小麦粉のダニの見つけ方!冷蔵庫や冷凍で保存すれば大丈夫?

小麦粉の中で繁殖するダニについてのニュースを

目にしたことがありますか?

 

小麦粉って身近な食品なだけに『えー!そうなの?!』

という驚きと共に、すでに口にしているのではないかと思ったらゾッとします!

 

小麦粉はどの家庭でもたいていは常備されている食品ですが、

お料理に頻繁に使用する人と、そうでない人とがいますよね。

 

使いきれない小麦粉はキッチンの流しの下や戸棚といった

収納スペースのどこかに無造作に置いてあることが

多いのではないでしょうか?

 

ところが、保存方法が悪いと、

少しの隙間から小麦粉の中にダニが入り込み、

大量繁殖してしまうというのです!

 

今回は、どのような環境でダニが湧くのか、ダニの見つけ方、

保存法を含む対策などを、詳しく見ていきましょう。




スポンサーリンク






小麦粉にはどんなダニがどうやって湧くの?

小麦粉にはダニが湧くという事実は、

とてもショッキングで『受け止めるのも苦しい』と思ってしまうことですが、

実際そうなのであれば詳しく知っておきたいことでもありますよね。

 

小麦粉に繁殖するダニは一般的にこちらの2種類と言われています。

 

  • ヒョウダニ
  • コナダニ

 

ヒョウダニは家中に生息していて、

普段はフケやカビなどを食べて生きている種類のダニです。

 

また、小麦粉などにより多いのはコナダニで、

小麦粉の中に入り込むと、

1日〜2日の間に大量に繁殖すると言われています。

 

ダニの発生条件はこちらです。

 

  • 湿度:60%〜80%
  • 温度:25℃〜30℃

 

ダニは湿度と温度の条件が揃っていれば季節を問わず発生します。

湿度の多いキッチンのシンク下などは特に、ダニが繁殖しやすい場所です。

 

ダニが繁殖の場所として小麦粉を好む理由は・・・

 

  • 狭くて潜ることができる
  • 卵を産むこともできる
  • 餌になる

 

といったところです。

 

後程改めてご紹介しますが、

ダニは、小麦粉よりも旨み成分が含まれる

お好み焼き粉やホットケーキミックスなどをより好んで繁殖します。

 

どのくらい大量に発生するかを知るために例を挙げると・・・

 

お好み焼き粉1グラム中に22800匹

 

という強烈なものです。

家庭でこのお好み焼き粉を使用して作ったお好み焼きを食べた際、

強いアレルギー反応がでたということで、

テレビで取り上げられ噂となりました。

 

これは開封後の粉を賞味期限を2年過ぎて保存していたという

極端な例ではありますが、

こんなにも増えるのか!と驚いてしまいますね。




スポンサーリンク






小麦粉に湧いたダニの見つけ方は?

発生してしまったダニをどのように見つけたらいいのかも、

知っておきたいものです。

 

ダニの体長は0.3〜0.5mmと非常に小さく、

肉眼では見つけることが難しい生き物です。

白い小麦粉などの粉製品と混ざればさらに見えにくくなります。

 

それでも、大量に増殖している場合には、

よく見ると粉がうごめいているように見えます。

 

これをより簡単に確認するためには

『黒い紙の上に小麦粉をまく』という方法があります。

これで小麦粉がもぞもぞと動くのが見えやすくなるので、

心配な場合は試してみてください。

 

また、コナダニは見た目が白く区別がつきにくいのですが、

繁殖すると白い粉をふくという特徴があります。

 

粉の色が変わっていたり、

粉の袋の外にダニが溢れて発生していることで、

ダニの発生に気づくことがあります。

 

また小麦粉の色が淡い肌色に変色しているときは、

ダニが大量に繁殖している可能性があるので、注意してください。

 

保存状態に自信がなくダニの繁殖の疑いがある場合は、

迷わず処分するようにしましょう!




