銀行で小銭を入金するならATMと窓口のどっちがいい?

子供の頃からコツコツ小銭貯金をしている方や、

家族みんなで小銭貯金をしているという場合、

またはバザーやフリーマーケットをして小銭がたくさん貯まってしまった場合など、

手っ取り早く片付けたいですよね。

 

そんな時には、銀行口座に入金してしまうのが一番早い方法なのですが

いきなり大量の小銭を持っていってもいいものなのか、ちょっと迷いますよね・・・

そこで今回は銀行での小銭の入金は窓口かATMどちらが便利なのか

入金方法を含めて、解説してみたいと思います!

お家に大量の小銭があるという方は必読ですよ。




スポンサーリンク






銀行の窓口で小銭を入金する方法は?

手元に大量の小銭があって、両替や入金が面倒で放置している方も

いるのではないでしょうか?

きっとそれなりの金額はあるはずなので、宝の持ち腐れになっているかもしれません。

そんなもったいないことをしないためにも、銀行で入金してしまいましょう!

 

まずは、窓口で入金する方法をご紹介します。

基本的には、用紙に預ける金額を記入して、通帳と一緒に現金を預けます。

しかし、この用紙に金額を記入するというステップが小銭の場合は面倒なんです!

 

20~30枚くらいの小銭なら、その場でパッと数えることもできるでしょうが

100枚を超える場合、しかも色々な小銭が混ざっている場合は

数えるだけでなく、計算するという作業も出てきますよね。

この時に焦って間違えてしまうと、用紙に記入した金額と差異が出てきてしまいます。

また用紙を書き直したり、訂正したりするのは手間ですよね。

 

こういった煩わしさを省くには、

銀行にある機械で小銭を数えてもらうことが一番速くて正確です!

しかし銀行によっては、入金前に数えてくれないところもあるので

普段お世話になっている銀行に事前に確認しておきましょう。

 

とはいえ、大量の小銭を銀行窓口に持っていって入金することは

よくあることで、恥ずかしがる必要はないので

銀行に行く用事がなければ、電話で確認してもかまいません。

銀行は支店によって対応が異なることがあるので、

問い合わせる際には、必ず自分が使う支店に電話をかけなければなりませんよ!

 

ちなみに、一般の銀行よりはゆうちょ銀行(郵便局)の方が

対応の仕方は統一されているようなので、ゆうちょ銀行を利用するのも一つの方法。

もちろん口座を持っている場合に限りますよ!

 

銀行の窓口で通帳やキャッシュカードなど、モタモタと財布から探すのは

ちょっと恥ずかしいですよね。

そんなことにならないように、マルチケースに整理して入れておくのがおすすめ。

 

こんな可愛いマルチケースなら、持ち歩いてもOKですよね。

通帳だけでなく、診察券やお薬手帳なども入るので大切なものを収納しましょう。

イニシャルが入っているので、愛着も湧きます。

4色から選べるので、お友達へのプレゼントにもおすすめのアイテムですよ!




スポンサーリンク






関連記事:ピン札はどこで用意する?土日の場合はどうする?

ATMでの小銭の入金は窓口より時間がかかる?

銀行の窓口は支店によってはとっても混雑したり、

窓口の営業時間内にはどうしても行けないという場合には

やっぱりATMが便利でお手軽ですよね。

 

でもATMの利用はいつもパパッとお金の引き出しだけに使って

入金で利用するという方は少ないのではないでしょうか?

しかも小銭ってそもそもATMで入金できるのか分からないですよね。

ATMによって、小銭に対応しているものとしていないものがあるので

まずはそこを把握しておかなければなりません!

 

簡単な目安としては、銀行やショッピングセンターなどの

ATMコーナーに設置されているものは、小銭対応OK!

