秋の魚といえば?秋に旬の魚介類をご紹介!

栄養豊富だといわれる魚ですが、処理が面倒なことに加え、

調理の仕方が分からずついつい簡単に焼くぐらいしか調理することがなく、

魚を食べる機会が少なくなっているということはありませんか。

 

最近では養殖や冷凍技術の進化もあり、

一年を通して色々な魚を見たり食べたりする機会が増えていますが、

元々旬の由来は魚からきています

古代から朝廷で行われていた旬義という行事があり、

その行事が行われる季節に、一番美味しいものが献上されていたのです。

 

ただ骨が多く食べにくいといったことや、食べやすさなどから肉料理が多く、

子供が食べたがらないこともあり、魚料理が食卓にあがる機会が減ってきています。

魚だけでなく、野菜や果物も、

旬の時期が最も美味しく、また栄養が一番あるとされています。

 

今回は食べ物が美味しい季節である秋に、旬を迎える魚をご紹介します。

旬ならではの栄養やその効能も合わせてご紹介します。




スポンサーリンク






秋の魚といえば?秋に旬の魚介類<魚編>

秋は冬に向けて栄養をため込むため、どの魚も脂が乗って美味しくなります。

さらにこの時期には産卵の時期であるため、

他の時期が旬の魚がまた旬の時期になることもあります。

 

秋はたくさんの魚が旬となるため、全てを紹介しきれませんが、

秋にこそ食べたい魚を厳選してご紹介します。

 

秋刀魚

秋に旬を迎える青魚の中でも、秋を代表する魚といえば秋刀魚です。

青魚が多く含んでいる脂肪酸の一種である、

ドコサヘキサエン酸とエイコサペンタエン酸が豊富で、

この2つの脂肪酸はコレステロールを減らし、酸化を予防します。

その結果血行の改善、固くなりがちな血管をしなやかに健康に保ちます。

 

内臓に苦みがありますが、処理しなくても丸焼きにすることで食べられるため、

魚の処理が苦手な方にもおすすめの魚です。

 

アナゴ

半田 太一さん(@handataichi)がシェアした投稿

 

穴に潜り込む習性があることから「穴子」と呼ばれています。

天ぷらやお寿司、西日本では煮穴子や焼き穴子でも食べられています。

 

免疫力を高める働きのあるビタミンAと、

コレステロールを減らしてくれるオレイン酸が豊富に含まれています。

カルシウムと、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも一緒に含まれています。

 

タチウオ

みゆさん(@tyun555)がシェアした投稿

その姿が、太刀のように真っ直ぐなことから名付けられた魚です。

塩焼きや煮物など洋風にも和風にも味わえるため、人気のある魚です。

 

タンパク質より脂質が多い魚ですが、脂肪酸であるオレイン酸は、

悪玉コレステロールを減らす効果があります。

また脂肪酸のエイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸も含まれていて、

こちらには血液を流れやすくサラサラにする効果があります。

 

カサゴ

jtさん(@niagara16)がシェアした投稿

頭や背びれ、腹びれに鋭い棘があり、住んでいる場所の水深で姿が黒や赤に変わります。

クセのない味の魚なので、

煮付けや塩焼き、刺身や鍋など多種多様な料理に使われます。

 

カサゴは脂質が少なく、高タンパクで低カロリーです。

またビタミンB群を始めとしてビタミン類が豊富で、

ナトリウム、カリウム、カルシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。




スポンサーリンク






サケ

Ken-ichiro Katoさん(@ka_to_ken)がシェアした投稿

奈良時代、平安時代には、都への贈り物とされていたサケ。

産卵のために川に戻ってくるサケは、大量のイクラを持っており、

産卵のために栄養をため込み美味になっています。

 

消化吸収のよいタンパク質が豊富で、

脂肪酸のドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸には

血液の流れをよくし、コレステロールを抑える働きがあります。

さらに抗酸化作用で老化を抑える、ビタミンEも多く含んでいます。

 

カレイ

遠藤浩太郎さん(@ek_taro)がシェアした投稿

カレイには様々な種類がありますが、一般的に旬は産卵期となる秋です。

新鮮なものは刺身に、また煮付けや塩焼き、ムニエルなどでも美味しく食べられます。

 

カレイはどの種類も脂質が少なく、アミノ酸が豊富です。

特に注目したいのは、ビタミン類、特にB群が豊富であることです。

皮膚や口などの粘膜の健康の維持に必要なビタミンB1、

脂質の代謝に働きかけるビタミンB2や、貧血を予防するビタミンB12などがあります。

さらにカルシウムの吸収を助けるビタミンDや抗酸化作用のあるセレンも豊富です。

 

サバ

conzaghiさん(@conzaghi)がシェアした投稿

サバは秋刀魚と同じく青魚で、秋には脂が乗って丸々と肥えるため美味しい魚です。

脂肪酸であるドコサヘキサエン酸とエイコサペンタエン酸の他、

カルシウムの吸収を助ける働きのあるビタミンD、

造血に必要なビタミンB12やミネラルの一種で抗酸化作用のあるセレンも含んでいます。

 

豊富な脂質があるため、体力作りにもおすすめ。

夏の疲れで弱った体のためにもぜひ食べたい旬の魚です。

 

カツオ

kobaさん(@maguro117)がシェアした投稿

カツオの旬は春と秋ですが、秋のカツオは「戻りカツオ」と呼ばれ、

春よりも体が成長し、

さらに大きくなって脂が乗っていることで、より美味しくなっています。

 

カツオは魚類の中でも、最も多く鉄分とビタミンB12を含んでいます。

鉄分は赤血球の生成に、ビタミンB12は造血に関わっていて、

どちらにも貧血を予防する効果があります。

さらに疲労回復効果のあるタウリン、肝臓の機能を助けるナイアシンも豊富です。

 

