マンションの北側の部屋に結露とカビが!対策や原因を詳しく解説!

「実際に住んでみて分かった、困った事」というのはたくさんありますよね。

「マンションの北側の部屋には結露が多い」というのもそのひとつだと思います。

全体から見れば小さい事かもしれませんが、結露は地味に困りますよね。

 

ただ、気に入らないから出て行くというのも

引っ越し費用がかかりますしそう簡単にはいかないものです。

 

そこでここでは、マンションの北側によくありがちな結露、

そしてそこから発生するカビの原因と対策について説明します。

 

結露やカビで困っている方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。




スポンサーリンク






マンションの北側の部屋に結露やカビが起きやすい原因は?

ではまず、なぜマンションの北側の部屋に結露やカビが起きやすいのか、

その原因を見ていきます。

 

雨も降っていないのに、窓の内側がびっしょり濡れている…という事はありませんか?

それが結露です。

 

このような結露が見られるのは、時期的には冬が多いです。

でも、冬は「乾燥している」と言いますよね。

 

乾燥しているはずの冬になぜ窓が濡れてしまうのでしょうか。

 

それには結露ができる仕組みに原因があります。

 

結露ができる仕組みは?

結露とは、「空気中の水蒸気が液体になったもの」です。

 

雨も降っていないのに結露の水は一体どこから出てくるんだと思う方もいますが、

実は空気中に漂っていたものが液体化して付着しているんです。

 

では、なぜ空気中に浮いていた水蒸気がいきなり液体化してしまうのでしょうか。

それには2つ理由があります。

 

1.外の気温との激しい温度差。

水蒸気は基本的に、

温かい空気の中だとたくさん存在し、冷たい空気の中だと少ししか存在できません。

 

冬だと、部屋の中が暖かくても、窓は冷たいという事はよくありますよね。

 

部屋の中で温められた、水蒸気をたくさん含んだ空気が窓際へ行くと

急速に空気の温度が冷え、水蒸気を抱えきれなくなった空気が水蒸気を放り出してしまい

窓に付着するのです。

 

これが結露になります。

 

また、夏はこれと逆の現象が起きて結露する事もあります。

 

2.加湿のし過ぎ。

これは冬に多いですが、

冬は乾燥するので部屋の中で加湿器を稼働させている人も多いですよね。

 

ただでさえ部屋の中の空気と窓際の空気の温度差が大きく結露しやすい状態なのに、

さらに部屋の中を加湿して水蒸気を増やしてしまうと、

その空気が窓際に来た時に結露する水分量もどっと増えます。

 

マンションの北側というのは冬は特に寒く部屋の外側全体が冷えやすいですから、

結露する場所も多くなります。

 

カビができる原因は?

結露があると、高い確率で嫌~な黒ズミもありますよね。

そう、カビです。

 

なぜカビが生えるかと言えば、それは簡単、「そこに水分があるから」です。

 

カビの原因になるカビの胞子は、

私たちが生活するところのあらゆる場所を飛び回っています。

 

勿論家の中にもカビの胞子は存在します。

 

普段の生活をしていて、これを完全に排除する事は不可能です。

 

そしてカビは湿度のあるジメジメした所があると真っ先にとりつき、

そこで自分の仲間を増やします。

 

結露している場所なんかは格好の住処になります。

そしてカビを放っとくと、カビは結露している場所からどんどん手を広げ、

フローリングの床や壁紙にまで浸食してきます。

 

また、カビが増えると空気中に漂うカビの胞子の数も増え、

さらにカビをエサにするダニも増え、そうなるとそのダニをエサにするダニも増えて…

と結露をきっかけにどんどん部屋が不衛生になっていきます。

 

マンションの北側は冬は冷えやすいので結露とカビは宿命とも言えますが、

「運命だから…」と放置していると大変な事になるので、

結露している所を見かけたら即座に何らかの対策を取る事が大切になります。




スポンサーリンク






マンションの北側の部屋の結露やカビ対策は?

では、マンションの北側の部屋で起きる結露やカビ対策はどうすればいいのでしょうか。

対策についてですが、

結露対策をしっかりすればカビは生えませんから、結露対策=カビ対策になります。

 

結露・カビ対策はいくつかあるので順に見ていきましょう。

 

1.小まめに換気をする。

冬の寒い時期は少し難しいかもしれませんが、小まめに換気しましょう。

部屋の空気を入れ替える事で、水蒸気を含んだ空気を外に逃がす事ができます。

 

また部屋の温度も下がるので結露もしにくくなります。

空気が循環するので、換気扇を回すのも有効な手段です。

 

2.結露した部分を小まめに拭き取る。

少し面倒ですが、結露した部分を見つけたら

さっと乾いた雑巾などで拭き取ってしまいましょう。

 

ただ一か所程度ならいいですが何か所もあると大変ですので、

これは余裕のある人でないと難しいですね。

 

3.結露防止シートを貼る。

結露しやすい窓にに結露防止シートを貼るのはおすすめです。

 

結露のほかにも断熱・紫外線カット・目隠しにも使えるシート

 

