赤い月の言い伝えや大きく見える原因は?いつ見れる?

月といえば白や黄色、金といった色を思い浮かべると思いますが

稀に赤い月が出る時があります。

 

私は一度だけ小さいときに見たときがあるのですが

その不気味さに目が離せなくなりました。

何か良くないことが起きるのではないかと

幼いながらに不安になるほどです。

 

この赤い月、調べてみると

言い伝えや出現する原因などがあるようです。

 

では今回は「赤い月」について

言い伝えやどういうときに赤い月が見えるのか、

また赤い月が大きく見える原因などご紹介したいと思います。




スポンサーリンク






赤い月はいつ出るのか?赤い月の言い伝えはどんなものがある?

赤い月ですが正式には「ブラットムーン」と呼ぶそうです。

普段見る月と違いとても奇妙なもので不安を覚えるほど。

直訳すると「血色の月」とちょっと不気味ですよね。

 

昔の人はこの赤い月を見て地震の前兆、災害の前兆と

なにか良くないことが起こる前触れと考えられていたそうです。

 

そのほかにも赤い月は願いを叶えてくれるなんて

言い伝えもあるようです。

 

昔は科学的な考え方はしなかったので

言い伝えとして世に発信されていましたが今では

しっかりとした科学現象として考えられています。

 

では赤い月はいつ見られのかご紹介していきたいと思います。

 

月が赤く見えるのはいつ①

ひとつめは月の高度が関係しています。

 

地平線に近い所、地面に近いところに月がある場合

夕焼けや朝焼けのように月が赤く見えるようです。

 

なぜ地平線の近くだと赤く見えるの?

 

地平線に近ければ近いほど大気は厚くなり

高くなれば高くなるだけ大気は薄くなります。

月というのは太陽光の光によってきれいに輝いているのですが

太陽の光は大気が厚ければ厚いほど光を通しにくくなってしまうのです。

 

光というのは、七色の虹の色でできていて

様々な色を重ね合わせることで全体的に白っぽく見えるのです。

月の光も白っぽいと思いませんか?

 

月の光は私達が普段見ている白っぽく輝くものに見えるまでに、

地球の周りを囲んでいる大気を光が通る必要があります。

月の光は長い道のりをかけて私達の目に入ってくるのですが

青い光は大気中にあるチリやホコリなどの分子にぶつかってしまうため

見えにくくなってしまいします。

 

大気が厚くなれば厚くなるだけ青い光というのは見えなくなるのです。

対して赤い光というのは大気中のチリやホコリなどの分子に

ぶつかっても私達に見える色で、大気が厚くなっても見えています。

 

そのため、大気が厚くてなっていても通しやすい「赤」の色だけが

大気中を通り、月を照らすので月が赤く見えるというわけです。

 

月が赤く見えるのはいつ②

山火事や火山の噴火で大気中にチリやホコリ、水蒸気などが

多くなると光が通りにくく月が赤く見えます。

 

月の光というのは大気がきれいな状態であるか、そうではないかで大きく影響されます。

春から夏は大気の状態が良くない日が多く、

地平線の近くではなく高い位置に月がある場合でも

暗くて赤っぽく見えることがあります。

 

普段私達が生活しているだけで

大気中にはチリやホコリ、水蒸気、PM2.5まで浮かんでいます。

山火事や火山の噴火が起こることでその汚れが倍になり

光を通しにくくなるまで大気が汚れてしまうと大気中を通れる光は

赤だけになり月が赤く見えるそうです。

 

しかし風が強い冬や台風の後というのは大気中のチリやホコリが風で飛ばされ、

大気はきれいになります。

遠くの山々までくっきり見える時がありますよね。

そういう日の月はとてもきれいな白色に輝くのです。

 

言い伝えの話しに戻りますが赤い月は地震の前兆や災害の前兆、

なにか良くないことが起こる前触れという言い伝えがありますが

 

火山噴火と地震には密接な関係があるので

赤い月が見えるときは地震が起きる前兆という言い伝えは

あながち間違っていないかもしれませんね。

記憶に新しい東日本大震災の前に赤い月を見た、という人が多いようです。

 

しかし日本は地震がとても多い国。

地震の前日に赤い月が出現すれば信じてしまうかもしれませんが

何日か前だとただの偶然に過ぎません。

赤い月というのは印象に残りやすいものなので不安を煽ってしまうかも

しれませんがそこまで怖がる必要はありません。

 

月が赤く見えるのはいつ③

最後になりますが皆既月食の際に太陽光が照らす地球の影で

月が赤く見えるようです。

 

皆既月食というのは太陽と月と地球が一直線で並ぶことで

月が地球の影で見えなくなってしまう事を言います。

 

影なのだから黒じゃないの?

