御中と様の併用はNG?どっちを使う?使い分けについて詳しく解説!

会社などに郵便やメールを送る時には、

相手の名前や会社名の下に御中か様を付けますよね。

 

でも、正式なマナーでいくとどっちを使うのが正しいのでしょうか。

また、御中を使っている時は様は使ってはいけないなどの

ルールはあるのでしょうか。

 

そこでここでは御中と様の併用はダメなのか、

もし片方だけならどんな時にどっちを使用し、どう使い分けをすればいいのか

などを詳しく解説します。

 

御中と様の使い分けで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク






御中と様の違いは?

御中と様の併用はダメなのか、

もし片方だけならどんな時にどっちを使用し、どう使い分けをすればいいのか

などの解説の前に、まずは「御中」と「様」の違いについて説明しましょう。

 

この2つはどちらも相手につける敬称で、似たような感じの言葉ですよね。

 

でもちゃんとした違いがあるんですよ。

まずは「御中」から見ていきましょう。

 

御中(おんちゅう)とは、敬称の一つで、

「団体や組織などの大人数を指す時」に使います。

 

例えば○○株式会社などはたくさんの人が働いていますよね。

 

そんな時に、この「会社宛て」に郵便やメールを送る場合は

「〇〇株式会社「御中」」となります。

 

元々郵便物というのは結局は一人の人が開ける訳ですから、

個人名宛てにしなければいけません。

 

ただ、組織に送る場合はその担当する個人が分からないという事もありますよね。

そんな時に、「どなたかは分かりませんが、この会社の担当者へお願いします」

という時に御中という敬称をつけるのです。

 

御中の「中」というのは、「中にいる誰か」に当てているという事なんですね。

 

では次に「様」を見ていきましょう。

「様」というのも敬称の一つですが、こちらは「個人(1人)を指す時」に使います。

 

ですからこちらの場合は、会社の中の個人が分かっている場合ですね。

 

例えば「○○株式会社で働いている山口さん宛て」に

郵便やメールを送る場合はどうでしょうか。

 

この場合、郵便物の宛先には会社という文字が入っているものの、

最終的には一人の人物を指しています。

 

ですから、○○株式会社 山口「様」となります。

 

つまり、個人名が分かっている時は様で、

個人名や担当者名が分からずとりあえず組織全体宛てに送って

後はそちらで仕分けて欲しいという場合は御中を使うという訳です。




スポンサーリンク






関連記事:コンプライアンスの意味や使い方!簡単にわかりやすく解説!

御中と様の併用はNG?

御中と様の違いや使い分け方は分かりましたね。

組織など大人数を一度に指す時は御中、逆に個人を指す時は様です。

 

この2つははっきりした違いがあるので、使い分けるのは簡単だと思います。

 

ただ、御中と様の使い方でひとつ注意しないといけないのは

「御中と様は併用しない」という事です。

 

御中も様も同じ「敬称言葉」ですから、続けて使うとおかしな事なります。

 

よくある間違いとしてさきほどの例をあげると

○○株式会社で働いている山口さん宛てに送る場合、

つい「○○株式会社「御中」 山口「様」」と書いてしまいがちです。

 

ですがこれは敬称+敬称で、会社様山口様のように日本語が少しおかしくなります。

この場合は、最終的に「山口さん宛て」という事なので、御中は使いません。

 

○○株式会社の後に何もつけないのは多少気になるかもしれませんが、

御中と様は併用しないというマナーですので気にしなくて大丈夫です。




スポンサーリンク





関連記事:ピンキリ語源や使い方!ピンの意味は?どっちが上?

御中と様、どっちを使う?使い分けを見てみよう。

ではここで、色々な場合の御中と様の使い分け方を見ていきましょう。

 

〇〇大学 理学部 の場合は?

