カニの餌は海と川の蟹で違う?頻度や量も詳しく解説!

カニ、蟹、カニ!

 

蟹といえばタラバ蟹や毛蟹、ズワイ蟹!

っと、食べる蟹を思い浮かべて

しまうところですが、今回の蟹はそちらのカニではありません!

 

ペットとして飼育する蟹についてです!

 

ペットの蟹といえば飼育用の蟹を販売している

ショップもあるそうですが

やはり海や川に出掛けた時にお子様と一緒に捕獲・・ですよね?

 

今回は、そんなペットとしての蟹!

特にカニの餌のことについて詳しく調べてみました。

 

海で獲ってきた蟹と川で獲ってきた蟹では餌は違うの?

カニの餌の頻度や量は?などなど。

 

今、蟹が気になっている!

いずれ蟹を飼うかもしれない!

 

そんな方はぜひチェックしてみてくださいね。




スポンサーリンク






カニの餌はなに?海と川の蟹で違う?

カニ、蟹・・と聞いてその姿形が

思い浮かばない方はいないと思いますが

蟹の特徴といえば固い甲羅とチョキチョキハサミですよね!

 

実はひとことに蟹といっても蟹にはたくさんの種類があり

その数5000種類にもなるそうです。

 

5000種類とは驚きですよね!

 

その中には、ペットとして家庭で飼育できる蟹もいるそうで

川や海などでチョコチョコと歩く蟹を見たことはりませんか?

それらの蟹も家で飼育することが可能なことが多いようです。

 

実は私も小さい頃、家族と海に出掛けた際に

弟と一緒に浅瀬で蟹を捕まえて持ち帰り

しばらく飼育していたことを覚えています。

 

とはいえ!

 

川の蟹や海の蟹。

それぞれにあったカニの餌など

環境を用意してあげることがとても大切!

 

まずは、蟹がどんなものを

好んで食べているのかを見ていきましょう!

 

海の蟹も川の蟹も基本的には雑食になるそうで

両方に共通して与えていいカニの餌としては

 

煮干し

しらす

ジャコ

鰹節

お刺身

貝類

 

などになります。

 

ただし!

 

ここで注意が必要なのが

川の蟹の場合は塩抜きをすること!

 

私達人間が食べている煮干しや

しらすなどは塩分が含まれているので

塩分を抜いてから与えることが大切!

 

とはいえ、これは川の蟹のみの話しで

塩分を含む海水に住む、海の蟹には塩抜きの必要はないそうです。

 

また、海の蟹、川の蟹

それぞれ限定のカニの餌としては

 

海のカニの餌

 

海藻類

 

川のカニの餌

 

ご飯

キャベツ

お麩

ミミズ

 

などを与えるといいそうです。

 

いずれもミミズ以外は入手しやすいものばかりですよね!

 

実は、蟹は個体によって餌の好みが違うそうです。

 

飼育している蟹がどんなものを好むのか

把握しておくことも大切になるようですよ。




スポンサーリンク






カニの餌はなに?市販のカニの餌もあるの?

海の蟹にしても川の蟹にしても

雑食で比較的何でも食べてくれるのは嬉しいですよね!

 

私達の身近にあるものを与えられるというのも安心です!

 

とはいえ、川の蟹の場合は塩抜きが必要とのことでした!

 

「ちょっと手間だな」と、思ったあなた!

安心してください!

実は蟹には蟹専用のカニの餌が市販されているそうです。

 

それがこちらになります。

 

 

川の蟹にも海の蟹にもOKのカニの餌になります!

 

高い栄養価のものがタブレット状に

丁寧に加工されていて消化吸収にも優れています。

 

また、蟹が持ちやすいようにと

リング状に加工されているという蟹さん思いのカニの餌!

 

「今日は何をあげようかな」とか

「しっかりと塩抜きできているかな」など

心配しながら与えるよりも

蟹にはカニの餌を用意した方が安心かもしれませんよね。

 

きっと、あなたの可愛い蟹の

活力源になってくれるはずですよ!

 

また、実は蟹はカニの餌でなくても

ザリガニや金魚の餌でもOKで代用できるそうです。

 

あなたの蟹の好みにあった餌を用意してあげてくださいね。




スポンサーリンク





カニの餌の与え方!頻度や量はどのくらい?

飼育している蟹にどんな餌を用意したらいいかが

わかってきたところで

次にカニの餌の頻度や量について見ていきましょう!

 

蟹にはどのくらいの量の餌を

どのくらいの頻度で与えればいいのでしょうか。

 

カニの餌の頻度はどのくらい?

まずは頻度から見ていきましょう!

 

実は蟹はとても小食なので

1~2日に1回の頻度でいいそうです。

 

頻度が少ない!

そう、思いますよね?

