ディズニーランドの秋の服装!9月・10月・11月のおすすめは?

夏や冬と違って春や秋はどのような服を着て

ディズニーランドへ行けば良いのか悩みますよね。

日中は日もあたって過ごしやすい季節ですが

夜は日中と違って寒い場合もあります。

 

また普段よりもたくさん歩いたり、荷物を持ったり

はしゃいだり、といつもとはやはり運動量も違いますよね。

 

一体どのような服装で行けばベストなのか?

子供にはどのような服を着せればがいい?など

今回は「ディズニーランドの秋の服装」について

ご紹介していきたいと思います!




スポンサーリンク






9月・10月・11月のディズニーランドの秋の服装のおすすめは?月ごとにご紹介!

秋は9月から11月ごろを言いますが

この3ヶ月間で気温もだいぶ変わってきますよね。

またディズニーランドは海に近いところにあるので

比較的に風が強く、気温も低いようです。

 

夜になってくるとますますそれを感じやすくなり、

日中と同じ服装でいると寒くなってくると思います。

 

では月別でオススメの服装をご紹介したいと思います。

<9月のディズニーランドにおすすめの服装>

気温は25度~30度。

9月はまだ、夏と同じように熱中症などに

気をつけなければならない時期だと思います。

9月の中旬までは半袖半ズボンでも日中から夜まで過ごせる気温です。

 

心配な場合は薄手のカーディガンなどを準備しておくと良いでしょう。

紫外線もガンガンなのでUVカット仕様の服や帽子、

日焼け止めなどを忘れないようにするのがポイントです。

 

天気が悪く曇っていたり、最悪雨が降っていてもまだパーカーなどの

厚手の服は必要ないとおもいます。

しかし9月の下旬ころは徐々に寒さ対策も必要になってきます。

 

UVカットしてくれるおしゃれな帽子です。

どんな色でもしっかりUVカットしてくれるので

自分の好みに合った帽子を選ぶことが出来ますよ。

 

100%完全遮光のつば広ハットなので

紫外線対策にはバッチリの商品だと思います。

カラーバリエーションは全部で7色です。

 

<10月のディズニーランドにおすすめの服装>

9月がまだ夏に対し、10月は日中と夜の寒暖差が激しいので

注意が必要になってきます。

日中は20度前後、夜は10~15度くらいのようです。

日中はパーク内を移動するためあまり寒さを感じないかもしれませんが

日陰などに入るとすこし肌寒さを感じるかもしれません。

 

まだマフラーなどの防寒グッズは早いので

腰に巻けるような薄手のカーディガンやパーカーなどを

持参すると夜肌寒くなってきた時にサッと羽織れるのでオススメです。

パーク内でも薄手のパーカーなどが売られているので

我慢できないようでしたら現地で購入するのも有りだと思います。

 

紫外線をガードしてくれる薄手のパーカーです。

カラーバリエーションが11色もあり、楽しく選べる商品ですね♪

しっかり汗も吸収してくれる吸汗速乾効果があるので

暑い日でも安心して着用できます。

 

無地でどんなコーディネートにもあわせやすいので

色違いで欲しくなってしまうかも…!?

 

<11月のディズニーランドにおすすめの服装>

11月の上旬はまだ日差しがあり暖かい日がある時期。

日中の平均気温は17度にいかないくらいで夜は10度に満たないくらい。

海風が冷たく日中と夜の寒暖差が肌身に染みますが

11月ごろでしたら薄手のジャケットにマフラーで大丈夫だと思います。

 

しかし夜のパレード待ちの時間など寒く感じてしまうかもしれないので

荷物のポケットなどにホッカイロや手袋などを忍び込ませておくと

いいかもしれませんね。

 

日中は使わないものですが動かない時間はやはり

風や寒さが気になるかもしれません。

ちなみに、ロングコートを着ている人はまだいません。

 

リバーシブルになっている大判のストール。

一枚持っているだけでレジャーの肌寒い時期などに

とても役に立つ商品だと思います。

どんなコーディネートにも合わせやすい

リバーシブルの色合いなので普段使いにも♪




スポンサーリンク






秋のディズニーランド!子供の服装や寒さ対策もご紹介!

