暖房のつけっぱなしで火事になる?消し忘れ対策も詳しく解説!

寒い冬、暖をとるために様々な暖房を使用しますよね?

 

一日中つけっぱなしでいることも多くあることと思いますが

そもそも暖房ってつけっぱなしにして火事になることはないのでしょうか。

 

また、冬にあるあるなのが暖房の消し忘れ!

 

ご自身、もしくはご家族が暖房をつけっぱなしのまま

出掛けてしまったり寝てしまったり・・。

 

今回は、そんな暖房について詳しく解説!

 

つけっぱなしは火事になるのか、

消し忘れ対策などと合わせて紹介していきたいと思います。




スポンサーリンク






Contents

暖房のつけっぱなし!エアコンのつけっぱなしで火事になる?

暖房といえば、エアコン!

恐らく多くのご家庭でエアコンを暖房器具のひとつして

使用されていることと思います。

 

そんなエアコンは一日中つけっぱなしにしておくことで

火事になることはあるのでしょうか。

 

また、エアコンは静かなうえに

目線より上の方に設置されている為

消し忘れてしまうことも多いですよね?

 

実は我が家には犬がいて、お留守番の時など

私や家族が家にいなくても

エアコンをつけっぱなしにしていることが多い為

とても気になるのですが、その答えは

 

火事になる可能性は低いが火事になることもある。

 

そうです。

 

エアコンはエアコン本体が高温になる部分があるわけではないので

火事になる可能性は低いそうです。

 

とはいえ!電化製品である以上

火事になる可能性もゼロではないのだとか。

 

どんなことが原因で火事になる可能性があるのか

一緒に見ていきましょう!

 

暖房のつけっぱなしで火事!エアコンで火事になる原因は、電源のコードやプラグ!

消費電力が大きいエアコンは

コードやプラグを、素人がいじってしまうことで発火し

火事になることがあるそうです。

 

例えば、

 

電源コードを切って、他のコードと接続した

電源のプラグを延長コードに繋げて使用した

 

などにより、コードに重い電力がかかって発火する可能性があるそう。

素人がコードやプラグをいじってしまうのはNGのようです。

 

暖房のつけっぱなしで火事!エアコンで火事になる原因は、コンセントの埃!

エアコンのコンセントって恐らく皆さん差し込みっぱなしですよね?

高い位置にあることが多いのでチェックすることも少ないものです。

 

その為、埃がたまりやすくそれが火事に繋がることもあるそうです。

 

埃自体で火事になることはないのですが

埃+湿気+電気により埃が炭化し

その炭化した埃が発火して火事に繋がることがあるのだとか。

 

冷房や暖房などエアコンの

使い始めはフィルターなどを洗ったりしますよね?

 

その際に、コンセントの埃も

チェックして掃除をする習慣をつけておくといいようですよ。

 

暖房のつけっぱなしで火事!エアコンで火事になる原因は、異物の混入!

コンセント部分だけでなくエアコンの内部に埃がたまってしまうことで

漏電が起きてしまうことがあるそうです。

 

漏電することにより発火し

火事に繋がってしまう可能性があるのですが

この原因は埃だけではないそう。

 

掃除用のスプレーの液体や

ゴキブリなどの虫が内部に入ってしまうことで

漏電することもあるそうです。

 

ごく稀なことではあるようですが

 

素人がエアコンの内部をいじりすぎない

定期的に掃除をする

 

ことも大切なようですが自分で掃除をする際は

掃除用の液体などが入り込まないように

慎重に行うことも大切なようです。

 

暖房のつけっぱなしで火事!エアコンで火事になる原因は、老朽化!

どんな電化製品もそうですがエアコンも古くなってしまうことで

漏電などの不具合が出てくる可能性があるそうです。

 

エアコン内の部品が壊れてしまったりショートしてしまったり、

特にファンのモータの接続部が弱ることで発火することがあるそう。

 

火事に繋がることは稀なようですが

そもそも、エアコンの寿命は15年前後と言われています。

 

長く使用している場合は

買い替えなども検討したほうが安心かもしれませんよね。

 

様々な原因がありましたね!

