新宿花園神社の酉の市2018の時間は?屋台の営業時間や場所は?

新宿3丁目にある新宿花園神社で行われている「酉の市」。

その賑わいは毎年60万人も訪れさせるほど。

人気の理由はやはり屋台の多さや「見世物小屋」という過激なショー、

ご利益の多さではないでしょうか。

 

毎年「酉の市に行っているよ!」という人や

ヒット祈願に芸能人なども足を運んでいるようなので

まだ酉の市に行ったことがない人は一度は行ってみたいお祭りだと思います。

 

今回は2018年の酉の市はいつ、何時に開催されるのか?

屋台は何時から、どこで営業しているのか?など

新宿花園神社の酉の市を楽しむための情報を

詳しくご紹介していきます!




スポンサーリンク






酉の市とは?

Shin 8800さん(@buzz_shin)がシェアした投稿

新宿花園神社で毎年11月に行われている「酉の市」。

そもそも「酉の市」ってなんのお祭りなのか御存じですか?

 

「酉の市」は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を祀った

鷲神社で行われている行事のことで、

11月の酉の日に行われる開運や商売繁盛を願うお祭りです。

 

酉の市と言えば「縁起熊手」

熊手には幸運を集める、福を集める、幸運を鷲掴みするなど、

縁起のいい意味が込められており、そのためお店を経営している人など

様々な人が購入していきます。

 

鷲神社は日本の様々なところにあり、

その中でも関東三大酉の市と言われている

浅草 鷲神社

新宿 花園神社

府中 大國魂神社

がとても大きなお祭りとして有名です。

 

今回はその関東三大酉の市の中の一つ、

新宿花園神社についてのご紹介ですが、

花園神社の酉の市は明治から始まり、毎年60万人もの人が訪れるそうです。

眠らない街、新宿で行われるお祭りなので迫力もあり、

時間も夜遅くまでやっているようですよ。

 

また花園神社の名物になっている「見世物小屋」は

日本最期の興行会社が行っている手品や芸、獣、などが見られる屋台のことで

その過激さからテレビでの放送できないほどのショーなのです。

 

今では希少価値が高い「見世物小屋」

いつなくなってしまうかわからないので内容は過激ではありますが

見てみるのも良いかもしれません。




スポンサーリンク






関連記事:千葉の金運アップのパワースポット!ご利益のある神社・お寺はココ!

2018年新宿花園神社の酉の市の日程や時間は?アクセスも紹介!

Makito Miyamotoさん(@alleycatmm)がシェアした投稿


酉の市は毎年前夜祭と本祭と二日間続けて行われます。

そして11月の酉の日に行われる行事なので日にちは毎年違います。

年に1~2回、多いときは3回行われ、今年は3回行われる年なので

なんだかお得な気がしますよね♪

 

一回目を一の酉

二回目を二の酉

3回目を三の酉と呼ぶようです。

 

では今年の新宿花園神社の酉の市の日程、時間ですが、

<一の酉>

前夜祭:10月31日(水)

本祭:11月1日(木)

 

<二の酉>

前夜祭:11月12日(月)

本祭:11月13日(火)

 

<三の酉>

前夜祭:11月24日(土)

本祭:11月25日(日)

 

時間は前夜祭は16時から深夜2時まで

本祭は正午から深夜2時まで行われています。

夜遅くまでやっているお祭りなので仕事で遅くなってしまってもいけますよね!

電車の終電には乗れませんが…。

 

また、酉の日にやっている行事なので平日でも構わず行われます。

しかし今年は24日、25日の土日に行われるようなので

大変な混雑になるのは予想ができますね。

人混みが苦手な方は土日を避け、平日に行くと良いかもしれません。

 

ちなみに入場料は無料ですよ♪

 

新宿花園神社への行き方

新宿花園神社は靖国通りと明治通りの交差点から近く、

目の前に繁華街などがあり酉の市以外の日でも

とても人通りが多い場所にあります。

 

住所:東京都新宿区新宿5-17-3

電話番号:03-3209-5265

 

<電車>

東京メトロ丸ノ内線、副都心線、都営新宿線内にある

「新宿三丁目駅」のE2出口を出てすぐのところに新宿花園神社があります。

JR、小田急線、京王線の「新宿駅」の東口からは徒歩7分です。

 

<車>

首都高速4号新宿線の新宿出口より5分ほどで到着です。

 

酉の市がやっている時間帯などはとっても混んでいるので

車で来るのはあまりおすすめしません。

それでも車で行くよ!という方は

神社内にパーキングはないため近くのパーキングを利用しましょう。




スポンサーリンク





関連記事:神社の参拝時間は朝・夜・夕方のどれがいい?お寺の場合は?

