アイロンの当て布の代用!ガーゼやタオル・ハンカチは代わりになる?

アイロンをかけようとした時に限って、

当て布が見当たらない、そんな経験をしたことはありませんか。

 

アイロンに関する知識がちゃんとなかった頃、

「当て布?なにそれ?」とひねくれて使わず、後になって後悔したことがありますので、

「アイロンに当て布なんてなくても大丈夫!」というあなたには、

ぜひ当て布の大切さを知った上で使って欲しいと思います。

 

そこで今回は当て布がなぜ必要なのか、また当て布をしないとどうなるのか、

その理由と共に当て布の代用品について詳しくご紹介します。




スポンサーリンク






アイロンの基本のかけ方は?

アイロンは夏場などは暑いし、ちょっと面倒ですよね。

それでも学校の制服やカッターシャツなど、毎日着る物のシワを伸ばすためにも、

アイロンがけは必須です。

そのアイロンがけですが、正しい方法をご存じでしょうか。

正しい使い方で、効率よくアイロンを使いましょう。

 

アイロンをするために必須の道具とは?

アイロンをかける際に必要なのは、アイロンとアイロン台、当て布、そして霧吹きです。

アイロンにはドライとスチームがありますが、

基本的にはドライを使い、パンツやプリーツスカートなど折り目をしっかりつけたい時や、

頑固なシワを伸ばす時にはスチームと使い分けます。

 

さらに服の素材によっては、アイロンが使えないものもあります。

2016年の12月から、衣類の表示が変わっています。

アイロンの形のマークは同じなのですが、低・中・高と表示されていた温度は、

「・」の数で表示する形です。

「・」が低温110度まで、「・・」は中温150度まで、「・・・」が高温200度までです。

 

さらに新表示では、当て布が必要な衣類にあった当て布マーク

(アイロンのマークの下に波線表示)がありません。

その代わりに文章で必要なものには明記されます。

 

ただし、当て布はアイロンの高温度にも強い繊維の衣服なら必要ないとされていますが、

基本的に熱に強い繊維はほとんどありません。

むしろ当て布は基本的に必要と考え、いつも用意しておくことをおすすめします。

 

アイロンはどうかければいい?

アイロンの役割は、シワを伸ばすために温めたアイロン本体を滑らせる、

そして折り目をつけるために、アイロンを押しつける、

さらに洗濯などで寝てしまった繊維を立ち上がらせ、風合いを戻すために、

本体を持ち上げて浮かせて使う3つがあります。

 

アイロンにはある程度の重さがあるため、

それほど力を入れなくても十分にシワを伸ばすことができます。

さらに細かい部分から広い部分にかけるときれいに仕上がります。

袖や腰回りなど、立体的に仕上げたい時には、

板のアイロン台よりも、立体のものを使うのがおすすめです。

 

アイロン台に仕上げ馬がついているので、

細かい場所もしっかりアイロンがかけられる台となっています。

台もスチールメッシュなので、スチームの効果もしっかり出てきれいに仕上がります。

さらにフック付きでぶら下げて収納可能で、場所を取らないのもうれしいアイロン台です。




スポンサーリンク






アイロンに必要な当て布の役割は?必要な素材は何?

当て布にはどんな役割があるかをご存じでしょうか。

基本的には、当て布は「アイロンの熱から衣服を守る」ものです。

アイロンは熱を加えることで、繊維を伸ばし、シワを取りますが、

アイロンは基本的に高熱であるため、繊維に負担がかかります。

 

当て布はアイロンの熱から衣類を守ることに加え、

アイロンと布地の間にはさむことで、熱を分散させます。

また直接布地にアイロンが当たらないため、

摩擦が少なくなり、アイロンがスムーズにかけられます。

 

アイロンをする際に、当て布をした方がいい繊維の種類には、以下のものがあります。

 

ウール、カシミヤ、シルクなど動物性の毛は熱に弱い

ポリエステルやレーヨンなど熱に弱い化学繊維および他の繊維との合成繊維

黒い生地は熱で変色しやすく、テカる

皮やワッペン、プリントなどが使われている部分

風合いを戻したいニット製品は熱を直接当てると繊維が寝てしまう

 

またアイロンを押し当ててきっちり折り目をつける場合にも、

当て布が必要です。

この場合も押しつけることと温度で、繊維が寝てしまうことを防ぐためです。

アイロンをかける場合には、当て布をした方が失敗がありません。




スポンサーリンク





アイロンの当て布がない!代用としてガーゼやタオル・ハンカチは使える?

