忘年会の欠席理由!メールでの返信の例文もご紹介!

年末の恒例行事である忘年会。

お酒が好きな方にとっては楽しいイベントであることは間違いないですが、

逆にあまり好きじゃない方からすれば、欠席したいと思うことも多いでしょう。

 

それに、普通の飲み会なら気軽に欠席できるものの、

忘年会などのややオフィシャルな飲み会になると、

ただ行きたくないという理由だけでは断りづらいですよね。

 

そこで今回は、忘年会の欠席理由についてまとめてみました。

また、メールでの返信にそのまま使える例文も紹介しています。

ぜひ、角を立てずに忘年会を欠席するテクニックを身につけましょう。




スポンサーリンク






忘年会を欠席したくない!どんな理由がある?

毎年年末になると世は忘年会シーズンで、

毎週のように飲み会の予定が入っている方も多いと思います。

一方で、そもそも忘年会などの飲み会の席がどうにも苦手で、

できることなら欠席したいという方も少なくないですよね。

 

友人の結婚式や親戚の法事など、明確な理由があれば断りやすいものの、

毎度都合良く予定がぶつかることはあり得ません。

「ただ行きたくない」なんて言ったら周りの空気を壊しかねませんし、

欠席の理由をどうしたら良いのか悩んでしまいますよね。

 

まずは、忘年会に欠席したい正直な理由をまとめてみました。

 

お酒が飲めない

お酒が飲めない人からすれば、

大勢の酔っ払いの中で何時間も過ごすのは結構大変です。

しかも、それなのに高い会費を払わなければならないとなれば、

忘年会に参加するのに気が進まないのも納得ですよね。

タバコやお酒の臭いが付いたりするのが嫌な方も多いです。

 

上司や先輩に気を遣うのが大変

忘年会などの飲みの席では、先輩にお酒を注いで回ったり、

上司の話を長い時間聞いたりなど、気を遣う時間も多いです。

職場でも気を遣っているのに、

わざわざ飲みの席にまで気を遣いに行きたくないと思う方も少なくありません。

 

話し相手がいない

仕事とプライベートをなるべく分けたいという方もいます。

仕事上では話をするけど、忘年会でまで話すことはないという考えなら、

わざわざ参加したいとは思いませんよね。

 

飲み会に対する家族の理解が得られない

「また飲み会なの?」などと家族から言われると、行きにくいですよね。

年に一度の忘年会とはいえ、所属団体が多ければその分だけ忘年会もありますし、

家庭のために飲み会に参加する回数を控えたいという方も多いです。




スポンサーリンク






忘年会の欠席理由を正直に言えないときにはどうする?

上記以外にも忘年会を欠席したい理由はさまざまあるかと思いますが、

やはりその理由のほとんどは正直に言いにくいですよね。

しかも、忘年会を変に欠席すると、陰で色々言われたり、

その後の職場に居づらくなってしまうこともあります。

 

正直に理由を言えないけど忘年会を欠席したいときにはどうしたら良いのでしょうか。

上手な理由の伝え方を紹介します。

 

はっきりと「欠席する」という

忘年会を欠席する理由をアレコレ考えるよりも、

「忘年会出られる?」と聞かれたときに「出られません」と一番に言うことが重要です。

もちろん冷たく言い放つのではなく、

残念ながら出られないという気持ちを相手に伝えましょう。

 

返答までに間が空けば空くほど、歯切れの悪い断り方になってしまい、

相手にも不信感を与えてしまいます。

きっぱり言うのは勇気がいることですが、

その方がお互いに後腐れ無く終えることができます。

 

欠席の理由についても、聞かれるまではあえて言わないのがポイントです。

 

欠席せざるを得ない理由を添える

欠席しますときっぱり言えば、そのまま会話も終わることが多いですが、

しつこく理由を聞かれてしまうこともあります。

そういう場合は、欠席せざるを得ない理由を添えましょう。

いくつか使える欠席の理由例を紹介します。

 

1.他の飲み会、食事の予定がある

鉄板なのは、忘年会と他の飲み会の予定がブッキングしているというものです。

実家の両親や親戚と食事をする、中学の同窓会があるなどが定番です。

 

2.遠出する予定がある

実家に帰省する、出張が入っている、

あるいは次の日に早くから車を運転しなければならないというのも欠席の理由になります。

建前の理由として使う場合には、

飲み会当日や翌日に街で同僚に会わないように注意する必要があります。

 

3.子どもの面倒をみる

子どもがいる家庭限定ですが、子どもの面倒をみる必要があるというのも理由になります。

お父さんの場合、「嫁にみてもらえ」と言われることが多いと思いますが、

「妻が実家に帰省する」などの理由を付ければ良いでしょう。

キャラクターが合えば、「じゃんけんに負けた」なんて笑いに逃げるのもありですね。

 

「子どもと過ごす時間が欲しい」と正直に言ってしまうのも、

逆に好印象になることもありますよ。

 

4.家族の看病をする

家族の看病をするために帰らなければならないというのも良いでしょう。

この理由でも無理矢理忘年会に連れて行くという方は居ないでしょう。

ただ、ドタキャンに近い断り方になってしまうので、

会費の徴収は覚悟しておく必要があります。

 

