年賀状の0の書き方は漢字?縦書きの住所の数字の書き方も詳しく解説!

年賀状を書く時や、目上の方や取引先への郵便物のあて名書きで、

「あれっ、数字は縦に書くんだっけ?」と悩んだことはありませんか。

友達の手紙を書く時とは違い、

改まった場合には、失礼だと思われないよう、マナーを守りたいところですが、

正式な書き方が分からないと困りますよね。

 

郵便はきちんと番地まで書く必要がありますので、

省略することはできません。

そこで今回は、縦書きをする時の数字の書き方について、

その注意点も含めて詳しくご紹介します。




スポンサーリンク






年賀状の0の書き方は漢字?縦書きと横書きの違いは?

年賀状に関わらず、あて名を横書きにする場合の数字は算用数字、

縦書きにする時には漢数字を使います。

 

算用数字

計算をする時に使う数字で、アラビア数字とも呼ばれます。

「0、1、2、3…」といった書き方をします。

 

漢数字

数字を漢字で表記したもので、

「零、一、二、三…」といった書き方をします。

また法的な文書を作成する時には、

「壱、弐、参、四…」と書きます。

壱や弐は大字(だいじ)と呼ばれます。

 

大字は、「一、二、三、十」などの数字が書き換えられないよう使われます。

金銭の表記や、改まった書き方の時にも使われます。

四以降の漢数字は、「肆、伍、陸、漆、捌、玖、拾」という大字になりますが、

こちらは旧字体であるため使用しなくても問題はありません。

 

一般的に、年賀状はお正月の改まった挨拶であること、

日本語は縦書きが基本であることから

あて名は縦書きにするのがマナーとされています。

 

ただし表面と裏面は揃えることが基本となっていますので、

裏面が横書きの場合はあて名も揃えます。

目上の方などに送る場合は、両面とも縦書きにするのがマナーといえます。

 

このことから、漢数字で0を書く場合は、

「〇」か「零」のどちらかを使います。

ただし実際には0を重ねて使うことも多いため、零が使われることはほとんどありません。

 

使い方としては、10であれば一〇、もしくは壱〇、

100の場合には、一〇〇、壱〇〇とします。

ただし年賀状は公的な文書ではなく、書き換えされる心配もない私的文書ですので、

大字は使わず、一〇、一〇〇としたほうが見やすいでしょう。




スポンサーリンク






縦書きの住所で数字を書く場合はどう書くのが正しいの?

年賀状では、縦書きが基本となるため、数字は漢数字で書くとご紹介しました。

この場合、例えば2018年(平成30年)であれば、

平成三十年、もしくは平成三拾年、西暦なら二〇一八年となります。

 

ただ住所の場合、

郵便番号で町名まで、もしくは丁目までは書かなかったとしても大丈夫ですが、

番地は記入しないと届きません。

番地は細かく区切られているので、

これを漢字で書く場合には悩むという方も多いのではないでしょうか。

 

例えば、番地が「5-34-2」だったとしましょう。

縦書きにする場合には、「五丁目三十四番二号」とするのが丁寧だとされています。

「‐」(ハイフン)を使うのは、略称なのです。

 

ただしこの場合、「十」は使わないのが正式なマナーとされていて、

「五丁目三四番地二号」が正しい書き方とされています。

西暦や年号では「十」を使うということとは、区別される意味もあります。

また住所のあて名で数字が10や100があっても、「〇」は使いません。

 

マナーではそうなっていますが、実際に書いてみると、

「11」を「一一」、「22」を「二二」と縦書きにすると、

「一一」が「二」に見えたり、「二二」が「一」と「三」に見えてしまうことがあります。

パソコンの印刷や毛筆だと区別がつきやすいのですが、

サインペンやボールペンだと分かりにくいのです。

 

マナーに則って、十や百の字を使わない場合には、

混乱することのないよう、数字と数字の間を空けるといった工夫が必要です。

 

地域によっては、区分されておらず、4桁の番地となっているところもあります。

「2134番地」を縦書きすると、

「二一三四」、もしくは「二千百三十四」と書くことになり、

後者の場合は、年賀状のスペース的にも書きづらくなってしまいます。

 

ただ「二一三四番地」の方がすっきりとしますが、

「三三四番地」と読み間違えられる可能性もないわけではありません。

そのため、漢数字で書かず、

算用数字を使い、2134を横書きにするという人が増えてきています。

2134‐22であれば、2134番地22号と上下を揃えます。

 