 

と思う方もいらっしゃいますが、

さきほど説明したように太陽光の光が

地球を照らしその影で月が見えなくなる現象は

地球を照らす太陽光が大気の影響で

赤い光だけを通すため月が赤く見えるのです。

 

では皆既月食で起こる赤い月はいつ見れるか。

数年に一度しか見れないチャンスなので見逃せませんよね!

 

前回の皆既月食は2018年1月31日にあり

「スーパーブルーブラットムーン」という

ものすごく珍しい月が観測できたのがまだ記憶にあたらしいですが、

次回はいつなのかというと2021年5月26日に起こるようです。

日本全国で観察することができるので赤い月を見てみてくださいね♪




スポンサーリンク






関連記事:風水でやってはいけないダメ・NGなことまとめ!

赤い月が大きく見える原因はなに!?

赤く見えるのは大気が関係していたようですが、

赤い月を見た人が口をそろえて言うのが

「大きく見えた」です。

 

なぜそう見えるのでしょうか?

これも大気が関係しているのでしょうか?

 

実は大きく見えるのは目の錯覚のようです。

地面に近いところに月が出る時、朝焼けや夕焼けのように

赤く見えると先程説明しましたが

地面の近くに月が出るということは周りに

木や建物なども見えるわけです。

 

そうするとその木や建物と月を

比べてしまうため月がやたら大きく見えてしまうのです。

通常高い位置にいる月。

周りは小さい星や無限の世界なので

比較対象がなく小さく見えるというわけですね。

 

その他にも理由があり

星や月、太陽など地平線近くにあるものは何でも赤くなってしまいます。

月の場合は三日月でも赤くなるんです。

 

しかし月に1度しか無い満月が赤いと

とてもインパクトがありびっくりしますよね!

 

そのため印象が残りやすく大きく見えるのだそうです。




スポンサーリンク





関連記事:北枕で寝るのは風水的には縁起がいい?恋愛運についても詳しく解説!

夏は赤い月が出やすい!その理由は?

夏の月というのは少し赤いのですが

皆さん知っていましたか?

 

夏は湿気が多い時期です。

大気中にチリやホコリが浮いていると一緒に

夏は普段より水蒸気が多いので月が赤く見えるようです。

 

それに対し冬は湿気が少なく、風も強いので

大気中がとてもきれいで月がとても綺麗に輝いて見えますよ!

 

また他にも夏の赤い月には理由があり

冬の太陽の高度が低いのと同じ理由で

夏の月というのは高度が低いのです。

 

月と太陽は反対の動きをします。

太陽が沈んだ時に月は昇り、太陽が昇ってくるときに月は沈みます。

夏は太陽が出ている時間がとても長いので

簡単に考えると月が出ている時間は短いです。

そのため月が低く見えるのです。

 

地平線に近い月というのは赤くなる、というのは

上記で説明しましたよね?

だから夏の月は赤く見えるそうですよ!




スポンサーリンク





関連記事:財布の寿命、風水では?運気を上げる変える頻度は?

最後に

いかがでしたか?

月が赤くなる理由はしっかりあったようですね!

言い伝えはまだ科学的に証明されていないときに

噂されたものだったようです。

あの奇妙な色は科学的に証明されていても

嫌なことが起こりそう、と感じますもんね(笑)

 

月の光は大気の影響を受けやすく

大気が厚かったり、汚いと赤い月が出る

風の強い日や台風の後は月はきれい

地震の前兆や災害の前兆を言われているがなんの関係性もない

月が大きく見える理由は赤い月は地平線の近くに出現するため

対象物が小さく、月が大きく見えるという「目の錯覚」

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。





スポンサーリンク


サブコンテンツ