ヒートテックは寒いし意味ない?正しい着方を徹底解説!

薄いのに暖かいと言われているユニクロのヒートテック。

 

でも実際に着て見ると、

「あれ?なんかあんまり暖かくないかも?」と思う事はありませんか?

それはヒートテックの着方が間違っているのかもしれません。

 

ヒートテックには正しい着方があり、

ちゃんとした着方をしないと寒いですし意味ないですよ。

 

そこでここではヒートテックの正しい着方などを徹底解説します。

「ヒートテックを着ているのに、寒い…」という方は、

ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク






ヒートテックはどうして暖かい?素材は?

ヒートテック(HEATTECH)は、ユニクロから出ているブランドです。

 

ユニクロの中ではかなりのヒット商品なので、ヒートテックを着た事がなくても

ヒートテックという名前だけは知っているという人は多いのではないでしょうか。

 

ヒートテックはとても薄いのに「暖かくて保湿性がある」として注目された商品です。

でも、普通衣服が薄ければ寒いに決まっていますよね。

 

どうしてヒートテックは薄いのに暖かくて保湿性があるのでしょうか。

 

それはヒートテックには以下のような工夫がされているからです。

 

吸湿発熱素材を使用。

レーヨンとアクリルの合わせ技。

 

順番に見ていきましょう。

まず吸湿発熱素材についてです。

 

ヒートテックは、普通の衣服とは少し違った素材でできています。

それは何かというと、「吸湿発熱」という素材です。

 

これはその名の通り、

「湿気(汗などの体から出る水分)を吸うと、発熱する」というものになります。

 

「服が発熱する」と言われてもよく分からないかもしれませんので、少し解説しますね。

 

液体の水は気体の水(水蒸気)になる時に熱を奪います。

例えば燃えている火に水をかけると水は一瞬でジュッと水蒸気に変わり、火は消えます。

 

これは水が水蒸気になった分だけ、火の熱を奪っていったからです。

 

そしてその反対、水蒸気の水が液体の水になる時は、逆に熱を生み出すんです。

これを科学用語では「凝縮熱」と言います。

 

ところで、人は何もしなくても汗をかいています。

 

その汗はとても微量なので、

液体にはならず普通は水蒸気となって空気中に分散していきます。

 

ですがヒートテックはその水蒸気が空気中に放出される前に繊維の中に捕まえて

液体に戻します。

 

この時水分(汗)は衣服の中で気体→液体になります。

つまり、凝縮熱が発生し衣服自体が暖かくなるという訳です。

 

これが、衣服が発熱する仕組みです。

 

また、ヒートテックに使われている主な繊維にレーヨンがありますが、

レーヨンは「吸湿性」の高い繊維になります。

 

繊維にレーヨンを使用する事で、体から出て行く水蒸気をより捕まえやすくします。

さらにアクリルという繊維は逆に吸湿性が低く、保湿力があります。

 

アクリルは衣服の中で生まれた熱を保持するのに役立っています。

 

吸湿発熱素材に加え、レーヨンとアクリルという繊維の合わせ技で

ヒートテックは「薄いのに暖かくて保湿性がある」という性能を保っているんです。

 

ちなみに、ヒートテックというのはユニクロの商品名ですが、

さきほど説明した「吸湿発熱素材」というのは実は他のメーカーも採用しています。

 

ベルメゾンの「ホットコット」やしまむらの「ファイバーヒート」がそうですね。

 

ただ、同じ吸湿発熱素材を使っているといっても編み込む繊維の割合などは違いますので、

着心地や暖かさは変わります。

 

ですから、ヒートテック系と言っても全くどれも同じ着心地という訳ではありません。




スポンサーリンク






ヒートテックのメリットは?

ヒートテックの仕組みについては何となく分かったかと思います。

あんなに薄いのに体を暖かくしてくれるなんてすごいですよね。

 

ただ、ヒートテックも無敵の服ではありません。

それなりにデメリットもあります。

 

そこでここでは、ヒートテックのメリット・デメリットについて挙げます。

まずはヒートテックのメリットからです。

 

【ヒートテックのメリット】

軽い

ヒートテックのメリットはまずはこれですね。

 

「暖かい衣服」となると、セーターやコート、トレーナーなど

ごわごわしてかさばるものがほとんどです。

 

それらを着れば確かに暖かいですが、すごく動きづらいですよね。

身動きしにくくなるのが嫌で、寒いけどあえて薄着でいるという人もいるくらいです。

 

ですがヒートテックは薄くて軽く体にぴったりフィットするので

着ていても動くのに全く邪魔になりません。

 

服は外に着ていく事も多いので、身軽に動けるというのは何かにつけて便利です。

 

着心地が良い

ヒートテックに多く使われているレーヨンは、「シルクのような肌触り」と呼ばれるほど

ツルツルした手触りになります。

 

