お宮参りの時間帯や日取りはいつがいい?かかる時間はどのくらい?

赤ちゃんが生まれると「お宮参り」という行事があります。

 

ただ、生まれたばかりの赤ちゃんを連れていくという事で

あまり長居はしたくないですし、できればあまり寒くない日がいいですよね。

 

そこでここでは、お宮参りの時間帯はいつなのかやおすすめの日取り、

お宮参りにかかる時間はどのくらいかを説明します。

 

赤ちゃんのお宮参りを考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク






お宮参りとは?

お宮参りの時間帯がいつなのかやおすすめの日取り、

お宮参りにかかる時間はどのくらいかを説明する前に、

まずは「お宮参りとは何なのか」について軽く説明します。

 

お宮参りは生まれて一か月程度の赤ちゃんを

地域の神社に連れて行きお参りをする行事です。

 

赤ちゃんの年齢は具体的にいつなのかというと、

古くからの風習に従えば男の子なら生まれて31日目、

女の子なら32日目にお宮参りに連れて行きます。

 

ただし、今ですとそこまでしっかりいついつと日にちが決まっている訳ではなく、

また冬などにかかると外の気温の関係もあるので

お宮参りは100日祝いの前くらいまでに済ませればいいという風になっています。

 

そんな小さな赤ちゃんを連れて何をお参りするかと言うと、その地域の氏神様に

「新入りです」とあいさつする事でその地域の子として守ってもらうのと同時に、

健やかな成長をお願いする為にお参りするのがお宮参りです。

 

つまり、「その土地の神様に赤ちゃんの顔を見せに行く」という事ですね。

 

強制ではないので絶対に行かなくてはいけないというものではありませんが、

神社はあちこちにあるので時間がある時に

近くの神社にさっとお参りしに行くという人は多いですよ。

 

また昔からの風習で言えば、お宮参りは母親は参加せず、父親と父方の祖父母が行きます。

赤ちゃんはどうするのかというと、父方の祖母が抱っこする事になっています。

 

ですが最近はそのような事はあまりなく、

むしろ小さい赤ちゃんを母親から離すと母親も赤ちゃんも不安定になる為

赤ちゃんを抱っこした母親と父親、ついでに祖父母が来るという形も多いです。




スポンサーリンク






お宮参りの時間帯や日取りはいつがいい?

では、お宮参りの時間帯や日取りはいつがいいのでしょうか。

まず時間帯から見て行きます。

 

お宮参りはただ神社の外にある鈴緒をガラガラと鳴らすだけの場合と、

事前に連絡をして神社の中で神主さんに祈祷をお願いする場合の2パターンがあります。

 

どちらも立派なお宮参りです。

 

さて、お宮参りをする時に気を付けないといけないのは気温です。

 

神社の外でお宮参りをする場合は勿論外の気温を気にしなくてはいけませんが、

祈祷を行う神社の中も、きちんと暖房設備が整っている所はあまりありません。

ですからどちらの場合でも「過ごしやすい気温」を考えてお宮参りの時間を決めましょう。

春秋冬であれば、一番日が昇り外が暖かくなる午後1時~3時頃がおすすめです。

 

夏であればその時間帯は逆に暑すぎるので、

朝の9時~10時半頃、または夕方の4時~5時頃までがいいでしょう。

 

 

次に日取りを見て行きましょう。

お宮参りの日取りですが、

まず大事なのは「赤ちゃんを外に連れ出せる状況かどうか」です。

 

お宮参りはさきほど

「男の子で生まれて31日目、女の子で生まれて32日目」と書きましたが、

31日目・32日目が夏真っ盛りの8月、冬真っ盛りの2月ですと、

当然赤ちゃんが外出するには危な過ぎるのでやめておいた方がいいと言えます。

 

また、未熟児でNICUから出たばかりの赤ちゃんを連れて行くのもおすすめできません。

 

季節が悪い場合は、1~2ヶ月ほど先延ばしにして

気温がもう少し落ち着いてからにしましょう。

 

また赤ちゃんの体がまだ弱ければ、

それも先延ばしにして体力がついてからでも遅くありません。

 

確かに神様への挨拶は大事ですが、お宮参りは赤ちゃんに辛い思いをさせてまで

その時に挨拶を強行するものでもありません。

 

親も赤ちゃんもニコニコしながらのんびりお宮参りできる季節や日取りを選んでください。

 

また、日取りで気になるのが「六曜」ですね。

六曜の中でも「大安」の日は縁起がいいという事でお宮参りには人気です。

 

神社に祈祷を頼む場合も大安の日は多いので、大安にこだわりたい方は

早めに神社に予約しておく事をおすすめします。




スポンサーリンク





お宮参りにかかる時間はどのくらい?

