生活・雑学

オロナミンCのカフェイン含有量は?睡眠に影響ある?妊婦が飲んでも大丈夫?


スポンサーリンク


スッキリ爽やかな味が人気のオロナミンC!

時々、無性に飲みたくなることがありますよね!

 

手軽に気分爽快!リフレッシュできるので

昔から多くの人に親しまれています。

 

ただ、スッキリできる反面、

カフェインの含有量などが気になるところ。

 

睡眠に影響があったりする?

妊婦さんは飲んでもいいの?

妊婦さんとオロナミンCのあの噂は本当?

 

今回はそんなオロナミンCについて調べてみました。


スポンサーリンク


オロナミンCのカフェイン含有量は?

何となく疲れていて「元気ハツラツー!」になりたい時に

飲みたくなる、オロナミンC!

 

元気ハツラツー!になれるのはいいのですが

ふと、カフェインの含有量ってどうなの?

気になったりしますよね!

 

こんなにスッキリするのだから

カフェインの含有量が多いのでは?

などなど。

 

まず、オロナミンC一本の

カフェイン含有量としては、約18mg!

 

この含有量が多いのか少ないのかというと

他のカフェイン含有飲料と比べるとかなり少ない量になるそうです。

具体的に他のカフェイン含有飲料と比べてみましょう!

 

・インスタントコーヒー150ml中のカフェイン含有量は、65mg

・ドリップコーヒー150mlのカフェイン含有量は、100mg

・ココア150mlのカフェイン含有量は、50mg

・コーラ500mlのカフェイン含有量は、34mg

・緑茶150mlのカフェイン含有量は、30mg

・紅茶150mlのカフェイン含有量は、30mg

 

などになるそうです。

 

こう見てみるとオロナミンCの

カフェイン含有量は少ないことがわかりますよね。

 

一般的に栄養ドリンクという名前で市販されているドリンクは

カフェインの含有量が50~200mgは

含まれていることが多いそうです。

 

オロナミンCは栄養ドリンクでありつつも

カフェインの含有量が少ないタイプのドリンクになるようです。


スポンサーリンク


関連記事:グラニュー糖は体に悪い?害があって危険?砂糖はどれがいいの?

オロナミンCのカフェイン含有量は睡眠に影響がある?

オロナミンC一本に含まれるカフェインの含有量は18mgと

少ない量であることがわかりましたが、

少ないといえ、含まれているカフェイン。

 

この含有量は睡眠に影響がある量になるのでしょうか。

 

答えは、基本的には睡眠への影響は少ない!

 

そうです。

 

カフェインの含有量が18mg程度なら

覚醒作用は弱いとされているそうです。

 

ならば、睡眠前にオロナミンC を飲んでも大丈夫?

睡眠中に栄養をチャージできるなんて

効率的だし効果的な感じ!

 

・・と、喜びたいところですが

それは要注意!

 

少ない含有量であっても

カフェインを含んでいることは事実なので

体質によっては睡眠に影響を及ぼす場合もあるそう。

 

眠れない・・とまではいかなくても寝つきが悪くなったり、

良質な睡眠がとりにくくなったりすることもあるそうです。

 

また、睡眠前に飲み物を胃に入れることで

胃腸に負担を与えてしまうことも考えられますし、

睡眠中に消化がうまく行われずに

良質な睡眠がとれないことにも繋がるそうです。

 

その為、睡眠前にオロナミンCを

飲むことはあまりおすすめではないようですよ。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

1 2
error: Content is protected !!