それは着た時も同じで、肌に触れても滑らかですっと体に馴染むので、着心地も抜群です。

 

オシャレ

ヒートテックはどちらかというと下着感覚で使う人も多いですが、

外に出してもおかしくないオシャレなデザインも多いです。

 

レーヨンという絹に似た素材を使っている事もあり、見た目もツヤツヤしていて

高級感があります。

 

ですから例えばヒートテックの上にTシャツを着たスタイルでも全然問題ありません。

 

下着のようでありながら一部が見えていてもおかしくないので

汎用性の高い衣服になります。

 

ヒートテックにはこのようなメリットがあります。




スポンサーリンク





ヒートテックのデメリットは?

では次に、ヒートテックのデメリットの部分について見ていきましょう。

 

一見メリットしかなさそうなヒートテックですが、

デメリットな点なんてあるのでしょうか。

 

【ヒートテックのデメリット】

汗をあまりかかない人には向かない。

 

上記でも説明しましたが、ヒートテックが暖かい前提とては

「汗をかく」事が重要になります。

 

勿論人は何もしていないくても微量の汗はかきますが、

「汗をかきにくい人」とヒートテックは相性が悪いという事になります。

 

特に冷え性の人などは新陳代謝が低く普段から微量の汗もかきづらいので、

冷え性の人がヒートテックで暖まるというのは難しいかもしれません。

 

また、乾燥肌の人は逆に体の少ない水分をヒートテックに全部持っていかれてしまうので

乾燥肌がさらに悪化する可能性もあります。

 

汗をかきすぎる人にも向かない。

 

冷え性だったり汗をかきづらい人はヒートテックを着るのに向かないと書きましたが、

実は「汗をかきすぎる人」もヒートテックは適しません。

 

汗をかきすぎる人というのは、普通に「汗っかき」の人もそうですが、

スポーツや仕事で激しく動き大量の汗をかく人も含まれます。

 

ヒートテックはレーヨンという吸湿性の高い繊維が編み込まれているので

汗をよく吸収してくれますが、同時にアクリルという「保湿」に優れた繊維が

入っている事で「乾きにくい」という欠点があります。

 

普通の汗の量なら「保湿」という良い効果になりますが、

大量の汗をかくと保湿以上に水分を保持してしまい、

逆に体を冷やしてしまう事があります。

 

特に冷えが命取りとなる登山などでは、

あえてヒートテックは選ばないようにしている人も多いですよ。




スポンサーリンク





ヒートテックは正しい着方をしないと寒いし意味ない?

万能な衣服に見えるヒートテックにも、メリット・デメリットがある事が分かりましたね。

 

ヒートテックのメリットを最大限に生かすには、

ヒートテックの「正しい着方」が重要になってきます。

 

逆に言えば、正しい着方をしないとヒートテックは

「寒いし着ている意味ない」という事になるという事です。

 

そこでここでは、ヒートテックの正しい着方について説明します。

 

肌の上から直接着る。

ヒートテックが暖かい原理は、吸湿発熱という仕組みです。

その為には、人から出る水蒸気を捕まえなくてはいけません。

 

例えば下着を2~3枚着た後にヒートテックを着るとなると

水分はヒートテックに行く付く前に下着に吸収されてしまいます。

ですから水蒸気を吸収しやすいよう、

ヒートテックはできれば肌に直接着るようにしましょう。

 

ただ、ヒートテックにはアクリルという繊維が入っていますが、これは化学繊維なので

人によってはかぶれたり湿疹のようなものができたりする事があります。

 

その場合は肌着を1枚着て、その上にヒートテックを着るようにするといいですね。

 

ヒートテックの上にウインドブレイカーを着る。

ヒートテックは水分を吸収しやすいので繊維に入り込んだ想定以上に多くなる場合があり、

そんな時に風に当たると体は冷えてしまいます。

 

ですからヒートテックを着た時は、風を通さないウインドブレイカーなどのアウターを

着るのがピッタリです。

 

ヒートテックで吸収した水分を暖かいまま保湿できますので

とても相性の良い組み合わせになります。

 

極薄のヒートテックを2枚着る。

ヒートテックは肌に触れる事で高い効果が得られるので、

普通のヒートテックを2枚着ても、効果が2倍になるという事はありません。

(2枚目のヒートテックは肌に触れていない為)

 

ですが、普通のヒートテックより薄い極薄のヒートテックなら2枚着る事で

暖かさと保湿力を高める事ができます。

 

2枚着たいという人は、極薄のヒートテックを選んでくださいね。

 

ヒートテックに適しているのは春・秋

ヒートテックは暖かい衣服なので「着るなら冬」と思っている人もいますが、

ヒートテックを着る一番良い時期は「汗をかきすぎない季節」です。

 

