スカートの静電気除去対策!応急処置も詳しく解説!

空気が乾燥し始める秋から冬にかけて起こりやすくなる静電気。

あのパチパチする感覚はいつ起こっても嫌なものです。

 

せっかく時間をかけて好きな服をコーディネートをしても

スカートが足にまとわりついたりしてしまったら

気分良く外出できませんね。

 

『もうやだー』と言いながら鏡の前で苦戦した経験が誰にでも

あるのではないでしょうか?

 

今日は、そんな厄介なスカートの静電気が起きる理由と

除去対策について、応急処置も含めて解説していきます。

 

静電気で困ることがなくなるように、一緒に学んでいきましょう。




スポンサーリンク






スカートの静電気はどうして起きるの?

お気に入りのファッションでおしゃれをしても、足に絡みついて

くるスカートのせいで気分は台無し、でもどうしていいのか

分からない、なんてことありますよね。

 

静電気が起きる理由を知ると、外出前に対処ができて便利です。

 

<静電気が起こる理由>

静電気はどのように起こるのでしょうか?

子供の頃からずっと身近に体験しているのに、なぜ静電気が

起こるのかと聞かれたら、あまり詳しくは知らない人が

多いのではないでしょうか。

 

全ての物質の中にある電気ですが、普段はプラスとマイナスの

電気が同量で中和状態になっているので感じることがありません。

 

しかしこのプラスとマイナスのバランスが崩れると電気の作用が

起こり、静電気となります。

 

マイナスの電気を帯びている電子を引き寄せやすい素材でできた

服を身につけているとします。

 

人と衣服が動いて擦れる時に電子が人から衣服へ移動したままになり、

人の表面は電子が少なく全体でプラスの状態になりやすくなります。

 

湿度が高いと発生した静電気は空気中の水蒸気を介して放電

されますが、乾燥しがちな冬場は、静電気の逃げ場がなくなり

静電気が発生しやすくなります。

 

『摩擦』+『乾燥』という条件が揃うと静電気が発生するということです。

 

ちなみに、静電気が起きる温度と湿度の基準は

 

湿度 20% 以下

温度 25度 以下

 

と言われています。静電気が冬場に多いのもうなうずけますね。




スポンサーリンク






スカートの静電気を除去する方法 〜服の組み合わせ〜

衣類の間に電子の移動がありそれが戻らないことが理由で

静電気が起きるのであれば、衣類の組み合わせを工夫すれば

電子が移動しても元に戻るようにすることが可能です。

 

衣類に使用される素材をプラスマイナスのなりやすさの順に

並べると以下のようになります。

 

プラス

 

ウール

ナイロン

レーヨン

シルク

綿(キャンバス素材など)

ポリエステル

ポリウレタン

アクリル

塩化ビニル

 

マイナス

 

素材の間が離れている程、帯電しやすくなりますので

二つの素材が近いものか同じ種類を身につければ帯電を抑える

ことができるのです。

 

<スカートとストッキングの組み合わせ>

スカートとストッキングやタイツの組み合わせでいうと

例えばウールのスカートにナイロンストッキングは相性が良く

ポリウレタンは悪いということになります。

 

または、スカートの素材とストッキングの素材を同じもの

にすれば静電気は起きにくいと言えます。

 

特にスカートの裏地の素材をチェックするとよいですね。

 

<下着の素材>

静電気を防ぐのには、シルク素材がおすすめです。

 

少しお高くつきますが、シルクの下着やストッキングを使用できる

のであれば効果があります。

 

また、下着を綿やレーヨンにしても静電気を軽減できます。

 

衣類の組み合わせを変えるだけで静電気が起こりにくくなる

のなら、ぜひ実行したいものですね。




スポンサーリンク





スカートの静電気を除去する方法 〜乾燥を防ぐ〜

静電気が発生する条件のひとつが『乾燥』。

この条件を揃えないために、普段から肌の乾燥を防いでおきましょう。

 

乾燥を防ぐには

 

  • こまめに水分補給をする
  • ボディクリームを使用する

 

等の方法がありますのでいつも心がけておきましょう。

スカートの静電気を除去する方法 〜柔軟剤やスプレーを使う〜

柔軟剤やスプレーを使用すると『界面活性剤』の働きで繊維同士の

滑りがよくなり摩擦がおきにくくなるため、

静電気の発生を抑えることができます。

 

柔軟剤を使用すると衣類の毛玉防止にもなり、

また香りが冬の汗の匂いをカバーしてくれるという効果もあります。

 

普段使用していない方も、冬場に限っては使用するといいかもしません。

 

<柔軟剤入り洗剤>

洗濯の最初に適量を入れて洗濯機を回します。すすぎと脱水が

終わったら、シワを伸ばして干します。

 

<柔軟剤>

全自動洗濯機の場合は、柔軟剤投入口に入れます。

手洗いの場合は、柔軟剤を入れたぬるま湯の中で20回程押し洗い、

その後脱水します。

干す時にシワを伸ばしておくとより静電気防止の効果があります。

 

オススメの柔軟剤をご紹介します ↓

 

衣類の仕上がりがふんわり柔らかくなり、静電気防止効果が高いです。

香りもよく、抗菌効果も高い、と色々な機能をしてくれる

理想的な柔軟剤です。

 

<静電気防止スプレー>

服を着る前、もしくは出かける前に、衣類から20センチ程離して

衣類が擦れやすい箇所に均一にスプレーします。10秒間が目安です。

 

大体スプレーは一日効果を発揮しますが、携帯サイズを持ち歩くと便利です。

 

匂いが気になる場合もありますが、すぐに消えますので安心してください。

 

また、静電気防止スプレーがない場合は、

衣類の消臭剤や芳香剤でも代用が可能です。

 

ポイント!椅子にもスプレーを!

