ヒートテックの効果期間や買い替え時期は?着方についても詳しく解説!

着ているだけで暖かい、冬の必需品として定番のヒートテック。

周りでも着ていないという人はいないぐらいに有名なアイテムですが、

毎日着ているだけにやはりだんだんと生地が薄くなったり、ほつれてきたりと

古くなってきてしまいます。

 

ただし使い方や毎日着ているのか、洗濯の頻度によっても寿命は変わってきます。

また安くはないアイテムなので、できれば少しでもその暖かさが持続するよう

お手入れの仕方にも注意が必要です。

 

そこで今回は、ヒートテックの特性を生かした上手な着方と、

生地をくたびれさせないためのコツ、

そして古くなったヒートテックの活用法を詳しくご紹介します。




スポンサーリンク






間違ってない?ヒートテックの効果を生かす着方とサイズの選び方

ヒートテックは正しい使い方をしないと、その効果を十分に生かせません。

ヒートテックとは、その名前の通り、「吸湿発熱素材」のウェアです。

運動をしなくても人間が日常生活でかく汗が、発散されて水蒸気となり、

繊維に吸着した際に、水蒸気だけを発散させて熱はとどめます。

それで暖かさを感じるのです。

 

ヒートテックの機能を十分に生かす着方とは?

ヒートテックを着ているけれど、今ひとつその効果が感じられないという人は、

普段の使い方を見直してみましょう。

 

肌に近い部分(肌の上)に着る

水蒸気が吸着しやすくなる、熱を感じやすいので、

肌に密着させるようサイズに注意しましょう。

少し小さめのサイズの方が体にフィットするので効果が上がります。

 

メンズとレディースのヒートテックを使い分ける

メンズは吸収速乾性があるので運動をする場合、

レディースは保温性が高いので、家で過ごす時用に使い分けるのがおすすめです。

 

重ね着をする

ヒートテックは、肌とヒートテックの間に空気の層を保持することで

暖かさを維持できますので、重ね着をして外気を遮断することが必要です。

 

また大量の汗をかくと、逆に気化熱で体温が奪われてしまい、

ヒートテックの機能が生かせないだけでなく体を冷やします。

あくまでもヒートテックは、

普段の生活で体を保温するウェアであることを覚えておきましょう。

 

知っておこう!ヒートテックの重ね着でもっと暖かくなる方法

よくある重ね着の方法として、ヒートテックの上にシャツを着て、

上着を着るという人が多いかと思いますが、

さらに暖かさがアップする重ね着の方法をご紹介します。

 

ヒートテックの2枚使い

ヒートテックに極薄のタイプが出ていますので、これを2枚重ねる方法です。

ヒートテックに保温された空気の層が2重になるのでより暖かくなります。

 

吸湿速乾性の下着の上にヒートテックを着る

保温性の高いレディースのヒートテックにはおすすめの方法です。

重ね着をすると汗をかきやすく、ヒートテックの暖かさが感じられなくなるので

こちらがおすすめです。

 

ヒートテックのブラ付きキャミソールと普通タイプのヒートテックを重ねる

ブラの上にヒートテックを重ねるよりも、

ヒートテックのブラつきキャミソールの方が1枚でしっかり保温できます。

重ね着することでヒートテック同士で保温効果が上がります。

 

アウターは外気を遮断するものを着る

アウトドア用のウインドブレーカーなど、外気を遮断するアウターを着ることで、

より保温効果がアップします。

 

せっかくヒートテックを着ても寒さが変わらない、という場合は

重ね着もぜひ試してみましょう。




スポンサーリンク






ヒートテックには寿命がある?効果のある期間は1年って本当?

ヒートテックは1年経ったら買い替えないと効果がない、という話もありますが、

半分それは正解で半分は誤りです。

 

ヒートテックは下着の他、靴下やタイツなどがあります。

冬の寒い日には毎日着るという人も多いのではないでしょうか。

ヒートテックは繊維に汗が吸着して発熱する仕組みですが、

繰り返し着て洗濯していると繊維の間が伸びてきます。

そのため保温効果がダウンしてしまうのです。

 

つまり同じヒートテックでも、

その着方や洗濯の仕方によっては、1年で寿命が来るという場合もあれば、

2、3年着られるといった場合に分かれるのです。

 

もちろん、極端な話をすれば破れるまで着ることは可能なのですが、

ヒートテックの特性である保温性や吸着発熱の機能が低下してしまうため、

ヒートテックとしての暖かさが失われてしまうことになります。

 

ただし洗濯の仕方などによっては、寿命が1年より短くなってしまうこともあります。

1年の寿命はあくまでも目安として考えておきましょう。




スポンサーリンク





ヒートテックの機能を長持ちさせるためにはどうすればいい?