 

いずれにしてもつけっぱなしにすることが

直接の火事の原因になるというよりも

エアコン自体に不具合があることで火事に繋がることがあるようです。

 

なので、エアコンをつけっぱなしにすること自体は

火事に繋がる可能性は低いと言われているそうです。

 

エアコンは、つけはじめに多くの電力を消費します。

 

その為、ずっと家にいる場合や

30分程の外出であればつけっぱなしの方が

電気代もお得になるようですよ。

 

とはいえ!

 

異臭がする、変な音がするなどは要注意!

 

特に、つけっぱなしで長時間留守にした場合は

これらのサインに気が付きにくいですよね!

 

おかしいな?と、感じたら早めに検査をするようにしましょう。




スポンサーリンク






暖房のつけっぱなし!ストーブのつけっぱなしで火事になる?

恐らく、エアコンに次ぐ冬の暖房器具といえば、ストーブ。

 

実はこのストーブが冬の暖房器具で断トツ

火事になる可能性が高いそうです。

 

ストーブといえば石油ストーブ、ガスストーブ、電気ストーブ

などがありますが、中でも最も火事になりやすいのが電気ストーブ!

 

私は、石油ストーブかな?と、思ったのですが

石油ストーブは炎が目に見えることが多い為

使用時に注意を払って使用する方が多いそうです。

 

それに比べて、電気ストーブは

火を使わないうえに割とコンパクトで手軽な感じがしますよね?

 

ところが、そんな電気ストーブこそ要注意!

 

実は火事の原因の7割以上が電気ストーブによるものになり

その多くがつけっぱなしで寝てしまったことが原因になるそうです。

 

あの小さな電気ストーブが火事の原因の7割以上とは驚きですよね!

 

電気ストーブ・・どんな点に注意すべきか

さらに詳しく見ていきましょう!

 

暖房のつけっぱなしで火事!電気ストーブが火事になりやすいのはなぜ?

コンパクトで電源を入れるとすぐに温かくなる電気ストーブ。

とても優秀な暖房器具ですがなぜ火事になりやすいのでしょうか。

 

この電気ストーブはイメージ的には

オーブントースターと似たようなものになり

「火は使っていないものの電気ストーブ自体がかなり高温になってしまう」為

 

絨毯などの上で、つけっぱなしにする

近くに紙や衣類があるところで、つけっぱなしにする

 

などによって、発火する可能性があり

火事に繋がってしまうことがあるそうです。

 

具体的な例で見てみると

「電気ストーブの近くに綿の布団を置く」

という実験をしたところ

 

・5センチの距離:14分後に発火して煙が出る

・10センチの距離:40分半で200度になる

・30センチの距離:5分後に100度になる

 

などの結果が出たそうです。

 

5センチの距離で発火とは怖いですよね!

電気ストーブの使用には細心の注意を払う必要があるようです。

 

暖房のつけっぱなしで火事!電気ストーブによる火事を防ぐには?

電気ストーブは5センチの距離で

発火し火事に繋がる可能性があるとのことでした。

 

コンパクトですぐに温まり便利なのですが

つけっぱなしには特に十分に注意が必要なようです。

 

では、どんなところに注意をすればいいのでしょうか、

いくつかあるようなので見ていきましょう!

 

周囲に燃える物を置かない!

当然ですが紙や布などの燃える物を

電気ストーブの周囲に置かないことが大切です。

 

洗濯物を乾かす目的で置くことももちろん、NG!

 

電気ストーブの上に衣類を掛けるスペースがあったり

カレンダーなどがある場合も要注意!

 

また、地震や何かのはずみで電気ストーブが倒れて紙や布に

接触する可能性もあるので電気ストーブの周辺50センチ~1メートルは

物を置かないようにしましょう。

 

つけっぱなしで寝ない・出掛けない!

