とろけるチーズは生でそのまま食べられる?おいしい?

トロッと溶けたチーズは、

料理のアクセントとして見た目にもとてもおいしそうでいいですよね。

パンやハンバーグなどチーズをのせるだけでぐっとおいしくなり、

また芳醇な香りが食欲をわかせてくれるので何かと便利な食材です。

 

チーズにもいろんな種類がありますが、

やっぱり手軽で利用しやすいとろけるチーズは忙しい朝にも重宝しますよね。

 

しかしこのとろけるチーズは生でそのまま食べても大丈夫なのでしょうか?

チーズはそのまま食べるおつまみみたいな感覚がありますので、

その延長として生でそのまま食べても大丈夫な感じはありますよね。

 

日常にある疑問を解決するため、

ここではとろけるチーズについて詳しく調べていきたいと思います。




スポンサーリンク






生でそのまま食べられないチーズはあるの?

調理して溶かして食べるのはもちろんおいしいですが、

チーズって生のままつまむイメージが強くないでしょうか。

そう考えるととろけるチーズも生でそのまま食べれそうですよね?

 

しかし、チーズには加熱してから食べないと危険な物もあるんです!

とろけるチーズのについて見ていく前に、

まずは簡単にチーズの分類について見ていこうと思います。

 

チーズは主に、

「ナチュラルチーズ」「プロセスチーズ」

の2種類に分類されます。

 

ナチュラルチーズは、

牛や山羊の父のたんぱく質を凝固・発酵して作るチーズです。

チーズに付着している発酵菌など様々菌が生きているので、

熟成により味に深みが増していくことが特徴です。

カマンベールチーズやブルーチーズなどがナチュラルチーズに分類されます。

 

プロセスチーズは、

ナチュラルチーズをブレンド・調味して再度固めることで作られる調理済みのチーズです。

ナチュラルチーズとは違いチーズの深みを生かす菌が加工過程で死滅しているため、

比較的賞味期限が短いのが特徴です。

スライスチーズやさけるチーズはプロセスチーズに分類されます。

 

そもそもなぜ加熱しなければならないチーズをがあるのかというと、

チーズに付いている菌が食中毒の原因となる可能性があるからです。

プロセスチーズは出荷までの段階で食中毒の原因となる菌などは死滅しますが、

ナチュラルチーズに分類されるチーズは加熱してから食べる必要があります。

 

チーズを購入される際は、

そのチーズがナチュラルチーズとプロセスチーズの

どちらに分類されているのか気にしてみるといいでしょう。

 

もちろんすべてのナチュラルチーズに加熱が必要というわけではありません。

ブルーチーズなんかはむしろ菌を食べるチーズなんて言われてるくらいですから、

あくまでも目安としてお考えいただければ幸いです。

 

基本的にとろけるチーズは「プロセスチーズ」に分類されるため、

生のままでも食べることができます。

しかしながらとろけるチーズの種類によっては、

「リステリア菌」が繁殖している場合があります。

 

このリステリア菌はチーズによくある食べても大丈夫な菌などではなく、

食中毒の原因となるとても危険な菌でです。

 

リステリア菌による食中毒を引き起こした場合、

腹痛や下痢等のわかりやすい食中毒ではなく、

高熱や筋肉痛などの症状がでると言われております。

どちらかというと風邪の症状に似ているため、

すぐに食中毒とわからないケースが多いのが厄介です。

 

通常の細菌類は冷蔵庫内などの低温環境下では繁殖が止まりますが、

リステリア菌は冷蔵庫でも繁殖が進むため食べる際は注意が必要となります。

しかしリステリア菌は加熱により殺菌できるので、

とろけるチーズには要加熱のものがあるのです。

 

とろけるチーズには生のままそのまま食べることができないものがありますので、

次項でとろけるチーズについて詳しく見ていきます!




スポンサーリンク






とろけるチーズは生でそのまま食べても大丈夫?

