かしこの使い方!位置や頭語は?女性だけで男性は使えない?

手紙の終わりに「かしこ」と書かれているのを見たことはありませんか?

「かしこって何?かし子っていう人の名前?」と思う人もいるかもしれませんね。

かしこは手紙のルールのひとつで、女性だけが使える特別な言葉なんです。

 

そこでここでは、かしこの使い方や位置や頭語、

なぜ男性は使えないのかなどを解説したいと思います。

 

「かしこ」を使ってみたい!という方はぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク






かしこって何?

まずはかしこについて説明しましょう。

 

拝啓、という言葉は皆さん聞いた事はあると思います。

手紙の最初に来る言葉ですね。

 

実はこの拝啓というのは「頭語」と呼ばれる、

手紙の最初に付ける挨拶みたいなものです。

意味としては「恐れ入りますが…」というものになります。

 

そして頭語には結語というものがセットになっています。

頭語をつけたら必ず結語を付けなければいけないのがルールです。

 

その結語のひとつが、「かしこ」になります。

 

ちなみに手紙で一番使われる頭語は「拝啓(はいけい)」です。

この言葉は皆さんも見た事がありますよね。

拝啓の結語は「敬具(けいぐ)」です。

 

パソコンのワードでも、拝啓と打つと勝手に次の行に敬具と出ます。

結語の意味は、「それではまた」という意味があります。

 

敬具には「謹んで(敬)整える(具)」という意味があり、

手紙の最後に書く言葉としては最もな字の組み合わせです。

 

では「かしこ」はどういう成り立ちで結語になったのでしょうか。

かしこはもともと畏し(かしこし)から来ているとされています。

 

また「かしぐ(可祝)」(恐れ入りますという意味)という言葉にも通じる事から

「(畏まって)では、失礼致します」という意味になります。

 

また、かしこには

 

あなかしこ

あらあらかしこ

 

という言葉もあります。

すべて結語として使える言葉ですが、意味が微妙に違います。

 

かしこを基準として、あなかしこは

「この手紙はあなたと私だけの秘密にしてくださいね」とかしこより

秘密を重視する言葉になります。

 

あらあらかしこのあらあらは「粗粗」から来ており、

「本来もっと気遣いをしなければいけない所を粗くて申し訳ありません」という意味から

かしこよりももっと丁寧な言葉になります。

 

かしこというのは何となく女性の名前っぽく可愛らしい印象ですし、

しかも「失礼致します」という意味があるなんてとてもキュートな言葉ですよね。




スポンサーリンク






関連記事:ピンキリ語源や使い方!ピンの意味は?どっちが上?

かしこは女性の言葉?男性は使っちゃダメ?

かしこというのはかわいらしい響きなので、

中には「使ってみたい!」という男性もいるかもしれません。

 

ですが、残念ながら男性が使う事はあまり推奨されません。

 

手紙のルールでは、かしこという言葉は

「女性が目上の人に対する時だけに使用する言葉」となっています。

 

もともと手紙の頭語と結語は、拝啓と敬具、謹啓と謹言、前略と早々など漢字ばかりです。

 

漢字というのはなんとなくゴツゴツして固そうな、男性的なイメージがしますよね。

その中で、やわらかいひらがなを使い女性らしさを表したのが「かしこ」です。

 

また、昔は男と言えば力強いのが当然という意識がありましたので、

柔らかなイメージのあるかしこを使おう!という男性はいませんでした。

 

ですから昔からかしこは女性だけが使える専売特許みたいなものとして扱われてきました。

 

今はジェンダーフリーが叫ばれていますが、

かしこはまだ「普通の男性が気軽に使える言葉」ではありません。

 

ただ、今は「体は男性でも心は女性」という風に性差があいまいになってきていますので

男性の中でも「自分は女性だ!女性らしく見られたい!」と思う場合は

かしこを使って女性らしさをアピールしてもいいかもしれません。




スポンサーリンク





関連記事:七七七の漢字㐂の意味や読み方・変換の仕方は?名前に使える?

かしこの使い方、位置や頭語は?

聞いた感じも書いた感じもかわいらしい「かしこ」。

知ったからには、さっそく手紙で使いたくなりますよね。

 

ではここでは、かしこの使い方や位置、頭語について見ていきましょう。

 

まずはかしこの「頭語」から見ていきましょうか。

かしこは「結語」です。

 

先ほど、結語は頭語とセットと書きましたよね。

頭語と結語はたくさん種類がありますが、組み合わせはどれでもいいという訳ではなく、

きちんとペアが決まっています。

 

例えば拝啓という頭語を書いたなら結語は必ず「敬具」をつけます。

同じ結語でも拝啓の後ろに「草々」などは使えません。

 

では、かしこの頭語は何なのでしょうか。

実はかしこは例外で、かしこには決まった頭語がありません。

ですからどんな頭語にもかしこをつける事ができます。

さらに、頭語がなくてもかしこをつける事もできます。

 

ですから拝啓や謹啓などどんな頭語の後ろにも付ける事ができますし

頭語が何もないさらっとしたメモ書きにも、かしことつける事ができるのです。

 

