パンプスが大きい時の調整法!脱げるのを防ぐには?

かわいいパンプスにひとめぼれして思い切って購入!

 

思い切ったはいいものの、歩いてみると

サイズが合わない、なんだか脱げそう・・・

なんて経験はありませんか?

 

そう、自分にぴったりのパンプスって

なかなか見つけにくいのが事実ですよね。

 

私も、足にぴったりのパンプスを見つけられた日は

とってもラッキーだと思ってしまいます。

 

通勤だけでなく、ONの日もOFFの日も

大活躍のパンプスは、女性の生活には欠かせない履物

ではないでしょうか。

 

そこで本記事では、サイズが大きいパンプスを買った時の

対処法から、ジャストサイズのパンプスを

見つける方法をご紹介します!

 

ぜひ参考にしてみてください!




スポンサーリンク






パンプスが脱げる原因と、足への影響について

パンプスを変えるだけで気分も変わりますし、

その日のコーディネートのアクセントにもなりますよね。

 

パンプスはトータルコーディネートにおいて

占める面積が狭いとはいえ、アクセントになったり

雰囲気が変わったりと、重要な役割をもつ

おしゃれポイントです。

 

ですが、なかなか足に合うパンプスを

見つけることも難しいと感じている方も多いのでは?

そして、無理をして履くことで痛い思いをしてしまうことも。

 

そこでまずは、なぜパンプスは脱げてしまうのか?

足への影響はどんなものがあるのか?

ご紹介します!

 

脱げる原因①サイズの不一致

パンプスが脱げてしまう原因で最も多いのが

サイズの不一致です。

 

ご自身の足のサイズとパンプスのサイズが合わず、

かかとがパカパカしてしまったり

つま先が非常に窮屈だったりと不都合が多いでしょう。

 

サイズの不一致が原因の場合、

「かかと」に靴擦れができてしまいます。

 

かかとに靴擦れができてしまった人は、

パンプスのサイズが大きいということが考えられます。

 

サイズが大きく、パカパカしたときにかかとと生地部分が

擦れてしまうために、かかとに靴擦れができるのです。

 

脱げる原因②パンプスのデザインが足の形に合っていない

次に考えられる原因は、パンプスのデザインと

ご自身の足の形が合っていないことです。

 

デザインなんてどこも一緒??

と思ってしまいますよね。

実際、私もそのように考えていました。

 

ですが、以下の注意点をよく考えて履き比べてみると、

お店やブランドによってパンプスの形の違いが

非常に良く分かるようになりました!

 

足の甲の幅の狭さ

つま先の形

 

これらのポイント、意識したことはありますか?

 

あまり気にしていないという方、

もしかして小指に靴擦れができていませんか?

 

また、デザインが足に合っていない場合、

パンプスの中で足が窮屈な状態になり、

無理にパンプスの形に足を合わせようとしてしまうため、

外反母趾になってしまう可能性もあるのです。

 

パンプスのデザインが少しでも足に合っていないと、

歩きにくい、靴擦れができやすい、

というデメリットが起きてしまいます。

 

脱げる原因③ストッキングやタイツを履くため

パンプスが脱げてしまう原因に、

パンプスの中で足が滑ってしまうことが考えられます。

 

パンプスを履く際、ストッキングやタイツを履くために

滑りやすいのです。

 

この場合の足への影響は、足の親指の腹に

靴擦れができてしまうこと。

 

滑ってしまうのを防ごうとして、

足の親指で体重を支えてしまうのです。

 

ですが、通勤や営業職など、素足でパンプスを履くわけには

いかない方も多いですよね。

 

また、素足でパンプスを履いていると、

足のにおいも気になります。

 

次の項目で、対処法を詳しくご紹介していますので、

ぜひ参考にしてみてください!




スポンサーリンク






パンプスが大きい時の調整法!

せっかく思い切って買ったパンプス、足に合わないだけで

履かなくなってしまうのはもったいないですよね!

 

そこで、パンプスが脱げてしまう場合に、

どのような調整が可能か、調査してみました!

 

ぜひ参考に、お気に入りのパンプスを

履きこなしてください!

 

まずは家にあるもので調整してみる

最初に、家にあるものですぐできる応急処置をご紹介します!

 

使用するものは、

 

ティッシュや布

ばんそうこう

パンプス用の浅めの靴下

 

を使います!

 

まず、ティッシュや布ですが、

大きすぎるサイズを買ってしまった場合、

つま先に詰めてみてください!

 

ティッシュや布の量を調整し、

ぴったりのサイズになるまで履いてみましょう。

 

次にばんそうこうですが、

あらかじめかかとに貼っておきます。

数ミリの微調整にとても役立ちますし、

あらかじめかかとの靴擦れ防止にもなりますよ!