高知名物のカツオのたたきを味わえるセットです。

オリジナルのタレと塩で、本場で食べるのと同じ味が楽しめます。

一年中、脂ののった戻りカツオが楽しめるのはうれしいですね。




スポンサーリンク





秋の魚といえば?秋に旬の魚介類<貝類他編>

秋の旬の食べ物は、魚はもちろんですが、

貝類やエビ、イカなどにも多くの旬があります。

栄養豊富な貝類で、おすすめしたい秋の旬をご紹介します。

 

牡蠣

Yo Mokさん(@yocatmomo)がシェアした投稿

海のミルクと呼ばれる牡蠣は、夏が産卵期であることから、

秋が深まり冬にかけてが旬となります。

 

牡蠣は低脂肪でありながら高タンパクで、アミノ酸やビタミン、

ミネラルといった栄養がバランスよく含まれています。

中でも食品の中でもトップクラスの含有量である亜鉛、

肝臓の機能を高めるグリコーゲン、貧血を改善する鉄、

疲労回復に必須であるタウリンなどが豊富です。

 

大粒の牡蠣をたくさん食べたい、そんな贅沢をかなえてくれるのがこちらの商品です。

バラで冷凍してあるので、

食べたいときに食べたい分だけ取り出して食べることが可能です。

旬の時期に食べにいけない方には、ぜひおすすめしたい一品です。

 

はまぐり

松永真一さん(@shin_ichi_)がシェアした投稿

古くから親しまれてきた貝類の一つで、大きさによって値段が変わります。

お吸い物や蒸し煮の他、鍋やスープ、ブイヤベースなどにも使われます。

そのまま焼く焼きハマグリも人気があります。

 

良質なタンパク質に加えて、亜鉛やナトリウムなどのミネラル、

造血の材料で貧血予防になるビタミンB12も豊富です。

ビタミンB12は、他の魚介類の中でもトップクラスの含有量です。

さらに肝機能を高めるタウリンも豊富に含まれています。

 

なまこ

三枚目助五郎さん(@3maime_sukegoro)がシェアした投稿

見た目がグロテスクで、食べるのが苦手という人も多いなまこ。

身を酢の物にする他、内臓を塩からにした「このわた」も美味です。

食わず嫌いをするにはもったいないほど、豊富な栄養を含んでいます。

 

貧血を予防するビタミンB12、骨を作る際に必要なマグネシウム、

代謝を活発にするために欠かせないヨウ素、抗酸化作用のあるセレンも豊富です。

さらにアレルギーや炎症に対抗する作用のある、パントテン酸も含んでいます。

 

タコ

タコにもいくつかの種類がありますが、日本で多く食べられているのはマダコです。

身ももちろんですが、卵も美味しく食べられます。

酢の物や、新鮮なものは刺身にすることもあります。

煮物や天ぷら、ゆでだこなど様々な食べ方があります。

 

肝臓の働きを助けるタウリンが豊富で、アミノ酸も豊富です。

脂質が少なく良質なタンパク質を含んでいますが、

消化に時間がかかる食べ物なので、食べ過ぎや胃腸が弱い人は食べ過ぎに注意が必要です。

 

シャコ

お寿司のネタで有名なシャコも、秋が旬となっています。

高タンパクで低脂肪であり、

魚に含まれるドコサヘキサエン酸とエイコサペンタエン酸が豊富で、

脂肪を排出する働きのあるアミノ酸のベタイン、

抗酸化作用のあるアスタキサンチン、肝臓の働きを助けるタウリンも含まれています。

 

エビやカニよりもアミノ酸が多く含まれているだけでなく、

亜鉛やビタミンB1が豊富なので、

代謝を促進し、免疫力アップにもおすすめの食材です。

関連記事:秋の風物詩・行事食といえば?行事やイベントは?

 

イセエビ

伊勢湾で多く取れることから名付けられたエビ。

冠婚葬祭などの他、お正月の飾りにも使われます。

身は甘く、みそもうま味が強く、どこを食べても美味しい食材です。

新鮮なものだと刺身にしたり、しゃぶしゃぶや味噌汁焼いて食べるのもおすすめです。

 

低カロリーで高タンパクなことに加え、

美容に効果のあるコラーゲン、抗酸化作用で老化を防ぐアスタキサンチンが豊富です。

細胞の老化を防ぐビタミンE、免疫力を高めるキトサン、

肝臓の機能を高めるタウリンも豊富です。

 

スルメイカ

Shinji Fujitaさん(@hagechu)がシェアした投稿

身近な食材で、日本人にはおなじみのスルメイカ。

お酒のおつまみとしておなじみですが、もちろん新鮮なものは生でお刺身に、

また煮込みや焼いたり、天ぷらにするのもおすすめです。

 

高タンパクで脂質が少なく、低カロリーで、

うま味の元となるタウリンは、肝臓の働きを助けてくれます。

免疫力アップに必要な亜鉛、ビタミンD以外のビタミンを全て含み、

エネルギーの代謝や肌や粘膜の生成や補修に働くナイアシンが特に豊富です。




スポンサーリンク





関連記事:電子レンジで揚げ物をサクサクにする温め方!冷凍の場合も詳しく解説!

最後に

秋が旬の魚介類を、その栄養と効能と共にご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

魚は海を回流するもの、川から海へ、また海から川へと、

繁殖やエサの豊富な場所を求めて移動します。

今は季節に関係なく魚を食べることができますが、

旬の魚は栄養がいつも以上に盛りだくさんで、味も格別です。

 

今回ご紹介した魚を、ぜひ旬に食べてみてください。

きっとその味の素晴らしさに、虜になること間違いなしですよ。





スポンサーリンク


サブコンテンツ