こうみるとかしこはかなり使い勝手の良い言葉ですよね。

 

昔は女性専用の言葉というものはあまりありませんでしたから、

その分少ない言葉で広く応用できるように進化したのかもしれません。

 

では次にかしこの「位置」です。

かしこは手紙のどの部分で使えばいいのでしょうか。

 

手紙には本来構成にもルールがあって、かしこの場所も決まっています。

ですから手紙の構成から紹介していきましょう。

手紙の構成は以下の通りです。

 

1.頭語

2.前文

3.主文

4.末文

5.結語

6.後付け

7.追伸

 

手紙ではまず1の「恐れ入りますが…」という拝啓・謹啓などの頭語が最初に来ます。

 

次に来るのが2の前文という時候の挨拶などです。

手紙の最初に例えば夏だと

「暑さも厳しい折、いかがお過ごしでしょうか?」というような文章をよく見ますよね。

 

「皆揃いも揃って同じ事を同じタイミングで書くなあ」と思っている方、

実はちゃんと手紙のルールに乗っ取って書いているからそうなっているんですよ。

 

次が3の主文です。

主文では、手紙で本来伝えたい事、つまりここで主題に入ります。

1の頭語と2の前文はいうなればただの挨拶で、手紙の内容とはあまり関係がありません。

 

次が4の末文です。

末文には、2で書いた前文に対する締めの言葉が来ます。

例えば2で書いた前文が「暑さも厳しい折、いかがお過ごしでしょうか?」でしたら、

末文は「まだまだ暑さが続きますが、どうかご自愛ください」というような言葉が来ます。

 

前文と末文はくっついているので、前文は夏の言葉なのに末文は冬の言葉など

違う季節の文章を書かないようにしましょう。

 

次に来るのが5の結語です。

ここで「かしこ」が来ます。

右端に寄せて、かしことひらがなで書きます。

 

次が6の後付けです。

後付けには、日付(手紙を書いた日にち)、名前(手紙を書いた本人の名前)、

宛名(手紙を書いた本人の住んでいる住所)、脇付(相手の名前+敬称)などを書きます。

 

補足しておきますと、現在脇付けというのは

普通の手紙のやり取りではほとんど使われていません。

 

脇付けが使われるのは、ある病院の先生から別の病院の先生へ

あてる紹介状くらいでしょうか。

 

例えば山田太郎先生という医者に手紙を送る場合、

山田太郎先生 台下(台下は名前の左脇に書く)などと書きます。

 

最後が追伸です。

これは必要があれば書くものですが、手紙の主文と全く関係のない内容を

その手紙の中で一緒に書きたい時に最後に追伸と書いてその内容を書きます。

 

例えば自分の恩師に当てた手紙でその主文が「恩師に対する感謝」として、

追伸で「猫を飼い始めた」という内容を書くなどですね。

 

主文と追伸で内容をきっぱり分ける事で、主文で言いたい事も取り散らからずに

相手にしっかり伝える事ができます。

 

では最後に、かしこの「使い方」について見ていきましょう。

 

かしこの位置や頭語などは分かったと思いますので、

実際に例文を見て使い方を確認していきます。

 

例文では、恩師からお土産をもらった女性がお礼の手紙を書いたという状況です。

 

拝啓

降りしきる蝉の声に、夏の盛りを感じる頃となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

この度は素敵なお土産をいただきまして、本当にありがとうございました。

夫と子供も大変に喜んでいて、すぐに箱を空にしてしまいました。

今度どこかへ出る事がありましたら、ぜひこちらからも何か贈らせてください。

 

暑さがまだまだ続きますが、どうか体調など崩されないようご自愛ください。

 

 

かしこ

 

平成29年8月8日

山口裕子

〒000-0000

〇〇県○○市〇〇町1-2

追伸

先月、新しい猫を飼い始めました。先住猫のみーこともうまくやっています。

機会がありましたらぜひ見にいらしてくださいね。

 

かしこがあると、手紙全体がとても柔らかくなりますよね。

何かの機会で手紙やメールを送る事があれば、ぜひかしこを使ってみてください。

 

大人カワイイレターセット

 

かしこを使うのは手紙でもメールでもOKですが、

手で書かれた手紙の方がよりかわいらしさがアップします。

 

という事で、最近は伝えたい事はスマホで済ませる事も多いですが、

たまには手紙を書いて文字で伝えてみたらいかがでしょうか。

 

こちらはシンプルな花柄のレターセットです。

淡い優しい色がさらに女性らしさを強調しますので、

もらった相手も思わず嬉しくなってしまいますよ。

 

ぜひこのかわらしい便箋に手紙を書き、最後を「かしこ」で締めてみましょう!

「意外と奥ゆかしくて素敵な面があるんだな…」と

相手からのあなたの印象も大きく変わるかもしれません。




スポンサーリンク





関連記事:コンプライアンスの意味や使い方!簡単にわかりやすく解説!

最後に

かしこは今の所男性には使えない、

女性だからこそ使える素敵な表現です。

ここではかしこの位置や頭語、使い方を説明しましたので、

ぜひ使ってみてくださいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