スタッドレスタイヤを買うならどこ?購入場所や時期のおすすめを詳しく解説!

冬場の運転には欠かせないスタッドレスタイヤですが、

なるべく安く購入したいという考えは誰しもが持っているかと思います。

 

ただ、スタッドレスタイヤは本体価格に加えて、ホイールの取り付け工賃、

ネット購入なら送料も含めて考えなければなりません。

購入場所によっては本体価格は安いけど工賃は高くなるということもあり、

意外と買うならどこが良いという結論が付けにくいです。

 

そこで今回は、各購入場所の特徴を踏まえた上で購入場所のおすすめを紹介していきます。

また、タイヤは時期によって価格が変動するので、購入におすすめの時期も解説します。

ぜひ参考にして、お得にスタッドレスタイヤを手に入れてくださいね。




スポンサーリンク






スタッドレスタイヤを買うならどこ?購入場所によるメリットとデメリット

スタッドレスタイヤは、カーショップやガソリンスタンド、

ディーラーやインターネットなど、様々なところで購入することができます。

買うならどこが良いのか判断するには、やはりそれぞれの購入場所での

メリットとデメリットを知る必要があります。

 

まずは、購入場所ごとの特徴を押さえておきましょう。

 

カーショップ

カーショップはタイヤの種類も豊富で、比較的購入価格も安いです。

また、専門のスタッフがいるのでおすすめを相談しながら検討することができます。

ただ、珍しい型のタイヤなど、車種によっては逆に高く付くことがあるのがネックです。

 

ガソリンスタンド

専門のスタッフが常駐しているのが強みですが、

購入出来るタイヤの種類が他の専門店に比べると少ないことが多いです。

 

ディーラー

自分の車を買ったディーラーでスタッドレスタイヤを買えば、

その場で交換してくれるのはもちろんですし、

その他のメンテナンスもついでに見てもらうことができます。

付き合いが長ければ長いほど、たくさんのことをお任せできるのが強みです。

ただ、スタッドレスタイヤの購入価格は高めになりやすいです。

 

整備工場

ひいきにしている整備工場があれば、

そこでスタッドレスタイヤを手配してくれることもできます。

ただ基本的に販売店ではないので、手配するまでに時間がかかることがあります。

 

インターネット

一番安くスタッドレスタイヤを買うことができますが、

タイヤの型や製造年月日などの確認をしっかりしないと、

自分の車に合わなかったり、またすぐにつかえなくなってしまうことがあります。

また、送料の問題や届いた後の工賃なども考えておく必要があります。




スポンサーリンク






スタッドレスタイヤの購入時期のおすすめは?

スタッドレスタイヤは季節ものの商品なので、購入する時期によって価格が変わります。

そのため、買うならどこが良いのかを考えるのも大事ですが、

スタッドレスタイヤを購入する時期を見極めるのも、非常に重要です。

 

冬物の衣類が冬の終わりの2月や3月に安く売り出されるように、

スタッドレスタイヤもシーズンが終わる時期には破格の値段で売っています。

 

ただ、その時期まで売れ残るスタッドレスタイヤは、

あまり買い手の付かない型であることが多いです。

実際、利用者の多い195/65サイズなどはその時期にはほとんど売り切れてしまっています。

安く買えるからと時期を待ちすぎると、

肝心の欲しいタイヤが売り場にどこにもないということになりかねません。

 

また、スタッドレスタイヤは使わなくてもどんどん劣化していきます。

劣化すれば当然滑り止めの能力も落ちてしまうので、

前年のタイヤはあまり買い手が付きません。

そのため、メーカー側も売れ残りをなるべく出さないように

早め早めのセールを実施します。

 

例年だと9月ごろに2割引きくらいで一度セールを実施します。

雪が降り始める時期になると定価販売になってしまうので、

スタッドレスタイヤを安く買う狙い目時期は9月10月くらいの秋です。

 

もちろん付け替えるのは雪が降り始めるくらいの時期で良いですが、

安いうちに確保しておくというのが賢い選択です。




スポンサーリンク





一番安くスタッドレスタイヤを購入・組み付けするには?