 

最後にパンプス用の浅めの靴下を使う方法です。

 

パンプスが少し大きい場合や、

つま先の方向に足が滑ってしまうのを

防いでくれる効果があります。

 

また、パンプス用の靴下をはいた上から

ストッキングやタイツを履くと、

足裏の汗も吸ってくれるため、

足のにおいを予防する効果もあります!

 

ホテルのフロントで働く私の友人が

よくやっているそうです。

 

始終立ちっぱなしの仕事のため、

足裏のにおいは特に気にしているのだそう。

 

さらに、仕事中にパンプスが脱げてしまうことは

無いと言っていました!

 

パンプスが脱げるのも防げて、足のにおい予防にもなる、

一石二鳥の方法です!

 

市販のグッズを使ってみる

パンプスのサイズを調整するための

市販のグッズも数多く販売されています。

 

その中でも特に紹介したいグッズは、以下の3つ!

 

インナークッション

中敷き

滑り止め

 

お手頃価格かつ、種類が豊富なため、

必ず自分の足に合うものを見つけられるからです。

 

それぞれ商品を探してきましたので、

パンプスが脱げてしまう原因に合わせて、

マッチする商品を試してみてください!

 

まずは、インナークッションです。

 

 

こちらの商品は、かかとに貼るタイプです。

 

低反発クッションを使用しているため、

かかとのアーチに合わせてクッションが変形します!

 

かかとがパンプスの縁にあたって痛い、

サイズが合わなくてパカパカしてしまう、

といった場合にぴったりの商品です!

 

 

上記商品は、つま先部分に貼るタイプ。

 

かかとに貼るタイプと同様低反発クッションのため、

つま先に合わせてクッションの形が変形します。

 

また、しっかりと厚みのある素材のため、

1日履いている場合や前に体重がかかっても

へたることはありません!

 

次に中敷きのおすすめ商品です。

 

 

上記商品は、タイヤで有名なブリヂストン製。

衝撃吸収と耐久性に非常に優れています。

 

パンプスのサイズ調整だけでなく、

歩行時の疲労が軽減されるため、

快適にパンプスを履けるようになるようです!

 

そして滑り止めのおすすめ商品です。

 

 

上記のジェルタイプがおすすめ!

 

ジェルタイプは、足との摩擦も大きく、

滑り止めには最適です。

 

こちらの商品には凹凸がついているため、

足をしっかりキャッチし、

つま先の前滑りを防止します。

 

以前私も使用したことがありますが、

全く前滑りに悩まなくなりました。

 

また、やわらかいジェルの触感が

足に気持ちよかったという利点もありました。

 

お店で調整してもらう

調べてみると、様々な商品がありますよね。

 

どれが自分に合っているのかわからない!

自分ではうまくパンプスのサイズ調整ができない!

 

あきらめかけたときは、プロに頼ってしまいましょう!

 

靴の修理のみ行っていたようなお店でも、

パンプスのサイズ調整サービスを開始するようになっています。

 

パンプスが大きくて歩きづらい場合は、

自分で何とかしようとせずにお店に駆け込んだほうが、

すぐに解決するかもしれません!

 

お店で調整してもらう利点は、

 

正しい足のサイズを測ってもらえる

左右の大きさに合わせて調整してもらえる

自分で気づかなかった靴の不具合を発見してもらえる

 

という点が考えられます!

 

自分では気づきませんが、足のサイズが左右で違う、

という場合もあるようです。

 

左右に合わせてサイズ調整をしてもらえるのも、

プロの技とお店だからできること。

 

また、靴の修理も合わせて行っているお店が多いので、

パンプスの大きさ調整だけでなく

靴のメンテナンスも合わせて行えます!




スポンサーリンク





関連記事:革靴で足の甲が痛い・きつい!対策は?伸ばす方法はある?

調整不要!足にぴったりのパンプスを選ぶコツ!

パンプスのサイズ調整には

様々な方法があるとわかりました。

 

ですが、なるべく失敗しないで

自分にぴったりのパンプスを見つけたい!

と思いますよね。

 

そこで、パンプスを選ぶ時のコツを

調査してみました!

 

パンプスを選ぶときは、

以下のポイントを抑えてみましょう!

 

パンプス選びは夕方4時頃!

必ず両足を試着し、歩いてみる!

つま先側の3分の1が折れ曲がる

側面が硬い

かかとに隙間がない

 

パンプスを買いに行く時間を気にしたことがありますか?

最もおすすめの時間帯は、夕方の4時以降です!