とろけるチーズと聞くとパンに乗せる様なスライスチーズが浮かぶ方も多いと思いますが、

とろけるチーズには大きく二つの種類があります。

 

薄くスライスされているタイプのものと、

トッピング用に使われる細かい短冊状のもの。

 

前項でもご案内しましたがとろけるチーズはそれぞれの種類により、

加熱が必要となるものがありますので注意が必要です。

 

とろけるチーズのそれぞれの種類ごとに詳細を見ていきましょう!

 

スライス型

 

チーズといえばやはりクラフトチーズが一番!

そしてとろけるチーズと聞けばやはりスライス型ですよね。

チーズのコクと芳醇な香りを楽しむなら、クラフトのとろけるスライスがおススメ!

 

薄くスライスされた状態でフィルムに包まれているタイプのとろけるチーズは、

「プロセスチーズ」に分類されます。

前項でご案内しておりますようにプロセスチーズは生でそのまま食べられますので、

スライス型のとろけるチーズは生でそのまま食べられます。

 

しかしとろけるチーズは加熱により焦げ目がつくよう作られているものが多いため、

普通のスライスチーズより若干脂っぽい感じがあります。

 

またその脂っぽい感じが苦みとして舌に感じる場合がありますので、

そのまま食べる際はお気をつけください。

 

短冊型

 

チーズとして忘れてはいけないのはトッピング用として使われるこちらのタイプ。

ピザにグラタンにひとつかみ振りかけて溶けるのを眺めるのも楽しいですよね。

チーズは結構カロリーが高いものですが、

脂肪分カットタイプでおすすめなシュレッドチーズです!

 

主にトッピング用として使われる短冊状のチーズは、

その形状から「シュレッドチーズ」と呼ばれております。

このシュレッドチーズは「ナチュラルチーズ」に分類されており、

加工の工程の中で十分な殺菌処理が行われておりません。

 

このため短冊型のとろけるチーズは、

生のまま食べることができないのでご注意ください。

短冊型のとろけるチーズはリステリア菌が繁殖している場合がありますので、

生で食べず必ず加熱して食べるようにしてくださいね!

 

とろけるチーズと聞けば、

スライス型のものを想像される方が多いのではないでしょうか。

スライス型のとろけるチーズであれば生でも

食べることができますのでご安心ください。

 

もしシュレッドチーズを買われた場合は、

食中毒を防ぐためにも加熱してから食べるようにしてくださいね!

 

とろけるチーズに限らず、

ピザ用のシュレッドチーズはほとんどのもので加熱が必要となりますので、

食品表示をよく見てからシュレッドチーズを食べるように心がけましょう。




スポンサーリンク





関連記事:アイスは太らないって本当?時間帯や食べ方について詳しく解説!

とろけるチーズは生でそのまま食べてもおいしい?

スライス型のとろけるチーズは生でそのまま食べれることはわかりましたね。

ではとろけるチーズは普通のスライスチーズと同じように、

加熱しなくてもおいしく食べられるのか気になるところですね。

 

加熱前のとろけるチーズは通常のスライスチーズとは違いぼそぼそで脂っ気が強く、

また旨味も薄くとろけるチーズのあの糸引きも生のままだと感じることができません。

 

とろけるチーズは加熱してから食べることを前提としているため、

生でそのまま食べてもあまり美味しくはありません。

 

とろけるチーズを作っているメーカーでも下記の様に答えております。

 

Q:『とろけるスライスチーズ』は、生で食べることができますか。

 

A:『とろけるスライスチーズ』は、生でも召し上がれます。

ただし、加熱した時に風味が良く、糸引きが良いチーズを使用しているため、

加熱した時に比べ味、香りに若干の違いがあるかもしれません。

 

どんな食品もそうですが、

加工食品はメーカー側で一番美味しく食べられる状況を想定して作られています。

とろけるチーズで言えば、

上記のように加熱した状態が最もおいしく食べられる状況ということになりますね。

 