→会社ではなく、大学の学科の場合はどうでしょうか。

この場合も、個人名が分かっていないので〇〇大学 理学部御中という事になります。

 

なお、〇〇大学御中にするのか〇〇大学 理学部御中にするかですが、

相手としては詳しい部署が分かっていれば分かっているほど

郵便物の仕分けが楽になります。

 

ですから分かる場合は、できるだけ詳しく組織名を書きましょう。

 

例えばこちらの場合、〇〇ゼミ、というゼミ名まで分かっている場合は

〇〇大学 理学部 ○○ゼミ御中、となります。

 

〇〇株式会社 〇〇係

→会社には課ではなく「係」もありますよね。

係の場合は御中でしょうか様でしょうか。

 

係も組織名です。

ですから様ではなく御中を使います。

 

○○株式会社 ○○チーム

→チームというのは開発部署がある会社によくある言葉ですが

この場合は御中でしょうか様でしょうか。

 

この場合も、チームは組織名なので御中を使います。

ですから○○株式会社 ○○チーム御中となります。

 

〇〇株式会社 ○○担当者

→懸賞や何かを応募する時に、

指示された宛先が「担当者」となっている場合がありますよね。

 

この場合、御中を使うのでしょうか、それとも様を使うのでしょうか。

 

これはぱっと見個人名が書いていないので御中と書きたくなりますが、

この場合は「様」を使います。

 

担当者というのは具体的な個人名ではありませんが、

かなり具体的な部署を指すという事で個人扱いになります。

 

ですから書き方としては

○○株式会社 ○○担当者様 となります。

 

これは間違いやすいですので、気をつけてくださいね。

 

〇〇株式会社 ○○課 行(もしくは宛)

→保険の請求書を書く時やクレジットカードを郵送で発行してもらう時、

返信用封筒が同封されている事はよくありますよね。

 

そして返信用封筒などでよくありがちなのが

宛先に「~行(宛)」と書かれているというものです。

 

〇〇課なので御中かなという所までは分かりますが、

行の後ろに御中を書くのか行を消して書くのか迷ってしまいます。

 

この場合はどうすればいいのでしょうか。

この時は、「行(宛)を消してから御中を書く」というのが正解です。

 

「行(または宛)」というのはあくまで返信用封筒を

用意した相手側から見たへりくだった目線なので、

こちらが送る場合は行を消さないと失礼になってしまいます。

 

行(宛)の消し方は?

→御中・様を書く時は、行(宛)を消してから書くようにしましょう。

また、書く時は定規を使うようにしてくださいね。

 

宛名が縦書きの場合

→縦に2本、もしくは右上から左下に2本、線を引く。

 

宛名が横書きの場合

→横に2本、もしくは右上から左下に2本、線を引く。

 

行(宛)を消した後は?

→行(宛)を消した後は御中か様を書きますが、どこに書けばいいのでしょうか。

縦書きの場合と横書きの場合に分けて紹介します。

 

宛名が縦書きの場合

→消した「行(宛)」の真下、もしくは左横に書く。

 

宛名が横書きの場合

→消した「行(宛)」の右側、もしくは下側に書く。

 

このように、まず行(宛)を消した後に、様または御中と書くようにします。

 

きれいな字ならジェットストリーム

 

相手に郵便物を送る場合、御中と様の使い分けも勿論大事ですが、

一番の基本は「丁寧で読みやすい字で書く」という事です。

 

例えきちんとした使い分けができていても、字が汚くて読みにくかったりすると

「これ何て読むんだろう?」と相手によけいな手間を作らせてしまいます。

 

そこでおすすめなのが、こちらのジェットストリームのボールペンです。

ジェットストリームは文字を書く人から絶大な人気を誇るブランドで、

滑らかで書きやすくインクもスラスラと出るのが特徴です。

 

値段も安価で手を出しやすく、家に一歩なると便利なボールペンですよ。

 

丁寧で読みやすい字を書きたい時は、

ぜひこちらのジェットストリームのボールペンを

使ってみてくださいね。




スポンサーリンク





関連記事:漢数字の縦書きで日付・西暦や生年月日・0の書き方は?

最後に

御中と様の違いはっきりしているので、

どっちを使うかについては分かりやすいと思います。

 

ここではさらに詳しい使い分け方を紹介しましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

また御中と様の併用はNGです。

どっちか片方だけを使うように気をつけましょう。





スポンサーリンク


サブコンテンツ