登山ファッション!メンズの秋冬コーディネートのおすすめはコレ!

日差しが和らいでくる秋冬時期は、

気持ち良く登山ができるおすすめシーズンでもあります。

また、最近ではおしゃれなアウトドアウェアやグッズも増え、

コーディネートの幅もグンと広がりましたよね。

 

ただ逆にそうなってしまうと、登山にでかけたいけど

どんな格好をしていけばいいのかわからなくて困っているという人も中にはいるでしょう。

そこで今回は、秋冬登山の服装の基本とメンズに人気の登山用品ブランドに加えて、

秋冬登山ファッションのメンズおすすめコーディネートを紹介していきます。

 

オシャレが苦手でもいくつかのポイントさえ押さえておけば

だれでもしっくりくる秋冬コーディネートをすることができますよ!




スポンサーリンク






まずはメンズ登山ファッションの基本を押さえよう!

登山ファッションでオシャレをする前に、

まずは登山ファッションの基本事項を押さえておきましょう。

オシャレさばかりを気にしていると、登山中に大変な思いをしてしまうかもしれませんよ。

 

まず登山のファッションで大切なのは、重ね着をするということです。

これは秋冬でも夏でも変わりません。

登山は、例え歩き始めが寒くても、登っているうちに身体が温まってきます。

気温だけをあてにして、薄いTシャツに分厚い上着一枚で登りはじめてしまうと、

暑くなった時に脱ぎたくても脱げません。

 

ウェアを脱いだり着たりすることで体温調節をするのが登山ファッションの基本なので、

何枚も重ねて着られるようなウェア選びが重要です。

加えて脱いだものを鞄にしまってもかさばらない、というのもポイントの一つですね。

 

また、最近ではオシャレな登山ファッションアイテムとして

丈の短いズボンや短パン、スカートなども販売されていますが、

登山する上で肌の露出は危険を伴います。

 

木の枝や葉っぱで肌が切れてしまう、虫や蛇に噛まれてしまうという危険の他にも、

紫外線にも無防備になってしまいますし、

万が一遭難した場合などではあっという間に身体を冷やしてしまいます。

 

オシャレも大切だとは思いますが、

極力肌の露出を減らすファッションを心掛けてください。

短パンなど肌が出るものを履きたいときには、

必ずレギンスやサポートタイツなどと組み合わせてコーディネートしましょう。

 

九分丈ボーダーレギンス

秋冬登山ファッションにぴったりのボーダーレギンスです。

メンズでもLサイズならぴったり着こなせます。

ピッチの異なるマルチカラーボーダーなので、

コーディネートのアクセントとして取り入れやすいと思います。

肌触りも伸縮性も良いので、着心地も抜群です。




スポンサーリンク






関連記事:Pコートはいつからいつまで着る?時期や気温の目安は?

メンズ登山ファッションのおすすめブランドを紹介!

 

登山ファッションの基本を押さえたところで、

メンズ登山ファッションで人気のおすすめブランドを紹介していきます。

 

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

言わずと知れた有名アウトドアブランドです。

豊富な商品ラインナップが特徴で、

身体にフィットするカッティング技術にも定評があります。

デザインもシンプルなので合わせやすく、コーディネートにも悩みづらいです。

ノースフェイスブランドで全身コーディネートをしている登山者も多いですよ。

 

マウンテンパーカー

秋冬登山には、小雨や風を防いでくれるコンパクトジャケットが必須です。

中に着込んでも苦しくないようゆとりをもったシルエットになっています。

シンプルなデザインで6色の取りそろえがあるので、

どんなファッションにも合わせることができるおすすめの一着です。

 

モンベル(mont-bell)

信頼できる日本のアウトドアグッズ会社です。

ベビーサイズから大人用サイズまで揃っているのが魅力で、

家族みんなでコーディネートを揃えることができます。

海外ブランドだとサイズが思う様にしっくりこないことも珍しくないですが、

モンベルなら日本人に合うサイズや流行のデザインを見つけることができますよ。

 

ジオライン

秋冬登山に欠かせない暖かいアンダーウェアですが、

そんな中でもモンベルのジオラインはトップクラスの人気です。

線維自体が暖かい空気を含んでいるので、

着た瞬間から暖かさを感じることができます。

速乾性にも優れているので、汗をかいても身体を冷やすことはありません。

登山だけでなく、日常生活でも愛用している人が多いおすすめアンダーウェアです。

 

パタゴニア(patagonia)

