おでんの関東風と関西風の違い!具材のランキングもご紹介!

寒い夜にアツアツおでん!これも冬の醍醐味の1つですよね。

だしの染みこんだ大根、たまご、こんにゃく、はんぺん、などなど、

お気に入りの具材も人それぞれだと思います。

最近ではコンビニなどで気軽に買えますし、

鍋に好きな具材を並べておでんパーティというのも乙なものです。

 

そんなおでんですが、この狭い日本国内でも味付けの違いが大きくあります。

自分の思う定番の味が、他の地域では全然馴染みがないことも珍しくありません。

 

そこで今回は、関東風おでんと関西風おでんの違いについて解説していきます。

それぞれの人気具材ランキングも紹介しますので、

ぜひ一緒に予想しながら読んでみてください!




スポンサーリンク






関東風のおでんと関西風のおでんの違いは?

呼び方の違い

「おでん」はもともと豆腐料理「田楽」の異称で、江戸の名物料理とされていました。

そのうちこんにゃくの田楽が登場し、これがおでんの略称で呼ばれるようになりました。

つまり、おでんの発祥は関東だったということです。

 

そのため、関西ではおでんのことを関東煮や関東炊きなどと呼ぶこともあります。

同じ食べ物でも、元を辿ると微妙に呼び方の違いがあるのです。

 

だしの違い

関東風おでんと関西風おでんの一番の違いは、おそらく「だし」です。

ざっくり言えば、関東風のだしは濃いめ、関西風のだしは薄めに作られています。

 

両社ともだしの基本は昆布とかつお節ですが、

関東風のおでんのだしではさらに濃口しょうゆやみりん、砂糖、酒などで

甘辛い味付けをしっりつけてぐつぐつ煮込みます。

だしの色も、関西風に比べると濃く、不透明なのが特徴です。

 

関西風のだしは、昆布とかつお節に加えて薄口しょうゆや塩などで味を整えます。

煮込み具合も関東風に比べると軽く、

だしの色もほとんど透明であっさりとした味になります。

 

具材の違い

関東風と関西風では、おでんに入れる具にも違いがあります。

 

関東風おでんでは、「ちくわぶ」が定番です。

ちくわぶは小麦粉をこねたものをゆで上げた麩です。

もともとは東京ローカルの食材でしたが、メディアなどで取り上げられることも多く、

東京以外でも購入できるスーパーが増えてきました。

 

高級な魚のすり身を使うちくわの代用品として、

安価な小麦粉を使ったというのがちくわぶの発祥のようですが、

現在ではちくわぶのファンも多く、関東を中心に人気の具材です。

 

関西風おでんでは、タコ、さえずり(くじらの舌)やコロ(くじらの皮)、牛すじなどが

ポピュラーな具材として人気です。

どれも関東風ではあまり見かけない具材です。

 

だしの味が濃い関東風おでんでは味が染みこむ具材が、

一方でだしの味が薄い関西風おでんでは、

一緒に煮込むことでだしがでる具材が人気のようです。




スポンサーリンク






おでんの具材ランキング!関東風おでん編

それでは、関東風おでんの具材をランキング形式で見ていきましょう。

 

第5位 はんぺん

ふわふわとした触感が、子供や女性に大人気のはんぺん。

だしがよく染み込むので、甘辛い関東風のだしとの相性も抜群です。

一口食べたときの口の中に広がるだし汁がたまりませんよね。

 

実は、ちくわぶ同様はんぺんも関東風おでん独特の具材です。

関西ではあまり食されていないと聞くと、意外に思う方も多いはず。

 

特性 浮きはんぺん

老舗かまぼこ屋さん「鈴廣」の、ふわふわで柔らかい絶品白はんぺんです。

シンプルながら素材の旨みがぎゅっと凝縮されているので、

おでんに浮かべればそれだけでごちそうです。

おでん以外にも、バターやチーズと合わせるなど調理の仕方次第では

洋風料理にもしっかりと溶け込みます。

 

非常に丁寧な作りなので、ギフトにも喜ばれる素敵なはんぺんですよ。

 

第4位 こんにゃく

おでんの定番具材の一つですが、

こんにゃくもだしをよく吸うので関東風のだしと相性ぴったり!