スポンサーリンク





小麦粉に湧いたダニを食べてしまったら?

ダニは肉眼では見分けにくいため、ダニの発生に気づかないまま

その小麦粉で調理した物を食べてしまった場合、

アレルギー反応を起こすことがあります。

 

ダニが発生した小麦粉の中には、

ダニに加えてその糞などもたくさんあるため、

それもまたアレルギー物質となってしまいます。

 

アレルギーの症状は人によって様々です。

 

  • 鼻炎の症状:鼻水、鼻づまり、くしゃみなど
  • 皮膚の症状:蕁麻疹、湿疹、かゆみ、むくみなど
  • 目の症状:目の腫れ、充血、かゆみなど
  • 気管の症状:咳、呼吸困難、喘息など
  • 胃腸の症状:腹痛、下痢、嘔吐など

 

このようなアレルギー症状は通常食後5時間以内に

症状が現れることが多いので、

怪しいなと思った時は小麦粉の状態を確認しましょう。

 

ハウスダストやダニにアレルギーを持っている方は、

特に重症になりやすいので注意が必要です。

 

また、小麦粉アレルギーではないのに、

粉ものを食べて体調が悪くなったときは、

ダニアレルギーという可能性があります。

 

とにかく、アレルギー症状がでた場合は、

すぐに病院で受診してくださいね。

 

また、重篤なケースではアナフィラキシーショックを起こして

死に至ることもあるので、注意しましょう。

 

アナフィラキシーショックの症状は

 

  • 紅斑
  • 蕁麻疹
  • 声のかすれ
  • 喉の腫れ
  • 呼吸困難
  • 意識低下

 

などで、食後1時間以内に発症することが多く、

生命に関わる症状が出る場合もあります。

特に呼吸困難になった場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

 

<加熱調理しても危険?>

色々な食品を食べるときに、

加熱処理をすれば安全という感覚を持ちがちです。

 

しかしダニなどのアレルゲンは熱に強いという特徴があり、

加熱調理をしてもアレルギー反応を引き起こすことがあります。

 

加熱によりダニが死んでいても、

ダニの死骸や糞そのものがアレルギー反応の原因となるので、

加熱調理ではアレルギーを防ぐ事はできないと覚えておきましょう!

小麦粉の使いかけは冷蔵庫や冷凍庫で保存?

保存中の小麦粉にダニが湧かないようにするためには

どうしたらいいのでしょうか?

 

小麦粉に適した保存方法について見ていきましょう。

 

ダニが高温多湿を好むことについては既にお話しましたが、

その逆の環境を作ることが、ダニ対策と言えます。

 

<冷蔵庫・冷凍庫での保存>

スペースを取ることができるのであれば、

小麦粉は冷蔵庫または冷凍庫の中で保存しましょう。

 

ダニは、25℃くらいの高い温度を好み、

繁殖には65%以上の湿度が必要だと言われています。

ダニにとって湿度が低いことは致命的で、

湿度が40%以下になると死んでしまいます。

 

冷蔵庫の中は3℃〜6℃と低温のため、ダニが生息できない環境となります。

 

ただし温度差によって結露してしまうこともあるので、

その場合は小麦粉が湿ってしまって使用できなくなってしまいます。

水気が入らないように、タッパーなどの密封容器に入れて保存しましょう。

他の食品の匂いが移らないようにするためにも密閉容器の使用は必須です。

 

もしくはジップロックなどのフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて保存しましょう。

 

温度差のある状態をなるべく避けるために、

料理に使用したら常温で放置せず、すぐに冷蔵庫内に戻すようにしてください。

 

冷蔵庫での保存にオススメの商品はこちらです。

 

フレッシュロックは素材の『軽さ』と『丈夫さ』のバランスがよく、

また取り出し口が大きくて特に粉製品の出し入れにはとても便利です。

とにかく使いやすい!

