岐阜信長まつり2018の交通規制や駐車場は?行列や日程についても詳しく解説!

「織田信長」と言えば、テレビでよく取り上げられる有名な武将の一人ですよね。

 

実は岐阜ではそんな信長を讃えて

「岐阜信長まつり」というお祭りを毎年やっているんです。

信長好きは行くっきゃない!お祭りですよね。

 

そこでここでは、岐阜信長まつり2018の交通規制や駐車場、

また行列や日程についても詳しく解説します。

 

岐阜信長まつり2018に興味がある方はぜひこの記事を読んでみてくださいね!




スポンサーリンク






岐阜信長まつり(2018)とは?

岐阜信長まつり2018の交通規制や駐車場、また行列や日程について解説する前に、

まずは「岐阜信長まつり(2018)」について紹介しましょう。

 

岐阜信長まつりは岐阜市の中心街で行われるお祭りで、

その名の通り「信長を讃えるお祭り」です。

 

毎年10月の第1土曜日と、その次の日の日曜日の2日間に渡って開催されます。

 

岐阜信長まつりでは信長やお市など信長にゆかりの深い人物に仮装した人が

行列を組んで歩いたり、盛大なパレードが行わるほか、音楽祭やマーケットも開かれます。

 

とにかく街総出の大きなおまつりなんです。

 

でも、ちょっとここで疑問に思う方もいるかもしれませんね。

それは「岐阜と信長ってなんか関係あったっけ?」という疑問です。

 

「織田信長という名前を出せば人がたくさん

集まるだろうから適当に言ってるだけなんじゃ~?」と思っている方、

そんな事ないんですよ。

 

むしろ岐阜と信長には切っても切れない大きなつながりがあるんです。

 

織田信長は日本統一を目指し実行寸前までいった最初の武将ですが、

その信長が拠点としたのがまさに「岐阜」なのです。

 

そもそも岐阜を岐阜と名付けたのも信長で、

岐阜はそれまで「井の口」と呼ばれていました。

 

ですから信長は岐阜県の名付け親でもありますし、

岐阜という土地を発展させた名地主でもあるんです。

 

むしろ岐阜なくして信長なしと言っても過言ではありません。

 

さらに織田信長は新しく名付けた岐阜の地で画期的な政策を次々と打ち出しました。

有名なのは、誰もが自由に商売をできる「楽市楽座」ですね。

 

「誰でも好きに物を売る事ができる」というのは今では普通のような感じがしますが、

実はそうではなく、昔は商人の中でも許可を与えられた一部の人しか

商売を許されていませんでした。

 

ですが信長は経済を活発化させる為に、そのような特例を排除して

誰もが自由に商売できるように仕組みを変えたのです。

 

このおかげで岐阜の経済は活発になりました。

 

また、信長の政策としては武士と農民の仕事を分けた「兵農分離」も有名ですね。

 

それまでは武士と農民は一体化しており、畑を耕していた農民が時には刀を台頭して

武力を行使するという事も少なくありませんでした。

 

逆に、武士とは名乗っているものの、

それだけでは生活できないので普段は農家として働いているという人も多かったのです。

 

ですが信長がいたのは戦国時代。

まさに戦争に次ぐ戦争の時代です。

 

敵が攻めてきた時にすぐに兵力を集めて戦わなければいけないのですが、

例えば秋の収穫の時期にそれが被ると、米を育てている人が多いので

「今稲刈りで忙しいから無理!」と中々兵が集まらない事もありました。

 

ですから信長は、武士と農民をきっぱり分け、「戦う事を専門にする人達」を作りました。

 

そして武士には、課税をなくしたり給料をしっかり渡したりと

畑仕事をしなくても生きていけるように生活を保障させるようにしました。

 

こうする事で農民は戦いに駆り出されることなく畑を耕す事だけに集中できますし、

武士も生活の心配をする事なく武力を磨くことができるようになりました。

 

今の感覚だと当たり前のような政策ですが、当時は画期的で

しかもこれらの政策は全て岐阜から始まったんです。

 

こうして見ると、岐阜はかなり信長ゆかりの地ですし

その地で「岐阜信長まつり」が行われるのはもっともな感じがしますよね。




スポンサーリンク






関連記事:ムートンコートはいつからいつまで着れる?気温の目安や服装もご紹介!

岐阜信長まつり2018の行列や日程は?

