後厄とは?いつまで続く?誕生日や節分まで?

皆さんは「厄年」について,どのように考えていますか?

 

あまり信じてはいないけれど,

ちょっと気になっちゃう…なんて方も多いのではないでしょうか?

 

厄年は,体調を大きく崩したり

良くないことが起こりやすいといわれており,

「災難や厄災が降りかかりやすい年」とされています。

 

厄年には,前厄・本厄・後厄があり,

一度の厄年は計3年間のことを指しています。

 

そこで今回は,本厄の後にあってくる後厄について

そもそも後厄とは?

厄年はいつからいつまでなの?

などの疑問についてまとめました!




スポンサーリンク






そもそも後厄とは?

「後厄」といわれても,よく分からない

という方は多いと思います。

 

後厄とは,厄年の中で本厄の次の年のことで

厄が徐々に収まっていく年とされています。

 

そもそも厄年というものは

ある日突然切り替わるものではありません。

 

前厄→本厄→後厄というように

徐々に大きくなり徐々に小さくなっていく

「山」のようなものとされています。

 

後厄は,厄が最大となる本厄を過ぎ

安心しているところを襲う厄が残っている状態で,

本厄の次に気を付けるべき年とされています。




スポンサーリンク






後厄は何歳のときのことを指すの?

厄年は一生で3~4回あるとされています。

 

その年齢は男女で異なっており,

男性は24~6歳・41~43歳・60~62歳

女性は18~20歳・32~34歳・36~38歳・(60~62歳)

が厄年とされ,後厄はそれぞれの最後の年を指しています。

 

本厄のなかでも特に,

男性の42歳は「死に」,女性の33歳は「散々」

と通じることから,「大厄」と呼ばれ

最も厄が重い年とされています。

 

この年齢は,昔の人の人生において

節目の年齢だと言われています。

結婚や出産,死去などの人生の転換年に近い年齢を

厄年として注意をしていたようです。

 

現在でも厄年の年齢付近は,身体的にも社会的にも

変化が起きやすい年になっていますよね。

 

男性

25歳前後→仕事を任せられ始める

42歳前後→働き盛りで多くの部下を持つ

61歳前後→定年を迎える

 

 

女性

33歳前後→妊娠や出産を経験し,身体が変化する

37歳前後→子育てなどで生活リズムが変化する

61歳前後→子の親離れなどを通じで再び生活リズムが変化する

 

などの変化が考えられますね。




スポンサーリンク





後厄はいつからいつまで続く?誕生日?節分まで?

厄年の期間については

いくつかの考え方があり,

立春から節分まで,や,元日から大晦日までなど

地域やお寺・神社によって違います。

 

基本的には,皆さんがよく行くお寺や神社の

厄年の考え方で考えるのが良いと思います。

 

考え方①立春から節分まで

数え年でその年の立春から翌年の節分まで

とする考え方があります。

 

この考え方は,旧暦の考え方を引き継いでいます。

旧暦では,立春から節分までが1年とされており,

旧暦での元旦から大晦日までを厄年の一年と考えています。

 

節分の豆まきでは,次に厄年の人が豆をまくことで

厄払いの意味もある,とされています。

 

考え方②元旦から大晦日まで

新暦の元旦から大晦日まで,という考え方もあります。

一般的には,数え年で考えることが多いですが,

満年齢で考えることもあるようです。

満年齢で考える場合は、誕生日から次の誕生日の前日までが

厄年ということになります。

 

最近では,満年齢で数えることが増えてきているとか…

厄年の数え方!数え年と満年齢の違いを詳しく説明!

厄年の期間を調べると,

数え年での考え方と満年齢での考え方が

存在することが分かりました。

 

しかし,数え年と満年齢の違いが分からない…

という方も少なくないと思ったので,

数え年と満年齢の違いについてまとめました!

 

まず,満年齢についてです!

 

満年齢とは,生まれたときを0歳として,

誕生日で一つ年齢を重ねる数え方です。

 

「何歳になりますか?」と尋ねられたときに

答える年齢や,履歴書などに記入する年齢は

満年齢のことが多いそうです。

 

次に,数え年についてです!

 

数え年は,母親のお腹の中を0歳,

生まれたときを1歳として,

元日に一つ年齢を重ねる数え方です。

 

厄払いや長寿のお祝いなどは

数え年が基準となっていることが多いようです。

 

その年の誕生日前なら年齢+2歳,誕生日後なら+1歳で,

数え年になる,と覚えておけば良いそうです。

後厄の厄払いはどうする?行った方がいいの?