 

ペットとして飼育するうえで

可愛いペットに餌を与える瞬間は

とても楽しみな時間でもあるのですが

蟹は餌を与えすぎると健康を損ねてしまう場合もあるそう。

 

特に体の小さな蟹は

2日に1回の頻度で十分のようです。

 

また、時期によっては餌を食べずに

数日間過ごしてしまうこともあり

これは特に冬に多く見られるそうです。

 

何日も餌を食べないだなんて心配になってしまいますよね?

 

ですが、これは蟹にはよくあることで

無理に与えずに、少し日にちを空けてから

与えてみるといいそうでまったく心配はいらないそうです。

 

カニの餌の量はどのくらい?

1~2日に1回でいいとされているカニの餌の頻度ですが

1回に与える餌の量はどのくらいなのでしょうか。

 

頻度が少ないのだから量は多めに与える?

 

と、思ってしまうところですが

これは間違い!

 

「蟹が食べきれる量だけ」を与えればいいそうです。

 

「蟹が食べきれる量」とはかなりざっくりしていますが

具体的に「どのくらいの量」と数字で表すのは難しいそう。

 

蟹の大きさや好みなどによって違いがある為

飼育している蟹が、一度にどのくらいの量を

食べられるかを見極めてあげることが大切になるようです。

 

先の市販されているカニの餌についても

一度に与える量を確認してみたところ

「食べつくす量をあたえてください」と記載されていました。

 

まずは、飼い主である私達が飼育している蟹の餌の適性量を

しっかりと把握してあげる必要があるようです。

 

多めに与えて残してしまうことで水質の悪化に繋がることもあるので

適正量を把握することはとても重要になるようですよ。




スポンサーリンク





カニの餌の与え方!注意点はある?

ごく少量の餌でOKという蟹。

 

与えすぎには注意が必要なようでしたが

実はそれ以外にもカニの餌に関してはいくつか注意点があるようです。

 

どのような点に注意が必要なのか見ていきましょう!

 

カニの餌の注意点!餌が偏らないように注意!

市販のカニの餌などを与えている場合は

問題はないのですが、しらすや鰹節など

人間の食べ物を与えている場合

ひとつの餌に偏らないようにすることが大切なようです。

 

バランスよく、色々なものを与えて

様々な栄養価を取ることが蟹の長生きにも繋がるのだとか。

 

蟹によっては好き嫌いがある場合も

あるそうですが、それはNG!

出来る限り好き嫌いなく

何でも食べさせることが大切なようですよ。

 

カニの餌の注意点!食べ残しに注意!

先にも少し触れましたが

蟹が食べ残した餌により水槽内の水が汚れ

水質の悪化に繋がってしまうので注意が必要なようです。

 

食べ残した餌は1日たったら

処分して水槽内を綺麗に保つことが大切!

 

残ったカニの餌の回収は、

スポイトなどで吸い取るといいそうですが

水槽内に陸をつくり、その上に貝などを置いて

餌の置き場にしてあげることで

食べ残しの回収もしやすくなるそうですよ。

 

カニの餌の注意点!共食いに注意!

え?共食い?

 

そうなのです!

実は蟹の種類によっては

共食いをしてしまうことがあるので注意が必要なようです。

 

「餌をたくさん与えて

お腹を空かせないようにすればいいのでは?」

 

などと思うところですがそういうことでもなく

蟹は蟹の習性のひとつとして

動かないものを餌と認識するところがあるそうです。

 

もし、蟹を何匹か飼育したい場合は

注意深く観察する必要があり

蟹の種類によっては仕切りをするか

水槽をわけることも考えたほうがいいそうですよ。

海の蟹と川の蟹!それぞれにあった飼い方を!

海と川のカニの餌について見てきました。

 

川の蟹は塩抜きの必要があるものの

どちらも雑食で、それほど大きな違いはないようでしたよね!

蟹は飼育がしやすいペットなりそうです!

 

とはいえ、住環境=水槽作りはとても大切!

 

一説では、餌よりも水質などの

蟹の住環境を整えてあげることの方が重要とも言われているそうです。

 

そこで、蟹の住環境の整え方について

最後に紹介していきたいと思います。

 

蟹に心地よく過ごしてもらうには

どうするのがベストなのでしょうか。

一緒に見ていきましょう!

 

海の蟹と川の蟹!水槽はどうすればいい?

蟹を飼う上で当然必要なのが、飼育のケース!

海の蟹も川の蟹も

 

ガラス、アクリル製の水槽

プラスチックのケース

 

などでOKのようですが、

後述しますが海の蟹の場合

海水を使用する為、出来ればガラス製などの

しっかりしたタイプの水槽が望ましいようです。

 

5センチ程度の蟹であれば

幅30センチほどのケースで問題ないのですが

それ以上の大きさの場合は60センチ、

60センチ以上と、蟹の大きさに合わせて選んであげるといいそう。

 

また、海の蟹川の蟹いずれにしても蓋がついている水槽がおすすめ!