 

こちらのサイズには小麦粉は2.5キロまでが入るので、

いっぱいにすると少し重めになりますが、

ハンドルが付いているから大丈夫!という優れものです。

ぜひお試しください。

 

でも少しお値段が・・・という方には、

百均にも密閉の目的を果たす容器は売っていますので探してみてくださいね。

 

<常温での保存>

どうしても冷蔵庫内にスペースが足りず常温で保存する場合は、

湿気を防ぐために密閉できる容器などに袋のまま入れて保存してください。

 

また温度が上がらないように

直射日光の当らない涼しい場所で保存してください。

 

保存容器の中に乾燥剤を入れるとより確実です。

関連記事:チーズは腐ると臭い・苦い?賞味期限切れでも食べれる?

小麦粉以外でもダニに気をつけたい食品は?

小麦粉の他にも、ダニが発生する食品がありますので、気をつけておきましょう。

 

  • 片栗粉
  • お好み焼き粉
  • ホットケーキミックス
  • 天ぷら粉
  • かつお節
  • 干し椎茸
  • 干しエビ
  • 七味唐辛子
  • ごま
  • 砂糖
  • ココア
  • スナック菓子

 

全て乾燥しているものなので、

常温で長期間保存しがちな食品ですね!

 

得に、お好み焼き粉やホットケーキミックスには

旨み成分が多く含まれているので、ダニが繁殖しやすいと言われています。

 

アメリカではホットケーキミックスに湧いたダニによるアレルギー反応が

『パンケーキ症候群』と呼ばれています。

 

全ての食材を冷蔵庫で保存することはできませんが、

できる限り密封性の高い容器で保存することが

ダニの繁殖を防ぐ方法となります。

容器の中に乾燥剤を入れておければより効果がありますよ。

関連記事:じゃがいもがピンクに変色!食べられる?変色を防ぐには?

その他に小麦粉のダニで注意したいことは?

ここまでにカバーしなかったことで

気をつけておきたいことをまとめておきます。

 

小麦粉などの賞味期限は?

長く保存できそうな粉製品ですが、

実際の賞味期限はどれほどのものか確認しておきましょう。

以下は未開封の粉製品の賞味期限の目安です。

 

薄力粉・中力粉:約1年

強力粉:約半年

お好み焼き粉:約1年

ホットケーキミックス:約1年

 

未開封のものでも、袋のままで保存せず、

密封容器に入れておくようにしてください。(下記参照)

 

開封したものは1ヶ月〜2ヶ月のうちに使い切るようにしましょう。

保存容器にいつ開封したかを書いておくと便利ですね。

 

未開封の小麦粉も注意!

未開封であればダニの被害はないと考えがちですが、

ダニは紙袋であれば食いちぎって入ってきてしまいます。

 

ビニール袋の場合も、他の虫が食い破ったところから

ダニが入ってくることがありますので、

しばらく置いてあった紙袋については、

使用前に穴が開いていないかをよく確認しましょう。




スポンサーリンク





関連記事:アイスは太らないって本当?時間帯や食べ方について詳しく解説!

最後に

小麦粉の中で繁殖するダニについてのお話、いかがでしたか?

 

ダニは高温多湿で発生する

ダニは大量発生するとうごめいて見えることがある

小麦粉の保存は、湿度・温度の低い冷蔵庫・冷凍庫で

常温保存の場合は、必ず密閉容器で

開封後はできるだけ早く使い切る

 

といったことをしっかりインプットして対応すれば、

今後は、小麦粉に発生するダニは避けられそうですね。

また、アレルギー反応についても覚えておいて、

症状がでたかな?と思ったら病院で処置を受けるようにしましょう。

 

小麦粉のダニについて初めて聞いた人は皆んな

『そんな!うそでしょ?!』という反応をします。

 

まだ知らない友人・知人がいたら、ぜひ教えてあげたいですね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