ATMに硬貨を入金できる枚数や手数料は?土日もできる?

硬貨を銀行などのATMで入金したいと思ったこと、ありますか?

 

財布が重くなるからと避けておいた硬貨が貯まってしまった。

コツコツ貯めた貯金箱の硬貨がいい感じに貯まってきた。

などなど

 

貯まった硬貨を口座に入金すればけっこうな額になるのでは?

なんていうこともありますよね。

 

とはいえ、どうやって入金すればいいの?

ATMって硬貨の入金ができる?

 

今回は、硬貨の入金の仕方ATMで入金できる枚数や手数料、

土日にもできるのかなどについて詳しく紹介していきたいと思います。

 

知っておくと、便利ですよ!

ぜひチェックしてみてくださいね!




スポンサーリンク






ATMに硬貨を入金できるの?

貯金箱などに硬貨を貯金した経験、ありますか?

 

私は昔500円玉貯金をしていたことがあって、

チャリンと貯金箱に落とす瞬間は

ワクワクしていたことをよく覚えています。

 

少しずつ重みを増していく、貯金箱。

けっこう嬉しいものですよね!

 

とはいえ、私は口座に入金することなく気付いたらなくなっていましたが・・。

罪悪感を抱きながら必死に硬貨を取り出していたことも、よく覚えています・・。

 

ある程度貯まった硬貨はやはり大事に口座に入金したいものですが

そもそも、全てのATMで硬貨の入金が出来るのかというとそうではないそう。

 

硬貨が入金できるATMは限られているのでそのATMを探す必要があります。

 

まず、どの銀行のATMが

硬貨の入金に利用できるのかというと

 

ゆうちょ銀行

都市銀行

一部の地方銀行

 

などのATMは、硬貨の入金ができることが多いようです。

 

ただし!

いずれも、各銀行の店舗内にあるATMのみ利用できることが多いようです。

 

なので、どの銀行のATMもコンビニやスーパーなどにある

ATMでは硬貨の入金はできないということになります。

 

そのうえで!

 

その銀行の通帳かキャッシュカードを持っている

ATMに硬貨用の投入口がある

 

などが硬貨を入金できる条件になるそうです。

 

通帳やキャッシュカードがあり

その銀行の口座を持っていることも大切ですが

硬貨の投入口がないということは、

そのATMは硬貨の入金ができないということです。

 

銀行の店舗内にあるATMでも

硬貨の投入口がないものもあるそうなので

きちんと確認するようにしましょう。

 

くれぐれも紙幣用の投入口に無理矢理押し込んだりしないように

注意してくださいね。

 

結果をまとめると

硬貨をATMで入金したい場合は・・

 

「自分が通帳やキャッシュカードを持っているゆうちょ銀行か都市銀行、

もしくは一部の地方銀行の店舗内にあるATMで且つ、硬貨の投入口があるATM」

 

を、探すということになります。




スポンサーリンク






ATMに硬貨を入金できる枚数は?

入金したい硬貨の枚数はどのくらいですか?

たくさんありますか?

 

先の項目でもわかるように硬貨が入金できるATM自体限られているので

大量の硬貨を一度にATMに入金するのは少し難しいかもしれません。

 

まず、ATMで入金できる硬貨の枚数は銀行によっても違いがありますが、

多くて100枚、銀行によっては50枚中には30枚まで

としている銀行もあるそうです。

 

そもそも、なぜ硬貨を入金できるATMが少ないのかというと

硬貨をATMで取り扱うということは、紙幣よりもATMが故障してしまう

可能性が多いからになるそう。

 

その為、

 

出来るだけ係員がいる銀行内のATM

大量の硬貨の入金はさける

 

などとしているそうですよ。

 

また、本来銀行のATMは硬貨の取扱については送金や振り込みなどの

釣り銭用に硬貨の投入口などが設置されていることが多いそうで、

入金用に作られていないATMも多いそうです。

 

中には

 

「硬貨の大量の入金はATMのトラブルの原因になるので

30枚以上の硬貨の入金は、窓口でお願いします」

 

などと、注意書きをしている銀行もあるそうですよ。

 

また、ATMによっては一枚ずつ硬貨を入金するタイプのものもあるそうで

大量の硬貨を入金する場合は他にATMを使いたい方の迷惑に

なることも有り得ますよね?

 

後ろから「まだかしら・・」というため息が聞こえてくる可能性もあるので

大量に硬貨を入金したい場合は窓口でお願いしたほうがいいかもしれませんよ。

 

なお、一枚ずつ投入するタイプのATMではない場合、カパっと口が開いて

ジャラッと硬貨を入金するタイプのATMの場合は

誤ってクリップやボタン、ゲーム用のコインなどを

投入してしまうことが多くあるそうです。

 

いずれも銀行や他の方に迷惑をかけてしまうことに繋がるので

注意するようにしましょう。




スポンサーリンク





ATMに硬貨を入金するのに手数料はかかる?

ちょっと厄介な雰囲気が漂うATMでの硬貨の入金ですが、

手数料はかかってしまうのでしょうか。

 

コツコツ貯めてきた硬貨を自分の口座に入金するのに

手数料をとられてしまっては少し悔しいですよね!

 

これは、銀行によって多少の違いはあるようですが、

基本的には、硬貨の入金に手数料をとられることはないそうです。

 

ただし!

 

両替にはほとんどの銀行で手数料が取られます。

 

なので、例えば硬貨を紙幣に両替する場合は手数料が

発生してしまうそうです。

 

口座に入金するだけならほとんどの銀行では手数料は

かからないようですが、

 

「貯金箱にたくさん硬貨が貯まったから銀行で紙幣に両替してもらおう!」

と、銀行に出向くと手数料をとられてしまうので注意が必要ですよ。

関連記事:銀行で小銭を入金するならATMと窓口のどっちがいい?