本厄の年には厄払いに行くけれど,

その前後も厄払いに行くべきなのか

よく分からない,という方が多いようです。

 

厄年の考え方と同様に,

後厄の厄払いについての考え方も

地域や人によって考え方が様々あるようです。

 

こうしたらいい!と断言できることはないので,

こういう人もいるよ!というご紹介をさせていただきます。

 

厄年と言われる,前厄・本厄・後厄の厄払いは必ず行き,

それだけでなく,後厄の次の年にも厄払いに行き,

厄を乗り越えたことを感謝する,という人もいるそうです。

 

また,逆に厄年などを全く気にしていない人もいます。

本厄であっても厄払いに行かない,そもそも厄年を知らない

という人もいるようです。

 

厄年の厄払いは,その人の気持ち次第な部分が強いので,

特に後厄ならば,厄の影響がちょっと気になる…

という人は行きましょう。

あまり気にならないならば,必ずしも行く必要はないようなものです。

 

後厄の厄払いについても

地域の風習などがあることもあるので,

それに合わせる,というのも良いと思います。

 

厄が気になってしまう方は,

こういった厄除けの商品もあるので

手元に置いていてはいかがでしょうか?

ブレスレッド型やネックレス型は

普段から身に付けることができますよ!

厄年の過ごし方で絶対にやってはいけないこと!

一般的に厄年には,

結婚や家の新築,引っ越し,転職など

新しいことを始めるのはよくない,といわれ,

妊娠や出産は「子が厄を落とす」とされているようです。

 

しかし,厄年だからといって,

人生のチャンスを逃してはいけません。

厄年のせいにして,手に入る幸せを失うことはNGです。

 

厄年に絶対やってはいけないこと!①厄年を気にしすぎること

厄年だからといって

結婚や転職など人生のチャンスに対して

消極的になりすぎるのは絶対にNGです!

 

厄年を気にしすぎるあまり

人生の決断を消極的になりすぎたことで,

幸せを失う,なんてことにならないよう気を付けましょう!

関連記事:厄年にやってはいけない事!男性・女性別に詳しく解説!

 

厄年に絶対やってはいけないこと!②自分の考えを強要すること

今までまとめてきたように,

厄年は気にする人もいれば,全く気にしない人もいます。

お互いの気持ちを考えない言動は控えましょう。

 

厄年を気にする人は,厄払いに厄除けなど,

日々の生活も少し慎重に過ごすと思います。

 

厄年を気にしていない人は,

そもそも厄払いにもいかないこともあります。

 

それらの考え方,行動を無視して,

自分の考えを相手に強要することは絶対にやめましょう!

関連記事:厄払いはジーパンなどの私服・普段着でいい?礼服、ネクタイは必要?

後厄のときの過ごし方は?気を付けた方がいいことはある?

後厄は,厄年の最後の年であり

徐々に厄が薄れていく,とされる年になります。

気持ちの面で緊張感が薄れ,厄に捉われやすくなるといわれます。

 

そのため,後厄では最後まで油断せず

気を引き締めて日々の生活を過ごす,

というのが後厄の過ごし方だといえます。

 

そこまで神経質になる必要はありませんが,

病気やけがに注意をしておいた方が良いとされる年なので,

まだ厄が残っている,という気持ちを持っておきましょう!




スポンサーリンク





関連記事:厄払いの付き添いの服装や料金は?家族、子供連れで行ってもいいの?

最後に

厄年といっても,必要以上に気にし過ぎるのは,

かえって厄を招きかねないので,

気持ちを楽に,慎重な気持ちでいる,くらいで過ごしましょう。

 

とくに後厄は,本厄を過ぎ徐々に厄が薄れるとされる年なので,

油断をせずに気を引き締めておこう!

程度のスタンスで過ごすことが良いでしょう。

 

厄年に対する考え方は人それぞれなので,

自分の考えを相手にまで強要する,なんて

ことのないように気を付けてください!

 

厄年の年齢は,現代においても

身体の変化が起こりやすい年齢,

社会的立場に変化が起こりやすい年齢です。

 

厄がどうこう,という考えが理解できなくても,

自分の健康に再度注目し,考え直す年と考えてみてはいかがでしょうか?

自分の日々の生活や健康を見直し,

規則正しい生活を心がけるいい機会になると思いますよ!!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!





スポンサーリンク


サブコンテンツ