タンスの数え方!単位の由来や引き出しの数え方も詳しく解説!

引き出しのついた大きな家具、タンスといえば嫁入り道具として

どこの家にも立派なものがありました。

最近ではコンパクトな家具も増え、

またクローゼット付きのアパートなどでは、

家具なしでも暮らしていけるようになっています。

 

そういったことから、いざタンスを数える時に、

「そういえばどう数えるんだったっけ?」となったりしませんか。

箱みたいな形だし、1個2個と数えればいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、

実は特殊な数え方をするのです。

 

今回はタンスの数え方の由来や、タンスについている引き出しの数え方など

知っているようで知らないタンスの常識をご紹介します。




スポンサーリンク






タンスの数え方!その単位は?

タンスの数え方は「棹(さお)」です。

それはタンスの形状や持ち運びの方法が由来とされています。

 

タンスとは、引き出しや開き戸がついており、衣類や食器、茶器や書物などを

納めておく家具のことをいいます。

漢字では箪笥、もしくは担子と書きます。

 

中国では箪と笥は別々のものをいい、箪は竹製の丸い容器、

笥は食べ物や物を入れる容器のことをいいます。

この漢字が伝わる前には、担子と書かれ、持ち運びのできる大きさの箱のことを

いっていました。

戦の時に必要となる武器を入れたり、城から持ち出す茶道具などを入れていたのです。

 

しかし戦国の時代が終わり、江戸時代に入ると大量の服や持ち物を収納する必要が

出てきました。

そこで考え出されたのが、引き出しのついたタンスです。

 

ただし箱形の木製である長持や、竹で作られた行李とは違い、

タンスは材料が多く、また作れる技術を持つ人も少なかったことから、

当時はとても高価なものでした。

江戸時代末期になると、貧しい庶民にもタンスは手に入りやすい家具となり、

だんだんと大型化してきました。

 

当初は持ち運べるような大きさだったタンスですが、

大きくなるにつれ持ち運びはできなくなっていきました。

それでもタンスの数え方である「棹」はそのまま引き継がれたのです。




スポンサーリンク






タンスの数え方!その由来は何?

タンスが普及する前、江戸時代の半ばぐらいまでは

庶民の家具は長持か行李でした。

 

長持は人が入ることができるほどの大きさがあり、

火事の多かった江戸では、すぐに持ち出せる長持に車輪をつけた

今でいう大八車のような車長持が流行していました。

 

火事や地震があった時に、長持ごと運び出して避難すればいいので、

多くの庶民が愛用していましたが、江戸時代最大の火事といわれる

明暦の大火で、車長持による渋滞が起きたことで死者が増大しました。

この火事をきっかけに、車長持は幕府から禁止されます。

その代わり、長持に棹を渡し、担いで持ち運びをするようになりました。

 

同じ頃に普及し始めたタンスも、金具をつけて棹を通し、

持ち運べるように作られました。

このことから、タンスは1個2個といった呼び方数え方ではなく、

1棹、2棹、というタンスだけの特別な数え方をするようになったのです。

 

ただし現代では、タンスのことを棹ではなく、「本」、「台」、「点」といった

数え方もします。

 

 棹を通したことからの数え方、業界では家具全般を「本」で数える

 他の大型家具と同じ数え方

 家具店などでの数え方

 

タンスだけでなく他の家具も一緒に数える時には、

別の呼び方になりますので、その点は注意が必要です。




スポンサーリンク





タンスの数え方!引き出しはどう数えるの?

タンスは基本的には引き出しがついています。

ただこの引き出し、どう数えればいいのか知らないということはないでしょうか。

 

一般的に、引き出しの数え方としてよく使われるのは「段」です。

三段タンスや二段タンスといった呼び方は、

耳にしたこともある人は多いのではないでしょうか。

 

ただ、段で引き出しを数えると、一段に一つしか引き出しがない場合はいいのですが

一段に2つや3つ引き出しがある場合は、ややこしくなってしまいます。

そのため、引き出しは「本」という数え方をします。

 

ただし「杯」という数え方をする引き出しもあります。

これは事務机など、机についている引き出しや、食器棚の引き出しの数え方です。

タンスのように引き出しが多くある家具は、本が正しい数え方だと覚えておきましょう。

 

またタンスを数える時には、下から1本、2本と数えます。

これはタンスの大きさによって引き出しの数が違うため、

必ずある1番下の引き出しから、上に向かって数えるのです。

このことも忘れないようにしておきたいですね。

関連記事:訂正印の押し方!日付や複写・複数行の場合はどうする?

タンスにも色々種類がある!どんなタンスがある?

タンスは古くから日本人の生活には欠かせない家具として、

今も伝えられています。

それぞれのスペースや用途に合わせて、様々なサイズのタンスが

作られ、アンティーク家具として価値あるものも多くあります。

 

現代ではサイドボードやリビングボードとも呼ばれることがありますが、

こちらは洋家具とも呼ばれ、昔ながらのタンスは和だんすと呼ばれます。

引き出しなどの細工や、表面の飾りなど細かく仕上げられていることから、

日本独自の家具ともいわれます。

 

階段箪笥

階段下のスペースにぴったりはまるように作られたタンスで、物を多く持つ

商家で多く使われたタンスです。

 

船箪笥

船の中で使われていたタンスで、盗難防止のために

からくりの細工がされていました。

船が壊れても壊れないよう頑丈に作られた今の金庫のようなタンスです。

 

衣装箪笥

衣類を収納するタンスで、今にも残っているベーシックなタイプのタンスです。

アンティーク家具として知られる家具は、

装飾が施されており、金具なども立派な物がつけられています。

桐で作られたタンスは、着物などの保存用に今も広く使われています。

 

刀箪笥

刀を収納するためのもので、

引き出しが浅く作られ、刀を寝かせて並べるための工夫がされています。

武家に多く伝わっている家具ですが、現代ではあまり残っていない貴重な箪笥です。

 

この他婚礼箪笥というものがありますが、

これは洋服箪笥や和箪笥、整理箪笥など箪笥をセットにしたものを呼ぶ名称です。

また鏡台などを婚礼家具の一つとして数に入れることもあり、

嫁いだ先で長く使えるようにと、頑丈な作りのものが選ばれます。

 

これらの箪笥は、引き出しなども歪まないよう精巧に作られており、

年代をこえて長く使える家具となっています。

 

和室にぴったりの昔ながらの和箪笥です。

しっかりと作られているので、虫などに注意したい衣類の収納におすすめです。

そのままでもインテリアの顔になりますので、一棹ぜひお家に置いておきたいですね。

関連記事:月末とはいつ?何日から?末日との違いは?




スポンサーリンク





最後に

タンスの数え方や、タンスの引き出しの数え方について、

その由来や色々な数え方をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

タンスは江戸時代から作られ始め、

その細かな装飾などから海外でも人気があります。

湿気や虫除けにもなる和箪笥は幅広い使い方ができます。

ぜひお家にも置いてみてはいかがでしょうか。

関連記事:電波時計で受信しない時の対策!感度を上げる方向・場所や電池交換について徹底解説!





スポンサーリンク


サブコンテンツ