人の意識のあるところでも

電気ストーブをつけっぱなしにすることは十分な注意が必要です。

 

ましてや、つけっぱなしで寝たり出掛けてしまうのは絶対にNG!

 

寝返りを打った際に布団が動いて

電気ストーブに近づいてしまうこともありますよね?

 

先にも挙げましたがつけっぱなしで寝てしまうことが

電気ストーブの火事の原因で一番多いそうです。

 

夜寝る時は必ず消してから寝るようにするのと同時に

出掛ける際などの消し忘れにも十分注意をしましょう。




スポンサーリンク





暖房のつけっぱなし!こたつのつけっぱなしで火事になる?

冬の暖房器具といえば

みんなが大好きなこたつもありますよね?

 

一度こたつに入ってしまったらもう出られない、こたつむり!

などの言葉もあるくらい人気の暖房器具になります。

 

このこたつも、つけっぱなしにすることで

火事になることはあるのでしょうか。

 

実は、こたつには温度を自動で調節してくれるサーモスタット機能が

ついていることが多いことから火事になることは少ないそうです。

 

とはいえ、やはりゼロではないのが現実!

 

こたつによる火事の原因には

どういうものがあるのか調べてみました。

 

暖房のつけっぱなしで火事!こたつのつけっぱなしで火事になる原因は、ヒーター!

こたつをつけっぱなしにすることで火事になる原因!

その一番の原因はヒーターになるそうです。

 

ヒーターとはこたつの温かい部分で

暖房器具の要となる部分になるのですが

ここに物が接触することで発火し火事になることがあるそうです。

 

具体的に見ていくと、例えば

 

洗濯物を乾かそうとこたつの中に入れていて、洗濯物がヒーターに接触していた

こたつの布団が中に押し込まれて、ヒーターに接触していた

ヒーターに埃がついていた

 

などになるそうです。

冬は洗濯物が乾きにくいことも

多々ありますが、こたつの中に入れて乾かすのは絶対にNG!

 

また、こたつ布団や埃が気付かずに接触しているうえに

長時間つけっぱなしにすることで

発火し火事になる可能性もあるので注意が必要なようです。

 

暖房のつけっぱなしで火事!こたつのつけっぱなしで火事になる原因は、電源のコード!

暖房器具のこたつで火事!

次に多い原因は電源のコードになるそうです。

 

ヒーターなどの不具合には気付いてもなかなかコードまで

気が回らなかったりするので注意が必要なようです。

 

具体的には

 

こたつテーブルの脚でコードを踏んでいて、発火

コードを覆うカバーが破れるなどして電線が出ていることで、発火

オンオフを操作する電源のコントローラーとの接触が悪くて、発火

 

などがあるそう。

 

こたつの本体だけでなく

コードも定期的にチェックすることが大切なようです。

 

暖房のつけっぱなしで火事!こたつのつけっぱなしで火事になる原因は、老朽化!

エアコンの項目でも触れましたがやはりどんな暖房器具や電化製品も

古くなってしまうことで不具合が生じることがあるそうです。

 

サーモスタット機能が壊れていて

ヒーターの温度が高温になりすぎてしまい

発火して火事に繋がることもあるそう。

 

こたつの耐久年数は約10年といわれています。

10年近く使用している場合は一度、きちんと確認したほうが

いいかもしれませんよね。

 

また、こたつ全体ではなくヒーターや電源コードだけを

買い変えることも出来るそう。

 

しっかりチェックして安心安全に使えるようにしておきましょう!




スポンサーリンク





暖房のつけっぱなしで火事になるのを防ぐ消し忘れ対策をご紹介!

暖房のつけっぱなしで火事になるのか暖房器具ごとに見てきました。

 

ストーブのつけっぱなしにはかなり注意をした方が

いいようでしたよね。

 

また、エアコンやこたつなども稀ではあるものの

火事に可能性がゼロではないので

様々な注意点があることがわかりました。

 

いずれにしても、家に人がいて

あえてつけっぱなしにしているのならまだいいのですが、

一番気を付けたいのが、消し忘れ!