アイロンをかける場合には、当て布が必要だということをご紹介しましたが、

アイロンと台は買ったけれど、

当て布を買っていない、という場合はどうすればいいのでしょうか。

 

市販の当て布がなくても、家にあるもので代用できます。

基本的には「綿100%の布」となります。

 

白いハンカチ

お家には必ずあるハンカチ。

綿100%のものが多いので、そのまま当て布として使えます。

 

ただし注意したいのは、染めてあるものです。

文字や柄がついているものもですが、

アイロンの熱で、布地に移ってしまいます。

できれば無地の白いハンカチを使いましょう。

 

手ぬぐい

お返しなどでもよく使われる手ぬぐいも、綿100%でできていますので、

当て布として最適です。

 

さらに薄手の布なので、アイロンが滑りやすくおすすめです。

 

手ぬぐいも色が染めてあるものや、

文字や絵のついているものは、移ってしまいますので、

無地の白い部分を使うようにしましょう。

 

同じ綿100%の素材でできたタオルは、厚みがあり、

織り方が手ぬぐいと違うため、アイロンが引っかかりますので

当て布としては使えません。

ただし薄手のものであれば、当て布として利用できます。

この場合も無地の部分を使いましょう。

 

クッキングシート

料理やお菓子作りにかかせないクッキングシートも、当て布の代用に使えます。

耐熱性があり、水蒸気を通してくれるので、スチームにも使えます。

必要な分だけ引き出して使えますので、

アイロンを使いたいものに合わせて使えます。

 

これらはあくまでも代用ですので、

今後のことも考えて、当て布は購入しておくことをおすすめします。

 

表面が光沢のある素材なので、アイロンが滑りやすくなっています。

生地が透けているので、アイロンをかけている布地が分かりやすく、失敗がありません。

スチームも蒸気が抜けやすくなっています。

表裏の表示も分かりやすくなっているので、誰でも使えます。

アイロンをきれいにかけたいなら、代用品よりもこちらを使いましょう。

関連記事:マジックテープの復活方法!アイロンやドライヤーは効果ある?

当て布を使って上手にアイロンをかけるコツは?

アイロンをかける際には、アイロンをかける服を、少し水気が残った状態で

乾かし、シワを先に少し伸ばしておくのがおすすめです。

アイロンである程度シワが伸ばせるとはいっても、

何度もアイロンをかけている内に、繊維が傷んでしまいます。

 

あまり温度を上げず、短時間でアイロンをかけるのが服を守ることにもなります。

またドライはきっちりと仕上げる場合、スチームは布地の風合いを戻すために使います。

スチームを使う場合は、布にアイロンを押しつけず、浮かして使うのがコツです。

一方ドライはきっちりと押して伸ばしながらかけるのがコツです。

 

どちらの場合も、当て布をしていれば均等に熱が伝わります。

スチームの場合も、当て布をしている方が衣類が傷まずに済みますので、

上手に使い分けましょう。

関連記事:アイロンの汚れの落とし方!焦げの取り方や原因についても詳しく解説!

 

当て布を使って上手にアイロンをかけるコツ!

当て布自体が、

服を守ることにつながりますがそれに加えて以下のことも覚えておきましょう。

 

アイロンは必要な温度まで上げてから使う

いくつか温度が違う服にアイロンをかけるときには、高い温度のものから

低い温度のものの順にかけていきましょう。

 

最初に服の形を整えて霧吹きを使う

干す時にもシワを伸ばしておくことに加え、

アイロンをかける前にも服の形を整えるとスムーズです。

霧吹きをかけると、アイロンが引っかかりにくくなります。

 

当て布を当てる時には手で布を伸ばす

シワが寄った上に当て布を乗せてしまうと、またシワを伸ばすことが必要になります。

二度手間をさけましょう。

 

なるべく短時間でアイロンがけを終わらせるよう、

近くにハンガーとハンガーを掛ける場所を用意しておくのもおすすめです。

Yシャツのアイロンのかけ方はこちらが参考になります。




スポンサーリンク





関連記事:夜洗濯はどこに干す?部屋干しと外に干すのはどっちがいい?

最後に

アイロンで布地を傷めないために必要な当て布について、

代用となる布をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

アイロンがけを毎日するのは大変ですが、

面倒だからと当て布を使わないでアイロンをすると、

取り返しのつかないことになってしまいます。

 

家にあるもので代用がききますので、

アイロンをする時には必ず当て布を使うようにしましょう。





スポンサーリンク


サブコンテンツ