赤ちゃんの為のお宮参りとは言え、

あまりに長すぎると赤ちゃんもお母さんもきついですよね

 

実際、お宮参りにかかる時間はどのくらいなのでしょうか。

 

ではここで、祈祷有りの場合のお宮参りの流れを見てみましょう。

※祈祷してもらう場合は、事前に神社に電話をして予約を取る必要があります。

 

1.体を清める

神社に付いたら、まずは手洗い場である「手水舎(ちょうずや)」で体を清めます。

具体的には、まず手を片方ずつ桶で洗い、次に口の中を水でゆすぎます。

これは大人だけで、赤ちゃんは必要ありません。

 

2.神前で2礼2拍手1礼

体を清めたら、次は神前(お賽銭と鈴緒がある所)で挨拶をします。

 

具体的には、まず2回頭を下げ、その後に2回パンパンと手を叩き、

そして最後に1回頭を下げます。

 

この動作は初詣でも行う基本的なお参りの動作なので、

「2礼2拍手1礼」と覚えておくと将来子供に教える事もできるので便利ですよ。

 

3.受付

神前でのあいさつが済んだら、

事前に神社に祈祷の予約をしていると思いますので神社の受付に行きます。

 

受付の手続きをし、祈祷の料金である祈祷料もこの時に払います。

 

4.祈祷

受付が済んだら、神社の中で直接神主さんに祈祷をしてもらいます。

祈祷はだいたい20分~30分程度です。

 

私もお宮参りで祈祷してもらいましたが、その時は20分くらいでした。

そんなに長くはありませんし、緩い儀式なのでそこまで緊張する事もありません。

 

祈祷が済んだらお祝い酒をおちょこでもらう事もありますが、

授乳している人・人工ミルクだけどアルコールを控えている人は断っても大丈夫です。

 

お宮参り自体はここで終了です。

 

お宮参りにかかる時間はどのくらいかと言えば、

体を清める所から計算しても、全部で40分くらいですね。

祈祷の時間を入れない場合はもっと短く、15分くらいで終わります。

 

またお宮参りで赤ちゃんが騒がないか心配な保護者も多いですが、

外や神社はまだまだ赤ちゃんにとっては珍しいので、

お宮参り自体は大人しくしている赤ちゃんも多いですよ。

 

またここからは各家庭の流れになりますが

 

5.写真撮影

もし赤ちゃんにしっかりとした着物やドレスを着せている場合は、

この後神社で写真撮影をしたり、そのまま写真屋さんへ記念写真を取りに行ったりします。

 

6.会食

お宮参りに祖父母が来ていたりすると、赤ちゃん披露のついでに会食をする家族もいます。

 

勿論赤ちゃんやお母さんの体調を考えて、

写真撮影や会食はなしにする、神前だけの挨拶にするなど自由に計画を変えて大丈夫です。

関連記事:赤ちゃんの服装9月・10月・11月は?秋服について詳しく解説!

お宮参りの服装は?

さて、お宮参りの時間帯や日取り、かかる時間は分かったと思いますが、

お宮参りの服装も気になりませんか?

