彼氏の両親との食事で支払いや場所はどうする?手土産や服装も詳しく解説!

彼氏との仲が深まってくると、彼氏の両親との食事の機会も出てきます。

食事の場で彼氏のご両親に好印象を持ってもらえれば、

その後のことも話しやすいですし、順調に交際が進められそうです。

 

一方で、印象を悪くしてしまうと、その印象を後々まで引きずってしまい、

何かと非協力的な態度をとられてしまうことも…。

 

彼氏の両親と食事の機会があるときに、好印象を与えられるようにするには

どんな工夫が必要になるのでしょうか?

今回は、場所のセッティングや支払いについて、

また、当日の自分の手土産や服装など、

彼氏の両親との食事の際に抑えておくべきポイントを紹介していきます。




スポンサーリンク






彼氏の両親との食事では、場所選びや支払いはどうするのが良い?

「彼氏の両親との食事」といっても、いくつかの場面が想像できます。

まずは、これから控えている彼氏の両親との食事会が、

どのような位置づけのものかを考えてから場所を考えましょう。

 

例えば「お付き合いしている最中の顔見せ」であれば、

あまりあらたまった場にせず、気軽で話しやすい場のほうが適切です。

逆に、「結婚の許可を得るため」という目的があるのであれば、

少し格式高いお店の個室で、ゆっくりと食事をして話し合う必要があります。

 

気軽で話しやすい場をセッティングする場合は、

他の席との間に少しスペースがあり、上品な雰囲気の場所を。

ランチであれば、お洒落な喫茶店なども良いかもしれません。

 

格式高いお店を選ぶ場合は、個室のお部屋のある料亭など、周囲の目を気にせず

ゆっくり話すことができる場所を探しましょう。

このような食事会の場合は、予算も3000円~1万円程度を意識する人が多いです。

 

また、彼氏の両親のご希望で、彼氏の実家や自分たちの家での食事になることもあります。

その場合は、お言葉に甘えましょう。

特に何も言われなければ、自分たちで外のお店をセッティングします。

彼氏の両親の食の好みなどは、事前に彼氏と確認して、心遣いをすることも大事です。

 

支払いについても、いろいろなケースが考えられます。

彼氏と自分の二人ですべての費用を負担する場合も、

自分たちの費用のみ負担する場合も、

彼氏の両親に甘えてしまう場合もあります。

彼氏の両親とのはじめての食事会の場合、お支払いをしてもらうことが多いです。

 

自分たちが費用負担をする場合は、食事会の主催者として、

相手を招く立場としての支払いになります。

スムーズにお会計ができるように準備しておきましょう。

彼氏にお金を事前に渡しておき、支払いを済ませてもらうのもスマートです。

 

自分たちの費用のみ負担する場合、

代表して会計をこちらが行う場合も、彼氏の両親が行う場合も考えられます。

特に後者の場合、お金を渡すタイミングも自然に行いたいものです。

事前に彼氏と自分の負担するお金をまとめておいて、

彼氏を通じて渡してもらうか、自分でお礼とともにお渡ししましょう。

 

彼氏の両親にお支払いをしていただく場合、

謙虚に「せめて自分の分は支払います」という姿勢を見せることが大切です。

財布も出さずにお金を出してもらうことが当たり前の態度を取ってしまうと、

気分を害してしまう可能性も考えられます。

 

事前に支払いについて話が済んでいる場合は、支払いの際に必ず再度お礼を。

丁寧な態度をとることが印象アップにもつながります。

また、一度支払いを断られたら、しつこく粘らないこと。

年長者としての面子という側面もありますので、

一度支払いを断られたら素直に感謝を伝えるようにしましょう。

 

支払いについては、事前に彼氏を通じて可能な限り話を済ませておくとスムーズです。

また、支払いをはじめとした様々な場面でも、

彼氏を立てて動いてもらうようにすると上手く行くことが多いです。

事前に彼氏とよく相談して、準備しておくと良いですね。




スポンサーリンク






彼氏の両親への手土産の選び方、予算や渡し方など!

場所選びや支払いについておおまかな方針が決まったら、

次は当日の服装や、手土産について考えます。

 

支払いを自分たちが受け持つ場合は、手土産までは不要とする場合もありますが、

当日になって、突然相手方が支払いを申し出る場合もあります。

礼儀として簡単な手土産をお渡しするほうが無難です。

 

手土産を選ぶ場合は、

まず、常温でもある程度日持ちがするものを選びましょう。

大きさもあまり大きすぎず、かさばらないものを。

相手が貰った後に困らないものを選ぶのが大前提です。

 

また、彼氏の両親にわたす場合は、彼氏の両親の好みを事前に聞いておきましょう。

彼氏に一緒に選んでもらうのも良いですね。

洋菓子や和菓子を選ぶことが多いですが、彼氏の両親の好みに合わせるのが大事です。

 