結露防止ならこちらの結露シートがおすすめですよ。

こちらは厚さが4mmもある3重構造になっておりしっかり結露を防止してくれます。

 

またこちらのシートは結露だけでなく同時に断熱してくれますので、

部屋の暖かさを窓の冷気に取られる事を防いでくれますよ。

 

さらにこちらは目隠し機能付きの紫外線カットの効果も付いています。

「部屋にいるのに日焼けしてしまう、でも真昼間からカーテンを閉めたくない」

という方にはぜひおすすめのシートです。

 

柄も7色ありますので、自分の部屋の雰囲気に合わせて選ぶ事ができますよ。

 

結露防止シートを使うなら、ぜひこちらを選んでみてくださいね。

 

4.石油やガスストーブを使わない。

石油ストーブやガスストーブは冬場に活躍する事の多い暖房器具ですが、

結露が多い部屋の場合、これらの暖房器具を使うのはおすすめできません。

 

なぜなら、灯油(石油ストーブの燃料は灯油です)や

ガスは燃える時に水分を生み出すからです。

 

「燃えているのに水が出るの?」と思うかもしれませんが、

灯油やガスには炭素や水素が含まれています。

 

そして灯油やガスは燃えるのに空気中の酸素を使いますが、

この時炭素は二酸化炭素へ、水素は水へと変わるんです。

 

つまり石油ストーブやガスストーブを使えば使うほど部屋の水蒸気が増えていきますので

結露やカビ対策をしたい場合はこのような暖房器具の使用はやめましょう。

 

電気なら大丈夫なので、エアコンやこたつを使うといいですね。




スポンサーリンク





5.観葉植物や水槽を置かない。

観葉植物は空気をキレイにしてくれたり見た目に鮮やかで心を癒してくれたりしますが、

水蒸気を放出します。

 

もし結露がひどいなら、その部屋はできるだけ乾燥させた方がいいので

水分を出す観葉植物は置かないようにしましょう。

 

また、観賞用として魚を水槽に入れて飼っている人もいますが、

水槽からも常に水蒸気が発生しています。

 

結露のある部屋には「水気のあるもの」は置かないようにしましょう。

 

6.洗濯物を干さない。

外に洗濯物を干すのが面倒でつい部屋干ししている人も多いですが、

濡れた洗濯物というのは大変な湿気を含んでいます。

 

結露している部屋に洗濯物を干すと部屋の中の湿度が増し、

さらに結露してしまうので別の部屋に干すようにしましょう。

 

7.除湿器を設置する。

正直、一番楽で快適な結露・カビ対策の方法はこれです。

 

換気や結露の場所をこまめに拭くという対策は何かと手間がかかって大変ですが、

除湿器ならはボタンを押すだけでいいで楽ですし、

除湿器を置いていれば、多少の洗濯物や観葉植物を置いていても大丈夫です。

 

多少の初期費用はかかりますが、こちらはぜひおすすめの結露・カビ対策になります。

 

家事えもんが教える結露防止対策

ではここで、

テレビでも有名な家事が得意な家事えもんさんが教える結露防止対策を紹介します。

 

まずは次の材料を用意してください。

 

材料

エタノール

中性洗剤(キュキュットやチャーミーマジカ)

キッチンペーパー

タオル

洗面器

 

※中性洗剤については食器洗い用を使うのがお手軽ですが、食器洗い用洗剤には

アルカリ性のものあるのでしっかり裏を見て

「中性洗剤」と書かれている物を選びましょう。

 

では次に使い方を説明します。

使い方

 

1.キッチンペーパーにエタノールを浸し、結露する窓のサッシをキレイに拭く。

2.キッチンペーパーで窓の水滴をキレイに拭き取る。

3.洗面器に水300ml、中性洗剤を大さじ1を入れて混ぜる。

4.水と中性洗剤を混ぜた洗面器にタオルを浸し、軽く絞る。

5.タオルで結露する窓全体を拭く。

6.キッチンペーパーで乾拭きする。

7.キッチンペーパーに中性洗剤を少しつけ、薄く窓に塗る。

 

これで1週間ほどは結露しなくなるそうです。

初期費用もあまりかからないので、ぜひやってみてくださいね。




スポンサーリンク





マンションの北側の部屋の結露対策には除湿器が一番楽!

換気をして部屋の空気を入れ替える、石油ストーブを使わない、

結露防止シートを貼るなどこまごました対策はありますが、

結露の一番楽で簡単な対策は「除湿器を設置する」です。

 

これならボタンひとつ押すだけで、

部屋の空気の温かさを残したまま、結露対策をする事ができます。

 

という事で、ここでは除湿器について説明して行きたいと思います。

 

今は除湿器にもいくつかタイプがあり、

長時間使用するとなると電気代も気になると思いますので

ぜひ自分が気に入った性能を持ったものを選んでくださいね。

 

除湿器の種類は?