そうなると夏は当てはまりませんが、実は冬もあまり好ましくありません。

冬は厚着をするので自然と身体の内側は汗をかきやすい状況になっています。

 

そしてヒートテックは一番内側に着ている人も多いですが、

一番内側だと簡単に脱げませんし汗をかいて想定以上に水分を含んでしまった

ヒートテックは乾きにくく、一番内側から体を冷やしてしまいます。

 

ですから季節的には春・秋がおすすめです。

春や秋ならそこまで汗もかかず薄い素材でそこそこの温かさと保湿を維持してくれるので

とても快適に過ごす事ができますよ。

 

要は真夏・真冬は避けた方がいいという事ですね。

 

長袖のヒートテックを着れば日焼け防止にもなりますし、

暑くもなく寒くない時期にヒートテックを着るというのは

あまり肌を見せたくないという女性に特におすすめです。

関連記事:コートで暖かい素材は?種類や特徴を詳しく解説!

ヒートテックのおすすめの類似品は?

ユニクロのヒートテックは良い点も悪い点もあります。

ですから「これだ!」とハマる人もいれば、「ちょっと違うかも…」と感じる人もいます。

 

そこでここでは最後に、ユニクロ以外のヒートテックの類似品を紹介します。

 

どれも「吸湿発熱」のものですので、ユニクロのヒートテックがイマイチだった人も

ぴったりくるものがあるかもしれませんよ。

 

※ヒートテックという言葉はユニクロの商品名ですが、ここからは

ヒートテックのような機能を持つ商品→ヒートテックとして書いています。

 

暖かさを追求したいなら、裏起毛のコレ!

 

こちらは裏起毛のヒートテックです。

 

ユニクロのヒートテックはツルツルとしているので、着た感じはひんやり感があります。

また汗をかかないと暖かくなりません。

 

ですがこちらは裏に起毛がある為、着た瞬間に毛皮に包まれているように

暖かく感じる事ができます。

 

また裏側に毛がある事でわずかな動きでも熱を発生させ保持してくれるので、

冷え性の人でも安心してインナーとして使う事ができるヒートテックになっています。

 

さらにこちらはデザインもオシャレなのでインナーだけでなく

トップスとしても着る事ができます。

 

その分ユニクロのヒートテックと比べると少しだけ生地に厚みがありますが、

「ヒートテックは軽さよりもまず暖かさ」という方におすすめのヒートテックです。

関連記事:パンプスのつま先がきつい!広げる方法を徹底解説!

 

「インナー」が目的ならコレ!

 

ヒートテックを完全なインナーとして使いたいのなら、

こちらのグンゼから出ているヒートテックがおすすめです。

 

グンゼは下着メーカーとしてのノウハウがしっかりあるので

下着としての性能は抜群です。

 

また衣服の縫い目ゼロ、タグは印字とインナーとして

肌に負担をかけない作りになっているのも嬉しい点ですね。

 

こちらも裏側は起毛になっているので、「冬こそヒートテックでしょ」という人に

ピッタリのヒートテックです。

 

下着としての着心地良さ・機能性・そして暖かさ保持と

「暖かい下着」としてはバッチリ優秀なので、「とにかく体を温めたい」

「下着でがっちり体を固めて、アウターは軽めのを着たい」という人におすすめですよ。

 

肌に優しいものならコレ!

 

「敏感肌で、肌に直接触れた服が軽くこすれただけで

かゆくなったり湿疹ができたりしてしまう…」

という人もいますね。

 

特にヒートテックは肌に直接当たる事が多いので、

肌が弱い人はかなり着る衣服を選ばなくてはいけません。

 

そんな人におすすめなのが、こちらの竹繊維でできた肌に優しいヒートテックです。

こちらはなんと95%が肌に馴染みやすい竹繊維でできており、

衣服でありがちな「チクチク感」などがありません。

 

また、竹繊維は静電気もほとんど起こらないので

静電気でかゆくなるという事もほぼありません。

 

デザインは少しおしい感じですが、肌にはとても優しいので

肌トラブルが多い人にインナーとしてぜひおすすめしたいヒートテックです。




スポンサーリンク





関連記事:雨の日に髪の毛が広がらない方法!スタイリング剤のおすすめもご紹介!

最後に

「着とけばとりあえず暖かい」と思われがちなヒートテックですが、

実は他の衣服と同じようにメリットとデメリットがあります。

 

また正しい着方をしないと、

せっかく着ていても寒いし意味ないという事になってしまいます。

ですからヒートテックの良さをしっかり生かせる着方をしてくださいね。

 

ヒートテックがなんとなく肌に合わないという人は

ヒートテックの類似品もありますのでぜひそちらを試してみてください。



スポンサーリンク

サブコンテンツ