Pコートはいつからいつまで着る?時期や気温の目安は?

冬の定番アウターといえるPコート。

フォーマルな場でも活躍できますが、カジュアルな着こなしもできるので

Pコートはファッションアイテムとして大変使い勝手がいいですよね。

 

寒くなってから仕舞い込んでいたコートを取り出すと思いますが、

いざコートを着たところ暑くて汗をかいてしまったりと、

いつから着るか悩みますよね。

 

今回はコートの着始める気温の目安や、

Pコートがいつからいつまで着れるか見ていきたいと思います!

コートを快適に着こなす参考にしていただければ幸いです。




スポンサーリンク






コートの着始める時期の目安はその日の気温で判断!

寒くなってからコートを着るといっても、

なかなか着始めの時期を見極めるのは難しいですよね。

午前中は冷え込んでいたとしても、

午後は気温が高くなりコートを着ていると汗をかいてしまうこともしばしばあります。

 

コートをいつから着るか悩ましいものですが、

着始める時期はその日の気温がどのくらいかで判断することができるんです!

 

まずは基本的な服装の目安を気温ごとに見ていこうと思います。

 

一日の最高気温で見る服装の目安

21度以上:長袖シャツ

20度以下:薄手のニット、パーカーなど暑さを調整しやすい秋冬用ユニット

15度以下:セーター、ベストなど厚手の冬用ユニット

10度以下:厚手のコート、マフラーなど防寒アイテム必須

 

上記を見ると最高気温が15度以下となり始めるところで、

冬物コーデへと移行し始めるのがベストとされているようです。

 

このためコートを着始めるおおよその目安の気温は、

「最高気温が15度以下」と言われております。

 

15度となるとまだまだ暖かいような感じもしますが、

体感では結構寒いものです。

風が強かったりすると尚のこと寒く感じます。

 

一日の最高気温が15度以下となり始める時期は、

東京ではだいたい11月下旬頃からとなります。

コートの着初めの時期はいつからかと聞かれれば、

11月下旬からということになりますね。

 

また、一日の平均気温で服装の目安を決めることもできます。

 

「平均気温が12度以下」となってきたら、

コートやマフラーなどの防寒対策を十分にしておくといいと言えます。

 

最高気温の予想が20度近いときでも、

早朝の気温が10度程度の場合は平均気温が12度以下となりますよね。

こんなときは夜からかなり冷え込みがきつくなると予想されるので、

コートを用意しておくといいでしょう。

 

平均気温はすぐに確認できるものではないので難しいですが、

東京で一日の平均気温が12度以下となり始めるのは11月中旬です。

 

コートの着初めとしては、11月中旬からがいと言えます。

 

店頭では季節に先駆けて10月中頃から冬物コートなどが並び始めますよね。

気温を目安にして11月から着始めることができる様に市場が整えられますので、

ぜひとも11月頭には冬物コーデを用意しておくといいでしょう。

 

今では天気予報でその日の最高気温の予測を確認できますので、

それを見てコートを着るか判断できますね!

あくまでもいつから着ればいいのかの目安となりますので、

少しでも寒いと感じたときは早めにコートを用意して出かけてくださいね!




スポンサーリンク






関連記事:ウールコートはいつからいつまで着れる?時期・気温やおすすめの服装もご紹介!

人気のファッションアイテムであるPコートについて

コートといえばトレンチやダッフルなどの種類がありますが、

中でも一番使い勝手がいいコートとして人気なのはPコートでしょう。

幅広い年齢に愛用されており、

コートの中でもPコートは代表的なファッションアイテムと言えます。

 

Pコートはもともと軍服として用いられていたコートで、

リーファーカラーと呼ばれる大きな襟が特徴的なコートです。

防寒性に優れるメルトン生地が使われ、

縦に切込みが入っているマフ・ポケットと呼ばれるデザインもまた特徴的ですね。

 

また2列に並んだデザインのボタンも特徴的で、

風向きにより左右のどちらでもとめることができる様にと

配慮されたデザインとなっております。

 

イギリス海軍の軍服として着用されていたのがもとですので、

厳しい条件下でも体温を維持できるよう機能性が重視されております。

 

元が軍服ということもあり機能性や作業性が重視されているデザインですが、

すっきりとしたデザインが様々なコーデに合わせやすいので、

Pコートを一着持っているだけで冬物コーデを存分に楽しむことができます。

 

機能性とデザイン性を兼ね備えている点がPコートの人気の秘訣なのでしょうね!