スタッドレスタイヤを安く購入するだけなら、やはりネット通販が一番です。

販売店では正規料金で売ることが基本なので、

ネット通販での価格と比べるとどうしても高くなってしまいます。

 

しかし、スタッドレスタイヤは購入すれば終わり、というわけにはいきません。

買ったタイヤにホイールを組み付ける、という大切な仕事があります。

 

ホイールの組み付けからバランス調整まで全て自分でできるという方であれば別ですが、

なかなかそこまでできるという方は少ないかと思います。

そうなれば当然、スタッドレスタイヤの購入価格だけでなく、

その後の工賃も含めて考える必要があります。

 

例えばディーラーでスタッドレスタイヤを購入すると、

タイヤ自体の価格は高めですが、サービスでそのまま組み付けてくれることも多いです。

 

逆に、カーショップはタイヤの価格は安いですが工賃が意外と高く、

結局お得じゃ無かった、なんていうこともあります。

 

また、一番タイヤの価格が安いネット通販ですが、まず送料がかかります。

購入する場所によって大きく異なるので、これは必ずチェックしておきましょう。

スタッドレスタイヤは宅急便などで送ることができる品物ではないので、

業務用の配送になり、想像以上に高くつきます。

加えて工賃もかかるので、タイヤ本体の価格だけ見て即決しないように気をつけましょう。

 

そして、カーショップによっては、

その店で購入したスタッドレスタイヤでないと組み付けてくれないという場合もあります。

購入したあとにどこで組み付けてもらうのか、

その工賃がいくらかかるのかも事前に確認しておくと良いでしょう。

 

総合して、最も安くスタッドレスタイヤを購入・設置する方法は、

「持ち込み組み付けOKのカーショップに、

ネット通販で購入したスタッドレスタイヤを持っていく」となります。

 

ただ、住んでいる地域によってはスタッドレスタイヤの送料がものすごく高かったり、

持ち込み組み付けOKのカーショップが近くになかったりすることもあります。

購入する前に、そのあたりをきちんと確認しておくことを忘れずに。

 

結局一番大切なのは、実現可能なプランをいくつか考えて、

実際に見積もりを出してみるということです。

知り合い価格でタイヤの設置をしてくれる整備工場などの、

お得にできるツテがあるならどんどん利用していきましょう。

関連記事:路面凍結の条件や時間帯は?気温の目安や対策も詳しく解説!

おすすめスタッドレスタイヤを紹介!

ここからは、楽天で購入出来るおすすめのスタッドレスタイヤを紹介していきます。

楽天で販売されるスタッドレスタイヤはかなり安く、

そしてその多くが送料無料なので、非常に安価にスタッドレスタイヤをゲットできます。

 

選べるスタッドレスタイヤ&ホイールセット 軽自動車用

こちらは軽自動用、155/65R14の型になります。

新品スタッドレスタイヤ4本、ホイール4本のセットで25.500円~です。

ホイールは、メッシュデザインの王道Verthandi YH-M7、

スタッドレスタイヤはコスパ重視のHIFLYと

性能重視のNANKANGの2種類から選べます。

 

送料も無料で、組み付け・バランス調整後に発送してくれるので、

届いたらタイヤ交換をするだけですぐに使えるのも嬉しいですね。

送料・工賃込みでこの価格はなかなかありません。

関連記事:駐車場の雪かきのやり方のコツ!雪を溶かす方法も詳しく解説!

 

選べるスタッドレスタイヤ&ホイールセット ミニバン用

ミニバンに乗っている方はこちら。

先ほどと同様のセットで、

コスパ重視と性能重視のスタッドレスタイヤから選択できます。

性能重視のNANKANGは北海道、東北地方でも注文が殺到するほど

氷上性能には定評があります。

 

国内メーカースタッドレスタイヤ&おまかせホイールセット

スタッドレスタイヤは国産の方が安心だという方にはこちらもおすすめです。

ブランドは人気の高いウィンターマックス、型は利用者の多い196/65R15です。

ナノフィットゴムが氷にぴたっと密着して車をしっかり止めてくれます。

ホイールはおまかせなので細かい選択はできませんが、その分価格が安いです。

 

ただ、選択はできませんが、「今週のホイール」という形で

現在対象のホイールが確認できるので、チェックしてみましょう。

送料は3200円、工賃は込みでこの価格です。




スポンサーリンク





関連記事:雪かきのマナーや範囲は?隣人トラブルを避けるためにはどうすればいい?

最後に

スタッドレスタイヤは消耗品な上、結構大きな買い物なので、

なるべくコストを抑えたいという方は多いです。

 

ネットで購入するのが一番タイヤの本体価格は安いですが、

送料やその後の工賃によっては、逆に高く付くこともあります。

サイトによってはその辺をわかりにくくしている悪質な場合もあるので、

楽天のような、工賃込みで販売しているサイトなどを利用するのがおすすめです。

 

ただ、交換まで1つの店舗で済ませたいという場合には、

カーショップなどで購入するのが良いですし、

自分にとって買うならどこが良いのか、しっかり検討してみてくださいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