まっ黒になるまで煮込んだこんにゃくが大好きという方も多いはず。

からしをつけて食べるのも、おすすめです。

 

第3位 ちくわぶ

関東風おでん独特の具材、ちくわぶです。

もちもちでボリューミーな具材で、食べ応えがあると男性人気が高いです。

逆に関西地方ではランキング外どころか、

存在をよく知らないという方も少なくありません。

 

東京ダイトラ ちくわぶ 1本

ちくわぶを関西で手に入れようと思っても、実はなかなか買えるところがありません。

特に冬場以外になると売っているところはほとんどありません。

こちらでは1本単位でちくわぶが購入できるのでとても便利です。

添加物等も入っていませんので、安心しておでんの具材にお使い頂けます。

 

第2位 たまご

2位には、おでんの具材の中でも主役級の存在感を放つたまごがランクイン。

だしの味がたっぷり染み込んだたまごを食べるのがおでんの醍醐味と考える方も多いです。

色が変わるほどだしが染み込んだ白身が好き派と、

黄身がホロホロと溶け込んだだしを飲むのが好き派など、

たまごが好きな方の中でも派閥があります。

 

第1位 大根

おでんで決して外すことができない具材として、

栄えある第1位を獲得したのが、大根です。

 

分厚く切った大根にだしが芯まで染み込み、

それを箸で割ったときに溢れてくるのがたまらないという意見が多いです。

身体だけでなく心まで温かくしてくれるような、

素朴な味がファンをたくさん獲得しています。




スポンサーリンク





おでんの具材ランキング!関西風おでん編

続いては、関西風おでんの具材ランキングを見ていきましょう。

 

第5位 厚揚げ

ボリュームがあって、一串で結構おなかにたまります。

厚揚げそのものの味わいが、関西風の薄味だしとぴったり合うと人気です。

具材も大きく、お得感が強いのも人気の理由の一つ。

からしをつけることでアクセントになり、大きくても飽きずに食べられます。

 

おでんのたね さつま揚げセット

鹿児島のさつま揚げ専門店「さつまあげの揚立屋(あげたてや)」の、

ゴボウ入りやキクラゲ入り、刻みレンコン入りなど

5種類のさつま揚げがセットになった商品です。

酸化防止剤やリン酸塩などの保存料を一切使用しておらず、

味付けも塩分控えめで素材の旨みを存分に楽しむことができます。

もちろん、関西風のだしとの相性も抜群です。

 

注文を受けてから製造、揚げたてをクール便にて直送というこだわりからも、

品質の高さが伺えます。

関連記事:シチューの常温・冷蔵庫での保存期間は?保存方法も詳しく解説!

 

第4位 牛すじ

関東ではあまりポピュラーではありませんが、関西では根強い人気の具材。

おでんの中でも珍しい肉系具材として、男女問わず人気が高いです。

口に入れた瞬間にほぐれるくらいに煮込まれた牛すじは、絶品の一言。

大手コンビニなどでは、全国どこでも購入できるようになっています。

 

国産牛 牛すじ10本入り

但馬牛・三田和牛専門店、ミートマイチクが販売する牛すじです。

もちろん国産牛ですし、全然硬くなく食べやすいのが特徴です。

クセが無いので、牛すじおでんにあまり馴染みがない方でも美味しく頂けると思います

また、冷凍のままなら1年間日持ちするので、一度に食べきれなくても大丈夫です。

 

第3位 こんにゃく

関東風おでんのランキングにも登場していたこんにゃくが、関西風でもランクイン。

こんにゃく自体にクセがないので、関東風、関西風どちらのだしにも合うようです。

子供人気も高く、とりあえず一本注文したくなる具材の一つですね。

 

第2位 たまご

おでんのたまごは関西でもやっぱり大人気です。

薄味だしの優しい味わいのたまごも、最高においしいですよね。

同じ具材でも食べ比べると全然違うのがおでんの面白いところです。

関連記事:豚肉は腐るとどうなる?色や臭いなど見分け方を詳しく解説!

 

第1位 大根

関西でも、大根がランキング1位でした。

関西風おでんの大根は、透き通るような透明感が魅力です。

関東・関西問わずおでんに大根は欠かせない具材のようですね。

 

冬季限定 プロが認めた おでんセット

忙しい方は特に、帰ってから料理をするのが面倒に感じてしまいますよね。

でもコンビニで買って帰るのも味気ないし…、なんて方におすすめなのが、

煮るだけで本格おでんが簡単にできるこちらの商品です。

付属のだしは博多の屋台街でも使われている豊島のうまかだし、

具材も牛すじ5本やがんもどき3個など全7種類でボリュームも十分です。

 

余裕があれば大根やたまごも一緒に煮れば、豪華なおでんのできあがり。

いつでもだれでもプロの味がご家庭で食べられますので、

冬場に常備しておきたい一品です。




スポンサーリンク





関連記事:ご飯の保温で腐る時間は?限界はいつまで?

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、関東風おでんと関西風おでんの違い、人気ランキングについて見ていきましたが、

静岡おでんや沖縄おでんなどなど、もっとローカルなおでんもたくさんあります。

 

今ではネットでいろいろなおでんが注文できるようになってきているので、

自分の住んでいる地域のおでんではあまり使わない具材や

味付けを体験してみるのも面白いと思いますよ。

 

まずは、関東に住んでいるなら関西風おでん、

関西に住んでいるなら関東風おでんをぜひお試しください!





スポンサーリンク


サブコンテンツ