アメリカ発のアウトドアメーカーです。

グリーンやカーキのようなカラーが主流だった登山ファッションに、

レッドやブルーのような鮮やかなカラーをいち早く取り入れました。

デザイン性も高くコーディネートの幅が広がると思いますのでおすすめです。

 

ARBOR PACK 26L

耐久性撥水加工を施した、容量26Lのリュックです。

メインの収納スペースにはポケット付き大型フラップが備え付けられ、

必需品を効率良く仕舞うことができます。

 

内側にもジッパー付きのポケットがあるので、

携帯や財布、鍵などの貴重品を入れるのにピッタリです。

カラーも個性豊かな6パターンが用意されているので、

きっとお気に入りが見つかるはずです。

 

マムート(MAMMUT)

スイスの登山用品メーカーで、デザイン性と機能性を兼ね備えた商品が特徴です。

ヨーロッパらしい洗練されたデザインのメンズファンも多く、

少し大人な登山コーディネートに仕上がります。




スポンサーリンク





関連記事:ハイキングの服装秋編!メンズのおすすめをご紹介!

登山ファッション!メンズ秋冬コーディネートのおすすめを紹介!

それでは、ここからは秋冬登山ファッションの

おすすめコーディネートを紹介していきます。

 

まず登山ファッションコーディネートのポイントですが、

同系色で合わせすぎないということです。

黒やネイビー系でコーディネートを揃えると安心するという人も多いと思いますが、

それだとどうしても地味にまとまってしまうので、オシャレには見えません。

 

登山ファッションにはウェア以外にも靴や帽子、リュックなどなどアイテムが多いので、

どこかにアクセントカラーを入れるのがおすすめです。

ただ、全身派手な色使いでは逆に見てられないので、バランスを大切に考えましょう。

 

登山ファッションのコーディネートは大きく分けると、

上着で魅せるか、小物で魅せるかの二択です。

もちろん両方でも良いのですが、

少し間違えるとゴチャゴチャしすぎてしまうので難易度は高めです。

 

上着のカラーチェンジでおしゃれコーディネート

全身のコーディネートを考えるのが難しいという時には、

まずは上着から替えてみましょう。

今あるパンツはそのままでも、

ちょっと鮮やかな上着を羽織ればそれだけでコーディネートになりますよ。

 

引用元:https://rr.img.naver.jp

パンツとシューズは良くあるブラウン系のカラーですが、

上着が鮮やかなレッドが貴重のチェック柄でメリハリが付いています。

ちらっと見える濃いブルーのインナーもおしゃれですね。

 

引用元:https://rr.img.naver.jp

上着を明るめのグリーンにすることで、若々しく見えます。

靴も落ち着いたグリーン系で揃っているのもポイントですね。

 

引用元:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

イエローとオレンジのツートンカラーの上着が、エネルギッシュな印象を与えます。

勇気がいるかもしれませんが、このような上着なら

上着以外が真っ黒なコーディネートでも、全く地味になりません

 

アクセントカラーの小物でおしゃれコーディネート

リュックや靴、レギンスなどにアクセントカラーが入っていると、

やっぱりオシャレに見えます。

ウェアが黒っぽいコーディネートになりがちな人は、

小物類を鮮やかな色にすることを心掛けてみて下さい。

 

引用元:http://shopping.c.yimg.jp

リュックを明るい色にするだけで、全体の印象がぐっと明るくなります。

ブルー以外にも、レッドやグリーンなどでも良いです。

余裕があれば靴や靴下といった足元あたりを

リュックと同系色にするとさらにオシャレに見えますのでおすすめです。

 

引用元:http://1.bp.blogspot.com

パンツを派手な色使いにすると、一気にオシャレ上級者に見えます。

あるいは、黒系の半ズボンに派手なレギンスを合わせるといった感じでも良いでしょう。

パンツやレギンスを派手にしたときは、

上着はシンプルなデザインでバランスをとるのがおすすめです。




スポンサーリンク





関連記事:ブーツの時期、メンズはいつからいつまで履く?種類別の目安を解説!

最後に

いかがでしたでしょうか。

登山ファッションのコーディネートのポイントは、

同系色でまとめすぎないようにして、アクセントカラーをどこかに入れるということです。

 

また、上着を派手にしたらパンツのカラーは抑えめにするなど、

バランスを取ることも大切です。

今回紹介した例を参考にしながら、まずは小物からでもよいので

アクセントカラーを意識したコーディネートを考えて見て下さいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