 

特に祈祷までしてもらう場合は、

神主さんに対して失礼な服装でないかと心配になると思います。

 

そこでここでは一般的なお宮参りの服装について説明します。

 

1.赤ちゃんの服装

お宮参りの場合、赤ちゃんの服装は大きく分けて3種類あります。

 

着物

ベビードレス

ロンパースなどの普段着

 

祈祷ありでしっかりお宮参りする場合は、①の着物か②のベビードレスがおすすめです。

 

・着物

 

赤ちゃんが着るお宮参りの衣装と言えば、

イメージするのはこのような華やかな着物ですよね。

 

昔はそれこそ絹で作られた高い着物を着せていましたが、

赤ちゃんは高級な着物だろうと何だろうと

涎を零したりミルクを吐いたり下手するとオムツから漏れた排泄物で

着物を汚す事もあります。

 

ですから今はこちらのように安価な着物が人気です。

またこちらの着物で使われているようなポリエステルは

実際に見たらやや安っぽく感じますが、発色が良く写真写りには最適です。

 

ですから記念写真をバシっと決めたいという方にもおすすめです。

 

・ベビードレス

 

見た目の可愛さから、②のベビードレスを選ぶ人も多いです。

 

着物は汚すとクリーニングが大変ですが、ベビードレスは安価なので

涎やミルクを吐いてしまってもそこまで気になりません。

また、ベビードレスは白いので汚れも目立ちません。

 

着物を着せて赤ちゃんが汚さないかヒヤヒヤしたくない方は、

ベビードレスで済ませるのもおすすめです。

 

「神社に行くけど神前でさっとお参りだけしてすぐ帰る」という場合は

ロンパースなどの普段着で大丈夫です。

 

特に里帰りなどせず夫婦だけで赤ちゃんを育てる場合は

子育てでくたくたになっている事も多いです。

 

それに加えて全員で身綺麗な恰好をしてお宮参り、という余裕はないという方も多いので、

その時はただの気晴らしのつもりで

普段着で散歩がてら神社にお宮参りというものでもいいんです。

 

2.お母さんの服装

お母さんの場合も3種類あります。

 

着物

ワンピースなどの洋装

普段着

 

祈祷有りでしっかり神社にお参りする場合は

①の着物か②のワンピースなどの洋装がおすすめです。

 

授乳している場合はお乳を出すのが大変なので、

着物よりはワンピースなどの方が良いでしょう。

 

・授乳口のあるワンピース

 

「赤ちゃんを生んだら体型が元通りになる!」

と思っている方も多いかもしれませんが、

実際は赤ちゃんを守る為にお母さんのお腹の皮膚がたくさん脂肪を溜め込んでいますので

赤ちゃんを産んでも体重はプラス3~4kgのままです。

 

赤ちゃんが生まれて1ヶ月だと育児に追われてダイエットする暇もなく、

体重が増えたままのお母さんも多いです。

 

ですからお宮参りのおすすめの服装としてはお腹が少し出ても目立たない、

こちらのようなマタニタィ仕様のワンピースがおすすめです。

 

特にこちらはシックなデザインながら授乳口がありますので授乳しやすく、

お母さんに優しい作りになっていますよ。

 

またお母さんの場合は授乳してようとしてまいと母乳が出る事があるので

服に染みないように母乳パッドを忘れないようにしましょう。

 

神社で軽く神前で挨拶するだけという場合は、

特に畏まった服装をする必要はないので普段着でかまいません。

 

3.お父さんの服装

お父さんの場合も3種類あります。

 

着物

スーツ

普段着

 

祈祷有りでしっかり神社にお参りする場合は①の着物か②のスーツがおすすめです。

新生児を抱えていると、お母さんはとてもお父さんの服装までは気が回りません。

 

着付けなどができない場合は、着なれない着物よりはスーツの方が良いでしょう。

 

神社で軽く神前で挨拶するだけという場合は、お父さんの方も普段着でかまいません。




スポンサーリンク





関連記事:赤ちゃんが寝てる時もがく・動く!理由や対処法について詳しく解説!

最後に

お宮参りは小さい赤ちゃんを連れていくので、

赤ちゃんや子育てが大変なお母さんの体調を第一に考えて時間帯や日取りを決めましょう。

 

お宮参り自体にかかる時間は祈祷を入れても40分程度なので、

そこまで長くはありません。

 

あまり気負いせず、儀式ではなく「神様に赤ちゃんの顔を見せに行くだけ」

というリラックスした気持ちで臨むといいですよ。





スポンサーリンク


サブコンテンツ