年賀状の上司の宛名は手書きがいい?役職や奥様・家族は書く?

毎年、年末が近づいてくると年賀状の準備に追われる・・・

という方もいるのではないでしょうか?

最近ではメールで年末年始の挨拶を済ませるという場合も増えていますが、

やはり普段から身近でお世話になっている上司には、年賀状を出す方が多いようです。

 

そういった時に、気になるのが年賀状のマナーです。

この書き方であってるのかな?とか、こんな時にはどう書いたらいいのかな?

なんて、ちょっと不安に思いながらも書き進めることがありますよね。

また新社会人の方などは、初めて上司に年賀状を出すときには緊張しますよね!

 

そこで今回は、上司に年賀状を出す際に気になる、宛名の書き方や、

手書きでないといけないのか?、そのほか気になるポイントをまとめてみました!

ぜひ参考にして、今年は自信を持って年賀状を出してみましょう。




スポンサーリンク






上司への年賀状の宛名の書き方は?役職や奥様・家族はどうする?

普段、なかなか目上の方に手紙を書くことがないので、宛名の書き方で

つまづいてしまう・・・という方もいるのではないでしょうか?

もちろんビジネスメールとはマナーが違うので、仕事のメールの調子で

書いてしまうと失礼に当たることもあるので、気をつけましょう!

 

上司、もしくは目上の方に年賀状を送るという場合には

自分の直属の上司のほかに、例えば取引先の方で役職があるような偉い方に送る

という場合もあるでしょう。

この2つの場合では、書き方が少し異なるので、場合別にご紹介します!

 

まずは、自分の会社の上司に送る場合。

これは、上司の自宅に送るのが一般的ですよね。

そういった時には、「名前+様」とするだけでいいので、役職を書く必要はありません!

課長であろうが、社長であろうが、年賀状に関しては役職はつけませんよ。

 

そして次に、社外の方に年賀状を出す場合。

この時には、相手の会社宛に送ることになりますよね。

その時に書くべき情報は、会社名・部署名・氏名・役職です。

役職の書き方としては、2パターンあり、「課長 ○○様」とする書き方と

「○○課長」という書き方があります。

 

ちなみに私は、あくまで自分の上司ではないので

「課長 ○○様」という書き方をしていました!

ここでやってはいけないことは「○○課長様」という書き方。

これは敬称を二重に使っていることになるので、気をつけましょうね。

 

奥様や家族の名前は書いたほうがいい?

次に気になるのは、上司の自宅宛に出す場合に、奥様やお子さんなどご家族の

名前を連名で書いたほうがいいのかどうかですね。

年賀状のやりとりをしたことがある方には、今年もらった年賀状から住所などを

確認することも多いですよね。

 

そこで上司からもらった年賀状を見て、奥様やお子さんの名前が書いてあると

ご家族まで連名で書いたほうがいいのかな?なんて気になりますね。

 

もし書く場合には、上司の名前の左側に名字は省略して奥様の名前、

お子さんの名前と順に続けて書いていけば大丈夫です。

連名にするとハガキに対して文字のバランスとレイアウトが難しくなるので

メインである上司の名前をほんの少し右に寄せるなどして工夫しましょう。

 

しかし必ずしも、奥様をはじめお子さんなど

ご家族の名前を宛名に書く必要はありません。

連名の年賀状を出すのは、家族ぐるみでお付き合いがある場合や、

何度かあったことがありお互いに面識があるという場合だけでいいでしょう!

 

一般的には、上司の奥様の名前まで把握していることは少ないですよね。

そんな時には聞きだしたりする必要もないので、上司宛に送れば十分です!




スポンサーリンク






上司への年賀状は手書きにするべき?

では、上司への年賀状の宛名の書き方がわかったところで、

次に年賀状の書式はどうしたらいいのか?という疑問が出てきますよね。

多くの場合、まとめてプリンタで印刷してしまいますよね。

 

ですが、上司に宛てた年賀状の場合でも、印刷したものを使ってもいいのでしょうか?

結論としては、印刷でも問題はありません。

しかし、やはり手書きのほうが望ましいという考え方があるので

上司の分だけでも手書きで書いたほうがいいでしょう。

 

しかし、字が下手で手書きにすると見栄えが悪くて、

逆に失礼になるのではないかと心配される方もいらっしゃるでしょう。

それに関しては心配無用。

手書きの方が心がこもっているという受取られ方をするので、

丁寧に書けば下手でもOKですよ。

 

もし、どうしても印刷にしたいという場合には、

裏面には手書きで言葉を添えるなどして、しっかりご挨拶の気持ちを込めましょう!