新宿花園神社の酉の市2018の屋台がすごいらしい!営業時間や場所など詳しくご紹介!


屋台の数はなんと200店舗以上!

大きな会場でないので屋台がひき詰めあっている状態です。

 

新宿区役所の前にある遊歩道あたりから花園神社まで露店がぎっしり!

その中には酉の市の名物熊手がとても迫力のあるデザインで

販売されているようです。

 

熊手屋さんは100店舗程立ち並び、小さい熊手は1000円~3000円、

大きくなると数十万円といいお値段はしますが、

人気が高いのは10,000円ほどの熊手だそうですよ!

 

はじめて熊手を購入する場合は小さいサイズのものを買いましょう。

そして毎年買い換えるのがポイント。

買い換える際は昨年購入した熊手よりも大きいサイズを購入するといいですよ。

少しずつサイズアップすることで「福を育てていく」

という意味があるそうです。

 

ある程度いいお値段の熊手を購入するとまわりの熊手屋さんから手締めのプレゼント。

迫力がある3・3・7拍子が聞けます(笑)

シンプルなものから派手なものまで、一軒一軒熊手屋さんを

見て回り、自分の好みに合った熊手を購入しましょう。

 

ちなみに、商売繁盛だけではなく

ヒット祈願や、幸せをつかみたい人、金運祈願など

様々なご利益があるようなのでお店をやっていない人にも

熊手はおすすめですよ。

 

購入した熊手は次の年の酉の市に持っていって収めましょう。

 

熊手の屋台の他にはお好み焼きや、ベビーカステラ、のリンゴ飴など

お祭りの定番屋台のほかにもご飯やお酒が飲めたりする

居酒屋のような屋台もあるようです。

 

大体の屋台の相場が600円ほど。

150円で「文化フライ」というハムカツのようなものが

売っている屋台もあるそうです。

 

そして新宿花園神社酉の市の名物とも言われる「見世物屋」。

はじめにも少し説明をしましたが今では大変希少なもの。

衝撃的なショーが見られるということで

怖いもの見たさに集まる人も多いようです。

 

過激な内容にもかかわらず一人800円と割安。

 

目を背けたくなるような内容ばかりなので

心臓の弱い方は見ないほうがいいかもしれませんね。

 

屋台は

<明治通り側>

靖国通りから神社まで

商店街に抜ける入口から、靖国通りに抜けるあたりまで

 

<靖国通り側>

新宿区役所交差点あたりから花園神社まで

 

また神社の入口から境内まで両脇にたくさんの屋台が立ち並び

とても賑やかなお祭りです。

 

屋台の営業時間は屋台の準備が整い次第15:00頃から開店しはじめ、

深夜2時ころまで営業しているようです。

屋台通りのピークは本祭の20時頃なので

人混みが苦手な方は夕方までに行くと良いかもしれません。

頭の片隅に入れておいてくださいね。




スポンサーリンク





関連記事:お宮参りは夫婦のみで両親なしでもいい?抱っこは誰がするの?

最後に

いかがでしたか?

 

・日程は

<一の酉>

前夜祭:10月31日(水)

本祭:11月1日(木)

 

<二の酉>

前夜祭:11月12日(月)

本祭:11月13日(火)

 

<三の酉>

前夜祭:11月24日(土)

本祭:11月25日(日)

 

時間は前夜祭は16時から深夜2時まで本祭は正午から深夜2時まで

屋台の営業時間は15:00頃から深夜2時ころまで

・屋台の営業場所は

<明治通り側>

靖国通りから「新宿三丁目駅」E1出口あたりまで

商店街に抜ける入口から、靖国通りに抜けるあたりまで

<靖国通り側>

新宿区役所交差点あたりから花園神社まで

 

新宿の風物詩である「酉の市」

私も記事を書いていてとても行きたくなりました♪

土日に休めず平日が休み、という方が行けるお祭りというのは

なかなかないのでぜひ土日休みじゃないという方も行ってみてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。



スポンサーリンク

サブコンテンツ