とろけるチーズの原料には、

熟成の若いナチュラルチーズが使われています。

チーズの熟成度合いが長いと薫りやコクが良くなる反面硬くなるため、

糸引きのいい若い物を原料に使っているそうです。

 

普通のスライスチーズを過熱してもあまり糸引きがしないのは、

原料に風味の強い比較的熟成の進んだチーズを使い、

加工の過程でチーズの成分をぎゅうぎゅうに圧縮して固定して作られるためです。

 

普通のスライスチーズも過熱することで多少柔らかくなりますが、

圧縮によってチーズの成分同士ががっちりと手を繋いでしまっているので、

とろけるチーズのように気持ちよく伸びてはくれません。

 

それに対しとろけるチーズは水分や脂肪などの成分がしっかりと固定されていないため、

加熱した際にチーズの成分が溶け出し、

ゆるゆるにほぐれて糸状に伸びるようになります。

とろけるチーズを加熱するとチーズ表面に油が出てきますが、

これはチーズに含まれていた脂肪分が熱によって分解され溶け出してきたものです。

 

とろけるチーズが普通のチーズと違い糸引きが良いポイントは、

チーズの成分が加熱により分解されやすいものを使っているというところにあるんです。

しかも加熱によってチーズがうまく伸びるように、

チーズの成分を固定しすぎないよう乳化剤の種類などを工夫して作られているんです。

 

とろけるチーズは生でそのまま食べることもできますが、

加熱した時とは風味も味も劣ります。

おまけにとろけるチーズの醍醐味でもあるあの糸引きが楽しめないというのですから、

生でそのまま食べると美味しさ半減どころの話ではないでしょう。

 

やはりとろけるチーズは加熱してから食べるのが一番おいしいですよ!

 

ちなみに、チーズは離乳食として赤ちゃんに食べさせてもいい食材でもあります。

高タンパクかつ低脂肪のため、

チーズは離乳食として優秀な食材でもあるんです。

 

ただしとろけるチーズはチーズの中では比較的塩分や脂肪分が多いため、

離乳食初期頃(生後5~6ヶ月)から赤ちゃんに与える食材としては適しておりません。

 

離乳食としてとろけるチーズを使う場合は、

離乳食中期頃(生後7~8ヶ月)以降を目安にして使うようにしましょう。

関連記事:オロナミンCのカフェイン含有量は?睡眠に影響ある?妊婦が飲んでも大丈夫?

とろけるチーズについてわかったこと

とろけるチーズについて詳しく見てきましたが、

改めてとろけるチーズについてまとめてみたいと思います!

とろけるチーズを活用する際の参考にしていただければ幸いです。

 

スライス型のとろけるチーズであれば生でそのまま食べることができる

短冊形のシュレッドチーズは加熱してから食べること!

加熱することで食中毒を防ぐことができる

生でそのまま食べられるが加熱してから食べることがベスト!

生後7~8ヶ月以降の離乳食中期から赤ちゃんに食べさせても大丈夫

 

ナチュラルチーズを加熱する理由として、

衛生上の観点から食中毒を防ぐためということはありましたが、

とろけるチーズとしては「よりおいしく食べるため」ということも言えますね!




スポンサーリンク





関連記事:ご飯の保温で腐る時間は?限界はいつまで?

最後に

いかがでしたでしょうか。

とろけるチーズは生のまま食べられることについてご紹介しましたが、

やっぱり焼いてから食べる方がおいしいようです。

 

もしとろけるチーズを生のまま食べるなら、

サンドウィッチ様のスライスチーズがなくなってしまった時など、

困った時などに留めるのがいいでしょう。

 

やっぱり食べるならどんなものもおいしく食べるのが一番ですので、

とろけるチーズはこんがり焼いてから食べるましょう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!





スポンサーリンク


サブコンテンツ