土日もATMに硬貨を入金できる?

ATMに硬貨を入金!

手数料はかからないものの色々と注意点があるようでしたね。

 

時間に余裕を持って入金したいところですが

硬貨をATMで入金するのは土日でも可能なのでしょうか。

 

平日はお仕事の方も多いですよね!

気持ちや時間に余裕のある休日の土日に

硬貨を入金ができれば助かるのですが・・

 

残念!

 

ほとんどの銀行は土日にATMで硬貨の入金はできないそうです。

 

ATMで硬貨の入金が可能な曜日や時間帯などは

都市銀行だと

 

土日、祝日を除く月曜から金曜の平日のみで、

午前8時45分~午後18時までとされているようです。

 

その理由としては、やはり硬貨のATMへの入金は

故障などのトラブルが多い為

銀行に係員がいる時間内での利用になってしまうそうですよ。

 

ただ!

 

ゆうちょ銀行については土日や祝日もATMでの硬貨の入金が

可能なことが多いそうです。

 

とはいえ、土日のATMの稼働時間は

平日よりも短いので注意が必要なようです。

 

ゆうちょ銀行は各店舗によって営業時間も様々なので

予め各店舗に確認しておくといいかもしれませんね。

 

また、土日にゆうちょ銀行でATMで硬貨の入金をした際に

ATMが何らかの原因で故障し、使えなくなってしまった場合は

係りの方が不在なので少し厄介になるそう。

 

手順としては

 

1、ATMの近くに設置されている電話で

カスタマーセンターに電話をする

 

2、暗証番号をプッシュする

 

3、ATMから通帳が戻ってくる

 

となり、その場ではATMに入金した硬貨は戻ってこないそうです。

 

翌日など、ゆうちょ銀行が

営業している日にゆうちょ銀行から連絡が来て、その後

 

身分証明書

・印鑑

 

などを持って、ゆうちょ銀行に行き入金をし直すことになるそうですよ。

関連記事:ピン札の作り方!アイロンや大根おろしでお札のシワ伸ばし!

硬貨を入金!ATMじゃなくて窓口でする場合はどうすればいい?

ATMに硬貨を入金する方法などについて見てきました。

 

入金できるATMも少ない上に慎重に入金をしないと周囲に迷惑を

かけてしまうなど少々厄介な感じがしますよね!

 

では、ATMではなくて窓口で入金をする場合は

どのような手順になるのでしょうか。

 

最後に硬貨を窓口で入金する際の流れを紹介しておきたいと思います。

 

当然ながら、窓口で対応してもらえる

時間になるので、銀行の営業時間内になりますよね。

 

そして、ATMの入金と同様に通帳かキャッシュカードが

必要になります。

 

そして、銀行にある書類に名前などの必要事項や入金額を記入し

窓口に硬貨とともに渡せば大丈夫です。

 

ん!入金額を記入する?

 

そうなのです、基本的には自分が持ってきた

硬貨の金額を自分で記入する必要があるそうです。

なので、硬貨の枚数が大量にある場合は

家で枚数を数えてから入金に出向いたほうがいいかもしれません。

 

しかも、金額を間違えると数え直しの可能性もあるので

間違えのないように硬貨の枚数を数えて

正確な金額を把握しておく必要があるようですよ。

 

ただ!

 

銀行によっては

 

銀行側が数えてくれるので、金額の記入の必要はない

自分の口座に入金する場合は、

両替機で硬貨の枚数を数えることができる

 

などの場合もあるそうです。

 

また、ゆうちょ銀行の場合は金額が分からなくても入金できるので

硬貨の枚数を数える必要はないそうですよ。

 

硬貨の枚数を数えていったほうが

いいのかどうかを、予め銀行に確認してから

入金に行くのが安心かもしれませんよね。

 

また、ATMにしても窓口にしても

自分がどれだけの枚数の硬貨を入金するのか

出来れば把握しておきたい気持ちもありませんか?

 

コツコツと貯めてきたとしたらなおのこと

自分の目で何枚の硬貨で合計金額はいくらなのか

知っておきたいところです。

 

そんな願いを叶える楽しくて便利な貯金箱を

見つけてしまったので、ちょっと紹介させてください!

 

 

まさに、自分だけのATM!

タッチパネルのATMバンク貯金箱です!

 

硬貨はもちろん紙幣も入金できますが、

硬貨を自動で判別してくれるので

いちいち硬貨の枚数を数える必要はなし!

 

貯金残高も自動液晶のパネルに表示されるので安心!

また、暗証番号とカードでセキュリティーも万全!

 

目標貯金の設定も出来るので目標金額が達成していないのに

使い込んでしまった・・などの心配も減ります!

 

楽しい嬉しい貯金箱でコツコツ貯めて

硬貨の入金を安心&スムーズに行うようにしましょう!




スポンサーリンク





関連記事:ピン札はどこで用意する?土日の場合はどうする?

最後に

ATMに硬貨を入金できるか、その枚数や手数料、

土日にもできるのかなどを見てきました。

 

大量の枚数になってしまうと

ちょっと硬貨の入金はATMでは大変なようでしたよね!

 

とはいえ、硬貨も大切なお金です!

 

入金したい銀行に予め確認するなどして、

出来る限り事前にしっかりと準備し

堂々と、且つ、スムーズに入金できるようにしましょう!



スポンサーリンク

サブコンテンツ