ではまず、岐阜信長まつり2018の日程について紹介します。

2018年の岐阜信長まつりは、10月6日(土)・7日(日)に開催されます。

 

開催場所は「岐阜市の中心街」で、

具体的には若宮町・金公園・柳ヶ瀬・神田町・玉宮町の5つの町で

行われる大規模なおまつりです。

 

岐阜信長まつりの開催時間ですが、基本的には10時~16時です。

ですが岐阜信長まつりでは、

2日間に中心街を中心に色んな場所で様々なイベントがあります。

 

そして始まる時間や終わる時間もバラバラで、早く始まるイベントだと朝の8時スタート、

遅く終わるイベントだと夜10時までのものがあります。

 

では、その中でも人気のイベントを見てみましょう。

 

10月6日(土)

織田信長公追悼式

武将隊・忍者隊パフォーマンス

音楽隊パレード

信長おんどおどり流し

 

10月7日(日)

織田信長騎馬武者行列

少年少女時代行列

火縄銃鉄砲隊

ぎふコスプレパレード

 

他にも色んなイベントがありますが、人気の信長関連のイベントは以上の通りです。

 

特に織田信長やそれに関連する人に扮した人達が当時のような格好で歩く

織田信長騎馬武者行列と織田信長やそれに関する人の幼少時代を

表現した子供たちが扮する少年少女時代行列は人気です。

 

「信長に扮した人達のパレードが見たい」という方は

10月7日(日)がねらい目ですね。




スポンサーリンク





関連記事:加湿器の掃除頻度は?フィルターやタンクについて徹底解説!

岐阜信長まつり2018の交通規制や駐車場は?

ここでは、岐阜信長まつり2018の交通規制や駐車場について説明します。

まずは交通規制からです。

 

岐阜信長まつり2018の交通規制は以下のようになっています。

交通規制の写真です。

引用元:http://www.city.gifu.lg.jp/

2018年のパンフレットがまだできていないので2017年のデータですが、

毎年ほぼ同じです。

左側が土曜日で右側が日曜日の交通規制です。

車両禁止の所がほとんどですが、一部は「バスだけ走行可能」な場所もあるので、

乗用車を運転する人はうっかりついて行かないように注意しましょう。

 

次に駐車場です。

残念ですが、岐阜信長まつり2018には専用の駐車場はありません。

ですから周辺の有料駐車場を利用するしかありません。

 

おまつりの開催場所が岐阜の中心部なので、

公共機関を利用するのもおすすめですよ。

関連記事:Pコートはいつからいつまで着る?時期や気温の目安は?

岐阜信長まつり2018のおすすめイベント!

では最後に岐阜信長まつり2018で

「ぜひこれだけは見てほしい、おすすめのイベント」を紹介します。

 

1.織田信長騎馬武者行列

岐阜信長まつりのおすすめイベントは、何と言っても「織田信長騎馬武者行列」です!

 

これは織田信長や斎藤道三、お市など

信長と信長にゆかりのある人達が当時の格好をする行列なんですが、

審査で選ばれたしっかりとしたキャストがそれぞれを演じてくれます。

 

また「騎馬」とある通り、これらのキャストは馬に乗って歩いてくれます。

 

まさにその時代に生きていたような行列なので、

タイプスリップしたような気分になれる事間違いなしですよ。

 

岐阜信長まつりに来たなら、ぜひ織田信長騎馬武者行列を見てみてください。

 

2.火縄銃鉄砲隊演武

次におすすめのイベントが、「火縄銃鉄砲隊演武」です。

 

それまで武将同士の戦いはありましたが、

実践でしっかりと火縄銃を使い出したのは信長だと言われています。

 

その信長の功績にちなんで「火縄銃鉄砲隊演武」というイベントが行われます。

これは、当時のような鎧姿をした人達が実際に

列を組んで火縄銃を撃ってくれるイベントです。

 

大きな音がするので迫力は満点ですし、

当時の火縄銃の様子が「こんな感じなんだ~!」と身をもって感じる事ができますよ。

 

勇ましい武士の姿にうっとりしてしまいます。

 

信長について知りたい時は

 

せっかく岐阜信長まつりに行くのなら、

織田信長の生涯を知っておくとさらにおまつりを楽しむ事ができますよ。

 

岐阜信長まつりはただのおまつりではなく歴史に関したイベントも多いんで、

予備知識を入れておけば「あ~!あの時のあれがこれなんだ~!」と

さらに感動する事ができます。

 

でも、歴史書というのは表現が堅苦しくて正直読むのが面倒くさいですよね。

そんな時はマンガです!

こちらは織田信長の一生がマンガで描かれていますのでスラスラ読む事ができますよ。

ぜひ前知識を入れて、おまつりを楽しんでくださいね。




スポンサーリンク





関連記事:老後の健康保険料の金額は?介護保険料はいくら?

最後に

岐阜信長まつりは、岐阜を拠点として活動した信長を讃えるおまつりです。

あの信長が作った街と考えると、そこへ行くだけでもワクワクしますよね。

 

岐阜信長まつりは5つの町に跨る大規模なおまつりなので

交通規制や駐車場探しがやや大変ですが、絶対に見て損はないお祭りですよ。

 

ここで日程や人気イベントである行列についても詳しく解説したので、

気になった方はぜひ行ってみてくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