 

中には木登りのように水槽を登り脱走してしまうこともあるので

蓋付きの飼育ケースを用意する方が安心のようです。

 

例えば、こういう水槽はいかがでしょうか。

 

幅が60センチのサイズのガラス製の水槽です!

 

 

ガラス製で丈夫なので海の蟹にも安心して使えます。

 

プラスチックやアクリルと比べると

ガラス製は少し重たいという欠点が

あるものの見た目の美しさは抜群なのだとか!

 

自宅でアクアリウム!

 

美しいガラス製の飼育ケースで

可愛い蟹をじっくり観賞しちゃいましょう!

 

海の蟹と川の蟹!水槽の底はどうすればいい?

水槽の用意ができたら蟹が歩きやすいように

水槽の底に砂利などを敷いてあげるようにしましょう!

 

これは海の蟹も山の蟹も共通!

 

砂も市販されているそうなのですが

掃除の手間を考えると砂利の方がおすすめのようです。

 

また、川の蟹はもちろん、

海の蟹でも岩場などの浅瀬に

住んでいた蟹については陸をつくってあげるといいそう。

 

水槽内に水場の部分と陸の部分両方を作ってあげるといいそうで

このような水槽のレイアウトをアクアテラリウムと呼ぶそうです。

 

また先にも触れましたがその陸の部分に貝殻などを置いて

カニの餌にすると餌の残りを

回収しやすいとのことでしたよね?

 

ぜひ、あなたの可愛い蟹の為に

お洒落で便利なアクアテラリウムを作ってあげてくださいね!

関連記事:フライトドクターになるには資格が必要?年収や仕事内容について徹底解説!

海の蟹と川の蟹!隠れる場所も必要?

 

そうなのです!実は蟹は

 

隠れるのが好き

臆病な蟹もいる

 

為、身を隠せる場所を

作ってあげたほうがいいそうです!

 

確かに、昔蟹を捕まえた時

岩場の陰や大きな石の近くに蟹が隠れていた記憶があります。

 

その為、水槽内の中に石、岩、流木などで

蟹が隠れられるような場所を

作ってあげるといいそうですよ。

関連記事:コバエトラップの作り方!醤油・酢・みりん・ビールなどを使って簡単に!

海の蟹と川の蟹!水質の管理はどうすればいい?

何を隠そう、蟹を飼育するうえで

一番大切だと言われているのがこの水質の管理!

 

これは海の蟹と川の蟹とは違ってきますよ。

それぞれ見ていきましょう!

 

川の蟹

 

川の蟹に適した水質は「真水」になります。

 

水道水でもいいのですが

カルキを抜く必要があるそうです。

 

カルキを抜く方法は

 

水を汲んで1日程度置いておく

市販の中和剤を使う

 

などになります。

 

また、水替えについては小さめの水槽の場合は

3日~1週間を目安に替えてあげるといいそうです。

 

海の蟹

 

海の蟹には、やはり海水が必要!

 

近くに海がある場合はその海の水でOKなのですが

海が近くに無い場合は、

人口で海水を作ってあげる必要があるそうです。

 

そこで、こちらの人工海水を用意しておくと安心です。

 

 

水道水に混ぜるだけで簡単に海水ができちゃいます!

 

蟹などの生物にとって必要で

大切な微生物などもきちんと含まれているので安心!

 

またこの人工海水と一緒にフィルターなどと呼ばれる

濾過装置を水槽内に設置してあげるといいそう。

 

濾過装置を設置することで

水槽内の水は綺麗に保てるので海の蟹も喜んでくれるそうです。

 

また、水替えも濾過装置を設置した場合は

2ヶ月に1回程度いいそうです。

 

蟹にも飼い主にも嬉しい濾過装置。

ぜひ設置してあげてくださいね。

 

なお、水温は

 

川の蟹は15~28℃

海の蟹は15~25℃

 

に、保つようにすることが大切で

 

夏は直射日光を避け、冷却ファンを使う。

冬は保温器具を使う

 

などをするといいそうです。

 

カニの餌と同様にカニの住まいも快適に

整えてあげるようにしましょう!




スポンサーリンク





関連記事:アイスは太らないって本当?時間帯や食べ方について詳しく解説!

まとめ

カニの餌は海と川の蟹で違うのか

頻度や量、注意点、などを見てきました。

 

住環境さえ、最初に整えてあげれば

餌の頻度や量も少なくそれほど手が掛からずに

飼育ができそうですよね!

 

ぜひ、蟹をペットに!

 

チョコチョコ横歩きの可愛い蟹さんにたっぷり癒されてくださいね!





スポンサーリンク


サブコンテンツ