 

なぜなら、足が一番むくんでいる時間帯だから。

 

足がむくんでいる状態で試着しないと、

窮屈で仕方のないパンプスになるだけ・・・

 

履いていて痛いパンプスは

それだけで足全体が疲れてしまいますよね。

 

そして、夕方に試着するタイミングで

必ず「両足」履いて「歩く」こと!

 

店内を少し歩いてみると、もしかしたら

足をあげた瞬間にパカッと脱げるかもしれませんし、

つま先に痛みを感じるかもしれません。

 

パンプスは歩くために必要なものですので、

試着したら必ず歩くことが鉄則です!

 

そして最後の3点ですが、

これはパンプスそのもののチェック項目です。

 

前側3分の1が折れ曲がるということは、

かかとからつま先に体重が移動した際

指先でしっかり地面をけることができる、ということです。

 

前側が硬いと、スムーズな体重移動が

妨げられてしまいます。

 

そうなると、歩きづらく感じてしまうのです。

 

また、側面に硬い素材が入っているかもチェックしましょう。

 

側面の硬い素材は、カウンターと呼ばれる素材です。

 

このカウンターがしっかり入っているパンプスは、

足全体をしっかりと支えてくれるのです!

足が支えられると、履き続けていても

疲れを感じにくくなります。

 

そして、かかとには隙間がないこと!

かかとに隙間があると、

パカパカしてしまい歩きにくい原因に。

 

かかとの靴擦れの原因にもなります。

関連記事:エナメル靴のお手入れ!傷やひび割れの修理方法や汚れの落とし方は?

用途別おすすめパンプスご紹介!

パンプスと一言でいっても、非常に種類は豊富です。

 

通勤用やパーティー用、近場にお出かけするためのものなど、

用途に応じて様々に用意したい、

という場合もありますよね。

 

そこで、用途別にどのようなパンプスがあるのか、

どのような点に注意して

選べばよいのかをご紹介します!

 

通勤用におすすめのパンプス!

通勤におすすめのパンプスは、ヒールの高さと

クッション性、ヒールが太いものを重視してみましょう。

 

ヒールの高さは最大6㎝がおすすめ。

なぜなら、低すぎると歩行時に疲れを感じてしまいます。

 

また、高すぎるヒールはつま先立ちの状態を続けるため

足先やふくらはぎにかなり負担がかかってしまいます。

 

そこで、以下の商品なんかどうでしょうか!

 

 

上記商品は、ヒールも高すぎず、

かつパンプスのクッション性に優れています。

 

そして、ヒールに太さがあるため、

かなり安定感のあるパンプスです。

 

おでかけやパーティーにおすすめのパンプス!

お出かけ用やパーティー用は、

デザインにもこだわりたいところですよね。

 

ですが、デザインにばかり気を遣うと

パンプスが大きすぎた、後でサイズ調整が必要だった・・・

ということになりかねません。

 

そんなONの日に選ぶべきパンプスは、

 

自分の甲の広さに合ったもの

シューズバンドがついたもの

 

を意識してみましょう。

 

お出かけやパーティーでは、

歩く時間・立つ時間が長いことが考えられます。

 

そのため、足の甲の広さに合ったパンプスであれば

窮屈に感じることなく快適に過ごせます!

 

また、バンドがついたものであれば、

歩いている途中で抜けてしまうことはありません。

 

シューズバンドにチャームをつけたり

バンドそのものにデザイン性があったりと、

おしゃれにも気を配ることができますよ!

 

ちょっと近場用におすすめのパンプス!

少し近場にお買い物・・・

という場合も、足元は何でもいいというわけには

いかないですよね。

 

そんなときは、以下のような商品がおすすめです。

 

 

こちらの商品は、ローヒールのパンプスです。

 

ぺたんこのパンプスではなく、少しかかとに高さがあることで

足をきれいに見せてくれる効果はばっちり!

 

また、細いヒールではなく安定感があるので

大変歩きやすいそうです。

 

また、足を入れればスポンと履けますし、

脱ぐときも手を使わずに脱げるので、着脱の楽さも万能ですね。

 

豊富なカラーバリエーションと、

小ぶりのリボンがついているのも、嬉しいポイントです。

 

ちょっとそこまで、であってもおしゃれに気を抜きたくない!

という方にはピッタリです!




スポンサーリンク





関連記事:きつい靴を伸ばす・広げる方法!きつい靴が体に及ぼす影響や対処法を解説!

最後に

パンプスのサイズ選びで失敗しても、

サイズ調整する方法はたくさんあるようです!

 

ただ、パンプス選びに失敗したくない!

という方は、本記事で紹介した、

パンプスを選ぶ時のポイントをもう一度ご覧くださいね。

 

そして、ぜひ自分の足にぴったりのパンプスを見つけてください!





スポンサーリンク


サブコンテンツ