衣服だけでなく、頻繁に使う 椅子にもスプレーをしておくと摩擦を

防いで静電気が防止できます。

 

車のシートや職場の椅子などに、スプレーをするようにしましょう。

静電気の除去には革グッズが効果的?

静電気を抑える方法の一つに、革製品を身につけるというものがあります。

革には静電気を逃す効果があるためです。

 

意外ではありますが、簡単に試せる方法なのでぜひやってみたいですね。

 

<革靴を身につける>

靴底が革素材の靴を履いていると、静電気をゆっくり逃すことが可能です。

 

静電気を感じやすい体質の方は、特に乾燥した季節には

底まで革素材でできている靴を選んでください。

 

<その他の革製品で>

乾燥した季節によく起こるドアノブの静電気も革製品を

身につけることで回避することが可能です。

 

方法は、革素材で作られた財布や手袋をポケットに入れ、

ドアノブにタッチするだけで、

静電気によるビリビリとした感覚が防げます。

スカートの静電気が起きた時の応急処置は?

家にいるときは大丈夫でも、外出先で静電気が起こって

しまった場合は、歩きにくかったり恥ずかしかったりで、

すぐに対処したいものです。

 

スカートの静電気の応急処置はこちら。

 

スカートの裾を握る

まずは人目につかない場所を探します。

スカートの裾を両手で集めてぎゅっと握ります。

 

これにより静電気を放電ができる場合があります。

 

ハンドクリームを使う

肌の乾燥を改善するために、ハンドクリームを使いましょう。

素足にハンドクリームを塗り込み、数回なでさすってください。

これだけで皮膚との摩擦が改善でき、静電気を防ぐことが可能です。

 

乾燥肌の人は特に、ボディクリームかハンドクリームを

携帯するように心がけましょう。

 

水のスプレーをかける

こちらは仕上げになりますが、スカートの内側から

水スプレーを吹きかけて、湿気を増やすようにします。

 

静電気防止スプレーがあれば理想的ですが、

なければ水スプレーで大丈夫です。

 

水スプレーが手元にない場合は、ハンカチやタオルを濡らして

固く絞り、スカートの内側をなでるように湿らせてください。

 

気になるようであれば1時間おきにスプレーしましょう。

濡らしすぎにだけ注意してくださいね。

 

これらのステップで、摩擦と乾燥を改善でき、

静電気の発生を抑えることができます。

関連記事:パンプスがゆるい時の対策!応急処置はコンビニや100均でできる?

静電気を除去するその他の方法は?

これまで説明してきた方法の他にも静電気を防ぐ方法があるので

ご紹介しておきます。

 

<ドアノブを触る>

ドアノブなど、金属製のものに触って身体に溜まった静電気を

放電させることができます。

 

気が付いた時に金属製のものを見つけて、

体の周辺に溜まった静電気を逃してあげましょう。

 

<クリーニング店で裏地に加工を施す>

プロにお願いすることで、静電気防止加工をしてもらうことが

できます。気になる方は尋ねてみましょう。

関連記事:こたつの電気代はつけっぱなしだと高い?節約する方法は?

静電気は体質改善のサイン?

静電気は乾燥が原因ということを学んできましたが、静電気を

起こしやすい人の体質について、少し見ていきましょう。

 

<血液について>

血液が流れるとマイナスイオンが作られますが、血流が滞ると

マイナスイオンが作られなくなり、余ったプラスイオンの電荷が

かかっている状態になります。

 

その余ったプラスイオンはバランスを保つために放電する必要が

あり、静電気となって現れます。

 

血流まで関係しているとなると、静電気を起こしやすい人とそう

でない人とがいるのも頷けるような気がします。

 

運動不足や乱れた食生活でストレスが多い生活を送っていると

静電気が起きやすいので、静電気を体調改善のサインと捉えて

生活の改善を試みるといいかもしれません。




スポンサーリンク





関連記事:加湿器の置き場所!寝室で寝るときはどこに置くのが効果的?

最後に

静電気を防ぐ色々な方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

ポイントは『摩擦』と『乾燥』。

 

衣類の組み合わせを工夫すること、柔軟剤やスプレーの使用で

摩擦を減らすこと、水分を与えること、で静電気を抑えることが

できることが分かりました。

 

革製品も役立つというのはぜひ覚えておきたいですね。

 

外出先の応急処置では、スカートを握ると効果があると

分かりました。

 

そして、外出時に役立つのは水スプレーとハンドクリーム。

この二つのアイテムをいつもカバンに忍ばせておけば安心です。

 

また、静電気が起きやすいのは体調悪化のサインかもしれません。

 

静電気の仕組みを知って対策を立てることができれば、

嫌な冬場の悩みをひとつ解決できそうですね。

 

お役立ていただければ幸いです。

これからは静電気とはお別れして、快適な冬のおしゃれを

楽しんでくださいね!





スポンサーリンク


サブコンテンツ