ヒートテックの寿命は1年が目安ですが、長持ちさせるためには

お手入れの仕方や着回し方にも注意が必要です。

 

ヒートテックを長持ちさせる2つのポイント

ヒートテックを長持ちさせるコツは、「繊維を伸びないようにすること」に尽きます。

そのためのポイントは2つです。

 

洗い方や干し方で寿命を延ばす

繊維が伸びる原因は、服の摩擦によるものです。

単に脱ぎ着するだけでも繊維がこすれ合って摩擦が起きますが、

さらに摩擦を加速させるのは、洗濯機洗いや乾燥機の使用です。

 

ネットに入れて洗う、乾燥機を使わないというのも有効ですが、

洗濯機で洗うことがすでにかなりの負荷をかけているので、

一番のおすすめは手洗いをすること。

 

そしてハンガーに掛けると、水分で伸びてしまうので、

平らに干すのがおすすめです。

洗った後も雑巾を絞るように水気を取るのではなく、

バスタオルなどではさんで水分を取るのがおすすめです。

 

枚数を揃えて着回す

毎日ヒートテックを着ないと寒さに耐えられない、またなかなか手洗いは無理!

という場合には、3枚以上購入して着回すという方法があります。

休日にまとめて洗うといったこともできますし、

同じ物を連続して着ないだけでも寿命が延びます。

関連記事:ヒートテックは寒いし意味ない?正しい着方を徹底解説!

 

もうダメかも?ヒートテックの買い替えはどこで判断する?

洗濯や着回しなどで、多少は寿命が延びるヒートテックですが、

やはり繊維には寿命がありますので、半永久的に着ることができるわけではありません。

丁寧に扱っても、3年から5年程度で繊維自体が傷みます。

 

買い替えの目安としては、全体が伸びてきた、また首回りが伸びてきたらになります。

着た時に肌に密着していない場合も買い替えの時期といえます。

 

少し伸びてきた程度であれば、2枚重ねをすることで多少は保温効果が感じられますが、

新品と同じ程度の暖かさは感じられませんので、処分しましょう。

 

毎年品質改良されていますので、古いものを無理して着続けるよりは、

新しいものを買った方が経済的な場合もあります。

上手にセールなどを活用して、寒さに対抗していきましょう。

 

平干しをする場合、困るのが服の大きさに合ったサイズのものがなかなかないことです。

ぎりぎりの大きさだと、袖だけが外に出てしまって伸びた、ということもあります。

こちらの平干しネットは5kgまで対応していて、1段でも2段でも使用できます。

セーターの平干しにも使えますのでおすすめです。

関連記事:ニットの静電気の取り方!予防法や素材で発生しやすいのは?

買い替えで不要になったヒートテックは再利用できる?

古くなったヒートテックは、発熱効果が低下してしまうため、

ウェアとしての再利用はできません。

ただし古くなってもウエスにして掃除に活用できます。

 

ヒートテックに使われている繊維の素材は、

ポリエステル、アクリル、レーヨン、そしてポリウレタンです。

この4つはいずれもスポンジなどに使われており、レーヨンは吸水性がいいので、

食器拭きなどに使われています。

 

つまり着ることができなくなって伸びてしまっても、

小さく切って掃除に再利用することができます。

ただしヒートテックはだんだんと薄手のものが主流となっているため、

水気や油を吸い取ったり、それ自体を雑巾にするにはちょっと役不足です。

 

そのため細長く切って、

蛇口の後ろ側などスポンジや古歯ブラシで磨きにくい場所をこすったり、

小さく切ったものを洗う前の食器の汚れ落としに使ったり、

窓のサッシなど細かい部分の汚れ落としにおすすめです。

 

静電気が起きやすいので、家電のほこり取りにもおすすめなのですが、

生地が伸びてテロテロになっているため使いにくいので、

細く切ってしばり、はたきのようにしましょう。

こうすると、テレビ台の裏やコードが集まっている場所のほこり取りに便利です。

 

繊維が伸びているので、水や油を吸うにはちょっと役不足です。

それでも台所などで小さく切ったウエスにしておいておけば、

ちょっとした汚れを小まめに掃除できますので、ぜひ活用してみてください。

 

布地を切る時には、普通の紙切りばさみよりも、

ちゃんとした布切りばさみの方がストレスなく切れます。

こちらのはさみは少し小さめなので、場所を取らず、軽いので使いやすくおすすめです。

ヒートテックの生地は少し滑りやすいので、怪我防止のためにも持っておきましょう。




スポンサーリンク





関連記事:コートで暖かい素材は?種類や特徴を詳しく解説!

最後に

冬の寒さには定番のヒートテックの正しい着方や、いつまで着ることができるのか、

買い替えの時期などをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

ヒートテックが1枚あるだけで、体が感じられる寒さにはものすごく違いがあるのですが、

買い替えが必要だということは知らないという人も結構います。

 

伸びたり穴が開いたりといった状態になれば、さすがに買い替えすると思いますが、

そうでなくてもヒートテックの機能は、洗濯などで低下します。

洗濯の仕方や干し方に注意すると共に、

定期的に見直して、いつでもヒートテックの暖かさをしっかり活用しましょう。

 

古着になっても掃除に活躍してくれるので、

最後までしっかり使い倒してさよならしたいですね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