 

普段から自分の字にコンプレックスを感じいたり、

人に見られるのがハズカシイという方は、こういったテキストを使って

練習するのがおすすめ!

 

コツをつかめば、すいすいと上達していくので

自分磨きの一環として、ペン字の練習を始めてみませんか?

 

宛名を横書きにしてもいいの?

宛名の書式に関して、もうひとつ気になるのは、横書きでもOKなのかどうか。

目上の方に横書きで送るのは失礼かな?なんて思いますよね。

 

もともと、日本語は縦書きが正式とされています。

横書きだから失礼というわけではありませんが、

上司に宛てた年賀状であれば縦書きのほうがフォーマルです。

せっかくの新年のご挨拶なので、縦書きで書いたほうがいいでしょう。

 

しかし、裏面のスタイルと合わせるほうが統一感が出て見栄えがよくなることも。

そのため、裏面のデザインを考慮した場合に横書きのほうがいいということもあるので、

上司宛以外の年賀状なら縦書き、横書きを気にする必要はありません!




スポンサーリンク





関連記事:初詣東京で空いてる穴場のパワースポットランキング!

年賀状を書く時に気をつけるポイントは?マナーをご紹介!

宛名面が完成したら、あとは裏面だけですね!

裏面にはあらかじめ印刷された挨拶文などが入っているのでOK~なんて

思っていたら、大間違いです。

裏面にこそ気遣いや気持ちが表れますよ。

 

誤字脱字がないようにするのは当たり前、修正テープなどを使うのは厳禁!

集中して取り組まないと、何枚も書き損じてしまうかもしれないので

気をつけましょう。

しかし、そんな基本以外にも気をつけなければならないマナーがあるので

これからご紹介してみたいと思います!

 

裏面にはどんなことを書けばいい?

印刷があったとしても、必ず自分で一言添えるようにしましょう!

その時のポイントとしては、

日頃のお付き合いの感謝

今後の指導をお願いしたい旨

上司や家族の健康や幸福を祈る言葉

 

こういった内容の言葉とともに、日付を添えます。

日付の書き方は「2019年1月1日」もしくは、「平成(年号)○○年元旦」

というような書き方になります。

元旦は1月1日の朝という意味なので、一緒に使うことはできませんよ!

 

また、自分で賀詞を書く場合には、ここにも気をつけるポイントが。

謹賀新年

あけましておめでとうございます

迎春

HAPPY NEW YEAR

 

これらの言葉は、どれか1つだけを使うようにします。

すべて同じような意味になるので、重複しないように気をつけましょうね!

 

また上司宛の年賀状に関しては裏面を自分で撮った写真にしないほうがベター。

せっかく失礼のないように宛名やご挨拶を書いても、

プライベート感満載の写真が載ったデザインにしてしまうと

公私混同していると思われ、印象が悪くなることもありますよ。

関連記事:喪中に神社やお寺で厄払い・厄除けできる?初詣は?

 

ボールペンで年賀状を書くのはNG?

ところで、手書きのほうがいいとは言っても、

どんなペンを使えばいいのかも気になりますよね!

 

ついつい普段から使い慣れたペンというと、

ボールペンを使ってしまいがちですが、

これは基本的に事務用のペンという考え方があるので、

あまりふさわしいとは言えません。

 

年配の方の中には、筆ペンがいちばん礼儀正しいと考える方もいるようですが

これは難易度が高いので、普段からよく字を書く機会がある方や

書道をやっていた方でないと、うまく書けないかもしれませんね。

 

そういったことを考えると、ベストはサインペン!

ある程度の太さと、濃さがあるので見栄えもよくなります。

いきなり年賀状に書くのではなく、少し練習してからにしましょうね。

 

こういった細いサインペンを使えば、

扱いも簡単で非常に失敗が少なくなります。

もちろん年賀状だけでなく、ちょっとした封書を送る際なんかにも役立ちます。

 

お子さんがいるお宅であれば、持ち物に名前を書くことも多いですよね。

自宅に1~2本あると非常に便利ですよ!




スポンサーリンク





関連記事:厄年にやってはいけない事!男性・女性別に詳しく解説!

最後に

いかがでしょうか?

上司への年賀状は、堅苦しく考えてしまいがちですが、ポイントをおさえておけば

あまり心配する必要もありませんね!

 

今回のまとめとしては、この3点!

なるべく手書きで書くこと

役職は宛名に書かず、名前+様で記載すること

裏面には必ず挨拶と日付を手書きで入れること

 

心をこめて年賀状を書けば、きっと新年からの上司のあなたへの印象もアップ!

こういった些細な心遣いが人間関係の鍵になりますよ。

ぜひ今年は早めに準備に取り掛かりましょう!





スポンサーリンク


サブコンテンツ