基本的に子供の服で大事なのは秋だけに限らず

動きやすい服

履き慣れた靴

が重要なので変に気合を入れた服装にしないほうが

子供も一日中楽しめると思いますよ。

 

9月は半袖半ズボンで十分ですがもし肌寒くなった時のために

薄手のカーディガンなどを持っていくと良いかもしれませんね。

日焼けもする季節なので。

 

10月は七分袖の服に薄手のカーディガンなど

着脱しやすい服装が良いとおもいます。

日中と夜の寒暖差が激しいので夜までいるようなら

ひざ掛けや大判のストール、トレーナーなども

用意しておくと良いかもしれません。

 

男の子でも女の子でも着用できる薄手のカーディガン。

カラーバリエーションが10色でサイズも80から130と

幅広いく値段もお手頃なので一枚持っていると便利な商品です。

ストレッチが効いた生地を使用しているので伸びがよく動きやすい

デザインになっています。

 

11月になると日中と夜の寒暖差もあり、

夕方になるにつれ疲れてくる子供がベビーカーなどに

座ったきり、なんてこともありますよね。

 

やはり動かないと寒いのでパーカーやネックウォーマー、

ホッカイロ、ニット帽、厚手の靴下などを持っていくなどし、

防寒対策をしっかり準備しておくと良いでしょう。

やはりひざ掛けや大判のストールもあるととても使えると思います。

 

こちらは子供用のネックウォーマーです。

14色とカラーバリエーションが多く、

値段も安いので服装で使え分けられるように色違いで揃えたり

してもいいかもしれませんね。

カラーが多いので男の子でも女の子でも使用できる商品です。

 

ムートンブーツは動きやすいし防寒対策にもなるので

子供の靴にオススメですよ♪

 

14センチから23センチまでとサイズ展開の幅が広く、

カラーバリエーションも12色と豊富なので

お子さんが好きな色のムートンブーツを

選ぶことができると思います♪

 

内ボア付きなので暖かく、底もゴム製なので滑りにくいデザインに

なっておるためお子さんも気に入ってくれるはずですよ。

 

9月からはハロウィンイベント

11月からはクリスマスイベント

と家族連れに人気なイベントがディズニーリゾートで開催されます。

 

コスチュームをさせる場合、着替えも持っていきましょう。

プリンセスの衣装…動きにくいですもんね。




スポンサーリンク





関連記事:ディズニーランドにお金はいくら必要?予算の平均は?日帰りと泊まりについて解説!

ディズニーランドで販売されている秋の防寒グッズをうまく利用しよう!

リゾート内でも防寒グッズを販売しているショップが有り

もし、現地で防寒グッズを調達しようとしている人や

防寒グッズを忘れてしまった人はどこで購入できるかなど

知っておく必要がありますよね。

 

ディズニーランドで購入する場合

「グランドエンポーリアム」

「タウンセンターファッション」など

ベビー・キッズ用品は

「ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム」

 

ディズニーシーで購入する場合

「エンポーリオ」

「フィガロズ・クロージアー」など

 

パークの外で購入場合

「ボン・ヴォヤージュ」

 

などに売っていると思うのでぜひ足を運んでみてください。

 

ディズニーリゾートには様々な防寒グッズが販売されており

かわいい手袋やトレーナー、マフラー、パーカー

ニット帽、腹巻き、ブランケット、耳あてなど

普段遣いができそうな商品もたくさん取り扱っています。




スポンサーリンク





関連記事:よみうりランドの混雑状況!駐車場や乗り物の待ち時間についても詳しく解説!

最後に

いかがでしたか?

9月はまだ暑いので服装の心配はいらない

10月は寒暖差が激しいのでカーディガンや

パーカーを持っていくようにしましょう。

11月はアウターやマフラーの他に

ホッカイロなどの防寒対策をしていく必要があります。

 

9月10月はまだ雨が降りやすい時期なので

雨具は持っていくといいでしょう。

その際は傘ではなくレインコートなどが

動きやすくておすすめです♪

 

どの季節もそうですが、大判のストールはとても重宝します。

あるのとないのとではだいぶ変わってきますよ!

荷物が多くなると大変なのでコインロッカー等を活用し

秋のディズニーランドを楽しんでくださいね♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。



スポンサーリンク

サブコンテンツ