Pコートをお持ちでない方は、

今年の冬はPコートを用意してはいかがでしょう?




スポンサーリンク





関連記事:雨の日に髪の毛が広がらない方法!スタイリング剤のおすすめもご紹介!

Pコートはいつからいつまで着れるか

厚手のウールなどのメルトンで作られているPコートですが、

ではPコートはいつからいつまで着る事ができるのでしょうか?

 

メルトンで作られているPコートは防寒性に優れているため、

一日の平均気温が12度程度だと多少暑く感じる場合があります。

このためPコートの着始めは11月後半から12月がいいでしょう。

 

11月後半からは気温の高下も落ち着き、すっかりと冬模様が強くなります。

Pコートは厚手でとても暖かいので、冬本番から活躍し始めるコートですね。

 

Pコートは厳しい条件下でも体温を維持できるよう作られているため、

極寒の中でも大変暖かく過ごすことができます。

大きな襟を立てて首周りの風を防ぐこともできるので、

冬本番で大変重宝するアイテムです。

 

冬が終わり春に向けて気温が上昇してくると、

コートの季節もまた終わりますね。

一日の平均気温が12度以上となり始めるのは、

東京でだいたい3月下旬から4月頃となります。

 

Pコートを快適に着る事ができる気温の目安は一日の平均気温が10度以下ですので、

4月に入る頃には少し薄めのトレンチコートなどに移行するのがいいと言えます。

 

Pコートがいつからいつまで着れるかとすると、

11月後半から3月後半までが目安となります。

 

Pコートはいつからいつまでであれば快適に着れるかお分かりいただけたと存じますので、

これで安心してPコートの冬物ファッションを楽しめますね!

関連記事:革バッグの汚れの落とし方!クリーナーのおすすめもご紹介!

オススメのPコートをご紹介!

ユニセックスデザインのPコートです。

男女問わず自然に着れるデザインですので、

Pコートのお試しとして購入するのもいいでしょう。

カラバリも豊富ですし、値段も手ごろですので、

Pコートが初めてという方はこちらを選んでみてはいかがでしょう?

 

コスパ最高のメンズPコートです!

コスパだけではなく、丈夫で防寒性に優れているところも素晴らしいPコートです。

シックに決められるダーク系の色の他に、

チェックやボーダーなどカジュアルに楽しむことができる種類の豊富さも嬉しいです。

Pコートを新調される際は、こちらの商品がおススメですよ!

 

すっきりとした細見のシルエットに、

大胆に大きく空いた胸元の襟がポイントのレディースPコートです!

アウターとして羽織るだけでもよし、ピシッと着こなして格好良く決めるもよし。

パーティーなどのフォーマルな場面はもちろんですが、

場面を選ばず着れるデザインはカジュアルな着こなしでも気品を演出。

コートの購入に迷っている場合は、このPコートでびしっと決めるといいですよ!




スポンサーリンク





関連記事:大学生のバッグ!メンズの人気ブランドをトート・リュックについて詳しく解説!

最後に

いかがでしたでしょうか。

コートは寒くなってから準備するものですが、

着初めの時期やいつまで着ることができるのかがわかるっていると、

いざという時に困らなくて安心できますよね。

慌てて冬物コートを引っ張り出して汗だくになることも回避できますし!

 

店頭に冬物が並び始めたらと言った形で準備するのもいいと思いますが、

そろそろかなという目安が分かっていると

ファッションをより楽しむことができるものと思います。

 

今回はPコートの着る時期についての目安をご案内しましたが、

冬物コーデを楽しむための参考にしていただければ幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!





スポンサーリンク


サブコンテンツ