 

この消し忘れを防ぐためには

どのような対策や方法があるのでしょうか。

 

そもそも最近の暖房にはタイマー機能がついているものが

多くあるようですが、それ以外にも皆さんあれこれと

対策をされているようです。

 

暖房の消し忘れ対策①携帯のアラームなどを使う

例えば、出掛ける少し前や

夜寝る前にアラームをセッティングしておいて

メッセージなどを表示させることで

消し忘れを防止している方も多いようです。

 

アラームを鳴らすだけだと「なんで鳴っているんだろ?」と

なってしまうことあるので

メッセージを合わせるといいそうですよ。

 

暖房の消し忘れ対策②チェックリストを作る

部屋の出入口やテーブル、洗面所など

出掛ける前や寝る前、必ず通る場所に

チェックリストを置いておくといいそうです。

 

暖房を消したかどうかレ点を入れてチェックする欄と

日付などを書いたものをバインダーにはさんで

置いておくといいそう。

 

目視だけでなく、チェックを入れることで

より完璧な消し忘れ防止に繋がるようですよ。

関連記事:こたつの電気代はつけっぱなしだと高い?節約する方法は?

暖房の消し忘れ対策③メモを置く

ベタではありますが「暖房消し忘れ注意!」などと書いて

必ず目につくところに置いておくのもおすすめです。

 

ただし!

 

ただ置いておくだけでは

見過ごしてしまうこともあるので

出掛ける前であれば

 

靴の上に置く

ダンボールに書いて玄関に置く

 

など、そのメモを手に取らないと

次の行動に移せない箇所に置くことがポイント!

 

手に取ることで「暖房、消さなきゃ」と

強く意識できるのだとか。

 

寝る前なら枕の上に置いておくのも

いいかもしれませんよね。

 

暖房の消し忘れ対策④コンセントタイマーを使う

時間をセットしてコンセントを差し込むだけで

自動的にその時間になると電源をオフにしてくれる

頼もしいタイマーもありますよ!

 

 

デジタル式の電源タイマーです!

デジタルなので見やすいが嬉しいですよね!

 

しかも、毎回セットしなくても

 

毎日設定

土日のみの設定

月曜日から金曜日までの設定

 

など最大で14のプログラム設定ができちゃいます!

 

「タイマーをセットするのを忘れた」なども防止できるので安心ですよね!

関連記事:こたつの使い始めが臭い!原因や対処法を詳しく解説!

もしも暖房を消し忘れて外出してしまったら!

消し忘れの対策をしたものの

 

「暖房をつけっぱなし!消し忘れて出て来てしまった!」

 

などの場合はどうすればいいのでしょうか。

 

心配ですし気になりますよね!

そんな場合は電気会社にお願いする方法もあるそうです。

 

ただしこの場合、遠隔で家の電気を全て

止めてもらうことになる為

冷蔵庫の電気も止まってしまいます。

 

冷蔵庫や冷凍庫の中の食品がダメになってしまいますが

火事になってしまうよりもずっとマシですよね!

 

外出時間が長い場合や

特にストーブをつけっぱなしにしてきてしまった場合などは

電気を止めてもらったほうがいいかもしれませんよね。




スポンサーリンク





関連記事:加湿器をつけっぱなしで寝るのはあり?火事になる?電気代はどうなの?

最後に

暖房のつけっぱなしで火事になるのか

消し忘れの対策などを見てきました。

 

エアコンは比較的安心のようですが

エアコン自体の不具合や老朽化などで

火事になることもあるようでしたよね。

 

また、ストーブのつけっぱなしは要注意!

特に寝る前や出掛ける際には

絶対に忘れないようにしなくてはなりません。

 

消し忘れの対策でとっておきの対策をもうひとつ!

 

「罰金制にする!」

 

というのも有効なようです。

 

特にご主人には効果覿面のようですので

どうしても直らない場合は導入してみてくださいね。

 

安心&安全第一で暖房を使うようにしましょう!





スポンサーリンク


サブコンテンツ