除湿器には

コンプレッサー式

ゼオライト(デシカント)式

ハイブリッド式

 

の3種類があります。

 

それぞれの性能を見ていきますね。

 

【コンプレッサー式】

コンプレッサー式の除湿器は、エアコンの除湿機能と同じ方法で除湿します。

 

上記で、温かい空気は水蒸気がたくさん含む事ができ、

冷たい空気では水蒸気は少ししか含む事ができないと書きました。

 

コンプレッサー式ではその部屋の空気を吸収し、その空気を冷やします。

そうすると、温度が下がって抱えきれなくなった水蒸気を空気が手放します。

 

その水を自分のタンクに溜め、冷たい空気だけをそのまま吐き出します。

 

これがコンプレッサー式の除湿器の仕組みです。

 

【ゼオライト(デシカント)式】

ゼオライト(デシカント)式ではその部屋の空気を吸収し、

除湿器の中に設置されてある乾燥材(ゼオライト)に水蒸気を吸収させます。

 

そして水分だけを失った空気をそのまま吐き出します。

 

乾燥材に吸収された水蒸気は除湿器内で温められた後冷やされ水になった状態で

タンクの中に溜まります。

 

これがゼオライト(デシカント)式の除湿器の仕組みです。

 

ゼオライト(デシカント)式はコンプレッサー式に比べると

軽量でコンパクトなものが多いので使いやすいと言えば使いやすいのですが、

吸収した水蒸気を水に変える時に一度熱を加える為、

コンプレッサー式と比べると電気代が3倍ほどかかるのが欠点です。

 

コンプレッサー式は大きくて重量がありますが、

除湿力が高く電気代が安いのが魅力ですね。

 

ただ、空気を冷やして除湿するので

すでに空気が冷えている冬はあまり効果が期待できません。

 

【ハイブリッド式】

最後にハイブリッド式の除湿器について説明します。

 

ハイブリッド式は、先ほど説明したコンプレッサー式と

ゼオライト(デシカント)式の両方の機能を備えた除湿器の事です。

 

ゼオライト(デシカント)式は先ほども説明した通り電気代がややかかるのですが、

そこをコンプレッサー式と組み合わせる事で省エネに抑え、

さらに両方の機能を駆使して水蒸気を取り除く為に高い除湿能力があります。

 

両方のいいとこ取りをしたのがハイブリッド式の除湿器ですね。

関連記事:スカートの静電気除去対策!応急処置も詳しく解説!

おすすめの除湿器は?

ではここで、おすすめの除湿器を紹介します。

 

オールマイティなハイブリッド除湿器

 

こちらはパナソニックが販売している、ハイブリッド式の除湿器です。

 

コンプレッサー式のパワフルさにプラスして、

ゼオライト(デシカント)式の安定した除湿力を併せ持っています。

 

単に部屋の除湿だけでなく洗濯した衣類乾燥としても使えるので

その除湿力は折り紙付きです。

 

また貯水タンクは3.2Lと比較的大型で捨てやすく排水回数が少なくて済み、

キャスター付きなので移動が楽にできるのも魅力的です。

 

さらにナノイーの効果で

湿った部屋に部屋にありがちなジメジメとした嫌な空気も消臭してくれます。

 

除湿器で迷っている方は、とりあえずこちらを選べば間違いありませんので

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

見た目がオシャレ!コンプレッサー式除湿器

 

見た目と除湿力で選ぶなら、

こちらのカドーが販売しているコンプレッサー式の除湿器がおすすめです。

 

こちらは何と言っても見た目がオシャレです。

見た感じ除湿器というより置物みたいな感じですよね。

さらに取っ手とキャスター付きなので部屋中どこへでも簡単に持ち運びができますよ。

 

また、性能としても問題はありません。

排水タンクは3.5Lで、冬に弱いというコンプレッサー式の弱点を克服し、

1年中安定して使える構造になっています。

 

別売りのピーズガードという液体を入れる箇所があり、それを設置すると

除湿しながらインフルエンザウイルスなどのやっかいな

ウイルス・細菌を99.9%除菌してくれる機能があります。

 

風邪を引きやすいという方にもおすすめの除湿器です。

関連記事:マンションの寒さ対策!窓や床の防寒方法を詳しく解説!

とにかく排水が面倒!という方はコレ

 

除湿器は便利ですが、タンクに溜まった水を捨てるのが面倒ですよね。

 

そんな「とにかく除湿器の排水が面倒」という方におすすめなのが、

コロナから販売されているこちらのコンプレッサー式の除湿器です。

 

こちらはとにかく「強力」「巨大なタンク」に力を入れており、

排水タンクは4.5Lと今まで紹介してきた除湿器の中では一番容量が大きく、

また除湿力も一番パワフルになっています。

 

「結露もカビも嫌だけど、同時に洗濯物も乾かしたい」

「一度スイッチを入れたら長時間放置して動かしっぱなしにしたい」

という方はぜひこちらの除湿器を選んでみてくださいね。




スポンサーリンク





関連記事:こたつのほこりで火事になる?掃除方法について詳しく解説!

最後に

マンションの北側の部屋は結露やカビが発生しやすいですが、

対策次第ではどちらも防止する事ができます。

 

特に除湿器は強い味方で、

ボタンを押すだけで簡単に結露やカビ対策ができるのでおすすめです。

 

あまりストレスがかからないよう、適度に文明の利器を使いながら

うまく結露やカビ対策をしてくださいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