コンビニのATMは小銭対応不可のものが多いので覚えておきましょう。

 

ですが、小銭対応しているATMであっても

一度にガバッと小銭を入れられるタイプであれば便利なのですが、

硬貨投入口が紙幣用とは別にあり、1枚ずつ入れるタイプはおすすめしません。

小銭を持って出かける前に、いつも利用するATMがどちらのタイプなのか

いま一度確認しておく必要がありますね!

 

また、ATMでは一度で取り扱いできる硬貨の枚数制限がある場合もあるので

あまりに大量に持っている場合には、注意が必要です。

100枚以上あるという場合には、ATMより窓口の方が早いですよ!

 

ATMの利用で一番心配なのが、小銭をたくさん持っていて入金に時間がかかり

自分の後ろに長蛇の列ができてしまうことではないでしょうか?

後ろで待っている人たちから、無言のプレッシャーを浴びて

余計に手元がもたついて、さらに時間がかかるという悪循環を招きかねません。

 

そうならないようにも、たくさんの小銭がある場合には

窓口を利用したほうが速くて手間もかかりませんよ!




スポンサーリンク





関連記事:ピン札の作り方!アイロンや大根おろしでお札のシワ伸ばし!

窓口、ATMで小銭を入金するときに気をつけることはある?

これまでのお話で、小銭を入金する場合には

窓口でもATMでもそれぞれ事前に確認すべきポイントがありましたが、

その他にも気をつけておくともっとスムーズになるポイントがあるので

ご紹介しておきたいと思います!

 

まずは小銭を持っていく容器です。

家に置いてあるだけでは意外と感じない小銭の重みも

外に持ち出してみると、ものすごい重さに感じるでしょう。

家から持って出るときに、何気ないビニール袋などに入れてしまうと

途中で袋がちぎれて大惨事になりかねませんよ!

 

きちんと布製の破れない袋に入れて持ち運びましょう。

ちなみに貯金箱のまま持って行くのは、小銭を取り出すのに時間がかかってしまい

窓口業務にも時間がかかってしまいますし、ATMでもモタモタしてしまうので

周囲への配慮を考えると、おすすめしません。

 

そして、できるだけ小銭の中に異物が混ざっていないか確認しておきましょう。

クリップやゲームセンターのコイン、錆びついた硬貨、海外の硬貨など

機械で数えるときの妨げになるようなものが入っていると、

エラーや故障の原因になり、とっても時間がかかってしまいます。

 

お給料日後や、お昼休みなど多くの人が集中する時間帯に

そんな事態を引き起こしてしまうとヒンシュクものですよね!

持って行く前に一気に確認するのも大変なので、

日頃から日本の硬貨だけを選り分けて貯金することを心がけましょう!

 

最後に、知っておきたいのは両替手数料のお話。

小銭を入金するのではなく、一旦両替して紙幣を手元に置いておこうかなと

考える方もいるかもしれませんが、それは両替手数料がかかってしまい

ちょっと損をしてしまうのでご注意を!

 

やはり小銭をそのままの金額で処理する場合には

一旦入金してから、紙幣を引き出すという方法が一番ですよ。

 

小銭貯金をはじめるなら、思い切ってこんな貯金箱はいかがでしょうか?

アメリカ雑貨なので、インテリアにもなりますよ。

ポップな雰囲気のお部屋ならぴったりです。

 

500円玉で満タンに貯金すれば300万円にもなるというサイズなので

つい無駄遣いをしてしまう方でも、貯金にやる気が湧いてきます!

ウケ狙いのプレゼントやパーティーグッズとしてもおすすめですよ。




スポンサーリンク





関連記事:領収書の書き方!個人や手書きの場合は?印鑑は必要?

最後に

お家の小銭貯金を持ち出す決心がついたでしょうか?

結論として小銭の枚数によっては、ATMより窓口のほうが断然早いので

お近くの銀行窓口で事前に、自分で数えて持っていく必要があるかどうかだけ

先に確認しておきましょう!

 

またこれから小銭貯金を始める方は、ゲームコインなどの異物は入れないように

徹底して、楽しく小銭貯金を実践してみてくださいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