選ぶ銘柄は、「特に好きなお菓子がある」という情報を入手したときは

それを用意しても良いですし、

地元や今住んでいる所で有名なお菓子がある場合は、

そちらを持っていっても食事の際に会話が弾みます。

 

近場で急いで間に合わせた、という印象を与えないよう、渡す近所での購入は避けます。

事前のリサーチと準備は前々から行っておきましょう。

 

手土産として全国的によく選ばれるものとしては、

有名店の和菓子や洋菓子が多いです。

洋菓子であれば、フィナンシェやマドレーヌ、ラスクやクッキーなどの焼き菓子が無難。

和菓子であれば、有名店の羊羹や最中などを選ぶ人が多いようです。

 

一例として、全国どこでも使えるおすすめの手土産をいくつか紹介します。

 

洋菓子でおすすめなのは、こちらのノワ・ドゥ・ブールのフィナンシェです。

個数もあまり多すぎることなく、コンパクトにまとまりますし、

1週間程度日持ちがするので、相手方の負担にもなりません。

こちらのお店は他の焼き菓子も美味しいため、彼氏の両親の好みをリサーチして、

それに合わせたものを選ぶとより喜んでいただけそうです。

 

和菓子でおすすめなのは、とらやの羊羹です。

羊羹は手土産としては縁起がよくないとされることもありますが、

それは羊羹が「縁を切る」を連想させる、「切って」食べるお菓子であるから。

今回紹介しているとらやの羊羹は個包装のものなのでその心配もなく、

彩りも綺麗で、上品な贈り物ができる印象にもつながります。

 

予算は、2000円程度~5000円程度が無難です。

あまり高すぎず、重すぎないものを選びましょう。

とはいえ、予算やブランドに縛られすぎず、

自分が美味しいと思えるものを選んでお渡しするのが一番です。

 

手土産を渡す場合は、挨拶をした後のタイミングで渡しましょう。

相手方に荷物を置くスペースが上手く確保できそうにない場合は、

「手土産を持ってきたのですが、お荷物になってしまうと思いますので、

後ほどお渡ししますね」と一声かけておいてもOK。

 

渡すときは、「つまらないものですが…」というお決まりの文句は避けて、

「地元で美味しいと評判のお店のお菓子です」や、

「自分の好きなお気に入りのお菓子を持ってきました」

「彼氏さんからこちらのお菓子がお好きと伺いました」など、

お菓子の紹介などをしてお渡ししましょう。




スポンサーリンク





関連記事:友引とは!お宮参りや引っ越しはOK?宝くじを買うのは?

彼氏の両親と食事をするときの服装で、気をつけるべきことは?

場所や支払い、手土産について準備したら、あとはいよいよ当日です。

人は第一印象の見た目で相手の印象の大半を決めてしまうといいます。

彼氏の両親と食事をするときには、どんな服が良いのでしょうか?

 

第一に大事なのは、

「清潔感があり、華美で派手な服装でないこと」です。

いわゆる「上品な服装」といわれる装いを意識してください。

 

無難なのは、膝下丈程度のワンピースに、動きやすい形のジャケットやカーディガン。

身体のラインが出てしまったり、スカート丈が短すぎる服装はNGです。

柄もあまり派手なものは避け、落ち着いたものを。

 

もしも迷った場合は、「オフィススタイル」の服装かどうかを意識すると

ちょうどよいバランスになります。

スーツだと逆に堅苦しすぎるという意見も多いので、

適度にきちんと感があり、それでいて動きやすいものを選びましょう。

 

スカートの際は、素足はNG。必ずストッキングを履きましょう。

靴はかかとがある程度あるパンプス等が無難です。

ぺたんこ靴はカジュアルすぎる印象を受けます。

特にお座敷に上がるときは、着脱がスムーズにできるものを選びましょう。

 

鞄や服を選ぶ場合は、ハイブランドだとわかりやすいアイテムは

避けるほうが無難です。

彼氏の両親は、意外と細かいアイテムまでしっかり目を配っています。

「お金のかかりそうな子だな」という印象を持たれてしまうより、

「堅実そうだな」という印象を与えられるよう心がけると良いですね。

 

メイクやアクセサリーも、派手にならないよう「自然」な装いを意識します。

彼氏の両親が一番気にするのは、「TPOをわきまえた服装ができるか」。

普段のファッションとは異なるスタイルであっても、

今回ばかりは、落ち着いた清潔感ある服装で食事会を迎えましょう。




スポンサーリンク





関連記事:押印の読み方!敬語でお願いするときの表現はいただく?

最後に

いかがでしたでしょうか。

彼氏の両親との食事会、準備をしっかり行って、

「しっかりした人だ」という印象を持ってもらえれば、

その後のお付き合いも上手く行くことが多いです。

 

彼氏の両親との食事は不安や緊張も大きいですが

事前準備を万端にしておくことで、落ち着いて当日に望めます。

困ったときは彼氏にも相談しながら、良い結果になるようにがんばってください。





スポンサーリンク


サブコンテンツ