これは郵便局で仕分けをする職員、配達する方への配慮ともいえます。

特に年賀状は大量に仕分けや配達しますので、見た目ですぐに分からないと不便です。

また受け取った側でも、返信をする際などに混乱してしまう可能性があります。

 

こういった場合には、例えば「10-2-101」なら、

そのまま算用数字で縦書きに「10番2号101」としてもいいですし、

「一〇番二号一〇一」と書いた方が見やすくなります。

 

あくまでもマナーでは「十」や「百」、「〇」は略すことになっていますが、

間違いや混乱を防ぐために、

算用数字や十、百、〇を使うのも失礼ではないということを覚えておきましょう。




スポンサーリンク





関連記事:初詣東京で空いてる穴場のパワースポットランキング!

年賀状のあて名で住所を書く時のマナーは?

年賀状ソフトなども普及していますので、

自分で配列を考えなくてもバランスよくあて名を配置してくれるため、

手書きであて名を書く時に、バランスがよく分からないということはないでしょうか。

 

改行する時のマナーなど、知っておきたいことを詳しくご紹介します。

 

文字の大きさ、位置はあて名が基本

あて名面を書く際、基本となるのはあて名です。

字も一番大きくし、位置も高くします。

これを基本にして、左側に送る側の住所氏名、右側にあて先の住所を書きます。

 

住所を2行に分ける時には2行目は少し下げる

住所はあて名よりも少し小さめの字で書きます。

この際注意したいのは、あて名よりも下げて書くことです。

さらに1行で住所が書ける場合はいいですが、

マンション名などで長くなる場合には、番地までは1行にし、

改行してマンション名を書きます。

 

改行した2行目は、1行目よりも少し下にします。

また住所が長く、番地名まで1行に入らない場合、2行目に番地を書いてもかまいません。

3行になる場合も、最初の文字を下げ、階段状に並ぶように書くときれいに書けます。

 

改行はどこでしなければならないという決まりはないので、

見た目のバランスを優先して書くようにしましょう。

関連記事:喪中に神社やお寺で厄払い・厄除けできる?初詣は?

 

住所を表面と裏面両方書くのはマナー違反?それとも書いた方がいい?

年賀状の印刷をお願いする場合やソフトを使う場合、

レイアウトで裏面にすでに住所が印刷されているデザインのものがあります。

表にあて名を印刷するとこちらにも送り先の住所が印刷されますので、

表も裏も住所があると失礼なのでは?と考えてしまいますよね。

 

結論からいうと、これはマナー違反ではありません。

表に住所があると、あて先不明の時などで返送する際に、郵便局の方が分かりやすいですし、

裏に住所があると、年賀状を分けたりファイルする時に見やすくなりますよね。

また裏面のスペースが埋まって、一言メッセージを添えるだけでいい、といった

メリットもあります。

 

ただし手書きであて名を書く場合は、表も裏も書くのが大変ですので、

無理に書かなくてもどちらかだけに住所を書いておけば問題ありません。

パソコンで表も裏も作成するのであれば、両面ともに住所を入れておくのが

受け取る人、郵便局の人両方が助かりますので、

作る時には工夫してみてはいかがでしょうか。

 

年賀状や手紙などを大量に書くといった場合、あて名は手書きでも大丈夫だけど、

意外と自分の住所を書くのは面倒ですよね。

そういった時に便利なのが、住所のスタンプです。

一つ作っておくと、普段でも使えます。

自分でデザインすることもできますよ。




スポンサーリンク





関連記事:厄年にやってはいけない事!男性・女性別に詳しく解説!

最後に

年賀状など改まった手紙で住所を書く時に悩む、

0や数字の書き方や、あて名を書く時のコツについてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

普段書き慣れている算用数字ではなく、漢数字を書くのがマナーですが、

最近ではマンションなどで大きな番号の部屋も増えてきているので、

配達ミスを防ぐため、郵便局などでは算用数字の記入を勧めています。

 

ただしマナーとしては、漢数字を使うのがふさわしいとされていますので、

取引先や目上の方に年賀状を書く時には、特に心がけて漢数字で書くようにしましょう。

 

そうはいっても、あくまでもマナーであり、

必ずそう書かないといけないということではありませんので、

状況や全体のバランスなども考え、まずは丁寧に書くことを最優先して、

あて名を書くようにしましょう。



スポンサーリンク

サブコンテンツ