5.医者からお酒を止められている

ドクターストップをかけられていると言えば誰しも納得です。

普段からお酒をよく飲む方であれば説得力もさらに増します。

ただ、忘年会前後しばらくは同僚と飲みに行くことができなくなります。

 

6.有給休暇を取る

家族の休みと合わせて旅行に行く、遠方の友人に会いに行くなどの理由で、

忘年会当日に有給休暇を取ってしまうのも一つの手です。

実際に行く予定でなければ、知り合いに目撃されないように気をつけましょう。

 

ただ、年末の慌ただしい時期に有給休暇を申請するのは、

ある意味忘年会を欠席するよりも白い目で見られる可能性がありますので、

会社の空気を読みながらにしましょうね。




スポンサーリンク





忘年会の欠席をメールでするときはどうする?返信内容の例文も紹介!

口頭や回覧で忘年会の出欠を取るところもありますが、

会社によってはメールでの出欠確認をしているところもあります。

 

出席する場合は簡単ですが、欠席のメール返信を送るときには

相手に失礼の無いように言葉を選ぶ必要があります。

なかなか返信の文面が決められる時間がかかってしまうのも勿体ないですよね。

 

ここからは、忘年会の欠席メールのマナーや

そのまま使える忘年会の欠席メールの返信の例文を紹介していきます。

 

欠席メールの返信はなるべく早く送る

幹事からすると一日でも早く参加人数を把握して、

プランの選択や会場の予約を済ませてしまいたいものです。

最初から忘年会を欠席するつもりなのであれば、

早い内に欠席メールを返信してあげるのがマナーです。

 

理由はあえて書く必要はない

欠席メールでは、あえて理由を書かなくても大丈夫です。

「誘ってくれて嬉しいけど、どうしても外せない用事がある」

ということが盛り込まれていれば良いでしょう。

 

(例文)

〇〇さん(役職名)、いつもお世話になっております。

この度は、忘年会へのお誘いありがとうございます。

ぜひお伺してご挨拶申し上げたいところでございますが、

あいにく都合がつかず、今回は欠席とさせて頂きたいと存じます。

大変申し訳ありません。

 

またこのような機会がございましたら、ぜひ参加したいと思います。

メールにて恐縮ですが、取り急ぎ欠席のお詫びとさせていただきます。

 

関連記事:駐車場の雪かきのやり方のコツ!雪を溶かす方法も詳しく解説!

 

理由を書く場合

欠席メールでは理由を書かなくても問題はありませんが、

書いた方が角が立たない場合もあります。

幹事との関係性や自分の性格と合わせて、

書いた方が良いと判断したら理由を添えましょう。

 

(例文)

いつもお世話になっております。

〇月〇日に開催される忘年会についてですが、欠席とさせていただきます。

あいにくこの日は、実家より両親が訪ねてくる予定があります。

親子水入らずの時間を過ごしたいため、

折角のお誘いですが欠席とさせてください。

 

また別の機会がありましたら、お誘いいただければ幸いです。

 

(例文)

幹事 〇〇様

忘年会の幹事お疲れ様です。

忘年会の出欠確認についてですが、申し訳ありませんが欠席させてください。

その日は、妻が所用で実家に帰省しており、

私が自宅で子どもの世話をしなければなりません。

 

折角のお誘い恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。

 

関連記事:年末年始が暇で友達がいない人の過ごし方!暇つぶしのおすすめはコレ!

 

直前に欠席の返信をする場合

自身の仮病や家族の看病を理由にする際には、

当日や前日に欠席の返信をすることになります。

この場合、幹事はすでにあなたの分の予約も取っているわけですから、

欠席の返信をする際には十分に謝罪の意を表すようにしましょう。

 

また、直前に欠席の返信をする場合には、

できる限り理由も添えるのがマナーです。

やむを得ない事情であることをしっかり述べるのがポイントです。

 

ビジネスメール言い換え辞典「きちんとした敬語と表現」がすぐに見つかる

言いたいことは決まっているのに、

うまくメールの文章に書き下せないというときって多いですよね。

そんなときは、このビジネスメール言い換え辞典がおすすめです。

直感的に言いたい言葉をこの辞典で引くと、

ビジネスメールではどう言うべきなのかが数パターンでてきます。

 

また、社内の親しい人、社内の上司、社外の人など、

どんな相手に送るのかに合わせた言い回しをそれぞれ参照できます。

一冊あるとメールの文章作成がかなりスムーズにすすみます。




スポンサーリンク





関連記事:コートで暖かい素材は?種類や特徴を詳しく解説!

最後に

いかがでしたでしょうか。

忘年会に参加したいかどうかは人それぞれですが、

忘年会には必ず幹事さんが居て、準備に奔走しています。

欠席するつもりなら、可能な限り早めに幹事に伝え、

滞りなく準備がすすめられるように気を遣うのが大切です。

 

仮病を使うのも一つの手ではありますが、

ドタキャンは幹事に迷惑がかかるだけでなく、

自分も会費を払わなければならないケースが多いです。

 

メールでの返信の場合も、

お誘いはありがたいけど残念ながら欠席しますという姿勢を見せましょう。





スポンサーリンク


サブコンテンツ