが、

女性は兄弟姉妹や祖父母と同等で短く設定されています。

また妻の両親の喪に男性は服さないといったことも定められています。

 

そのため時代にそぐわないとされ、先に挙げた基準が一般的となっています。

喪中はあくまでも故人を偲びその冥福を祈る期間であるため、

喪中をいつまでにするかは、あくまでも本人の判断となります。

関連記事:寒中見舞いで結婚報告!喪中でもできる?文例もご紹介!

喪中はがきを出す範囲は?出す人と出さない人は決めた方がいい?

一般的に喪中はがきを出す範囲は、

2親等までの親族が亡くなった場合に限られています。

ただし自分にとって身内であっても、

年賀状などを出す相手にとっては、知らない他人です。

 

喪中はがきはあくまでも、

「新年の挨拶ができず礼を欠くことになり申し訳ございません」とお詫びするもので、

「身内に不幸があったのでお知らせしますね」というものではありません。

 

そのためあくまでも出す側はお詫びをする立場であり、

相手に年賀状を出さないようお願いするために喪中はがきを出すわけではありません。

そのことを踏まえると、

毎年年賀状のやり取りをしている方には、全員喪中はがきを出すのがマナーです。

 

ただし、以下のような考え方もあります。

 

忌中を過ぎたらいつも通りにする

 

喪中を1年と考え、その1年は年賀状を出さないとする人もいますが、

四十九日の忌明けであれば、年賀状を出しても問題ないとする考え方も多くなっています。

関連記事:喪中に神社やお寺で厄払い・厄除けできる?初詣は?

 

仕事関係や友人にはいつも通りに出す

 

あくまでもプライベートであるという考え方から、

仕事関係の相手には喪中はがきを出さないという人もいます。

また友人などの場合、

気遣わせてしまうことのないよう、喪中はがきを出さないという人も増えています。

 

喪中はあくまでも自分の意思によるものです。

年賀状を出す出さない、また喪中はがきを出すか出さないは、

自分の気持ちを優先させて決めるようにしましょう。

 

またお互いに喪中である親戚には、欠礼はがきは出しませんので、注意しましょう。

 

不幸は突然のことなので、喪中はがきの用意が間に合わないことも多くあります。

通夜やお葬式で慌ただしくしていて、はがきを買う余裕もない場合は、

印刷をお願いしましょう。

こちらでは急ぎの場合は最速で印刷、発送をしてくれます。

郵便はがきなので切手を貼る必要がない点も、手間が省けて便利です。




スポンサーリンク





関連記事:妻の祖父母の場合喪中はがきは必要?文例や書き方について解説!

最後に

自分が喪中となる場合の親族の範囲や、その期間についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

核家族が増えたこともあり、血筋は近くてもお付き合いがなかったり、

逆に血筋は遠くても付き合いは深いなど、家族の関係性は多様化しています。

喪中は亡くなった方を偲ぶと共に、お別れの悲しみを癒やす期間でもあります。

喪中は一人一人違うものなので、自分の気持ちの整理ができた時が、

喪明けと考えるようにしましょう。

 

今回ご紹介した期間はあくまでも目安なので、

そうしなければいけないという決まりもないということを知っておきましょう。





スポンサーリンク


サブコンテンツ